ふくしまラーメンショー2016 「中華そば しながわ」

チャンスがあれば、フィナーレにもう一度行こうと思っていた「ふくしまラーメンショー2016」でしたが、スケジュールが立たないままに、この日の午前中の訪問が最後となってしまいました。

中華そば しながわ

その最後の一杯は「中華そば しながわ」さんで締める事となりました。 今回の出店社さんの中でも、個人的に最もイメージを膨らませていたお店です。 実際に開幕してみると、会期中ほとんど行列が途切れることなく、その人気の高さは来場者が裏付けた事になります。

「中華そば (中華そば しながわ)」

中華そば しながわ

やはりもう一度確かめておきたかったんです。 決して派手さのない、シックな中華そばであるこは間違いありません。 どちらかと言えば、軽快なタイプですが、啜るほどに美味しいんですね。

中華そば しながわ

何と会場のブース内で粛々と仕込みを続けていたというチャーシューは、共に肩ロースと言う事だけど、ちょっと脂身の多いバラ肉っぽい部位と、典型的な肩ロースの部位の二種盛りとされています。 出来たて新鮮の底力は、間違いなく伝わって来るもので、やや淡白な自然派スープに華やかな旨味を楽しませてくれます。

中華そば しながわ

スープは丸鶏に豚骨を主体としており、厚削りやニボシなのでしょうか? 魚介系のスマートな旨味と香りが感じられます。 醤油ダレにはブース内で調理されたチャーダレがブレンドされているそうで、これがまた旨口成分を下支えしているのかも知れません。

中華そば しながわ

麺は多加水中麺があしらわれており、前夜製麺の一晩寝かしなのだそうです。 ツルリと滑らかな舌触りで、結構麺の表面のグルテンが浮いてくる感じです。 そこに柔らかくしっとりとした旨味のスープが噛んで来て、麺自体に旨味が乗り移って感じられます。 醤油ダレはマイルドな効き方ですが、このマイルド感の中に流れる芯の通った旨味が心の琴線に触れてきました。
 

ふくしまラーメンショー2016 「金沢麺達兼六会」

ディフェンデイング・チャンピオン「金沢麺達兼六会」は、今年も強かったです。 どんだけぇ~って事で、最終日もう一度頂いてみました。

「濃厚味噌「炎・焔」肉盛そば (金沢麺達兼六会)」

金沢麺達兼六会

濃厚な押し味に富む味噌スープに、、甘じょっぱく、そして香ばしく炒められた豚バラ肉の旨味が追い打ちを掛ける“旨味の二段ロケット”は今年も冴え冴えとしています。

金沢麺達兼六会

多目に盛られた茹でモヤシとネギが、濃ゆい味わいを和らげてくれます。 細かく見ていけば、干しエビの隠し味や黒ゴマの香ばしさ、ラード油膜の力強さなど、枚挙にキリがないのですが、ベタなほどに抗し難い魔力を見事に備えた傑作であります(o^-^o)

金沢麺達兼六会

麺はちょっと変えた?σ( ̄、 ̄=) 前の印象よりもしなやかな感じです。 いつもながら、スープの残りに白飯をブッ込んで、一滴残らずフィニッシュしたくなるんですよね。 マイリマシタ( ̄▽ ̄i)ゝ 多分、来年も出店してくれるであろうと、楽しみにしておりますヽ( ̄▽ ̄)ノ
 

ふくしまラーメンショー2016 「拉麺 久留米 本田商店×モヒカンらーめん味壱家」

いよいよ本日が「ふくしまラーメンショー2016」の開催最終日です。 今日は17:00にて閉幕となりますが、配食開始は15分前倒しとなって、9:45よりスタートしました。

「元祖とんこつ!久留米ラーメン (拉麺 久留米 本田商店×モヒカンらーめん味壱家)」

拉麺 久留米 本田商店×モヒカンらーめん味壱家

もう一度食べておきたかったので再食です。 やはり会期も7日目になると、色々と隠されていた個性が明らかにされてきます( ̄∇ ̄) 「久留米ラーメン」は、なかなか配食に時間が掛かり、途中で抜けていたのですが、今日は以前とは比べものにならないくらい仕事が早くなっていました。

拉麺 久留米 本田商店×モヒカンらーめん味壱家

オプションのネギ増しをお願いしました。 でももう材料調達が相当に厳しいのか、チャーシューは別モノになった上、極薄が1枚だけになっちゃってました(´。・ω・。`) ネギもこれでマシですか?って寂しさ。 これが催事出店の難しさですね(-ω-;)ウーン

拉麺 久留米 本田商店×モヒカンらーめん味壱家

呼び戻しスープが尽きてしまったのか、今日はストレートに豚臭さがありました。 でも美味しさに関してはちゃんと支えられていたので合格点ですかね? ザクッとした麺の食感も押さえられていて、ちゃんと「らしさ」は表現されていました。 クリーミーさよりも後味のサッパリ感が引き立たされていますので、連食でもブレーキになる事は無いと思います。 

【2016年桜巡り】 新田の大山桜

例年ならば、丁度ゴールデンウィークの前半に素晴らしい花を咲かせる「新田(しんでん)の大山桜」も、今年は一週間は早く咲いてしまいました。

新田の大山桜 #1
[2016/4/24 新田の大山桜 #1]  <↑ Clickで拡大>

ボクが訪問したのは4月24日の夕刻近く。 曇り模様だったところに、徐々に日が陰り始めるという条件下での撮影でした。 それでもこのヤマザクラ特有の赤味の強い花弁が映えていてさすがの貫禄でした。

新田の大山桜 #2
[2016/4/24 新田の大山桜 #2]  <↑ Clickで拡大>