FC2ブログ

ふくしまラーメンショー2017 「麺屋 二郎」 2回目

会期7日目の「ふくしまラーメンショー2017」です。 今日も夕刻狙いの会場訪問でしたので、臨時駐車場には難無く車をデポ出来ました(o^-^o)

麺屋 二郎

今日は無芸大食妻も同行してますので、少しシェアも出来るのは助かります。 今日はまず鹿児島から出店してくれた「麺屋 二郎」さんを再食致します。 個人的にソソられるお味でしたが、今夕もなかなかの客並びとなっていました。

「あっさりスープの鹿児島ご当地豚骨 味玉入り」

麺屋 二郎 あっさりスープの鹿児島ご当地豚骨

追加トッピングとして「キクラゲ」を加えましたら、もうこれ以上の追加は無用ってくらいの豪華な杯となりましたよ♪ 最初から味玉がマルっと1個に加え、二種類のチャーシューが添えられるなど、極めて充実度の高い載せモノも印象的です。

麺屋 二郎 あっさりスープの鹿児島ご当地豚骨

スープがまた非常に個性的で、鶏ガラ&豚骨を白濁する寸前まで炊いて、乳化させずに軽快な後味を演出しているそうです。 更に圧倒的な個性となっているのが、甘口醤油文化の華咲く九州にあって、特に鹿児島県の醤油は甘いというところ。 初めて口にしたらきっとビックリしちゃうかも知れません。

麺屋 二郎 あっさりスープの鹿児島ご当地豚骨

細切りにされたキクラゲの追加トッピングは、私的には大正解! コリコリとした歯触りの良さは、この杯の中に加わる事で、死角無しの素晴らしいバランスとなりました。 

麺屋 二郎 あっさりスープの鹿児島ご当地豚骨

中太ストレート麺は今晩はちょっとユル目になっちゃったけど、モチモチとした食感もまた佳しでした。 とろけるようなバラ巻きチャーシューは、渾身の手造りなのだそうで、この「ふくしまラーメンショー2017」への出店の為に、1ヶ月も前から仕込みをして約1トンに及ぶチャーシューを用意していたそうです((#◎□◎#)) その手間暇の甲斐は、食べて頂けば分かるはずです! 

ふくしまラーメンショー2017 「金沢麺達兼六会」 2回目

昨日の訪問で2杯目に何を頂こうかと会場内を一度歩き回ってみました。 うぅぅぅぅ、決めかねる・・・(>▽<;;

金沢麺達兼六会

と、丁度「金沢兼六麺達会」のブースに、リーダーの河方さんの姿があったので、折角なのでここに並ぶ事にしましたΨ( ̄∇ ̄)Ψ

「濃厚味噌「炎・炙」肉盛そば ~金沢大吟醸味噌 2017バージョン~」

金沢麺達兼六会 濃厚味噌「炎・炙」肉盛そば

「半熟煮玉子」載せになってます。 配食テーブルにあった粗挽き黒胡椒も振ってみました。 前年王者の黒丼が映えますね!

金沢麺達兼六会 濃厚味噌「炎・炙」肉盛そば

炙り炒めされた豚バラ肉は、地物の大野醤油を使って、濃ゆ~~い甘じょっぱいお味に味付けされています。 出来たての美味しさが丼の中で活きてますよ。 ジューシーで柔らかなお肉で、白飯を巻いて食べたいくらいです( *´艸`)

金沢麺達兼六会 濃厚味噌「炎・炙」肉盛そば

濃厚な旨味の利いたベーススープに、これまたパンチの利いた油膜に、しっかりと熟成の掛けられた緻密な味わいの味噌が合わせられ、迫力満点のパワフルな味わいを和らげてくれるのが、白ネギと茹でモヤシです。

金沢麺達兼六会 濃厚味噌「炎・炙」肉盛そば

これらのパワフルな味の重ねられた味噌ラーメンをしっかりと受け止める中太麺がまた立派。 モチッとした食感とコシの強さで、噛むほどに美味しく濃厚スープとの調和を楽しませてくれます。

飲食ブース内でも、この黒杯はよく目立ちますが、ハッと気付いた事があります。 普通、カップルや家族で来訪したなら、違うラーメンを選んでシェアして楽しむと思っていたのですが、この黒杯に関しては二人並んで同じものを食べている姿を散見しました。 食べ比べずに、最初からこの一杯を一人一杯ずつ楽しむって・・・ 最初から決め撃ちでこれを食べに来ているファンがいるって事ですねw( ̄▽ ̄;)w

そこに気付いて毎年ブースを守っている「らぅめん侍」代表の中村さんに伝えたら、リアルに泣きそうって喜んでいました(*^▽^*) 素晴らしい事です!