FC2ブログ

【2016年 錦秋巡り】 観音沼森林公園

この日はお友達はみんな予定があって、ボクと一緒に撮影行に同行して貰えませんでした・゚・(ノД`;)・゚・ ボッチに耐えられない訳ではありませんが、やっぱりお友達が一緒だと自分の足りない視点に気付かせて貰えたり、移動中も楽しく会話出来たり、豊かな時間を過ごせます。

日の出時刻はとうとう6時位になりましたので、4時過ぎに郡山市を出立し、下道で白河市経由の甲子道路伝い、およそ1時間半で現場入りしました。 既に駐車スペースには20台ほど先着があり、その大半が県外ナンバーでした。

朝霧の森
[2016/10/23 朝霧の森]  <↑ Clickで拡大>

最初から決め撃ちのポイントに向かう時も、遊歩道は県外からのグループ撮影のカメラマンの姿が沢山でした。 陽の光がここに届くようになるのは、7時位からになると思いますが、東側の峠には雲が掛かっていて、陽の光が射し込む事はありませんでした。

観音沼の朝
[2016/10/23 観音沼の朝]  <↑ Clickで拡大>

期待の朝靄は、うっすらとは掛かっていたのですが、如何せん紅葉は終盤になっていたようで、見所になりそうなポイントがほとんど無し。 僅か10分ほどで朝靄は消失してしまいました。

彩るモミジ
[2016/10/23 彩るモミジ]  <↑ Clickで拡大>

比較的風は穏やかな朝でした。 落葉が進んでしまった木々と、色付きが遅れている木々が、妙に混じり合っていて、撮りどころが難しかったなぁ~( ̄▼ ̄|||)

観音沼の秋景
[2016/10/23 観音沼の朝]  <↑ Clickで拡大>

沼の湖面も、浮島が勢力拡大の一途? やはり水質の汚濁も無関係では無いのかな・・・

秋の赤
[2016/10/23 秋の赤]  <↑ Clickで拡大>

別に不文律のルールがある訳でも無いのですが、ここでは早朝の初っぱなは西岸側から撮影するカメラマンが大半です。 明かりの射し込む角度や朝霧の捉えやすさなど、時間帯による得意な見え方をカメラマンが良く知っているのでしょう。 お陰で朝方のほんの短い時間ではありますが、西岸側から撮影する限り、東岸に人影が被ることは少ないです。

その後湖畔に陽の光が回り始めてくると、どっちにレンズを向けても人を写さないように切り取るのは容易じゃなくなりますΣ(゜▽゜;) まあ、お互い様ですので仕方ないですが、帰宅後に写真の選定をしながら、気付かぬ内に人を写し込んでいる作の多さに、自分の注意力不足を痛感したりします。

秋の木陰から
[2016/10/23 秋の木陰から]  <↑ Clickで拡大>

東岸のモミジの下から西岸のモミジと映り込みを。 この日の数少ない見せ場だった気がします。 

自家製麺 工藤 ~福島県郡山市神明町~

自家製麺 工藤 かれぱいたんつけ麺

Happy Halloween!!ヽ( ̄▽ ̄)ノ

な、つけ麺を頂いて参りましたよΨ( ̄∇ ̄)Ψ お馴染み「自家製麺 工藤」さんで、先週土曜日の『今日のきまぐれ』で供された、特別誂えの創作メニューです。 丁度29日で“肉の日”だし、ハロウィン目前って事で、鶏を使い倒してスペシャルな「かれーつけめん」が頂けました。

「かれぱいたんつけ麺 (950円)」 ※今日のきまぐれ&味玉ご馳走になりました

自家製麺 工藤 かれぱいたんつけ麺

載せモノもこの日のスペシャルになっていて、低温調理の鶏チャーシューに、合鴨の鶏団子、インゲン、そしてカボチャ玉(←後述)といった品々です。 麺は言うまでもなく自家製。 しなやかさとコシの強さを併せ持つ、店主自慢の逸品です(o^-^o)

自家製麺 工藤 かれぱいたんつけ麺

で、このカボチャ玉がエラいシロモノでして、ペースト化したカボチャにバターとハバネロを練り込んであるそうなんです(⌒▽⌒;) 試しにちょいとつまんでみたら、カボチャのネットリとした食感と共にナチュラルな甘味が感じられと同時に、シャープなハバネロの辛さが追い掛けてきました(;゚д゚) 甘くて辛い、これは悪魔のカボチャ玉じゃないっスか?!∑ヾ( ̄0 ̄; )ノ

仕掛けられましたねぇ~(>▽<)b こう言う遊び心って素晴らしいです。 漬け汁に溶くも良し、そのまま食べちゃうも良しって事ですって。 ボクは半量ほど食べ進んだところで、漬け汁にインして、カレーテイストの味変に一役買って貰いました。

自家製麺 工藤 かれぱいたんつけ麺

濃厚なカレー味に仕立てられた漬け汁は、ご覧の通り生クリームでラテ・アートっぽく視覚的にも楽しませてくれます(*^▽^*) ベーススープは伊達鶏、川俣しゃも、会津地鶏から炊き出した鶏白湯。 カレーペーストも、青森シャモロックと会津地鶏から引いた清湯スープのみで溶き合わせ、更にヒミツの鶏肉を加えてピューレ状にしているそうです。

カレーのスパイスも何かが突出した感じは無く、纏まりよく仕上がっているのですが、素人にも多様な要素が投入されているのは分かりました。 つまりはイッパイ注ぎ込んで、それが何であるか分からなくなる位に混和されているって事ですかね?σ( ̄、 ̄=) スパイシーさと旨味、酸味と甘味に、大人なら普通に受け入れられる位のホットさが、濃ゆ~い味わいで表現されていました。

自家製麺 工藤 かれぱいたんつけ麺

もう、麺に関しては言うまでも無しの美味しさ! そこにトロミのある濃ゆいカレー漬け汁がタップリと絡みついて、口中がカレー祭りになっちゃいます(((*≧艸≦) 悪魔のカボチャ玉を加え溶くと、更に中毒性が高くなり、麺量を並盛りにしていた事を後悔しました(>▽<;;

こりゃあヤバい!ってくらい美味しいO(≧▽≦)O 残り汁に白飯を投入したい葛藤と戦いながら、おいしく完飲しちゃいました( ̄∇ ̄*)ゞ 素晴らしかった! また食べたいですね!




自家製麺 工藤
福島県郡山市神明町17-13
電話;024-905-8294
営業時間;火曜日~土曜日 【昼の部】11:00~14:30 【夜の部】18:00~20:30 売り切れにて終了
      日曜日 11:00~15:00 売り切れにて終了
定休日;月曜日
駐車場;指定駐車場10台分あり