FC2ブログ

小江戸・川越

先週は夏休み明けとなる娘を就学先へと送り届けて来ました。 ただ送り届けて来るだけでは時間も持て余しますので、小江戸と言われる街並みで人気を呼んでいる川越市に立ち回りました。

東北自動車道から圏央道を経由して川島ICから下りれば、よほど道路が混雑していない限り20分ほどで車をデポして観光に就けます。 圏央道は初めて走行しましたが、まだ筑波方面と繋がっていない為か、交通量も少なく、新しい道路ならではの高規格設計もあってか、とてもリラックスして走れました。

小江戸・川越 蔵造りの町並み #1
[2016/9/25 小江戸・川越 蔵造りの町並み #1]  <↑ Clickで拡大>

川越市は初めて行きましたが、旧い町並みが大切に残されているエリアがあり、そこが所謂“小江戸”と呼ばれる風情ある街並みです。

小江戸・川越 蔵造りの町並み #2
[2016/9/25 小江戸・川越 蔵造りの町並み #2]  <↑ Clickで拡大>

日曜日で久々の好天と言う事もあってか、かなりの人出になっていて、「菓子屋横丁」や「蔵造りの町並み」と呼ばれる道筋は、とてものんびりと景観を楽しみながら歩けるような状況ではありませんでした(>▽<;; 札の辻交差点から仲町交差点までの間が「蔵造りの町並み」として賑わっています。 軒を連ねる蔵屋敷の中には、特に貴重な建物もあるそうです。

小江戸・川越 蔵造りの町並み #3
[2016/9/25 小江戸・川越 蔵造りの町並み #3]  <↑ Clickで拡大>

主に伝統民芸品や土産物、飲食のお店が立ち並んでおり、観光人力車も楽しめたりします。 週末と言う事で、多分平日とは比べものにならない観光客の数だったと思われますが、観光バスによるグループ観光の客ばかりか、外国人観光客の姿も少なくありませんでした。

小江戸・川越 蔵造りの町並み #4
[2016/9/25 小江戸・川越 蔵造りの町並み #4]  <↑ Clickで拡大>

和装の女性がそこここで見られました。 町並みの景観とは、やはりマッチしているように思いましたし、華があるなぁ~と、ついその姿を目で追い掛けてしまいます(=´▽`)ゞ

小江戸・川越 路地奥
[2016/9/25 小江戸・川越 路地奥]  <↑ Clickで拡大>

実は蔵造りの町並みよりも、ちょっと逸れた路地にも、魅力的な昭和の佇まいが残っていました。 どこか昭和中期がそのまま残されているような空気感は、自分の子供の頃の記憶と重なります。

小江戸・川越 蔵造りの町並み #5
[2016/9/25 小江戸・川越 蔵造りの町並み #5]  <↑ Clickで拡大>

石造りの瀟洒な建物は「埼玉りそな銀行」。 蔵造りの町並みとは、ちょっと時系列が異なりますが、屋根はニコライ堂のドーム屋根を想起させました。

小江戸・川越 寺小路
[2016/9/25 小江戸・川越 寺小路]  <↑ Clickで拡大>

妙齢の女性の和装は、シックでエレガント。 ちょうどお寺を背景にしていたので、思わずそのまま見ていたくなりました(o^-^o) 和装のご婦人は、お召し物一つで立ち振る舞いまでも凛とするんですね。

自分も観光客ですが、観光客が多すぎて、人の姿を避けて写真撮影をするのは至難の業と言うよりも、全く無理無理でした( ̄▽ ̄i)ゝ 今回は初訪問で現地サーベイみたいな感じでしたが、機会があればちゃんと撮ってみたい町でした。