FC2ブログ

ふくしまラーメンショー2017 「頑者」 2回目

埼玉県の超絶人気店であり、濃厚魚介つけ麺の始祖的存在でもある「頑者」さんで、今回の「ふくしまラーメンショー」の〆の一杯としました。 ご本尊の実店舗は日曜日定休で、普段から相当な待ち時間になる事は必至なのですが、よどみないオペレーションが遺憾なく発揮された会場では、さほど待つことなく配食されるという、信じ難いほどのスピードでした。

頑者

極太麺に魚粉入りの高濃度豚骨スープのドロリとした漬け汁は、一歩間違えるとヤリ過ぎでフルボディを超越してしまう例を何度も見ましたが、流石に「頑者」さんにはそれは当てはまりませんヽ( ̄▽ ̄)ノ

「濃厚魚介豚骨つけ麺」

頑者 濃厚魚介豚骨つけ麺

一人前200gという、イベント提供では考えられないボリュームです! これ、ちょっと食の細い方なら、この一食分で充分に満腹になってしまいますよww

頑者 濃厚魚介豚骨つけ麺

このドロッとするほどの高濃度漬け汁は、やはり再食してみても白眉の一言です。 ニボシとサバ節を加えて15時間も炊いた豚骨スープに、提供直前に魚粉とニボシ油が加えられます。 破壊的な旨味に、ほの甘さと、少しのビターさ、醤油ダレはしっかりと利いているのに、決してしょっぱさを感じさせず、密かに投じられている柚子皮が後味に爽やかな印象を与えます。

頑者 濃厚魚介豚骨つけ麺

強靱なコシの強い極太麺は、噛むほどに小麦粉の旨味が口の中で花開きます。 勢い良く啜り込もうとすると、暴れん坊の麺が漬け汁を遠慮なくハネ散らかしますのでご用心(;^ω^) 一噛み毎に充実した美味しさが味わえる、素晴らしいつけ麺でした。 また機会あれば食べたいですね(o^-^o)
 

ふくしまラーメンショー2017 「かもめ食堂」 2回目

本日10日間の日程を終えて閉幕した「ふくしまラーメンショー2017」は、会期中11万食ほどの配食があったらしいです。 ボクは会期中に都合4回会場で実食致しました。 既に閉幕はしましたが、ちゃんと最後までレポ挙げ致します。

かもめ食堂

開幕初日に大変好印象だった「かもめ食堂」さんを再食です。 ラーメン界の重鎮・「ちばき屋」店主・千葉憲二さんのプロデュースの底知れぬ実力を思い知らされた一杯です。

「かもめラーメン」

かもめ食堂 かもめラーメン

今回は「気仙沼産 ふのり」を追加してみました。 これがまた大当たりでした(>▽<)b 磯臭さは無くて、コリコリッとした歯触りの良さが楽しめます。 食べ進めて行く内に、スープにコラーゲン分(?)のような幕を張り、スープ自体に少しクリーミーな感じの舌触りが感じられました。

またロース肉のチャーシューの味わいが素晴らしかった! チャーダレの味がちゃんと利いていて、柔らかく、そして肉自体の味わいがちゃんと舌の上に広がる秀逸なモノです。

かもめ食堂 かもめラーメン

ゲンコツにモミジの動物系素材に、ニボシや昆布が加えられたベーススープに、サンマの香油が華を添えます。 そこに老舗醤油醸造元・ちば醤油による特製醤油のタレが、良いアクセントの利いた味わいを示します。 決してコッテリしていないけど、全くもって充分な旨味が、その醤油の勢いをちゃんと受け止めているのが凄いです。

かもめ食堂 かもめラーメン

麺もまた秀逸! 低加水タイプの中細縮れ麺なのですが、歯触りの良さと舌の上をくすぐるような食感、更に少々時間が経過しても、全くへこたれずに、その食感を維持し続けるしぶとさww 派手さは無いのですが、口にするほどにこのラーメンの完成度の高さには脱帽するばかりでした。
 

【2017年桜巡り】 会津鶴ヶ城

この日の午後は喜多方市と会津若松市に撮影に出ました。 喜多方市は「日中線の枝垂れ桜並木」を初訪したのですが、まだ三分咲き程度だった事と、観桜客が多く訪れる時間帯に行ってしまったので、観桜客のお顔が写らない写真はほとんど無かったので、今回はサーベイって事で全ボツでした( ̄▽ ̄i)ゝ

観光地化の進んでいる場所での撮影には、どうしても避けられない難しさですが、同様の事象はどこにでも起こりうる事ですから仕方ないですね。 で、最初から予定していた通り、「会津鶴ヶ城」のライトアップされたお城と桜を撮影して来ました。

鶴ヶ城の夜桜 #1
[2017/4/23 鶴ヶ城の夜桜 #1]  <↑ Clickで拡大>

見事に満開の桜に迎えられて、そりゃあ嬉しいってもんです(o^-^o) お堀への写り込みも素晴らしかったのですが、今回はちょっと時間もなかったので城郭内だけの撮影です。

鶴ヶ城の夜桜 #2
[2017/4/23 鶴ヶ城の夜桜 #2]  <↑ Clickで拡大>

で、何なのこの人出は?!(;゚д゚)

リアルにシートを広げて、夜桜の下で花見の宴を楽しんでいる方々が多くてビックリ! この日の気温は、会津若松市のその時期としてはかなり暖かい方だったと思いますが、あんなに楽しんでいる方々が多いとは知りませんでした。

鶴ヶ城の夜桜 #3
[2017/4/23 鶴ヶ城の夜桜 #3]  <↑ Clickで拡大>

ボクらのように練り歩きの観桜客は、それに輪をかけて沢山居る訳で、これだけライトアップされた桜ですから、道具の大小は別として老若男女問わず写真撮影はそこここで行われています。 あと、以前会津鶴ヶ城でプジェクションマッピング投影が行われた時もそうでしたが、アジア圏の近隣在住者や観光客、カメラマンが結構沢山来訪するようです。

鶴ヶ城の夜桜 #4
[2017/4/23 鶴ヶ城の夜桜 #4]  <↑ Clickで拡大>

まあそんな訳で、場所によっては三脚の展開を躊躇うほど混み合う場所もあり、事故が起きないよう、通行する人の機嫌を損ねないよう、気遣いしながらチャッチャと撮影は済ませていきます。

鶴ヶ城の夜桜 #5
[2017/4/23 鶴ヶ城の夜桜 #5]  <↑ Clickで拡大>

夜桜の鑑賞と言う事か、お城の照明がサクラ色? 少々やり過ぎって気がしないでもないのですが、もう少し光量を落として、瓦の色がちゃんと写るくらいシックに纏めてもヨロしいのではないかと思ったりします。
 

【2017年桜巡り】 紅枝垂れ地蔵桜

前夜の夜間撮影に続いて、ほぼ昼頃の撮影です。 ここからも安達太良連峰は望むことが出来ました。 昼過ぎでもこんなに明瞭に見えるのは珍しいです。

安達太良望景
[2017/4/23 安達太良望景]  <↑ Clickで拡大>

さすがに満開の「紅枝垂れ地蔵桜」だけあって、観桜客の方がカメラマンよりも遥かに多いです。 多分、午後からはもっと多くの観桜客が集まったのではないかと思います。

流麗、地蔵桜
[2017/4/23 流麗、地蔵桜]  <↑ Clickで拡大>

朝食を摂らずに撮影行脚をしていたので、特設茶屋で「けんちんうどん」を頂きましたΨ( ̄∇ ̄)Ψ 野菜の具沢山加減が凄くて、なかなかのお味です。

荘厳
[2017/4/23 荘厳]  <↑ Clickで拡大>

思い起こしてみたら、ここで満開に出会ったのも、実は久しぶりだったかも知れません。 素晴らしいねぇ~♪ さすがは名桜です!




紅枝垂れ地蔵桜
福島県郡山市中田町木目沢岡ノ内