冬の裏磐梯点描

もう半月前になっちゃいましたが、北塩原へ撮影行をした時の写真です。 檜原湖畔の細野では夜明け前から降り続いていた雪は、剣ヶ嶺の辺りに戻ってみると、徐々に収まってきて8時半には雪雲が切れ始めました。 お仲間カメラマンさんは、同日の秋元湖畔で朝陽も見られたと言います(;゚д゚) 北塩原は処変われば天気も変わる、多様な環境が混じり合っている場所です。

雪の花
[2017/2/26 雪の花]  <↑ Clickで拡大>

撮影ポイントに困って、今まで冬には立ち入らなかった場所までサーベイしてみました。 まだ見たことのない家椎でしたので色々と試すことが出来たのは良かったですね。

水と森の目覚め
[2017/2/26 水と森の目覚め]  <↑ Clickで拡大>

時刻毎の天気予報で期待していたよりも大分遅れて、雲の切れ間から青空と陽射しが降りてきました。 陽射しのチカラは偉大で、それまで蒼の世界だった森の木々や湖沼のカラーが一変します。

ログハウス
[2017/2/26 ログハウス]  <↑ Clickで拡大>

大沢沼対岸のカラマツ林に囲まれたログハウス。 北塩原で風景写真を撮り始めてこのかた、このログハウスで人の気配を感じたことはありません。

多分、林の中を沼に沿って巻いていけば辿り着けるハズですが、それらしい道も現在は見いだせません。 ボートで渡るって手もアリなのでしょうけど、建材をボートで運搬するには、無理っぽいんですよね( ̄ω ̄;)

幾多の謎が解けないままだから、ミステリアスな雰囲気も一味加わるログハウスは、ひっそりと湖畔に佇んでいます。

冬の里山
[2017/2/26 冬の里山]  <↑ Clickで拡大>

今年はまだ「霧氷」の木々と巡り会ってません。 このまま春が近づいて来ると、ますます無理っぽいですね。 「霧氷」はそんなに珍しいものでは無いと思っていたのですが、撮影のタイミングが合わなければ、やっぱり希有なんだなぁ~と思い直させられます(。-`ω´-)んー

一葉
[2017/2/26 一葉]  <↑ Clickで拡大>

昨年秋から風雪や寒気に耐えて落ち残った枯葉。 その枝には既に新芽の息吹が宿り始めていました。