中華そば 春木屋 郡山分店 ~福島県郡山市桑野~

4月1日から、期間限定リリースと言う事で、全く新しい新味中華そばを提供中の「春木屋 郡山分店」さんの暖簾を潜りました。 しお味としょうゆ味の二種類がありますが、50円の価格差が付けられているのは、どんな仕掛けがあるのでしょうかね?σ( ̄、 ̄=)

「新中華そば しょうゆ味 (800円)」 ※味玉ご馳走になっちゃいました(〃∇〃)

春木屋 郡山分店 新中華そば しょうゆ味

って事で、今回は「しょうゆ味」の方を所望してみました。 にごりのあるスープですが、油膜はスタンダードよりもずっと少な目です。 立ち香からは節系の香り立ちが豊かです。

載せモノは水菜のおひたし、肩ロースチャーシュー、チャーシューの下には岩海苔が仕込まれていました。 肩ロースチャーシューは大振りで厚みもあり、ホロリと崩れるほどの柔らかさ。 贅を尽くした感が伝わって来ます。

春木屋 郡山分店 新中華そば しょうゆ味

ベーススープは豚骨白湯らしいです。 予想の域を出ないのですが、そのベーススープを小鍋で温める時に、節粉による追い鰹をしているんじゃないかと思いました。 丼の底には微細に挽かれた節粉が沈んでいます。

醤油ダレは日本蕎麦で言うところのカエシに近いのではないかと思いました。 明瞭な甘さはここから来ているのではなかろう? のみならず出汁醤油になっているかも知れません。

春木屋 郡山分店 新中華そば しょうゆ味

麺は低加水タイプで、軽く揉まれた中太麺。 スタンダードよりもやや太目? 切り歯は変えていないでしょうから、麺帯がやや厚めの伸べ方なのかも。 噛み心地に硬質感があり、コシの強さが印象的です。

麺を手繰り、スープを啜りながら頭に浮かんだのは、「日本そばのオマージュ中華そばをイメージしていたのかな?」って事です。 どこか和的な誂えも甘いカエシと芳醇な鰹節テイストも、これで一線に揃う気がします。

誰が食べても支持されるタイプでは無いかも知れませんが、これは響いた方にはたまらんかも知れませんね(o^-^o) こういった思い切りの良いチャレンジは大歓迎です。




中華そば 春木屋 郡山分店
福島県郡山市桑野2-16-13
電話;024-922-0141
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:00~20:00
定休日;月曜日
駐車場;店舗前他に指定駐車場あり


大きな地図で見る