地鶏ラーメン ありがとう ~福島県郡山市昭和~

ようやく「地鶏ラーメン ありがとう」さんへ初詣してきました。 駐車場の位置やデポの仕方などで、先ずはどう駐めるかと戸惑います( ̄▽ ̄i)ゝ でも夜の部の初っぱなだったので、まだ満車になっておらず車がデポ出来て一安心しました。

地鶏ラーメン ありがとう

メニューを一瞥すれば塩ラ~推しなのが伝わって来ますので、初のお手合わせは、最もプレーンな塩ラ~にしてみます。

「塩ラーメン (650円)」

地鶏ラーメン ありがとう 塩ラーメン

キレイな清湯スープからは、鶏出汁の香りがフンワリと立っていて、少し香ばしい香りも感じられます。 スープの表層に油浮きは少な目。

地鶏ラーメン ありがとう 塩ラーメン

立派な肩ロースチャーシューが載せられて来て、細かいサシのような網目状の脂身は見事です。 その美味しさ立派の一言。 チャーダレは淡目の染み入り方ですが、塩ラ~の繊細な味香を邪魔することなく、ホロッと崩れてしまうほどの柔らかさと、肉自体の旨味がちゃんと活かされています。

地鶏ラーメン ありがとう 塩ラーメン

ネギは小口ネギと晒しネギの2種類。 共にキレイに切れ揃えられていて、見た目にも丁寧な調理姿勢が伝わって来ます。 太目のメンマは、噛み込めば簡単に歯切れね柔らかさ。 やや控え目な味付けの中に、ちょいと甘じょっぱい味わいが良いアクセントになっています。

スープは会津地鶏の胴ガラとモミシをメインにしているそうで、濃すぎない程度の鶏出汁の旨味に、甘さを感じさせる昆布の旨味のテクスチャーが舌の上に広がります。 ちょっとコハク酸っぽい旨味も伝わって来ますので、これは塩ダレの中に組み込まれているのかも知れません。 塩味は優しいタッチで、エッジを立てなくても、ちゃんとベーススープと巧く融合しています。

地鶏ラーメン ありがとう 塩ラーメン

麺は自家製の卵麺なのだそうで、加水率やや低めのストレート細麺です。 その食感は程良く張りのあるリズミカルな歯切れの良さがあり、終盤までダレる事無く楽しませてくれました(o^-^o) スープの持ち上げも上々で、麺を手繰る度にスープで口の中が満たされるような感覚でした。

やや甘めに感じたスープは、卓上配置のテーブルコショウでディテールアップも楽しめます。 敢えて共挽きタイプのコショウが選択されているあたりも、バランスで食べさせるテーマと一致していて、隙のない美味しさでした。




地鶏ラーメン ありがとう
福島県郡山市昭和2-2-15
営業時間;【昼の部】 11:00~14:30 【夜の部】 17:00~20:00
定休日;月曜日
駐車場;店舗左側(4台)、店舗右側(2台 4番・6番)、福島銀行東側の指定駐車場(4台)