FC2ブログ

(有)金光老麺 ~福島県本宮市~

県道熱海本宮線沿いで30年以上続く「(有)金光老麺」さんに初詣致しました。 田園地帯の中にあるお店は、建物の壁面には『喜多方ラーメン』の看板が掲げられているのでとても目立ちます。 以前からずっと気になってはいたのですが、なかなか訪問機会が無かったのです。 

金光老麺

お店は女将さんが一人で切り盛りしています。 メニューはラーメンの各種バリエーションに「しその葉むすび」だけと、思い切りラーメン専業店ですね(o^-^o) 昼時が近づき、引きも切らず後着のお客様が入ってきますが、どうも大多数がお馴染みさんみたいです。

「肉らーめん (800円)」

金光老麺 肉らーめん

期待通りに豚バラチャーシューが載せまくりです(〃∇〃) 随分前から価格据え置きのままのようで、こいつは望外のお得盛りと言えそうです。

スープは豚骨だと思います。 背ガラとゲンコツに、チャーシューの下茹でを兼ねて豚バラ肉を一緒に炊き出しているんじゃないかな? どうも灰汁っぽい軽いクセが感じられますが、二口、三口と食べ進む内にあまり気にならなくなります。 まあ灰汁も旨味の内って考え方もあると思いますし、全然否定する気もありません。

金光老麺 肉らーめん

スープの油浮きはそんなに多い訳ではありませんが、さすがにバラチャーいっぱいですので、そこから引き出されている肉の旨味や香味が加勢していると思います。 醤油ダレは淡口醤油にチャーダレを合わせていますかね? 半味のアクセントのある効き具合は、しょっぱいと感じる手前の寸止めが利いています。 ボクのポンコツ味覚では今一つ確信は無いのですが、ニボシは使われていないか、もし使われているとしても極控え目に旨味を複雑にする程度かと思います。

金光老麺 肉らーめん

豚バラチャーシューは見事な仕上がり(ノ´∀`*) 脂身はトロトロと言うよりもプリッとした食感があり、さりとて脂抜きが足りていない感もありません。 チャーダレも程良く染み渡っていて風味も良好です。 また丼の片隅には海苔、その下にはワカメも仕込まれているという、ちょっぴりサプライズ付きです。

金光老麺 肉らーめん

麺は「坂内食堂」の永年のパートナーでもある喜多方の名門「曽我製麺」製らしいです。 多加水熟成縮れ中太麺は、モチッとした弾力とコシの強さがあり、全く持って喜多方のスタンダードそのものです。 最後まで麺の食感を失わない優秀な麺です。

帰りしなに女将さんに尋ねてみたら、「金光老麺」と書いて「かねみつ」と読むそうです。 永年の疑問が一つ解けました(#^.^#)




(有)金光老麺
福島県本宮市岩根下樋52
電話;0243-39-2639
営業時間;10:00~19:00 ※売り切れ次第終了
定休日;ほぼ無休
駐車場;店舗東隣の敷地内にあり