FC2ブログ

【ご案内】 第24回 写団いわき写真展

いわき市の「写団いわき」さんの写真展が開催されます。 二年に一回の開催の開催なのだそうですが、前回は10名の会員様で80点以上の展示が行われ、大変賑わっていたそうです。 クラブからお知らせを頂きましたのでご案内させて頂きます。

第24回 写団いわき写真展
               ↑ Clickで拡大 ↑

第24回 写団いわき写真展
開催期間;2016年9月23日(金)~9月26日(月) 【入場無料】
公開時間;9:00~17:00
開催会場;いわき市文化センター 4階中展示場
       福島県いわき市平字堂根町1-4 電話;0246-22-5431



※中央公民館と文化センターの敷地内駐車場は大変狭くなっています。 敷地内の駐車場が満車の場合はお近くの公共用駐車場等をご利用下さい。
いわき市文化センター駐車場
                  ↑ Clickで拡大 ↑

 

御食事処 不二家 ~福島県郡山市堂前~

昼の部の営業時間には初めて訪問した「御食事処 不二家」さんです。 いつも夜の部ばかりですが、今日は昼の部の一番釜を頂いちゃいました。 もしかすると訪問時間で少々変化が楽しめちゃうかも(〃∇〃)

「支那そば (550円)」

不二家 支那そば

いつもの“夜の顔”に比べると、より澄んだスープに油浮きの少な目に感じますが、そんなに大きな差はありませんでした( ̄▽ ̄i)ゝ スープからの香り立ちも、醤油ダレの柔らかな香りが立っていて、もうそれだけで食欲が増進されちゃいます。

不二家 支那そば

二枚のチャーシューは、見ての通りほんのりロゼ色。 肩ロースの部位が傲られていて、程良くシットリとした歯触りと共に柔らかく歯切れます。 チャーダレの味わいがちゃんと染み入っていて、とても充実したお味ですね。

不二家 支那そば

メンマはやや濃い目の頃合いに炊かれていて、柔らかく歯切れもヨロシイです。 やや甘めの味付けも良くマッチしています。 青菜のお浸しも色鮮やかですね。

多分、鶏ガラや豚ガラなどでをメインに、昆布や香味野菜で炊かれたスープだと思いますが、フワリと甘味が口中に広がり、押し過ぎない程度の旨味が効いてます。 マイルドな口当たりの醤油ダレは、その甘味が活かされるように広がります。

不二家 支那そば

麺は以前と印象が違っていて、ちょっと強めの歯応えが感じられました。 この日の一番釜でしたので、柔らかくなり過ぎないように、意図的に茹で時間を短くしてたのかな? こんなユラギがあったりするから面白いんですよね(#^.^#)

卓上の粗挽き黒胡椒を振りますと、甘いニュアンスのスープのディテールがキリリと引き締まり、力強さが感じられるようになりました( *´艸`)




御食事処 不二家
福島県郡山市堂前町14-1
電話;024-922-1150
営業時間;【昼の部】10:00~14:00 【夜の部】17:00~20:00 ※諸説あり確定はとれていません。
定休日;日曜日
駐車場;指定駐車場2台分あり


大きな地図で見る