FC2ブログ

中国飯店 なるき ~福島県郡山市富久山町~

国道4号線沿い富久山町地内の老舗「中国飯店 なるき」さんは、通し営業で駐車場も広いので、とてもありがたいお店です(>▽<)b こちらの自家製麺は、ちょっと個性的な極太縮れ麺が知られていますが、中細ストレート麺も美味しいお店です。

「味噌ラーメン (850円)」

なるき 味噌ラーメン

極太麺の味噌タンメンは美味いっ! でも中細麺仕様の味噌ラーメンの美味しさも全く引けをとりません。 麺以外で両者の外見的違いらしい違いと言えば、豚肉が入っているかどうかと、キャベツ、ニラ、ニンジンの分量の違いに思えます。

でも野菜の配分バランスが変わると、引き出される味は確かに変わるんですよねσ( ̄、 ̄=) 味噌ラーメンの方が、より味噌テイストが濃い目に感じられますし、ゴマ油の風味付けも行われません。

なるき 味噌ラーメン

って訳で、この味噌ラーメンには挽肉もチャーシューも無しなのですが、全く不満を感じさせないんですよ。 主に豚ゲンコツと背ガラ、野菜と昆布などの乾物類を炊いたスープは、ふっくらとした甘味を感じさせながら、お店の味の根幹になっていますので、あくまでも直球ストレートなバランス型。

そこに仙台赤味噌と信州白味噌を独自ブレンドして五香粉や辛子などを合わせた味噌ダレが、スープの甘味を台無しにしない品のよう味わいで馴染んできます。 モヤシ、キャベツ、ニンジン、ニラ、キクラゲが味噌スープが染み入るほどに炒め煮されて、シャキシャキの刻みネギと甘口仕立てのたっぷりメンマで飾られます。

なるき 味噌ラーメン

自家製中細ストレート麺は、麺線の割りに長めの茹で加減で、マスターが丹念に何度も茹で具合を確かめます。 キッチンタイマーなんて使わない(o^-^o) 一本指にとって、見て、押して、茹で上がり具合を確認し、平ザルでキッチリと湯切りされます。

ツルツルな舌触りの麺は、イマドキ主流のソレとは趣を異にしていて、柔らか目だけど確かなコシのあるもの。 たっぷりと味噌スープを絡めて持ち上げてくれます。

時間の経過と共にグルテンが溶け出してくれば、味噌スープにはクリーミーさが加わって来て、旨味自体がドッと増幅して来ます。 よっていつもの事ながら、スープを完飲させられちゃうww ってか、止められなくなる魔性の味噌スープです(*^▽^*)




中国飯店 なるき
福島県郡山市富久山町久保田愛宕86
電話;024(932)9642
営業時間;11:30~21:30
定休日;月曜日・第1火曜日


大きな地図で見る