FC2ブログ

細野の冬景

3月の第1日曜日、久しぶりに北塩原村へと撮影行に参りました。 前夜の天気予報では、雲が切れて晴天になるとの事でした。

まだ夜の帳も明けぬ中、ライトを頼りに雪原を歩く。 なんとこの日は北塩原でさえ氷点下に下がらない異常さ。

氷結した桧原湖の氷の上の雪原はすっかりユルくなっていて、トレースを辿っても幾度となく膝下まで雪原を踏み抜く。 カメラリュックは8kg以上の重み。 自分の自重量を合わせたら0.1t越えか?( ̄▽ ̄i)ゝ

ライトで照らし出されるトレースさえも、やや定かではない暗闇の中、先行した先輩カメラマンさんの明かりを目指して進むと、撮ってみたいとお願いしてアテンドして頂いた撮影ポイントへと辿り着きました。

蒼き湖上
[2016/3/6 蒼き湖上] <↑ Clickで拡大>

凍結湖上ではワカサギ釣りの最盛期。 陽の出まではまだ優に一時間はありましたが、既にスノーモービルが快走して、釣り人のテントにも明かりが灯っていました。

漏れ陽
[2016/3/6 漏れ陽] <↑ Clickで拡大>

徐々に夜闇が明け始まると、期待していた気象予報通りにはなっていない事が分かりました。 陽の出方向だけでは無く、ほぼ全方位が雲で閉ざされています。

残念なキモチのままに、撮れるものを探しながら時を過ごしていると、少しだけ雲のドアが開き掛けました。

柔らかな陽の出
[2016/3/6 柔らかな陽の出] <↑ Clickで拡大>

朝の強い光は、とうとう湖上を照らすことなく、ぼんやりとオレンジ色に色付いた朝空を見せただけでした。 期待していた朝陽の射し込む、氷結湖のアンジュレーションは空振りに終わりました(´。・ω・。`)

氷結湖上の朝景
[2016/3/6 氷結湖上の朝景] <↑ Clickで拡大>

最初のカットとほぼ同じアングル。 明けてみたらあんなに沢山のテントが張ってあったんですね。
 

やまね食堂 ~福島県耶麻郡猪苗代町~

約1年ぶり、2回目の訪問をした、猪苗代町の「やまね食堂」さんです(*^▽^*) 本当は11時開店らしいのですが、準備さえ整ったら暖簾が掛かって営業開始となりますw( ̄▽ ̄;)w 実はこの日はまさにソレでして、ご同行頂いていた先輩カメラマンさまが教えてくれました。

あんまりアッサリと入店出来ちゃったので、てっきり10時開店なのかと思っていたら、帰宅後に確認したら超絶フライング入店でしたww でも、全く嫌な顔一つしないで、温かく迎え入れて頂きました。

やまね食堂

店内はそう広くありません。 昨年と全くレイアウトも変わっておらず、壁面へのぶっつけカウンター席とテーブル席で、多分12名も入れるかどうか。 その店内の中央にはストーブが鎮座していて、入り口も風除室付きの二重扉ってとこが、雪国の雰囲気を醸し出しています。

食堂として求められるアイテムは大体カバーしています。 前回はラーメンとミニ玉子丼を頂いてましたので、今回は少しヒネリを入れて豊富な(17種類もある(;゚д゚))ミニメニューをア・ラ・カルトに組み合わせてみました♪

「ミニカツ丼+ミニカレーうどん (450円+400円)」

やまね食堂 ミニカツ丼&ミニカレーうどん

ヘッヘッヘΨ(`∀´)Ψ 炭水化物ダブルでワクワクものだぁ~o(@^◇^@)o 小鉢と香物もセットされた組膳スタイルで登場です。 前回も同様の組膳でしたので、丼モノには標準添付なのかな?

やまね食堂 ミニカツ丼

若干小さめの丼に、ちゃんと蓋も掛けられてやって来ました。 オ~プン・ザ・蓋ぁ~!をしてみたら、望外の盛り加減で嬉しくなっちゃいましたヽ( ̄▽ ̄)ノ 溶き卵はしっかり煮固めタイプの、食堂基準なカツ丼です。

やまね食堂 ミニカツ丼

豚ロース肉はやや小さめではありますが、肉厚は食堂基準を軽く越えるもの。 丼ツユの色合いはそんなに濃くないのですが、心憎い甘じょっぱい味わいで、濃すぎないけど物足りなさは全く無し!という、絶妙な味加減でした。

しかもお肉が驚くほどの柔らかさで、肉の美味しさやジューシーな感じさえあります!ノ( ̄0 ̄;)\ これだけ良質のお肉を惜しげもなく振る舞ってくれるとは、まさに感涙モノのカツ丼でした。

食堂で「カレーうどん」を頂いたって記憶はほとんど無いのですが、壁貼りPOPに“麺は自家製”と謳われており、「これってラーメンだけじゃなくてうどんもかっ?!( ̄  ̄;)」と期待を膨らませて所望しましたよ。

やまね食堂 ミニカレーうどん

これがまたアタリまして、モチモチとした艶のあるやや太目のうどんがやって来ました!ヽ(≧∀≦)ノ しかも素うどんにカレー掛けなんていうカレーうどんでは無く、蕎麦屋のカレーうどんに肉迫するシロモノでした。

具材は豚肉、玉ネギ、白ネギの削ぎ切りって辺りまでは想定内でしたが、加えてキクラゲ、タケノコの水煮といった中華素材にシメジにナルトと、これは言わば五目アイテムじゃなかろうか?σ( ̄、 ̄=)

やまね食堂 ミニカレーうどん

ともあれ具沢山な訳でして、そこに片栗粉でトロミを付けられたカレー汁が豊富な具材と共に掛け回されています。 出汁の風味や旨味は控え目ですが、これらの具材からの旨味で充分に埋め尽くされています。

カレーテイストはやや抑え加減で、スパイシーさやホットさも然りですが、根底の部分にはカレー粉の芯の通った味わいがあります。 当然アツアツですので火傷注意ヽ( ̄▽ ̄i) イイもんに出会っちゃったなぁ~♪




やまね食堂
福島県耶麻郡猪苗代町蚕養山根乙586-2
電話;0242-64-2506
営業時間;11:00~18:00
定休日;火曜日
駐車場;店舗向かい側に6台分ほど