FC2ブログ

【2017年桜巡り】 土津神社

見事な紅葉で近年メジャー級の知名度を得ている猪苗代町の「土津(はにつ)神社」の春景です。

土津神社の桜
[2017/5/4 土津神社の桜]  <↑ Clickで拡大>

そんなに驚くような古木はありませんし、スター級の名桜がある訳でもありません。 でも名刹をそっと彩る名脇役として、訪れる人に憩いを与えています。

それぞれの春
[2017/5/4 それぞれの春]  <↑ Clickで拡大>

GW中と言う事もあるでしょうけど、「観音寺川の桜並木」の満開が当たりましたので、そこから更に足を伸ばして立ち回る方が多いようです。 家族連れやカップル、グループ旅行の訪問客が結構見られました。

桜の川道
[2017/5/4 桜の川道]  <↑ Clickで拡大> 

支那そば 墨家 ~福島県郡山市安積町日出山~

ゴールデンウィークの前半は通常営業だったボクの仕事場です。 そんな最中の事ですが、配達先の方に「支那そば 墨家」さんがありましたので、人並みのランチタイムに昼食を摂りに立ち寄りました。

「サラダ風冷やし中華 (800円)」

墨家 サラダ風冷やし中華

へっへっへ♪(〃∇〃) 実はGWになると“冷や中スタート”ってお店が多いんですよね( *´艸`) 今期のお店冷や中の口開けは、こちらで頂く事にしました。

現在の前身、磐梯熱海町時代の「武蔵亭」から続く、夏の看板メニューがこの冷や中です。 その人気の高さで、郡山の街内からわざわざ足を運ぶファンも沢山いました。 初代が考案したこの「サラダ風冷し中華」は、その味も仕立てもそのまま継承されています。

墨家 サラダ風冷やし中華

キレイに細く切り揃えられた千切りキュウリの下には、これまた丁寧に切り揃えられた千切りキャベツにレタス。 櫛切りトマトにワカメ、そして伝家の宝刀・柔らか豚バラチャーシューは、短冊切りに切り揃えられて鎮座します。

墨家 サラダ風冷やし中華

デフォでマヨネーズが添えられてくるのですが、マヨ好きには“マヨ増しCALL”も応じて頂けますよ♪

墨家 サラダ風冷やし中華

麺は勿論自家製。 加水率低めのストレート細麺が、氷水でキリリと洗い締めされて、美しく盛られて来ます。 麺量も多めで、200gくらいはありそうですが、更に“大盛CALL (100円)”を掛ければ、かなりのボリュームを堪能出来ますよ。

墨家 サラダ風冷やし中華

キリッと洗い締めされた麺は、しっかり茹で上げされならもザクザクとした歯触りを伝えて来ます。 麺の間にたっぷりと冷や中スープを含ませますので、麺を手繰れば口中は冷や中スープに満たされます。

甘じょっぱさと酸味の利かせ方、醤油ダレの風味の良さにゴマ油の芳醇な香り立ちと、メリハリのある味わいの中に、バランスの取れた、そして心憎い加減で少しだけ濃い目の味付けがされています。 そこにマヨネーズがコッテリとしたクリーミーな味の厚みと、酸味をマイルドに感じさせる効果を加勢します。 今年もスタート一発目から、イイもん食べましたΨ( ̄∇ ̄)Ψ




支那そば 墨家
福島県郡山市安積町日出山2-16
電話;024-907-2072
営業時間;【昼の部】11:00~15:20 【夜の部】17:30~19:50 【日曜日】11:00~19:30
      ※売り切れ次第閉店
定休日;月曜日 ※月曜日が祭日の場合は火曜日
駐車場;店舗敷地内に15台分ほど