FC2ブログ

福島屋 ~福島県喜多方市~

先週日曜日の朝撮り撮影行の途中で、喜多方市に立ち回って朝食を摂りました。 ご同行頂いていた先輩カメラマン様方から、店選びはマルッと任されましたので、以前から虎視眈々と初詣の機会を伺っていた「福島屋」さんへとご同行頂きましたΨ( ̄∇ ̄)Ψ

福島屋

丁度開店時間ピッタリに到着し、暖簾が掛かるのを待ちます。 喜多方市で「福島屋」さんと言えば、自家製麺自然派スープのパイオニア的存在。 典型的な喜多方スタイル中華そばやチャーシューメンは勿論ですが、濃厚煮干し中華で強烈な個性も発揮するなど、現在の喜多方エンジンとなっている先鋭店です。

「背脂煮干中華+黒バラのり (650円+100円)」

福島屋 背脂煮干中華+黒バラのり

普段はあまり激ニボ系は頂かないボクが、納得の太鼓判を押します! これは素直に美味しい(>▽<)b 激ニボ系を避けたいと思う要素となるエゴ味と生臭みが、とても上手に抑え込まれています。 えぇ、激ニボ系を苦手に思っていたボクが言うのですから間違いありません( ̄▽ ̄i)ゝ

福島屋 背脂煮干中華+黒バラのり

初詣なのに、いきなりオプションの「黒バラのり」を所望したのは、濃厚なニボシ出汁&背脂って組合せから推して、お薦め載せモノアイテムの中でも、間違い無しと踏んだからです。

ビジュアル的に「黒ばらのり」が支配してしまっているのは、お初の手合わせとしては少々勿体なくもありますが、食べれば分かる相思相愛の互恵関係が丼の中で成立していました。 海苔の香りが強いニボシ香を巧く和らげてくれてますし、背脂とバラ海苔でトロッとした舌触りがより一層強くなります。

福島屋 背脂煮干中華+黒バラのり

黒バラのりの下には、白い背脂の油膜層。 そしてその下にはセメント色の濃厚ニボシスープが潜んでいます。 何とかその姿をチラ見せしている載せモノは、メンマに自家製豚バラチャーシュー。 何とかこの豚バラチャーシューを巧く引き出そうと試みたものの、既にスープの熱が伝わってしまって、箸で引きだそうにもハラッと崩れてしまうほどの柔らかさです(;゚д゚) その珠玉の豚バラチャーシューは、充実の3枚載せとされています。

更には海苔が2枚と玉ネギのみじん切り。 この玉ネギのみじん切りがまた効果的で、シャリッと噛めばスープで温められて糖化酵素の作用したそれは、ちょっと果物のような甘味と共に、瑞々しくそしてほんのりと辛さを伝えて来ます。 お陰で激ニボスープのアク味や後味の長い余韻を、見事にスッキリとしてくれるのです。

福島屋 背脂煮干中華+黒バラのり

麺は自家製で、色白な麺肌と平断面に整えられた多加水縮れ中太麺。 ツルッとした麺肌の舌触りと、モチッとするような弾力のある食感で、噛み切る刹那にコシのある噛み応えを伝えて来ます。

白眉と言うべき濃厚な激ニボスープは、インパクトのある香り立ちですが、生臭みが気になることは無いでしょう。 ベーススープの動物系要素は会津地鶏の鶏ガラに豚骨なのだそうで、濃ゆ~いニボシの旨味を底支えして、見事なバランスを創り出しています。

やや強めに感じられる塩味の押しは、カエシの強さと言うよりも、ニボシを大量に炊いた際に感じられる、素材由来の塩味に思えました。 絶対的な塩味は強めなのですが、背脂の油膜コートと、持ち味の甘味が印象を和らげています。

麺とスープの一体感も素晴らしく、とても印象的な体験となりました。 店主さんのセンスの良さが伝わって来ました(o^-^o)

麺量は170gと言う事で、世間一般の平均値を抜くボリュームなのですが、アッと言う間に胃袋に収まってしまい、もっとこのスープを楽しみたいっ!とやや不完全燃焼(^◇^;) そんな人向けに「煮干中華」と「背脂煮干中華」専用の替え玉が用意されています。

「和え玉 (200円)」

福島屋 和え玉

単なる替え玉に非ず、具載せされています(〇o〇;) ちょっとこの「替え玉」は敢えて「和え玉」と名付けられた理由がありまして、“一回で三度楽しめる”趣向が凝らされています。

麺はデフォと異なり、低加水タイプのストレート細麺。 替え玉で130gの麺量とされており、ほぐしチャーシュー、穂先メンマ、玉ネギのみじん切りにニボシパウターが振られています。 そして麺の下には、カエシが仕込まれており、「油そば」「つけ麺」「スープにドボン」の楽しみ方が薦められています。

福島屋 和え玉

その薦めに従い、順番に試してみましたが、固めに茹でられた温盛りの麺は、プツプツッとしたリズミカルな歯切れの食感があり、小麦粉の香りをとニボシパウダーの旨味とほんのりとしたエグ味、塩味、そしてタレの醤油テイストで、ちゃんと「油そば」のスタイルが成立しています。

福島屋 和え玉

「つけ麺」として頂いたのが、個人的には一番楽しく頂けました。 麺の食感が最後まで続きますし、「黒バニのり」を加えている事も味方して、細麺ならではのスープの持ち上げプラスアルファの絡み具合です

スープに替え玉を投じれば、ほぐしチャーシューの塩味と旨味も加わって、華やかなアディショナルタイムが満喫出来ましたよ( *´艸`)




福島屋
福島県喜多方市字1-4634
電話;0241-23-2702
営業時間;10:30~18:00 ※売り切れ次第終了
定休日;水曜日
駐車場;店舗前に3台 店舗北側に指定駐車場あり