FC2ブログ

冬晴れの細野

この冬は都合6回足を運んだ裏磐梯の細野でした。 最後の二週は天候に恵まれ、サンデー・カメラマンのボクにとっては、本当に貴重な撮影チャンスを貰えました。

この日もほぼ1時間半程度の仮眠をとって、午前3時から写真撮影の為に起床しました。 この日も細野はたっぷりと雪があり、国道から湖岸へ入るには、3mほどの雪の壁を切り欠いて造られた雪の階段を登って入ります。

夜の帳が空ける刻
[2018/3/4 夜の帳が空ける刻]  <↑ Clickで拡大>

この日は予想よりもずっとカメラマンは少なかったです。 相変わらずワカサギ釣りの釣り客は多かったです。 今年は特に釣り客の多さが目立ちました。 よって湖上には釣り客のテントも多く、釣り宿のスノーモービルも夜明けと共に雪原を絶賛大爆走です(;^ω^)

早春の細野
[2018/3/4 早春の細野]  <↑ Clickで拡大>

一週間前に比べて、桧原湖の水位は随分と下げられていました。 お陰で湖底のカタチが現れて来たり、小川の蛇行がも分かったり、そんでもって朝空は陽の出前の茜色が雪面に映ったりww

しかも朝靄で釣り客のテントやスノーモービルまでカバーしてくれて、幸運な撮影出来ました。

朝模様
[2018/3/4 朝模様]  <↑ Clickで拡大>

とにかく忙しい(^◇^;) どっちにレンズを向けても面白い。 デジイチ2台でフル回転でした。

太陽に

「ちょっ!そのまんま暫く止まっていて!」

って言いたくなるような朝焼けでした。

煌き
[2018/3/4 煌き]  <↑ Clickで拡大>

目映いばかりの朝陽と、雪面の反射が、容赦なく目を射る。

直視しないように気をつけているのに、やはり毎回、目が焼き付きを起こしたようにダメージを受けます(lll´д`)

お陰様でキレイな景色が楽しめますが・・・

冬の朝
[2018/3/4 冬の朝]  <↑ Clickで拡大>

やがて陽は昇り、朝の強烈な陽射しで雪面を照らしてくれます。

薄雲が糸を引くように陽の光に被って、朝空に薄絹のようなヴェールを見せてくれました。