FC2ブログ

慧日寺金堂『月待ちの灯り』 ~福島県耶麻郡磐梯町~

もう10日以上前に撮影した写真ですが、南会津町への撮影行の帰途に、磐梯町の「慧日寺(えにちじ)」で開催されていた『月待ちの灯り』に立ち回って来ました。

灯火の道
[2016/6/5 灯火の道]  <↑ Clickで拡大>

「道の駅ばんだい」の直ぐ近くにある史跡なのですが、今まで訪問した事はありませんでした。 『月待ちの灯り』は「ふくしまDC」を契機に昨年より始められたイベントです。 前日の様子を伝えるニュースで、お堂が神々しくライトアップされている様子を見て、ちょっとヤリ過ぎじゃ無かろうか?と思っていたのですが、表参道から近づいていくと、まるでフワリと宙に浮いたようにお堂が見えてきて、これはこれで良い演出だなぁって考え直しました。

月待ちの灯り #1
[2016/6/5 月待ちの灯り #1]  <↑ Clickで拡大>

約1,000個の灯籠に明かりが灯され、幽玄な世界観を醸し出します。 灯籠を彩っているのは、切り絵である事が分かりました。 とても手間暇が掛けられています。 人目にはかなり暗くなっていたのですが、長秒撮影を行えば、ブルーモーメントに間に合いました。

月待ちの灯り #2
[2016/6/5 月待ちの灯り #2]  <↑ Clickで拡大>

前門の前庭には、池が造られていて、そこに常に水が注ぎ流れている仕掛けがありました。 浮き灯籠がユラユラと水の流れに身を任せている様子も、ちょっと風雅でした(o^-^o)

月待ちの灯り #3
[2016/6/5 月待ちの灯り #3]  <↑ Clickで拡大>

一時は沢山の来訪者で賑わった境内ですが、20時頃になるとだいぶ空いてきました。

帰途に就く子供が祖父母に

「また来たいよ」

って再訪をねだってました。 子供の感性もすっかり魅了したようです(o^-^o)

月待ちの灯り #4
[2016/6/5 月待ちの灯り #4]  <↑ Clickで拡大>

中門の先にはこんな立派なお堂がありました。 これが平成20年4月に再興なった「金堂」です。 平安時代初期の慧日寺を調査復元しています。
 

みたか食堂 ~福島県郡山市本町~

この日は真夏のような強い陽射しの射す一日でした。 日陰ではそよ吹く風も悪くありませんでしたが、とにかく陽向にいたらアッヂィ~~!(;´・ω・`)ってくらいでしたね( ̄▽ ̄i)ゝ

もう“夏メシ”しか思い浮かばなくて、みんなの大衆食堂「みたか食堂」さんの暖簾を潜りました。

「もりそば&半カレー (600円+350円)」

みたか食堂 もりそば&半カレー

今年も夏の定番セットのお食い初めです( *´艸`) 相変わらずのモリモリ加減に一瞬怯みそうになりますが、これを完食出来る胃力は保ち続けたいものです。

みたか食堂 もりそば

蕎麦は製麺所への委託製麺です。 蕎麦粉の比率はそんなに高くないと思いますが、ちゃんと蕎麦の甘い香りが伝わって来るのは今年も同じです。 ツルッと舌ざわりの良い平断面の蕎麦は、出前にも耐えられる麺線です。

みたか食堂 もりそば

薬味と香物が添えられて来ます。 揚げ玉が付くのは私的には高得点でして、さっぱりと頂く蕎麦に、ちょっとした油分が加わる事で、俄然美味しさに厚みが感じられます。

みたか食堂 もりそば

やっぱり白眉はそばつゆ!O(≧▽≦)O 甘口で濃い目のカエシに、鰹節とサバ節の厚削り、水出しコンブに干し椎茸の戻し汁など、旨味成分と豊かな風味が凝縮しています。 今日初めて教えて貰ったのですが、厚削りの出汁の引き方にも、時間を掛けて味香を引き出し切る技がありました。 あぁ、やっぱり瓶詰めにして販売してくれないかなぁ~(〃∇〃)

みたか食堂 半カレー

思い出したら食べずにはいられないのが「みたか食堂」さんのドはまりカレーライス! たっぷりと仕込まれる玉ネギと豚バラ肉のコンビネーションを、“Sweet,Hot & Spicy”な超粘性カレー・ルーが包み込みます。

みたか食堂 半カレー

この濃ゆいカレー・ルーの存在感は、私的には自分の知る限り地元ではトップクラスの充実感だと思います。 ハライッパイの幸せ、今日も堪能致しましたヽ( ̄▽ ̄)ノ




みたか食堂
福島県郡山市本町1丁目18-8
電話;024-922-0746
営業時間;11:00~20:00 ※売り切れにより閉店あり
定休日;日曜日
駐車場;店舗向かい側に6台分


大きな地図で見る