【2017年桜巡り】 小川諏訪神社のしだれ桜

矢祭町の「戸津辺の桜」から、いわき市の「小川諏訪神社」へと走って、こちらは最初からライトアップ狙いで行きました。 こちらも県内では最も早く見頃を迎える桜として知られておりますが、今回で2回目の訪問です。

ここを初めて訪問したのは11年前でした。 子供達もまだ小学生だった(#^.^#) 小川町の商工会の皆さんが、表参道下に出店を張っていて、それがとても良心的だったのを覚えています。

そしてその頃にボクはデジタル一眼レフを手に入れた頃でして、まだ操作もままならないながらも、撮影してみた写真は、コンデジでは到底得難いシロモノでして、手に入れて良かったなぁ~と思うだけではなく、こりゃあ面白いぞ♪( *´艸`)とスイッチが入ったキッカケの場所でもあります。

小川諏訪神社のしだれ桜 #1
[2017/4/9 小川諏訪神社のしだれ桜 #1]  <↑ Clickで拡大>

到着した時にはだいぶ客足も引き始めていたお陰で、そう多くは無い駐車スペースにデポする事が出来ました。 しかも表参道の側近の一番近い駐車スペース(>▽<)b 車内からも既に明るくライトアップされたしだれ桜が見えていました。

小川諏訪神社のしだれ桜 #2
[2017/4/9 小川諏訪神社のしだれ桜 #2]  <↑ Clickで拡大>

来訪客が多いので、撮影は辛抱と妥協が必要ですが、割り切ってシーズン初めの肩慣らしのつもりで楽しんで来ました。

小川諏訪神社のしだれ桜 #3
[2017/4/9 小川諏訪神社のしだれ桜 #3]  <↑ Clickで拡大>

樹齢500年と言われるしだれ桜は、やや淡い色の桜花を咲かせます。 良く手入れの行き届いたしだれ桜は、樹勢も旺盛ですし、本殿の入り口に沿うようにあり、お誂え向きと言うべきか、石垣に見事な枝を垂らしています。

小川諏訪神社のしだれ桜 #4
[2017/4/9 小川諏訪神社のしだれ桜 #4]  <↑ Clickで拡大>

出来る事ならマジックアワーに間に合えたら良かったのですが、満開を迎えたしだれ桜には、多くの観桜客が集まっていたでしょうから、きっと難しかっただろうなぁ~と自分に言い聞かせています( ̄▽ ̄i)ゝ

500年桜の満月
[2017/4/9 500年桜の満月]  <↑ Clickで拡大>

満月間近の月光が、枝垂れの間から射し込んでました。 時折ハラリとレンズの前を過ぎっていくのは、散り落ちて来る小さな花びらでした。 満開と同時に散り始める。 そんな刹那が人の心の琴線に触れてくるのが桜でしょうか。

月宵しだれ桜
[2017/4/9 月宵しだれ桜]  <↑ Clickで拡大>

しかし、「戸津辺の桜」から「小川諏訪神社」まで、下道で80kmもあるなんて、予想していませんでした(⌒▽⌒;) 感覚的にはもっと近いと思っていたのですが・・・ 福島県はやっぱり広いですね。




小川諏訪神社
福島県いわき市小川町塩田宮ノ後67
電話;0246-83-0178
駐車場;境内下の表参道脇に12台分ほど (観桜期には臨時駐車場と交通誘導あり)
※お手洗いなどはありませんので要注意