中華飯店 十八番 ~福島県郡山市~

郡山市の旧奥州街道(旧々国道4号線)の大町地内「お好み本舗 ぽぽ」さん隣にある「中華飯店 十八番」さんを45年ぶりに訪問しました。

中華飯店 十八番

お店はそんなに広くはないです。 椅子が少々ギシギシしたりするのも昭和ノスタルジアと思えば何でもありません。 何よりも店主さんのお人柄でしょう。 物言いも柔らかく、優しく品の好い感じが、お店の雰囲気をとても良くしています。 夕方にもなると、常連の顔ぶれが晩酌をしにやってくる。 そんな受け皿になってくれるお店も、ますます貴重になってます。

「半チャンラーメン (750円)」

中華飯店 十八番 半チャンラーメン

実は望外に多様な品書きがあって驚いたのですが、土曜日は提供メニューを絞って、定食類はを始めとして八割がお休み。 それでも充分に選べるだけの品巾がありました。 ちょっと手堅く「半チャンラーメン」でいってみましょうΨ( ̄∇ ̄)Ψ

中華飯店 十八番 半チャンラーメン

ラーメン単品なら450円という低廉な価格。 確かに絢爛豪華とはとても言えませんが、普段使いの食事を摂るラーメンとしては、充分に存在価値有りですね。

真ん中に載ってるのは、カイワレ? それとも豆苗? ( ̄ω ̄;) 油浮きの抑えられたスープからは、ほんのりとショウガの香りが感じ取れましたが、アッと言う間にわかんなくなっちゃいました( ̄▽ ̄i)ゝ

中華飯店 十八番 半チャンラーメン

ベーススープは多分鶏ガラや豚ガラに野菜が炊かれていると思われます。 魚介系素材は入っていない気がします。 醤油ダレは意外とシャープな効き具合で、キリッとした塩味があります。 載せモノには豆苗の他に刻みネギ、メンマ、バラ肉チャーシューです。

このバラ肉チャーシューが、大きさこそ控え目ですが、脂身までしっかりとチャーダレが染み入っていて、呆れるくらいにウマいっ!w( ̄▽ ̄;)w

中華飯店 十八番 半チャンラーメン

麺は多加水系熟成中麺。 ツルツルと滑らかな舌触りと、程良くスープを持ち上げて来ます。 コシの強さ云々よりも、心地佳く舌の上を滑って、軽々と喉に落ちる食感は、佳き昭和の流儀そのものです(*^▽^*)

中華飯店 十八番 半チャンラーメン

チャーハンは、かなり手間暇かけて中華鍋をガッコンガッコンとやっていた割りに、しっとりとした優しい口当たり。 味付けは控え目にされていて、紅生姜の塩味と辛味と共に頂くと丁度ヨロしい感じです。

中華飯店 十八番 半チャンラーメン

チャーシュー、卵、ネギとシンプルな具材で仕立てられていますが、旨味調味料を過度に使わない、安心のチャーハンでした。 




中華飯店 十八番
福島県郡山市大町1-13-19
電話; 024-923-1828
営業時間;【昼の部】12:00~14:00 【夜の部】15:00~20:00
定休日;日曜日
駐車場;無し