とり・てつ焼き 甚六 ~福島県郡山市駅前~

数日前ですが、かれこれ30年のお付き合いを頂いているワイン・インポターさんがご来訪。 郡山泊まりなので一献とのお誘いを頂き、久しぶりに夜の街場へと御案内致しました。

ご担当さんがチェンジするって事で、エラくなられるんだなぁ~(*'ー'*) 彼とは現職以前からのご縁で、やはり20年以上前からのお付き合いがありましたが、バトンを受け渡された新任担当さんは、入社3年の若者です(*^-^) これから先、海千山千のヲヤジの担当、宜しくお願いしますよぉ~♪(((*≧艸≦)

お連れしたの郡山市駅前の「とり・てつ焼き 甚六」さん。 伊達鶏の焼き鳥と鉄鍋の二枚看板で人気のお店です。 看板メニューを楽しんで頂こうって事で、こんなラインナップです。

甚六 伊達鶏

小皿に盛り直しましたが、ねぎま・塩、ボンジリ・タレ、つくね・タレ、焼きししとう、焼きシイタケです。 ふっくらジューシーで噛むほどに肉の美味しさが膨らむねぎま。 プリッとした食感でコラーゲン分が美味しいタレと共に口中に広がるボンジリ。 丁寧に叩かれて鳥肉とナンコツ、青じその爽やかな味香が加えられたつくねも、甘じょっぱいタレと良く合います。

甚六 鉄鍋

「鉄鍋」はハラミ、シマチョウ、豚バラの三種で仕立てて貰いました。 お供に楽しんでいたコート・デュ・ローヌの古木仕立てワインと、ニンニクの利かされた甘辛しょっぱい特製味噌ダレが抜群に合います( *´艸`) これはインポターさんも大ウケですv( ̄∇ ̄)ニヤッ

甚六 鉄鍋

鉄鍋の締めにうどんを投入。 これがまたウマくってしょうがねぇ~♪ヽ( ̄▽ ̄)ノ してやったりの大好評を得ました。 さすが「甚六」さんです!




とり・てつ焼き 甚六
福島県郡山市駅前2-3-2 駅前グリーンビル1F
電話;024-938-3636
営業時間;17:30~26:00 (LO;26:00)
定休日;日曜日


大きな地図で見る
 

二井屋公園 ~福島県伊達市伏黒~

初めて訪問した福島県伊達市の「二井屋公園」です。 13年掛かりで地元の皆さんが造り上げた公園だそうです。 阿武隈川の堤沿いにある宅地の一角にあり、当初掴んでいた情報では、駐車場は数台分って事でしたが、昨今の注目度に対応してか、10台以上が優にデポ出来る広さに拡張されていました。

二井屋公園の花園 #1
[2016/5/22 二井屋公園の花園 #1]  <↑ Clickで拡大>

種を撒きっぱなしでほぼ自生のポピー畑ってのとは異なり、こちらはちゃんと来訪者の散策経路まで考えて、畝状に植栽されていました。 周辺は宅地に囲まれていますので、写真で広々感の演出は難しいですが、公称値70アールという公園は、まさに花イッパイの満開を迎えて、見応え満点でした(o^-^o)

二井屋公園の花園 #2
[2016/5/22 二井屋公園の花園 #2]  <↑ Clickで拡大>

園内にはポピーだけではなく、ルピナスやアヤメも植栽されており、そのどれもが見頃になっていて飽きません。

二井屋公園の花園 #3
[2016/5/22 二井屋公園の花園 #3]  <↑ Clickで拡大>

陽向を歩いていると、ちょっとした木陰が陽を遮るだけで、とても凌ぎやすくなる事が分かります。 今まで13年にわたり、公園整備に力を尽くしてきた地元の皆さんですが、実は今もジリジリとその庭園は拡張の一途らしいです(⌒▽⌒;)

二井屋公園の花園 #4
[2016/5/22 二井屋公園の花園 #4]  <↑ Clickで拡大>

まあ、色々とお話を伺いましたが、もはやボランティアと言うよりも、今節訪問する人達と四方山話を交わすのも、一つの楽しみで生き甲斐の一つにになっておられるようでもありました(o^-^o)

楽に暮らす事も出来るでしょうが、身体を動かし額に汗して、来訪者の笑顔と感嘆の声。 「きれいだねぇ~」とか「ありがとう」の一言に喜びを見いだせる、心豊かな皆様なのだと思いました。 これぞ官製お仕着せではない、心の“一億総活躍社会”の有り様の一つでしょう(*^-^)

二井屋公園の花園 #5
[2016/5/22 二井屋公園の花園 #5]  <↑ Clickで拡大>

前から気になっていた背景の御殿。 なまこ壁と立派な蔵、そして二階建ての瀟洒な建物は、やはり予想していた通り、大地主さんの邸宅なのだそうです。

そしてこの公園もこの地主さんの私有地を借り受けて作られているとのこと。 このなまこ壁も震災で壊れてしまい、以前の1/3ほどになってしまったそうです。

二井屋公園の花園 #6
[2016/5/22 二井屋公園の花園 #6]  <↑ Clickで拡大>

戦前は銅製の壁だったと言われましたが、銅葺きの意味かと思ったらどうも違うらしいです( ̄ω ̄;) 良くイメージが出来ないのですが、どんな景色だったのでしょう。 戦時供出で持って行かれて、その折に現在のなまこ壁になったそうです。 郷土史に詳しいのは、やはりそこに永く住んでいる皆様方ですね( ̄▽ ̄i)ゝ




二井屋公園
福島県伊達市伏黒字北屋敷地内
駐車場;10台分ほど(無料)
観覧料;環境整備協力金としてお一人様100円以上のご厚志をお願いしています。