完全結氷した桧原湖の湖上

久しぶりに北塩原への朝撮りに出掛けましたが、天気予報の通りあまり優れない天気となりました。 先輩カメラマンさまが、駄賃になればと檜原湖畔雄小沢の湖上に集っているワカサギ釣りのテントを教えてくれました。

いつもならスルーしてしまう場所ですが、夜明け前の灯りの点ったテントのカラフルさと、青ざめた夜明け前の空色は、なかなかのものでした。

撮影している途中で、急に雪が強く降り出したり、パタリと止んでみたりと、とにかく刻々と変わる天気に振り回されました(>▽<;;

雄小沢のワカサギ釣りテント
[2017/2/26 雄小沢のワカサギ釣りテント]  <↑ Clickで拡大>

雄小沢でワカサギ釣りのテントを撮影していたら、まだ明けぬ暗い雲間から、諦め掛けていた朝の光が射し込みそうな予兆が見えて、急ぎ細野へと展開しました。

現着してみたら、湖畔へと通じるトレースには、今朝の新雪が積もっていて、まだ誰も立ち入ってはいないようです。 例年通りと言っても良さそうな積雪量で、2m位はありそうでした。

桧原湖の雪原から
[2017/2/26 桧原湖の雪原から]  <↑ Clickで拡大>

湖上には釣り客を案内するスノーモービルも快走していたり、灯りの点ったテントも見られましたが、雪面近くまで低く構えてそれらを雪の丘陵の影に押し込みます。

小島の木々の背景に、霞みかげんの林の木々を狙って行ったのですが、再び降り出した雪だけではなく、更にガスが掛かってきてしまい、全然捉えられませんでした(ノд`@)

雪木立
[2017/2/26 雪木立]  <↑ Clickで拡大>

たぶん細野で撮影した何枚かの中で、これが一番雰囲気が出せたかな?

寒波の最中の豪雪とは違った、どこかしらフワフワとした雪の舞い方が、冬の終わりが近づいていることを教えてくれます。