FC2ブログ

東京ラーメンショー2015 福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊

いよいよ明日最終日を迎える「東京ラーメンショー2015」ですが、今年も地元から出店を果たした「福島ラーメン組っ! 獅子奮迅隊」の出店日に合わせて、上京・訪問して参りました(>▽<)b 今年で三年連続三回目の東京ラーメンショーですが、約2週間の会期で二幕制総入れ替えで、今年はショート出店枠を合わせて42店の出店となりました。

東京ラーメンショー2015

今年もBlogとSNS繋がりのお仲間の皆様と同行で、お楽しみ“ヲヤジの遠足”(一名未婚ww)を楽しんで参りましたヽ( ̄▽ ̄)ノ ありがたいことに、今年も車を出して頂きシェア乗車。 しかもキャプテンシートのVIP席で安楽な道中を満喫させて頂いちゃいました( ̄∇ ̄*)ゞ 誠にありがたい!

東京ラーメンショー2015 福島ラーメン組っ! 獅子奮迅隊

往路で地下走行中にカーナビがご乱心になり、三軒茶屋ICで下りるはずが、ナゼか海の見える方まで漂流しまして、頭上のオーバーパスをジェット旅客機がタキシングしているという、面白い光景も楽しめましたヽ(。>▽<。)ノ 田舎者にはもの珍しいを通り越して、生涯目にする事は無かったであろう、Ford GT40なんて名車を見る事が出来て、誠に忘れ難き体験も致しました。

ともあれ、無事車もデポ出来て、配食開始前にボクらのイチオシ「福島ラーメン組っ! 獅子奮迅隊」の前に一番乗りで整列出来ましたヨ♪

勿論朝飯ヌキで楽しみにしていたのですから、初っぱなからフル・トッピングで“一番イイのを持って来いやぁ~!(>▽<)b”って事で、

「特製 福島鶏白湯 (850円+500円)」

東京ラーメンショー2015 福島ラーメン組っ! 獅子奮迅隊 特製福島鶏白湯

はい、一番釜を頂きました♪(〃∇〃) 今年はネギが目にも鮮やかな青首ネギ一本に統一されたんですね。 色映えも宜しいですし、臭みの無い上品味わいと後味に諄さの無い福島鶏白湯でしたら、白ネギは必須では無かったかも知れません。

東京ラーメンショー2015 福島ラーメン組っ! 獅子奮迅隊 特製福島鶏白湯

全員「特製福島鶏白湯」という記念写真ww 川俣シャモ団子から、煮汁のステキな香りも上がってきて、こりゃあ堪りませんなぁ~

東京ラーメンショー2015 福島ラーメン組っ! 獅子奮迅隊 特製福島鶏白湯

さてスープは今回も福島三大地鶏の丸鶏・鶏ガラ・モミジなどを炊き上げて仕込まれた、白濁の鶏白湯です。 派手な押し味ではなく、スマートさの中にも緻密で後を引く旨味が口中に広がります。 福島エゴマ豚のバラ肉チャーシューは、脂質の旨味と臭みを感じさせずに溶けるような融点の低さが生きています。

このステキなエゴマ豚のチャーシューも、増量されていて美味しさが何度も味わえる幸せ♪ 川俣シャモ団子は、肉の旨味と風味をマスキングしない頃合いで、美味しい醤油味でふっくらと炊かれています。

東京ラーメンショー2015 福島ラーメン組っ! 獅子奮迅隊 特製福島鶏白湯

低加水ストレート細麺は、この滋味と上品さのある鶏白湯スープをたっぷりと絡めて口に運び込んでくれます。 しかも細麺ながらも簡単に伸びないのも立派です。 フライド・オニオンは香ばしい香りから、徐々にスープでしんなりしてくると、トロトロとした玉ネギ繊維質が麺に絡んで、甘味と共に乙な舌触りも楽しめますO(≧▽≦)O

ラーメン王・山本剛志さんも、この第2幕の出店社の中で、極めて注目の杯とSNSに書かれていましたが、飲食テント内でも好評価の声があちこちから聞こえていました。 開幕から連日、配食待ちの行列が消えたことのない、堂々のトップ争いを展開している「福島ラーメン組っ! 獅子奮迅隊」「福島鶏白湯」は、イベント終了を迎える明日11月3日(火)の18:00(L.O. 17:30)までとなっています。

東京ラーメンショー2015 福島ラーメン組っ! 獅子奮迅隊

お江戸の皆様、是非とも召し上がって下さいねヽ( ̄▽ ̄)ノ
 

牛乳屋食堂 ~福島県会津若松市~

牛乳屋食堂

久しぶりの「牛乳屋食堂」さんへの訪問です。 夜の部の訪問でしたが、開店前から行列が出来ていました。 さすがの人気店ですが、その客足は留まるところ知らずで、ボクは運良く待ち無しで席を取れましたが、案内待ちのお客様が後に続いていました。 スゲエΣ(゜▽゜;)

「Bセット 味噌ら~+極太麺 (1,100円+160円)」

牛乳屋食堂 Bセット

人気のセットメニューBセットは、半カツ丼と醤油ラーメン一人前のセット。 それを基本にして、差額の上乗せで好みのラーメンを指定出来ます。 また半カツ丼はソースカツ丼と煮込みカツ丼から、差額無しで選べます。 みそラーメンの極太手打ち麺を希望するとそこそこのお足にはなりますが、抗し難い魅力に財布の紐は簡単に弛んでしまいます(o^-^o)

牛乳屋食堂 Bセット

会津地鶏の鶏ガラを使っているというベーススープに、白味噌の緻密な旨味が行き渡り、たっぷりとした味噌感で満たされながらも、諄さの無いイイとこだけ楽しめる味作りは素晴らしいですO(≧▽≦)O

ニンニクやショウガのスパイシーさもありますが、味噌スープの甘味や少しばかり利かされている一味唐辛子の辛味などと渾然一体となって突出する事無く纏まっています。 ニボシも利かされていますが、多分醤油味に比べて味噌味仕立ての方が、その印象は強く感じないかも知れません。 二口、三口と頂く内に、ニボシの風味と旨味は控え目に後方支援に回っているように感じられました。

牛乳屋食堂 Bセット

載せモノは柔らかく脂身の美味しさも印象的でチャーダレの味わいが程良く染み入っている豚ロースチャーシュー、シャクシャクと甘味を楽しませる玉ネギのみじん切り、刻み青首ネギと生ニラ、ちょっとクラシカルだけど丁寧にした処理の施された柔らかメンマがあしらわれています。 そのどれもが、この緻密な味噌スープをとっても美味しく冴え渡らせる名脇役ばかり♪

牛乳屋食堂 Bセット

多加水熟成タイプの縮れ極太手打ち麺は、委託製麺ではありますが、とびっきりの存在感があり、モッチリとした弾力としっかりとしたコシの強さ、それに舌触りの滑らかさも心地佳くて、口に運ぶのが楽しくなるような多様な食感が入り乱れています。

濃厚で緻密な味噌スープは、塩味のエッジが目立つ感じは無いにせよ、これだけボリューミーな麺にその味わいを染み渡らせるに充分な濃度。 ジリジリと麺からスープへと移るグルテン分が、味噌スープにクリーミーなニュアンスを高めさせ、麺を手繰りスープを口にする悦楽となります。 やっぱり隙のない旨さ! 決して期待を裏切らない、あぁ、ここまで車を走らせて来て良かったなぁ~と納得させられる完成度の高い個性派みそラーメンです(o^-^o)

牛乳屋食堂 Bセット

半ソースカツ丼は、これまた一点仕上げの揚げ立て出来たてで供されます。 ちょっと甘めの自家調整ソースは、サラリとした濃度ながら、スパイシーさ、甘味、酸味、旨味など、流石に名店の味わい。 シミジミと旨いなぁ~って納得させられます。

豚ロース肉の揚げ立ての半カットサイズを、更に三切れに切り分けられていて、柔らかな肉質に肉汁も感じられます。 練りカラシなどは添えられませんが、飽きることも無くサクッと完食出来ちゃう、セットメニュー向きの盛り加減ですΨ( ̄∇ ̄)Ψ 勿論望むなら、一人前サイズのカツ丼も定番メニューとなっていますし、何とソース仕立てと煮込みカツの合い盛りという、夢のような欲張りさん向きのメニューまで用意されていましたよv( ̄∇ ̄)ニヤッ




牛乳屋食堂 (URL)
福島県会津若松市大戸町上三寄香塩343
電話;0242-92-2512
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:00~20:00
定休日;毎週水曜日(祝日の場合は翌日)
駐車場;10台分


大きな地図で見る