FC2ブログ

夜明け前

日曜日は晴天のお約束って事でしたので、少しだけ仮眠を取って、3時過ぎから準備を整え、一路北塩原村の秋元湖畔へと向かいました。

その道すがら、前走車両がとにかく車線逸脱が激しくて、これはもしかすると酩酊運転じゃなかろうか?Σ(゜▽゜;) と思われました。 万一事故を起こしてとばっちりを受けるとイケないので、普段以上に車間距離を取って追従しました。

件の車両は猪苗代町を通り越して、そのまま会津若松市方面へと進行したので、ようやくその脅威から解かれましたけど、あの運転は居眠りじゃなくて酩酊だな・・・(`・ω´・ ;) 確証もなく素人が止める事も出来ず、ジレンマと共に冷や冷やしっぱなしでした。

夜明け前
[2017/10/1 夜明け前]  <↑ Clickで拡大>

さて、秋元湖へはまだライトが必要な夜の暗闇の中到着です。 ちょっと驚いた事に、タクシーに乗ってきたカメラマンが(;゚д゚)ポカーン お宿からタクシーを予約しておいたのでしょうね。 あと駐車スペースにデポしていた車は、半数以上が県外ナンバーでした。 やはりカメラマンには羨望の撮影地なのですね。

肝心の空模様は、まさかの曇り?!ノ( ̄0 ̄;)\ 低く厚い雲が箕輪、鉄山、安達太良山の方面を覆っていました。

こりゃあ困った(|||´Д`)ゞァィャァ~

何とか駄賃を拾わなくちゃ・・・ と思っていたら、僅かな雲間から夜明け前の紅色の明かりが漏れてきて、湖面を照らしてくれました。 

天玉や ~福島県郡山市朝日~

随分とご無沙汰していた「天玉や」さん。 夕刻にお店の前を通りかかったら、暖簾が掛かっていました。

(ありっ?この時間に営業していたっけ?σ(゚・゚*))

と思いながら、配達先にそのまま向かい一仕事。 帰り際にもう一度確認したら【営業中】って看板が出ていました。

そんじゃあ、とっても久しぶりだけど頂いて行きますか♪( ̄∇ ̄*)ゞ

天玉や 

暖簾を潜ってみたら、店主さんの独り営業。 お顔を拝見して、開店当初に訪問した時を思い出しました。 オーダーしてから調理時間の合間にスマホで調べてみたら、何と9年ぶりだったんですねぇ~(;゚д゚) 道理でお互いに歳を重ねたって訳です( ̄▽ ̄i)ゝ

「冷やしたぬきそば+ミニカレー丼 (450円+310円)」

天玉や 冷やしたぬきそば+ミニカレー丼

おぉっ?(⌒▽⌒;) 何だか並盛りでもボリュームがあるなぁ~♪ ミニカレー丼も器が深くて、女性ならこれだけでご馳走さんになっちまうんじゃ無いですかね? 駅から離れた路麺店で、これはちょっと嬉しいですねΨ( ̄∇ ̄)Ψ

蕎麦は確か委託製麺で信州から取り寄せていたって聞いた記憶があるけれど、今はどうなのかは分かりません。 委託製麺であり続けているのは間違いないでしょう。

天玉や 冷やしたぬきそば

あまり蕎麦の甘い香りは立ちませんが、弾力のある噛み応えで、コシの強さが印象的です。 スルスルと喉に流し込む蕎麦では無く、噛んで頂くって感じなのは、冷やしスタイルだから尚のこと強調されているのでしょう。

天玉や 冷やしたぬきそば

出汁は強い印象は無く、さりとて妙な旨すぎ感もありません。 カエシはやや甘めでマイルドなアタリです。 天かすが程良く掛け汁を吸い込むと、独特の甘味と旨味が沸いてきて、やや単調に思われた掛け汁に幸せな美味しさを運んできてくれます(〃∇〃)

わかめはキッチリと塩出しされていて、磯臭さも見られず、刻みネギは晒しにされているのか、過分な辛味や臭みもなく、薬味香は穏やかです。 1玉何グラムあるのか分かりませんが、結構な麺量になりますよ? 昔はこれを3玉も喰っていた自分が恐ろしい((ノ)゚ω(ヾ))

「ミニカレー丼」は先述の通り、全然ミニじゃねぇww 嬉しいくらいのモリモリ具合で、やはり出汁を合わせてあるのか、ちょいと和風な味わいがあります。

天玉や ミニカレー丼

片栗粉でトロミを付けられるのも蕎麦屋のカレーらしいところ。 ホットさやスパイシーさはかなり控え目で、塩味も抑えられていますが、このトロミのお陰で、口当たりにはクリーミーささえ感じさせますよ(*^▽^*)

天玉や ミニカレー丼

お店の周囲にはオフィスも多く、昼時はまるで社員食堂が如き客入りになっているそうですが、その時間帯を巧妙に外せば、落ち着いて食事を摂れると思います。




天玉や
福島県郡山市朝日2-2-17-22 Mビル1階
電話;024-935-5671
営業時間;11:00~17:00 ※売り切れ次第閉店
定休日;日曜・祝日
駐車場;お店の前に4台分