FC2ブログ

【2015年 錦秋巡り】 鶴ヶ城紅葉ライトアップ

「鶴ヶ城紅葉ライトアップ」が平成27年10月23日(金)~11月15日(日)まで開催中です。 全てLED照明が使われており、日没から21:00まで点灯されています。

鶴ヶ城紅葉ライトアップ #1
[2015/10/25 鶴ヶ城紅葉ライトアップ #1]  <↑ Clickで拡大>

この日は風が強くて露光が大変(^◇^;) 10日間前の撮影ですので、現在はモミジの色付きは、格段に良くなっていると思います(o^-^o) 色付いている樹を探したら、この公孫樹が一番だった。 今ならモミジも色付いているはずですから、色々と撮りどころが増えていると思います。

鶴ヶ城紅葉ライトアップ #2
[2015/10/25 鶴ヶ城紅葉ライトアップ #2]  <↑ Clickで拡大>

時間帯によっては簡易プロジェクションマッピングが行われています。 鶴ヶ城に行ったのは震災後初めてだったかも。 三脚建てて撮影していたら、クラブ活動帰りの男子高校生の一団がやって来ました。 記念撮影?(^◇^;) 賑やかで楽しそうです(o^-^o)

場を変えようと移動したら、ボク達に呼び止められてスマホで写真を撮って欲しいと言います。 わかった。 ヲジさんに任せなさい!v( ̄∇ ̄)ニヤッ さて、しっかりと撮れていたかは深く確認はしませんでしたが、体育会系の男子高校生って面白いですね(*^▽^*)
 

自家製麺 じゃじゃ。 ~福島県郡山市西ノ内~

中華そばの醤油ダレに手が加わったとの情報があり、どんな風に進化したのかと気になっていた「自家製麺 しゃじゃ。」さんを訪問して来ましたヽ( ̄▽ ̄)ノ 夜の部の暖簾が掛かる前に何とか到着したら、既に数組のお客様が並んでました。 さすがの人気ですね♪ ボクが配食を受けた頃には、入店待ちのお客様が行列になってました。

「中華そば (700円)」 ※味玉振る舞いご馳走になりました(〃∇〃)

じゃじゃ。 中華そば

配食された時点で、明らかに異なる節系の香り立ちに、思わず丼に顔を近づけて深呼吸ww もうこの香り立ちの時点で、今までとは別モノであるのが分かります。

節&ニボの素材変更を行ったそうで、あまりにも味香が良い意味で期待を裏切ってしまったので、根本から味のバランスを作り直すことになったそうです。 そりゃあイイ事だ!(>▽<)b

豚肉の柔らかチャーシューと鶏チャーシュー、メンマに小口ネギ、海苔といった載せモノには特に変更はありませんが、やっぱりチャーシューの柔らかさや肉質の良さをちゃんと伝えてくる調理技巧など、一つ一つに破綻の影もありません( *´艸`)

じゃじゃ。 中華そば

ズバリ印象を先に言ってしまえば、

「いったい何てもんを食わしてくれたんやぁ~・゚・(ノД`;)・゚・」 (←某マンガ風味)

ってくらいの印象的な美味しさでした!(;゚д゚)

麺とスープのせめぎ合いがスゴイ!

麺とスープの間に走る緊張感たるや、全く想定していなかった味の世界観でした。 そんなバチバチと火花散るような、緊張感の満ち溢れる組合せなのに、全く嫌な感じが無い(^◇^;) どちらかにそのウエイトが傾いただけで、崖っぷちのバランスを保っている味の緊張感は瞬時に崩壊してしまいそうな研ぎ澄まされたものです。

「オレ、今凄いもん食ってるなぁ~(`・ω´・ ;)」って、店主・じゃじゃの確信犯的な誂えを受け入れている自分は、間違いなく彼の手中に落ちているとしか思えません。

じゃじゃ。 中華そば

ハッキリ言ってしょっぱいですよ。 でもそのしょっぱさのエッジに引けを取らない、カツオ節の豊かな風味と旨味、ちゃんと利かされているいるけどウッカリするとその存在感を忘却してしまいかねないほど、さり気なく寄り沿っているニボシの味わい。 ビターさを感じさせる暇も無く、醤油ダレの押し込みは強烈です。

鶏出汁は特に強度を増した印象こそありませんが、今回のハイライトはやっぱり魚介系テイストの華やかな味香の進化と、ファイニングの施された醤油テイストに尽きるかなぁ~ 甘さと油分に逃げない、こんな崖っぷちの中華そばは滅多に頂けないと思います。

じゃじゃ。 中華そば

そんな醤油スープに合わせられている自家製のストレート細麺は、全粒粉ブレンドで小麦粉の香り高く、噛めばパツッと弾けるようなテンションを感じさせます。 勿論このちょいとしょっぱめのスープをガンガン口の中に送り込んでくる持ち上げの良さは言うに及ばず、しかも

「おまいは伸びるという事をしらないのか?(`・ω´・ ;)」

ってくらい、その食感を息長く残してくる存在感もスゴイです。 イイもん食ったなぁ~♪って納得させられる印象があります。

「マヨそぼろご飯 (150円)」

じゃじゃ。 マヨそぼろご飯

“お肉ごはんにマヨビーム♪”ってPOPに負けました( ̄▽ ̄i)ゝ で、負けて幸せなサイドメニューです。 しっとりとしたそぼろ肉はこれまた甘さに逃げない、ギリッと染み入る味わいに仕立てられています。 そこに濃厚なマヨネーズが振りまかれているのですから、こりゃあ問答無用に旨いわな♪(>▽<)b




自家製麺 じゃじゃ。(じゃじゃまる)
福島県郡山市西ノ内2-19-12
電話;024-954-8606
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】18:00~21:00頃 ※売り切れ次第閉店
定休日;火曜日
駐車場;店舗敷地内に2台分