FC2ブログ

みたか食堂 ~福島県郡山市本町~

久しぶりに“ハミ丼”が食べたくなって、みんなの大衆食堂「みたか食堂」さんの暖簾を潜りましたo(*^^*)o ハライッパイになって、夕食が進まなくなっちゃうのが唯一の悩みどころですが、たまらなく食べたくなっちゃう魔力があるんだなぁ~( ̄▽ ̄i)ゝ

「カツ丼 (950円)」

みたか食堂 カツ丼

この日もしっかりと蓋が持ち上がってました(ノ´∀`*) アメ色に煮込まれた玉ネギのチラ見えがたまらん♪ 丼ツユの出汁と醤油ダレの合わさった甘じょっぱそうな香りにも刺激されっぱなしです。

って事で、早速 オープン・ザ・蓋ぁ~♪ヽ( ̄▽ ̄)ノ

みたか食堂 カツ丼

出前のおかもちにも収まるサイズの丼ながら、ギュウギュウに詰め込まれたご飯に、煮込みカツのアタマがこぼれ落ちないように蓋で押さえられて整形されてる感じです( *´艸`)

みたか食堂 カツ丼

デフォでツユダクなのはご覧の通り。 この丼ツユがまた秀逸で、濃ゆい味わいで甘じょっぱく、そんでもって厚削りなどからの出汁の旨味もしっかりと効かされています。 玉ネギから引き出された甘味もまた美味しさに拍車を掛けます。

みたか食堂 カツ丼

共添えもワカメスープは、少し白コショウのスパイスが利かされていて、ベーススープの動物系素材と香味野菜からの旨味がジワジワと広がります。 丼ツユの味目が強めですので、お味噌汁よりもキレ良くマッチしているかも知れません。

みたか食堂 カツ丼

揚げ立てトンカツは丼ツユでしっかりと煮込まれるタイプ。 しっとりと丼ツユの染み入った衣に、溶き卵と甘い玉ネギがとっても良く合います。 豚ロース肉は噛めばジューシーさは失っておらず、肉汁が広がり丼ツユの味わいと共に、美味しさの相乗効果を楽しませてくれます。

いつもの事ながらしっかりと詰め込まれていたご飯は、丼ツユが程良く回って激ウマ化! 食べ進むほどに幸せなキブンにしてくれる食堂メニューの王者ですねΨ( ̄∇ ̄)Ψ




みたか食堂
福島県郡山市本町1丁目18-8
電話;024-922-0746
営業時間;11:00~20:00 ※売り切れにより閉店あり
定休日;日曜日
駐車場;店舗向かい側に6台分


大きな地図で見る
 

皐月亭 ~福島県郡山市喜久田町~

そろそろ巡回訪問しようかなぁ~と思っていた矢先に、お店のFBに限定提供メニューの告知があり、まんまと釣られて暖簾を潜りました( ̄∇ ̄*)ゞ 旧会津街道沿いの「皐月亭」さんです。

皐月亭

「こんにちは~(o^-^o)」

と訪ねたら

「あれ、   ですか?ヾ(^▽^*」

と読まれてました(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

「醤油チャーシュー麺 極み (950円)」 ※FB告知の限定メニュー

皐月亭 醤油チャーシュー麺 極み

わわわ♪ヽ( ̄▽ ̄)ノ FBに挙げられていた写真の通り、丼を埋め尽くすように敷き詰められた豚バラチャーシューが大迫力です(>▽<)b 最近はこのタイプの肉盛り系には、そう簡単にノセられなかったのですが、今日はとってもその魔力に坑がえませんでした。

豚バラチャーシューは、やや薄目のカットでスープの熱でアッと言う間にトロトロ食感です♪ でもこの厚みならスープが冷めてしまう事もなく、巧く的を射た仕立てです。

皐月亭 醤油チャーシュー麺 極み

バラチャーシューの脂身までチャーダレの醤油テイストが染み入っていて美味し! 塩味もちゃんと効いているから、スタンドアローンでそのまま美味しいですね。 そんな豚バラチャーシューが何枚有ったか数えなかったけど、丼を覆い尽くして尚余裕のボリュームです。

皐月亭 醤油チャーシュー麺 極み

スープにはしっかりとしたラード油膜が見られ、ほとんど湯気さえ立たないほどです。 その油膜にバラ肉チャーシューからのゼラチン質やコラーゲン分、豊かなチャーダレのフレーヴァーが加わり、なかなかリッチな味わいになっています。

ベーススープは若干のうるみのある動物系素材スープ。 多分、地鶏と豚骨の炊き合わせじゃ無かろうかと思います。 しっかりと炊き切られていて、スープからは完熟度を示すような豊かな香り立ちが伝わって来ます。

そこに醤油ダレの一塩のアクセントが活かされた力強い味わいが効かされます。 例の三年熟成の自然派醤油があしらわれているそうです。 余計な旨味が加えられていない醤油の、ピュアで一本芯の通った味わいが思いきり良く通されていますね(o^-^o)

皐月亭 醤油チャーシュー麺 極み

麺は京都の名門「麺屋 棣鄂 (ていがく)」謹製のストレート細麺。 低加水タイプで切り歯26番のそれは、ツルッと滑らかな舌触りで、小麦粉の香りが鼻腔に届くシロモノ。 この滑らかな舌触りの麺に、押し味に富む醤油味スープがたっぷりと絡んで口中を満たしてくれます。

なかなかインパクトのある味わいながら、全く諄さのカケラも無く、後に残るのは豊かなベーススープとの味わいと、膨らみのある醤油の風味の残り香の余韻でした。

このメニューは店内には提供中といった案内は何もなく、FB告知を見た旨申し出たお客様にだけ供されます。 お店の事情で提供される日は決まっていなくて、およそ月一くらいのタイミングで登場するようです(*^-^)




皐月亭
福島県郡山市喜久田町四十坦8-25
電話;024-925-6321
営業時間;11:30~22:00 (L.O.21:30) ※金曜日は15:00閉店
定休日;元旦他、臨時休業あり
駐車場;テナント敷地内に供用10台分ほど


 

二代目 いまの家 ~福島県西白河郡西郷村~

ようやく初詣を叶えた「二代目 いまの家」さんです。 通し営業ながら、その人気が故に暖簾落ちが早く、これまで三度の潜入失敗に泣いておりました。

二代目 いまの家

この日は「二代目 いまの家」さんを是非とも訪問したいと心に誓いを立てて、その道すがら、これまた強力な引力とオーラを発する「うさぎ」さん、「つむら家」さん、「創」さんの誘惑を振り解いて、暖簾を潜る事に成功しましたヽ( ̄▽ ̄)ノ

お店に到着したのは既に14時頃でしたが、店内はほぼ満席。 巧いこと席に案内して貰えましたが、後着のお客様は空席待ちになるほどの客足です。

「ラーメン (680円)」

二代目 いまの家 ラーメン

お初の手合わせですので、先ずは最も柱になっているスタンダードのラーメンを所望しました。 とは言え、スタンダードにしてこの充実した仕立ては、全く驚きとしか言いようがありませんw( ̄▽ ̄;)w

先ず目を惹くのは、「とら食堂」に端を発する、炭火炙りを施してから煮込まれたチャーシュー。 しかもデフォで3枚載せとは恐れ入ります(^◇^;) モモ肉2枚と肩ロース肉1枚があしらわれており、期待通りにややスモーキーな薫香と、キリッとシャープなチャーダレの味わいが舌の上で広がります。

二代目 いまの家 ラーメン

白河スタイルでカイワレダイコンが配されているのは珍しいかな? 伝統スタイルだけではなく、現代風のアレンジも受け入れる事で、視覚的印象もより洗練された雰囲気が伝わって来ます。

やや厚めの油膜はしつこさが無くて香味の優れるチー油ですね。 そこに輪切りとみじん切りのネギがバサッと散らされており、これが辛味や臭みをほとんど感じさせない位にシッポリとバランスしています。

二代目 いまの家 ラーメン

スープは会津地鶏をはじめとした数種類の地鶏で引き出されているそうですが、底支えに豚ゲンコツあたりもありそうな気がします。 その旨味はかなりのもので、大変充実した味わいはいくつもの要素が重なり合っていると感じるものです。

醤油ダレはチャーダレもブレンドされていそうですが、これまた個性的でステキなもの♪ ややシャープな塩味のエッジを立てた醤油テイストに、味わいのディテールをより鮮明にする程度の酸味もあり、味わい深いベーススープの底力と相まって、壮麗な味わいの広がりがあります。

二代目 いまの家 ラーメン

自家製麺は青竹打ちによる、熟成中太縮れ麺です。 手揉みで複雑な縮れ加減の付けられた麺は、多分4日くらいは熟成されているのではないでしょうか? 複雑な縮れに実に逞しいコシの強さが宿っており、啜れば唇と舌の上を叩くように身をよじりますし、噛めば豊かな弾力を感じさせながらプッツンと歯切れる存在感溢れる食感です。

決して甘味が前面で浮いている事はありませんが、卓上配置の白胡椒を少々ふりますと、俄然味わいが立体的ななって来ますので、個人的にはお薦め致します(o^-^o) 正直なところ、お店を後にしてからもその余韻になかなか興奮冷めやらぬほど大変印象的なラーメンでした。 このラーメンが680円で供されているとは、お店の良心に感服ですし、こんなお店が近くにある地元の皆様が羨ましく思えるほどでした(>▽<)b




二代目 いまの家
福島県西郷村米西原105
電話;0248-57-4030
営業時間;11:00~15:30
定休日;火曜日
駐車場;店舗敷地内に20台分以上


 

郡山大勝軒 ~福島県郡山市富田町~

定期巡回先の「郡山大勝軒」さんの暖簾を潜ったら、ピッカピカの券売機が鎮座していましたw( ̄▽ ̄;)w 静電タッチ式の最新型。 券売機と向き合うと、動悸・めまい・息切れが発症する方はご用心下さいヾ(^▽^*

どうもこの券売機、本当に導入ホヤホヤのようでして、この時は店主・阿部君も仙台からやって来ていて、何やら作動確認に余念のない様子でした。 タッチ操作は直感的に行えますから、初めてのボクでも戸惑うことなくアッサリと発券。 きっと直ぐにお店の中の景色に溶け込むことでしょう。

「つけ麺 並盛 (750円)」 ※色んな載せモノをご馳走になっちゃいました( ̄▽ ̄i)ゝ

郡山大勝軒 つけ麺

ニゴリのある漬け汁は、一見した通りの濃ゆい旨味とやや強めのメリハリの利いたカエシに、リンゴ酢で作られた甘酢が効かされています。 今日の漬け汁はいつもよりも、やや強めのインパクトがありました。

最近はやや動物系素材の特徴が前に出ていたのですが、今日はニボシやサバ節、厚削りなどの押し味が、大変印象的に感じられました。 うん、これもまたイイですね♪

郡山大勝軒 つけ麺

角切りのバラチャーシューがゴロゴロと沈んでいて、モモ肉チャーシューとバラ巻きチャーシューも更なる追い打ちを掛けてきますΣ(゜▽゜;) ここから漬け汁に回ってくる旨味成分も、より一層漬け汁の印象を強くしていますね。

郡山大勝軒 つけ麺

麺は自家製ストレート中太麺。 今日は張りを感じさせるようなしっかりとしたコシの強さが出ていました。 小麦粉の香りもちゃんと鼻腔に伝わって来ますし、食べ応えもなかなかです(o^-^o)

郡山大勝軒 つけ麺

これを漬け汁にサッと潜らせますと、コシの強さは弾力を帯びたモチモチとした食感へと転じます。 麺に張りを感じるのはここでも同じでしたので、口に運んだ時の麺の存在感がストレートに伝わって来ます。 甘辛酸っぱく、旨味のしっかりとした漬け汁共々、美味しく頂きました!ヽ( ̄▽ ̄)ノ




郡山大勝軒
福島県郡山市富田町乙路後18-1
電話:024-935-4262
営業時間:11:00~21:00(スープが無くなるまで)
定休日:毎週水曜日
駐車場:店舗前に4 台分 店舗横の指定駐車場に12台分くらい


大きな地図で見る
 

中国飯店 なるき ~福島県郡山市富久山町~

「中国飯店 なるき」さんは、地元ではレジェンド級の老舗。 少なくとも半世紀以上の歴史を刻む、不動の人気店さんです。 こちらのお店はタンメンで名を馳せる名店ですが、自家製麺の冷や中も“夏のお楽しみ”です( *´艸`)

「冷やし中華 大盛 (880円+50円)」

なるき 冷やし中華 大盛

敬愛を込めて“大盛CALL”したら、期待を裏切らないモリモリ具合です(>▽<)b 何だろう? 今ではあまり見られなくなってきた散らし盛りがとても美しく印象的です。

なるき 冷やし中華 大盛

ちょいと横から眺めてみれば、麺がこんもりと小山のような盛り方になっているのが分かります。 多分、麺量的には茹で前で400g近くあったと思います。

なるき 冷やし中華 大盛

辛子は勿論練り立てがお皿の縁に控えてます。 冷や中スープにサッと溶けやすく、しかも効き具合の秀逸さもチューブ入りとは別格の存在感ですヽ(*’-^*)。

なるき 冷やし中華 大盛

具材はレジェンドの面目略如なクラシカルなもの。 茹でモヤシはゴマ油と塩味、白胡椒などで下味が付けられていて、キュウリの千切り、冷たくしても脂質が固化しないハムの短冊切り、なるとの細切り、美しい色合いの錦糸卵に色鮮やかな紅生姜が頂点を飾ります。

なるき 冷やし中華 大盛

自家製ストレート中細麺は、やや加水率低めで打ち立てが供されます。 やや長めに茹でられた麺は、執拗なくらいに流水で洗い締めされ、コキュッ!とした歯触りとしっかりとしたコシのある仕立てにされます。

冷や中スープは昔よりもちょっと味の志向が変化して来たかな?σ(゚・゚*) 年々印象がマイルドになってきている気がします。 醤油味のカエシも含めて、甘酸っぱさのエッジが大人しくなり、白コショウとゴマ油のあしらいも、だいぶ控え目に感じました。 もともと“非マヨ系”の古典派冷や中ですので、もう少し濃い目でメリハリの有る味に戻って欲しいなぁ~( ̄▽ ̄i)ゝ




中国飯店 なるき
福島県郡山市富久山町久保田愛宕86
電話;024(932)9642
営業時間;11:30~21:30
定休日;月曜日・第1火曜日


大きな地図で見る