FC2ブログ

【御案内】 春爛漫! 秋山庄太郎 作品と花見山写真展

只今開催中の写真展を御案内します。 福島市の「福島銀行本店」さんの地下大ホールで、「花見山」“現代の桃源郷”と称して、世に広めた名カメラマン・秋山庄太郎さんの写真展『春爛漫! 秋山庄太郎 作品と花見山写真展』が開催されています。

昨日訪問して参りましたが、秋山庄太郎先生のプリントされた写真作品を初めて鑑賞させて頂きました。 現代の主流となっているデジタルカメラによる写真作品では、なかなか得難い空気感のある写真の中に、当代一と言われた名カメラマンの技が遺憾なく発揮されています。

土日も公開されておりますし、駐車場も用意されており、観覧は無料となっています。 また、「花見山フォトコンテスト」などの優秀作品も含め、150点が展示されています。 ありがたいことに、大変丁寧なご対応を頂き、素晴らしい時間を過ごす事が出来ました。 ここ暫く大変に混み合う「花見山」を避けていましたが、久々に訪問したい気持ちになりました(>▽<)b

春爛漫! 秋山庄太郎 作品と花見山写真展
        ↑ Clickで拡大 ↑

春爛漫! 秋山庄太郎 作品と花見山写真展
開催期間;2016年4月1日(金)~4月30日(土) 【入場無料】
公開時間;09:00~17:00
開催会場;福島銀行本店 地下大ホール
      福島県福島市万世町2-5
駐車場;銀行敷地内に指定枠あり


 

枡はん ~福島県郡山市本町~

久しぶりに「枡はん」さんの暖簾を潜りました(o^-^o) ランチタイムを過ぎてからの訪問でしたが、客足が途絶える事はありません。 大多数のお客様は、“枡はんマジック”に心を奪われているリピーターさん方のようです。

枡はん

いつも訪問の度に「マーボー定食」に傾きそうになるのですが、店内に漂うチャーダレの香りに負けてしまいます( ̄▽ ̄i)ゝ 今回もまた同じ事の繰り返しですが、枡はんさんの漆黒ラーメンは、浮気を許さない魔力に満ちている訳です。

「濃口ラーメン (550円)」

枡はん 濃口ラーメン

相変わらずの漆黒具合。 本当に黒いなぁ~(^◇^;) たっぷりと張られた漆黒スープには、さほど油膜の厚みはありませんので、さほど寒い訳でもなく店内でも、盛大に湯気が立ちまくりますよΨ( ̄∇ ̄)Ψ

鶏ガラ清湯スープに、チャーダレや濃口醤油、調味料、乾物などで作られた醤油ダレが合わせられています。 立ち香には鶏ガラを感じさせるニュアンスはあまりありません。 香味野菜や乾物、旨味調味料などから引き出された旨味と甘味のトーンが一本通っています。

醤油ダレはその色合いとは裏腹に、醤油のフレーヴァーは効いていても、塩味のエッジが立つ事無く、後味にほんの少しばかりのビターさを残してディテールを引き締めています。

枡はん 濃口ラーメン

載せモノは昭和スタイルをそのまま今に伝えます。 ホウレン草のお浸しにナルト、刻みネギにバラチャーシューです。 このバラチャーシューがとんでも無い代物で、しっかりと芯まで染み入ったチャーダレの味わいが、少し甘めのスープにカツを入れます。

小振りなカットで2枚ばかりですので、スープに味わいの変化をもたらすほどではありませんが、この豚バラチャーシューをどのタイミングで口にしながら食べ進むべきかと、ほぼ全ての食べ手が考えるハズですよ。 これはこれで愉快です(*^▽^*)

枡はん 濃口ラーメン

麺は「青山生麺」さんの多加水ストレート中細麺。 やや艶のある麺は、ニュルンとした滑らかな舌触りで喉に落ちていきます。 コシがあるような無いような、柔らか目ではあるけれど、決して伸びてはいないという、このスペックの麺だから、この漆黒スープと共に「昭和テイスト」が醸し出されているのかも知れません(*'ー'*)




枡はん
福島県郡山市本町1-14-3
電話;024-922-6279
営業時間;11:00~15:00(月~土)、11:00~14:00(日、祝)
定休日;不定休
駐車場;なし