FC2ブログ

中華飯店 はやま ~福島県郡山市麓山~

夕方はお馴染みのシニア常連客がワンテーブルを占拠する、お年寄りの社交場「中華飯店 はやま」さんの暖簾を・・・?

「んっ? 暖簾が掛かっていませんよ?!(〇o〇;)」

でも入り口脇のサッシ窓の片隅には『営業中』のお札が立てられています。

こそぉ~っと入り口を開いたら、いつもの常連シニアの皆様方。 そんでもって女将さんが笑顔で迎え入れてくれましたヽ( ̄▽ ̄)ノ 良かったぁ~♪

「あんかけ焼そば+餃子 (630円+8個・350円)」

はやま あんかけ焼そば

久しぶりの「あんかけ焼そば」ですo(*^^*)o 相変わらずなかなかダイナミックな盛りつけですww 季節柄でしょうか、新キャベツの緑が際立つ中に、ニンジンと紅生姜の赤の彩りが鮮烈です。

はやま あんかけ焼そば

椎茸や豚バラ肉などの豊かな旨味素材に、野菜から引き出された甘味を伴う旨味がナチュラルな美味しさを膨らませています。 醤油味は何時にも増して控え目で、塩味も又然り。 しかし白胡椒がスパイシーにバチッ!と利かされていて驚きますw( ̄▽ ̄;)w これ、明らかに“ユラギ”じゃなくて“味ブレ”です(爆) でもそんな中でも、ちゃんと楽しめるお味になっていますから無問題(#^.^#) やや薄味でしたが、野菜の旨さが完全にフォローしてました。

はやま あんかけ焼そば

中細ストレート麺を茹で上げて焼き付けをした麺は、やや柔らか目だけど、ボリューム満点で激熱注意!(≧Д≦ノ)ノ 麺量は200g位はあるんじゃないかな? こんもりと盛られた五目餡の下に、ほぼ万遍なく麺が入ってますよ。

はやま 餃子

最近マスト・アイテムになっている「餃子」は、8個付けで350円とリーズナブルヽ(*’-^*)。 滑らかな餡は程良くニンニクが利かされていて、ジューシーさもあって止められません!

いつもキレイに皮剥がれする餃子なのですが、今日はナゼか強固に一体化しちゃっていて、キレイに捌けません。 でも2個で一個の大振り餃子と思えば良い。 3個で一個のジャンボ餃子だと思えばヨロシ! あまり細々しいことを気にしない♪ それが「中華飯店 はやま」を心底楽しむ秘訣です(o^-^o)

あっ、そう言えば暖簾の件を聞くのを忘れました( ̄▽ ̄i)ゝ まっ、いいかww




中華飯店 はやま
福島県郡山市麓山2-8-4
電話;024-932-3083
営業時間;11:00~19:00
定休日;日曜・祝日
駐車場;店舗前に2台分ほど


大きな地図で見る
 

醤道 ver.心 ~埼玉県さいたま市桜区~

娘の就学先への引越しで埼玉県に行っ折に、どこか手近なお店をと、チラッとサーベイしてみたら、ボクらにはお馴染みの福島市の「羽田製麺所」さんの特注麺が使われているという「醤道 ver.心 (じゃんどう バージョン しん)さんを見つけました。 そこそこ駐車場も用意されていますし、通し営業ってのも安心です。

3種類のラーメンに、つけめん、まぜそばの5通りのメニュー構成から、一番キホンになっていそうなラーメンを選んでみました。

「道ラーメン+ランチセット (680円+230円)」

醤道 ver.心 道ラーメン+ランチセット

黒丼に暗色系スープって事で、今ひとつ華がないビジュアルでした(´・ω・`) お店のホームページには、水菜のトッピングが施されていましたが、ブラック・ワンオペの様相でしたので、盛り忘れされたのか、価格維持のしわ寄せで変更されたのかも知れませんΣ(゜▽゜;) 海苔を廃しても彩りに気を使って貰えた方が、俄然印象は良くなると思いました。

立ち香には香ばしく炙られたような煮干しっぽい押しのある魚介香。 動物系は鶏ガラと豚骨をベーストして、魚介スープと合わせているらしいです。 確かに強めのニボシからの旨味は伝わって来ます。 でも香り立ちと旨味のギャップを感じますので、もしかするとニボシ油で風味は補強されているのかも知れません。

醤道 ver.心 道ラーメン

載せモノはシンプル。 豚バラチャーシュー、メンマ、海苔、刻みネギ、玉ネギのみじん切り、焦がしネギといったところ。 豚バラチャーシューは家系っぽい仕立て。 脂身はトロリとしていて、赤身の部位は繊維に沿ってホロホロです。 油膜はやや厚めですが、決して諄さなどは感じさせず、玉ネギのシャクシャクとした食感と共に、後味をサッパリとさせます。

麺はいつからなのか、期待の「羽田製麺所」では無くなっていましたΣ(oДolll)ノノ 「丸山製麺」の麺箱が見えました。 調べてみましたらホームページは見つけましたが、今ひとつ何が得意なのか分かりません。

醤道 ver.心 道ラーメン

ともあれ麺は低加水率タイプのストレート中麺。 程良くコシのある噛み心地で、伸び難さもあります。 スープは風味や色合いから予想されるよりも、塩味のエッジは立っていませんので、これくらいの麺線で良いのかも知れません。 少しコキッとするような歯触りがありますが、小麦粉の風味はそんなに立ちません。 小麦粉のチカラがもう少し欲しいところです。

醤道 ver.心 極豚丼

「ランチセット」は15時までのタイムサービス? 通常330円で供される「極豚丼」「水餃子」からの択一で100円お得に頂けます。 今回は「極豚丼」ってのを頂いてみましたが、名前から想像していたものの斜め上でしたww

醤道 ver.心 極豚丼

チャーシューの小さなカットを沢山入れた、チャーシュー・チャーハンかチャーシューまぜご飯?σ( ̄、 ̄=) しっとりとした仕立て上がりで、味の方もナカナカ楽しめました。 しかも盛り具合も良好で、お得に楽しめますヨヽ(´▽`)/

醤道 ver.心

やや辛い印象になっちゃいましたが、680円という税込価格の維持の為に、かなり苦労されているような印象が伝わって来ました。 店内の照明の暗さやクリーンリネスにも課題があります。 イイものも散見されますから、ひとつ頑張って欲しいですね。




== 閉店しました == アーカイブとして残しておきます
醤道 ver.心
埼玉県さいたま市桜区下大久保954
営業時間;11:30~23:00 ※売り切れ次第閉店
定休日;月曜日
駐車場;店舗敷地内に9台分


 

支那そば 墨家 ~福島県郡山市安積町日出山~

「支那そば 墨家」さんにランチタイムのピークタイムに訪問したら、ほぼ満席の盛況ぶりでした。 大多数のお客様がお馴染みさんのようでしたが、たまたまお隣にいらしたお客様は、どうやら初詣の模様です。

召し上がりながら、思わず

「おいしぃ~♪((*゚゚∀゚゚*))」

「なにこのチャーシュー('д'|l!) とろけるぅ~!!」

と感嘆の声が漏ら聞こえて来ます(o^-^o)

あぁ、そうかぁ~( ̄ω ̄;) 自分にとっては、いつも当たり前に美味しく頂いているラーメンも、実はとても非凡な美味しさに満ちていたんだなぁ~と、考え直させられました( ̄▽ ̄i)ゝ

って事で、この日は何時にも増して、ちゃんと一杯と向き合いながら頂きます!

「支那そば (700円)」

墨家 支那そば

郡山市東部幹線沿い随一の“漆黒系ラーメン”の面目略如。 漆黒スープから立ち昇るのは、厚削りの芳醇な香りと、丸鶏からの完熟したスープの風味にちょっと甘いニュアンスの醤油ダレ。 そこに厚切りバラ巻きチャーシューの煮汁に発する、濃厚な醤油香りが加わります。

墨家 支那そば

載せモノは先述のバラ巻きチャーシューの存在感が凄い! スープで温められたチャーシューは、もう箸でそのカタチを保ったままで掬い上げる事は不可能(^◇^;) 圧力鍋で巧妙に炊かれて、更にチャーダレの味わいが染み入るように煮込まれたチャーシューは、脂質が完全にゼラチン化。 赤身の部位もホロホロと崩れてしまうほどの滝炊き具合です。

スープ自体の醤油ダレの効き具合は、やや抑え加減に感じますが、ほんのりとビター感さえ感じさせるほどの濃厚な味付けのチャーシューが見事にカバーしています。 柔らかく炊かれたちょっと甘めのメンマに、小松菜のお浸しが少しほのエグ味を感じさせ、まるで丼の中に春景があしらわれたようです(o^-^o)

墨家 支那そば

自家製ストレート中細麺は、やや加水率低めですが、ニュルンとしなやかな舌ざわりの良さが持ち味です。 アッと言う間に漆黒スープを纏って、その色合いまで移し取る麺は、麺自体がスープの味わいを取り込んでいて、美味しさ膨らみが凄いです。

自然派スープですので、旨味のエッジが立つことは無いと思いますが、濃厚な濃口醤油ダレをすんなりと受け止める底力があり、バラ巻きチャーシューからの旨味を含めて、全体調和の成せる美味しさを、余すところ無く楽しませてくれますね( *´艸`)

「ネギチャーシュー丼 (170円)」

墨家 ネギチャーシュー丼

こちらのサイドメニューはお初の手合わせo(*^^*)o 味の濃ゆい崩れチャーシューが載せられており、下に敷かれている白髪ネギには香味豊かなピリ辛油が仕込まれていました。

崩れチャーシューのエッジの立った味に、白飯の組合せは、支那そばのスープの支援を受けて更に輝きを増しますね! これは、支那そばのスープを美味しく飲み尽くすためのお供と見ましたヽ(*’-^*)。




支那そば 墨家
福島県郡山市安積町日出山2-16
電話;024-907-2072
営業時間;【昼の部】11:00~16:00 【夜の部】17:30~20:00 【日曜日】11:00~20:00
      ※売り切れ次第閉店
定休日;月曜日 ※月曜日が祭日の場合は火曜日
駐車場;店舗敷地内に15台分ほど


 

麺菜房 櫻喜 (おうき) ~福島県郡山市大槻町~

夕刻の配達で「麺菜房 櫻喜」さんの近くまで立ち回ったので、久しぶりに暖簾を潜りましたヽ(≧∀≦)ノ 夜の部も客足は途絶えることなく、相変わらずのご盛況ぶりですね。 一歩遅かったら駐車場に車をデポ出来なかったかも知れませんでしたΣ(゜▽゜;)

「まーぼーめん+半ライス (750円+100円)」

櫻喜 マーボメン

期待通りの真っ赤っかぁ~♪ ラー油と花椒のダブル・パンチで、一気に身の締まるホットな味わいです。

櫻喜 マーボメン

“血の池地獄”が如きスープには、手練れの技冴える「麻婆豆腐」が乗ってきます。 豆豉の塩味がアクセントになっていて、絹ごし豆腐はプルンと柔らかく、HOT & SPICYなスープで痺れた舌の上を滑らかに滑ります。

櫻喜 半ライス

勿論、定番の半ライスはマスト・アイテムですo(*^^*)o 匠の技の冴える麻婆豆腐をレンゲですくってオン・ザ・ライスです!

櫻喜 麻婆 オン・ザ・ライス

麻婆餡がユルくならない内に、至福の麻婆ライスを楽しんでおくのが定石ですΨ( ̄∇ ̄)Ψ

櫻喜 マーボメン

熟成多加水中華麺は、ややカンスイ多目ですけど、それっぽい匂いはありません。 程良くコシのある歯触りの良さと、ツルリと滑らかな舌触り。 トロミの掛けられた麻婆餡は絡みますが、ラー油は程良く流れてくれますので、真っ赤な油膜のカロリーに恐れを成すことはありませんよ♪ ただし、美味しさに誘われて、ついついスープを飲み尽くしたりしなければですけど( *´艸`)




=閉店しました=
2016年11月27日をもって閉店しましたが、アーカイブとして残しておきます


麺菜房 櫻喜 (おうき)
福島県郡山市大槻町字反田5-1
営業時間;(昼の部) 11:00~14:00、(夜の部) 17:30~21:00 (LO=20:30)
定休日;月曜・火曜 (月曜祝祭日の場合は翌日)
駐車場;お店の前に2台分、店舗南側の月極駐車場に2枠(1,5番)


 

カタクリ草群生地

郡山市西田町の「梅ロード」に隣り合う場所に、古桜・山王桜があります。 その傍らの杉林の中にカタクリ草の群生地があります。

到着した時にはまだ花は開いていませんでしたが、保存会の副会長さんと懇談している内に、陽当たりの良い場所ではカタクリ草が開きました。

カタクリ草 #1
[2016/3/27 カタクリ草 #1] <↑ Clickで拡大>

ぼちぼち本番を迎えているハズですが、今年も昨年より以上に、沢山の花芽が出てきています。 保存会の皆さんが、極々小さな種を集めて、一粒づつ手植えにして来たお陰です! ありがたい!ヽ( ̄▽ ̄)ノ

カタクリ草 #2
[2016/3/27 カタクリ草 #2] <↑ Clickで拡大>

帰りしなに「梅ロード」の様子を見ました。 前週よりも多くの訪問客で賑わってました。 確か4月10日にはウォークラリーが開催され、農産物の販売なども行われると思います。

梅樹の園 #10
[2016/3/27 梅樹の園 #10] <↑ Clickで拡大>

菜の花が沢山咲いているところを見つけました(o^-^o) 菜の花の鮮烈な香りの中、何枚か撮影して来ました。
 

郡山大勝軒 ~福島県郡山市富田町~

突然春が溢れ出した郡山市です。 東部花木団地は先週の日曜日には、想像していたよりも開花が進んでいなかったのですが、ナント僅か4日後の様子を知らされて瞠目しちゃったほどの咲き具合です(;゚д゚) この調子で春の花々や桜の花が咲き進んだら、どうなっちゃうのでしょう? そんな思いを抱えながら、そこここに咲き出した花々を横目に、定点訪問の「郡山大勝軒」さんです。

「つけ麺 中盛 (750円+0円)」 ※色々な載せモノをご馳走なっちゃいました

郡山大勝軒 つけ麺 中盛

この日は厚削りの芳醇な香り立ちが冴えてました。 動物系の旨味はやや控え目で、ゴリゴリの押しは無いけどウェル・バランスな漬け汁になっていました。

やや甘味が強めに感じました。 そのままでも結構好きな感じでしたが、少しばかりディテール・アップする為に、卓上配置の酢とラー油でメリハリを付けて楽しみました。

郡山大勝軒 つけ麺 中盛

チャーシューはバラ巻きとモモ肉、ブロック切りにされた豚バラと楽しませてくれます(*^▽^*) 伝統のチャーシューはやっぱりいつも美味しいなぁ~♪ ご馳走になっちゃったワンタンもチュルンと滑らかな舌触りに、しっかりと漬け汁の味が染み入っていて、これまたイイ感じ。

郡山大勝軒 つけ麺 中盛

自家製ストレート麺は、やはり以前よりも細くなっているのは確かですが、徐々に慣れて来ちゃったかな( ̄▽ ̄i)ゝ まっ、これはこれで新しい指針として受け入れました。

間違いなく良くなっているのは、舌ざわりや噛んだ時の食感が向上していた事。 喉に引っかかるような印象は無く、しっとりとしなやかな食感です。 もちろん小麦粉の香り立ちもちゃんと伝わって来ます。

郡山大勝軒 つけ麺 中盛

カエシの濃度はやはり麺線に合わせてか、やや濃度が抑えられたと思います。 漬け汁の持ち上げが良くなった分、この配慮は正しいと思います。 インパクトは薄れてきましたが、ファインニングが進んで品の良い味わいは増しています。

「餃子 (2個・150円)」

郡山大勝軒 餃子

やや大粒の餃子は、餡に仕込まれた野菜の美味しさがしっかりと伝わって来ます(o^-^o) 滑らかジューシーで、程良くニンニク風味が利かされています。




郡山大勝軒
福島県郡山市富田町乙路後18-1
電話:024-935-4262
営業時間:11:00~21:00(スープが無くなるまで)
定休日:毎週水曜日
駐車場:店舗前に4 台分 店舗横の指定駐車場に12台分くらい


大きな地図で見る
 

紅焔酒家 光華 ~福島県郡山市朝日~

夕刻の配達で、巧いことに「紅焔酒家 光華」さんの近くまで立ち回りましたので、

「潜入しちゃおうかなぁ~♪(〃∇〃)」

とお店の前に車を寄せたら、開店時間よりも少し前なのに、店主・三本木さんが暖簾を掛けるところでした。 ラッキ~♪( *´艸`)

「スーラータンメン (840円)」

光華 スーラータンメン

実はお店に向かう道すがら、今日何を頂こうかと脳内試食で比較検討していました(〃'∇'〃)ゝ なので暖簾を潜る時には既に決め撃ちになっていました。

例によってお野菜がタップリです(o^-^o) モヤシが入っていても全くチープ感が無いのは、増量としてではなく美味しさを求めてってのが易々と伝わって来るからでしょう。 ネギの食感の良さは火入れの妙。 コリッとした食感のキクラゲやタケノコの水煮、豚バラ肉に白髪ネギ。 ハラリと散らされた花椒のスパイシーな香りも食欲をそそります。

光華 スーラータンメン

そうそう人参が春らしい飾り切りになっていて、ちょっとした遊び心も華を添えていますね(#^.^#) 溶き卵にトロミの掛けられた酸辣スープは、酸味のアグレッシブさは無くて、とっても食べ易い仕立てです。

光華 スーラータンメン

辛味も程良く利かされていますが、旨味と甘味がホットさを包み込んでいますので、心惹かれる辛旨仕上げになっています。 あまり甘く見てスープを啜ると、実はちゃんと利かされている辛味で咽せるかもww そんなかくれんぼ遊びの楽しさもまた一興です。

光華 スーラータンメン

麺は多加水タイプの熟成中麺。 ツルっとした舌ざわりと、思いがけないコシのある食感の麺に、酸辣スープが程良く絡みつきます。 あぁ、やっぱり旨辛系って美味しいですね!

光華 スーラータンメン

店主・三本木さんのご厚意で、半ライスをご馳走になりましたΨ( ̄∇ ̄)Ψ 当然載せモノをコンバートしまして、旨辛酸辣スープを這わせれば、これだけでも第一線の一品料理に思えてしまうほどの美味しさでした(>▽<)b




紅焔酒家 光華 (こうえんしゅか こうか)
福島県郡山市朝日1-20-30ロンパイスビル1F
営業時間;【昼の部】11:30~14:30 【夜の部】18:00~22:00
定休日;日曜日
駐車場;ビルの共用スペースに3台分、ビルの北側に共用スペース2台分


 

梅ロードの季節 #2

梅ロードの裏手に下ると、小川が流れています。 この小川沿いにも梅の樹が植樹されており、ここ三年ほどで急に手入れが行き届き始めると共に、梅の樹の樹勢も増しつつあります。

春の小川 #1
[2016/3/21 春の小川 #1] <↑ Clickで拡大>

この場所は以前から知っていましたが、撮影してみたのは初めてです。 風が強かったので枝ブレを嫌ってシャッタースピードは速めにして撮影しています。

梅樹の園 #7
[2016/3/21 梅樹の園 #7] <↑ Clickで拡大>

梅の花が咲くまでは気付かなかった、小さな景色が沢山散りばめられていて、それを探し求めながらの撮影は楽しかったです(o^-^o)

梅樹の園 #8
[2016/3/21 梅樹の園 #8] <↑ Clickで拡大>

普段はあまり登場機会の少ない大口径&重量級レンズを振りかざして愉しむのも久しぶりです。 風に枝が揺れてイメージしていたところに微妙にピントが来ていない写真も大量発生(^◇^;) フィルムだったら泣くしかないですね。

梅樹の園 #9
[2016/3/21 梅樹の園 #9] <↑ Clickで拡大>

小川に沿った農地では、畑への肥盛りや雑草取りの農夫さんがいたりして、なかなか風情もあります。

春の小川 #2
[2016/3/21 春の小川 #2] <↑ Clickで拡大>

三町目小学校近くの河原は、昨年よりも更に梅樹の手入れが進み、川の堤の除草や清掃まで、見事に整っています。

春の小川 #3
[2016/3/21 春の小川 #3] <↑ Clickで拡大>

やがて梅樹の樹齢が重ねられてくれば、きっと素晴らしい景勝地になるでしょうね(*^▽^*) 

みたか食堂 ~福島県郡山市本町~

久しぶりの訪問となった「みたか食堂」さんです。 実は先週も突入を試みたのですが、ナント売り切れで暖簾落ちにブチ当たりまして、人気の高さを見せつけられたばかりです。

「ラーメン&半カレー (600円+350円)」

みたか食堂 ラーメン

定番の人気メニューです(>▽<)b かなりハライッパイになるのは覚悟の上ですが、抗し難い魅力に勝てません( ̄▽ ̄i)ゝ

ラーメン丼が色物の和風に変わっていて驚きました。 永年使っている名入れの丼も、年を追う毎に破損・退役で手在庫が足りなくなり、リリーフを頼む事になったようです。 出前を行うお店では、名入れ丼が必須ですが、そういった需要も年々萎んできているようです。

みたか食堂 ラーメン

スープの表面には豊富な油膜( *´艸`) このラード油膜のお陰で、香味の良さと麺の表面がコートされて滑らかな舌触りになったり、勿論ラーメンが冷めにくくなったりと大活躍です。

載せモノは柔らかく炊かれた甘口メンマに、脂身を少し残したモモ肉チャーシュー、食堂ラーメンの定番・ワカメ&ナルトに刻みネギです。 スープは香味野菜と共に、鶏ガラや豚骨などから炊き出された清湯スープ。 そこに淡口醤油と塩で調律されたカエシがマイルドな味わいを醸し出しています。

みたか食堂 ラーメン

麺は多加水タイプのストレート中太麺。 ツルッとしなやかな舌ざわりと、程良いコシのある噛み心地です。 麺量はやや多目ですので、丼の中にタップリと潜んでいる感じ(o^-^o) 手作りの良さをシミジミと楽しませてくれるラーメンです。

みたか食堂 半カレー

「半カレー」「これで半量かっ?(;゚д゚)」って位の盛りの良さ。 小食な方なら、この半カレーだけで充分に満たされちゃうと思います。

みたか食堂 半カレー

玉ネギと豚バラ肉がイッパイ入っていて、粘性も豊かなカレー・ルーは、“Sweet,Hot & Spicy”で、一度魅入られてしまったら、とてつもない中毒性のある味わいですよ(*^▽^*)




みたか食堂
福島県郡山市本町1丁目18-8
電話;024-922-0746
営業時間;11:00~20:00 ※売り切れにより閉店あり
定休日;日曜日
駐車場;店舗向かい側に6台分


大きな地図で見る
 

【御案内】 三春の櫻 写真展

こちらの写真展は三春に縁ある三人のカメラマンによる、三春の櫻をテーマとした催しです。 三春の大御所カメラマン・影山博氏に、県中地区で頭角を顕す二人の若手カメラマン、渡辺勝(つよし)氏、堀越靖氏の作品が展示されます。

会期は5月末日までと長いですので、三春にお出掛けの折には是非ともご訪問・鑑賞なさる事をお薦め致します。 尚、ギャラリー会場となっている「フォトギャラリーいとう」は、「いとうカメラ店」さんの店内にあります。 入場・鑑賞は無料で、快くお迎え頂けますので、どうぞ安心して下さい。

駐車場は店舗敷地内に3台分ほどだったと思いますが、直ぐ近くに無料の町営駐車場や「三春交流館まほら」などもあり、比較的車はデポし易いと思います。 通常ですと「いとうカメラ店」さんは日曜定休ですが、4月中は無休で営業されるそうですので、これまた安心です。

三春の櫻 写真展
        ↑ Clickで拡大 ↑

三春の櫻 写真展
開催期間;2016年4月4日(月)~5月31日(火) 【入場無料】
        ※4月中は無休、5月は日曜日と2日~4日はお休みです
公開時間;10:00~18:00
開催会場;フォトギャラリーいとう (いとうカメラ店内)
      福島県田村郡三春町大町50 電話;0247-62-3223
駐車場;店舗敷地内に3台分ほど