餃子 照井 飯坂本店 ~福島県福島市飯坂町~

福島市飯坂町の観光文化交流施設「旧堀切邸」で行われている[2017/02/22~2017/03/05]「つるし雛飾り」を見に行った折に、例によって遅い昼食をどこで摂ろうかと考えてたら、目的地のほんの目と鼻の先に、福島市の餃子の名門「餃子 照井 飯坂本店」さんがありました(゚ロ゚屮)屮

餃子照井 飯坂本店

こちらは17時開店の夜のみの営業で、なかなか訪問する機会も無かろうと思い、開店前から行列となっていたところに参戦する事にしました(o^-^o) 入り口脇に設置されているウエイティングボードに名前と人数を記入して待ちます。 地元の方々は先刻承知のスタイルなので、早々にエントリー済みのようです。

ボクのような初詣の来訪客も少なく無いようで、聞くともなく耳に届いてくる話し声からは、遠方から楽しみにして並んでいる方々も居るようです。 店内はそこそこの広さ(公称値44席)がありますが、相席にしないポリシーらしく、少々待たされるのはご愛敬です。 ボクはウエイティングボードに9番目で、約30分待ちで店内に案内されました。 それからオーダーを聞いてくれますので、トータルで45分位は待ったでしょうか? 人気店の宿命ですので、これは仕方ないですね( ̄▽ ̄i)ゝ でもホール係の皆さんは、とってもにこやかで全く嫌な気分を味わうことはありませんでしたよ(*^▽^*)

「円盤餃子 (22個・1,200円)」

照井 円盤餃子

キタ!Ψ( ̄∇ ̄)Ψ これぞ永らくテレビや雑誌の誌面で見ていた“名物・円盤餃子”です! 飯坂町を温泉と円盤餃子の街として全国発信させた、まさにレジェンドがコレです!

照井 円盤餃子

思ったよりも小振りな餃子は、一口とは言わずとも、二口で収まるやや小さめの包み方。 揚げ餃子?と勘違いされそうなほど、片面はカリカリになるまで油で加熱されています。 皮はちょっとお隣とくっついてしまったりしてますが、その辺はあまり気にしない、気にしない(*^-^) それよりも、カリッとするような片面の食感と、蒸し上げられているもう片面のモチッとした皮の二通りの食感が楽しめます。

餃子は餡も皮も自家製で、餡はニクニクの香り漂い、野菜のザクザクとした食感が活かされています。 下味は程良く付けられていますので、お好み次第では酢だけでOKって好みもありだと思います。

照井 円盤餃子

餃子のタレは醤油まで専用スペックを委託醸造して貰っているらしく、酢と醤油の合わせ調味料として餃子のタレが供されます。 この餃子のタレは店内で市販もされているってんですから、よほどの自信作と言うことでしょう。 ボクは卓上配置のラー油を多目に注して頂きました。

なるほど、コレは美味しいな♪( *´艸`) 大きさも程良く、ついつい箸が進むってものです。 食べ進めて行く内に、餡の野菜が徐々に蒸れてきて、ジャクジャクとした歯触りから、ジリジリとしなやかな餡へと変化してくるあたりも楽しいところです(>▽<)b これだけの餃子を頂きながら、一杯飲れなかったのは不徳とするところでしたが、ホール係のおねえさんも慣れたものでして、

「全然、気になさらないで下さい(*'ー'*)」

と笑顔で応対して頂きました。 なんかこれでは申し訳がない(|||´Д`)ゞァィャァ~ って事で、白飯がメニューには無いので、コチラも所望。

「らぁめん (700円)」

照井 らぁめん

望外のバラ巻きチャーシューの大判ぶりに驚きました!(;゚д゚) そ、そ、そ、そういうらぁめんだったの? 全く事前サーベイ無しで訪問しちゃったので、思わず瞠目しましたよヾ(^▽^*

照井 らぁめん

淡口醤油と塩ダレを合わせたのか、醤油ダレは薄目の色合いながらちゃんと塩味のエッジは伝わって来ます。 ベーススープは豚ゲンコツに野菜を合わせて炊いた清湯って事ですが、直感的に鶏ガラかな?と思っちゃった事は白状しておきます(;^ω^) ともあれ旨味も程良く、スッキリとした後味で、飲み上げの〆にも絶妙じゃ無かろうかと感じました。

照井 らぁめん

丼の表面半分以上を占めるバラ巻きチャーシューは、ちゃんと厚みもあって、醤油ダレはほとんど感じられないけれど、スープで温められてその塩味だけで存分に美味しく頂けます。 脂身はプリッと、お肉はホロッと、その食感も充分にラーメン専業店さんのそれに匹敵します。

照井 らぁめん

麺は多加水系熟成中細ストレート麺。 ツルツルとした舌触りの割りに、噛めばしっかりとしたコシの強さが伝わって来て、なかなか侮れない実力派ですよ。 軽量タイプの味わいでしたが、お酒と共に餃子をアテに楽しむお店として、ラーメンも共に成長してきたんだろうなぁ~と思うと感慨も一塩の一杯でした。

福島市内に3軒の店舗を擁する「餃子 照井」ですが、どうもお店毎に価格が異なっていたり、らぁめんの仕様が異なるようです。 楽しみ方は色々とも言えそうですが、まずは先ずは本尊を訪問出来たのは非常に意義深かったです(o^-^o)




餃子 照井 飯坂本店
福島市飯坂町字錦町1-21
電話;024-542-4447
営業時間;17:00~23:00 (LO 20:30) ※売り切り次第終了
定休日;水曜日
駐車場;店舗の北側20mほどの処に専用駐車場あり 7台
※土日は終日禁煙