まんさく農園食堂 ~福島県耶麻郡猪苗代町~

昨年秋に覚えてしまった土湯街道(R115)の猪苗代町側の産直販売所の建ち並ぶ中にある「まんさく農園食堂」が冬季休業を解いて開店しましたので、早速訪問して参りましたよ( *´艸`)

昨秋の季節メニューは当然ありませんけど、楽しみにしていた二品が両方ともありました(〃∇〃) 昨年は連れてこられなかった家内にも、今回は一緒に楽しんで貰えるので、そのリアクションが楽しみです(*'ー'*)

「ざるそば (450円)」

まんさく農園食堂 ざるそば

昨年秋の“ビックリ大賞”だったこのお蕎麦♪ 驚異の低価格ながら、お味から器の果てまで上々の誂えです。

まんさく農園食堂 ざるそば

挽きぐるみの二八でしょうか? スルリとしなやかな舌ざわりで、今節でも甘い蕎麦の香りは伝わって参ります。

まんさく農園食堂 ざるそば

しっとりとした蕎麦に合うように、やや甘めチューンされた蕎麦つゆは、望外の出汁の旨味が口中に広がります(;゚д゚) 宗田節の力強い旨味と強い香りに、甘めのカエシもマッチしていてお蕎麦を美味しく手繰らせてくれます。

蕎麦湯は供されないようですが、セルフ給茶機ではお湯も選べますから、これを注せば蕎麦つゆを最後まで楽しみ尽くせます(o^-^o)

「香茸(いのはな)ごはん (500円)」

まんさく農園食堂 いのたけごはん

きのこ好きには知れ渡っている貴重な香茸は、栽培出来ない事からも“幻のきのこ”とも言われる珍品です。 乾燥させることで、より一層香り高く旨味も凝縮するそうです。 

黒く見えるのが香茸ですが、これがまた塩梅良く甘じょっぱく味付けされていて、おいしさに箸が止まらなくなる絶品です(>▽<)b 店内で頂く事も出来ますが、パック詰めされていますのでそのまま持ち帰りも出来ますよヽ( ̄▽ ̄)ノ 家内もすっかり気に入ってくれたようで、連れて行って良かったです(#^.^#)




追記です。 昨日、写真撮影行に出掛けた折に、「まんさく農園食堂」さんを再訪致しました(o^-^o) 住まいから30km以上離れているのに、一週間に二回訪問なんてww ご同行頂いた先輩カメラマンさんも、このお店のファンでして、遅い朝食を頂いて参りました。

「山菜きのこそば (600円)」

まんさく農園食堂 山菜きのこそば

お初の温かいお蕎麦ですo(*^^*)o その名の通り山菜ときのこがドッサリと盛られていて、出汁もたっぷりと惜しみなく掛け回されていますので、思った以上のボリュームでした。

出汁はざるそばと同様に、宗田節の力強い香り立ちと旨味が利いていて、カエシは掛け汁を完飲出来る頃合いに、濃すぎず薄すぎずに調整されていました。 温められた掛け汁は、ざるそばの漬け汁の印象よりもやや酸味が感じられ、甘味もずっと抑えられています。 醤油の味香がちゃんと伝わって来る程度のエッジは残されていました。

まんさく農園食堂 山菜きのこそば

さすがに温蕎麦ですので蕎麦の食感は「ざるそば」よりも滑らかな印象です。 するすると滑らかに舌の上を通って、障り無く喉に落ちていくような軽快感のある仕立てでした(#^.^#)




まんさく農園食堂
福島県耶麻郡猪苗代町大字若宮字中ノ原甲2844-56
電話;0242-64-3673 (吾妻食品)
営業時間;10:00~17:00くらいみたいです
定休日;不明
駐車場;エリア共有で100台ほど

※冬期間の営業は行わない季節営業店です。 営業期はGW前から晩秋までの模様。