FC2ブログ

蕎麦家 ~福島県郡山市逢瀬町多田野~

この日は年に二回のお楽しみ(ノ´∀`*) すぐ近くにご進物のお届け先がありますので、配達に乗じて十割蕎麦の「蕎麦家」さんを訪問して新蕎麦を手繰って参りました。

蕎麦家

今年はもう何度か雪が降ったそうで、例年よりも早い冬の訪れを感じているとは女将さんの話。 今年は蕎麦の作柄も心配されたけど、幸いにしてさしたる違いもなく、今年も香り高く良質の蕎麦が手に入ったそうです。 実はこれが今年初めての新蕎麦。 楽しみです(〃∇〃)

蕎麦家 蕎麦掻きの揚げ出汁

この日は見事に一番釜ですよΨ( ̄∇ ̄)Ψ 例によって「蕎麦掻きの揚げ出し」が先に振る舞われます。 モッチモチの食感に、フワッと鼻腔に届く甘い蕎麦の香り。 そしてしっかりと旨味と風味の引き出された出汁に、やや強めに利かされたカエシ。

妙な話だけど、パラッと散らされた刻みネギの辛味と青味が、粋に感じられるほどの完成度です。 この「蕎麦掻きの揚げ出し」で食道と胃袋がほんのりと温められて、ウォーミングアップが整ったところで、お待ちかねの逸品が供されます。

「もりそば (750円)」

蕎麦家 もりそば

蒼味がかっているぢゃありませんかっ!(;゚д゚)

勿論透明感も申し分無し! 深夜から吟味した蕎麦の実を石臼挽きしている手間暇と、蕎麦打ち技能が冴え渡る、極上の逸品のお目見えです。

キレイに切り揃えられた細い麺線。 早速手繰って頂いてみると、品の良い甘い香りと共に、この麺線とは思えないようなコシの強さと、少し弾力さえ感じさせるような歯触りがあります。

蕎麦家 もりそば

ノリタケの洋皿の縁には、薬味としておろし生ワサビ、大根おろし、晒しネギが添えられます。 この洋皿には永く洋食店を営んでおられた名残とプライドが垣間見えます。

蕎麦家 もりそば

蕎麦つゆは宗田節の旨味が江戸前よりも少し甘味のあるカエシと合わせられており、濃度は地元の流儀で蕎麦をドップリと漬して頂いても、塩辛い印象が前面に出ない頃合に納められています。

ドップリ漬しても美味しく、七分漬けにしても充分に利く蕎麦つゆは、やはりプロの技が活きていますね(o^-^o) 美味しい蕎麦湯を注して頂くと、また一際出汁の旨味と風味が再活性して、極上の余韻に浸ることが出来ます。

「いなり寿司 (2個・150円)」

蕎麦家 いなり寿し

これも毎回のお楽しみ♪ 艶やかに炊かれた油揚げに染み込んだ甘じょっぱい煮汁と、ほっこりと温かい酢飯が仕込まれています。

繊細なお蕎麦の味わいを存分に楽しんだ後に、蕎麦掻きの揚げ出しを幕開けに、〆に頂くアンカーとしてお薦め致しますv( ̄∇ ̄)ニヤッ




蕎麦家
福島県郡山市逢瀬町多田野字上山田原1-317
電話;024-957-2668
営業時間.;11:00~15:00 (売り切れ次第閉店)
定休日; 火曜日 ※2月中は長期休暇