Coffee & キッチン いずみ ~福島県郡山市咲田~

隙あらばいつでも行きたいお店「Coffee & キッチン いずみ」さんに潜入成功ですヽ( ̄▽ ̄)ノ まだまだフルコンプには遠いけど、今日は洋食喫茶店の目玉アイテムを頂きました。

「カレーライス (750円)」 (サラダ付き)

Coffee & キッチン いずみ カレーライス

立派なグレービーポットが二つ。 コーンも配されたたっぷりサラダのドレッシングと、欧風仕立てのカレー・ルーが並びます。

Coffee & キッチン いずみ カレーライス

とても共添えとは思えないほどの盛りっぷりのサラダには、多分自家製じゃ無いかと思われる醤油味仕上げの甘酸っぱいドレッシングが添えられます。 これ、美味しいなぁ~♪ おろしタマネギが入っているのかな? ドレッシングはタップリと二人前くらいありそうなほど入ってますから、気持ち良いくらい掛けホ感覚で楽しめます(>▽<)b

Coffee & キッチン いずみ カレーライス

カレー・ルーは欧風仕立てでサラリと粘性の低いタイプ。 牛肉のモモ肉角切りと煮崩れていないけどしっかり芯までカレーソースの染み入ったジャガイモとニンジンです。

Coffee & キッチン いずみ カレーライス

スパイシーさやホットさは抑え目にされていて、辛味の苦手な方でも容易に受け入れられると思います。 カレー自体のインパクトで押し通すと言うよりも、ベースブイヨンの旨味をカレーテイストで演出しているようなアプローチですね(o^-^o) とても頂き易く、カロリーも抱え目に誂えられていると思いますので、ご婦人方にもウケそうでしたΨ( ̄∇ ̄)Ψ




Coffee & キッチン いずみ
福島県郡山市咲田1-11-22
電話;024-938-7474
営業時間;10:00~22:00 (LO 21:00) ※ランチタイム;11:30~14:00
定休日;月曜日
駐車場;店舗敷地内にあり


より大きな地図で Coffee & キッチンいずみ を表示
 

【2015年 錦秋巡り】 龍神峡

一週間前になりますが、“東北最後の紅葉”と言われる、いわき市遠野町の「龍神峡」に行ってみました。 現着が16時頃になってしまい、すっかり日も陰った渓谷は、もう訪問者の姿も見えなくなっていました。

ここには初めて来たので、見所もアプローチの仕方も全く分かりません(`・ω´・ ;) 取りあえず「竜神橋」の上流側にある駐車スペースに車をデポして、鮫川の渓谷に沿って川下の方へと歩いてみました。

晩秋の龍神峡 #1
[2015/11/22 晩秋の龍神峡 #1]  <↑ Clickで拡大>

まだ色付きの盛りはこれからなのでしょうか? 冴えた色付きはほとんど見る事が出来ず、陽の落ちた渓谷は一気に薄暗くなってきましたので、「見返橋」まで進むことなく、引き返してきました。

晩秋の龍神峡 #2
[2015/11/22 晩秋の龍神峡 #2]  <↑ Clickで拡大>

一応遊歩道って事になっている渓谷伝いの道は、全面舗装が整っています。 道路標識の限りでは、車両の通行は可能なようですが、万一対向車が来ても擦れ違いの出来る待避所は無さそうです。 チャンスがあればもう一度行ってみたいです。
 

ひろ美食堂 ~福島県田村郡三春町~

もう何年も前から訪問してみたかった県立田村高校下の「ひろ美食堂」さんに初詣して参りましたヽ( ̄▽ ̄)ノ 何せ日曜日定休という、食堂としては極めて正当なお休みと言う事で、訪問チャンスに恵まれることなく数年間。

「祝祭日は営業しているかな?( ̄ω ̄;)」

と、ダメモトでお電話してみたら、昼の部だけは暖簾が掛かっているとの事。 これは今日でしょ!o(*^^*)o と、「無芸の仕事場」は「祝祭日のお昼一時閉店」として、いざいざ三春町へと車を走らせて来ました。

ひろ美食堂

お店の向かい側に8台分の専有駐車場があります。 もう13時を過ぎていたせいか、先客車両は1台のみ。 余裕で暖簾を潜りましたo(*^^*)o

一番気になっていたお店の名物メニュー「ソースかつ重」を所望する気満々だったのですが、

「今日はごはんが売り切れています。」

と宣告されて一瞬残念感に包まれましたが、そんな事でコケてはたまりません。 麺料理の中に「担々麺」を見つけましたので、ソッチに行ってみよう!ヽ( ̄▽ ̄)ノ

「担々麺 (800円)」

ひろ美食堂 担々麺

あっ・・・ありゃりゃ?(⌒▽⌒;) これは・・・ ゴマ味噌タンメンですか?

あっ、確かに家内が所望した「味噌タンメン」のインパクト有るニンニクの香りは来ませんよ?

まあこちらのイメージの“名は体を表さなかった”と言うだけで、スープから頂いてみたら、ピリッとした辛味と軽快な白ゴマの味わいがありました。 とにかく大量の野菜がコシのある食感を残しながらも、芯まで火が入っていて柔らかく歯切れるじゃありませんか♪

おっ、こりゃあ旨いぞ?!(〃∇〃)

ひろ美食堂 担々麺

味噌は赤味噌ベースでベーススープは鶏ガラですかね? しっとりと行き渡った味噌テイストに、糖化した野菜の甘味が塩味のエッジをマイルドにし、ベーススープの旨味を更に押し上げています。

キャベツにモヤシを主軸として、豚バラ肉にキクラゲやタケノコの水煮、シイタケ、人参。 更に載せモノとしてナルトとメンマが加わり、それだけでも相当なボリュームになりました。 しかもスープも並々と注がれていて、こりゃあ充実度が高いですよ♪

ひろ美食堂 担々麺

平断面タイプの多加水中太麺は、軽くウェーブの掛かったタイプ。 しなやかな舌触りながら、噛めばコシを感じさせる弾力と共に軽く歯切れます。 醤油に比べてやや濃い目になりがちな味噌スープですが、スープと共に口に届いてもアンバランス感は皆無です。

食べ進めて行く内に、麺がダレて来なかったのは特筆もの。 小麦粉の風味とかはあまり強くありませんでしたが、出前需要もこなしていそうな雰囲気ですので、麺が伸び難い事に重きを置いているかも知れません。

「ご飯が無いならアタマだけでも食べてみたい!」

と、思いまして、ソースかつ重のアタマだけを所望してみたら、快く受けて頂けました(>▽<)b 初詣のお店でいきなりの力業を掛けましたよww

「ソースカツ重のアタマ (600円)」

ひろ美食堂 ソースカツ重のアタマ

「ソースカツ重」は豚と鶏から選べてお足は一緒の750円です。 普段はあまり鶏唐揚げに執着しませんが、ことカツになると別でして、結構チキンカツが好きなんです♪(〃∇〃)

ひろ美食堂 ソースカツ重のアタマ

自家調整のソースはやや濃度を薄目(←出汁割りにしてるかな?)にして、甘味を加えたサラッとタイプ。 鶏肉は胸肉が使われており、揚げ立てでジューシーな肉汁がお肉の柔らかさを演出しています。

ふっくらと柔らかく、衣も薄付きでカラリと揚げられており、なるほどこれは白飯に千切りキャベツを間に布いてオンしたら、たまらんでしょうなΨ( ̄∇ ̄)Ψ 「ソースカツ重」の完成型では無いにせよ、その人気のほどは推して知るべしの美味しさでした( *´艸`) チャレンジしてみて良かった♪




ひろ美食堂 (URL ←更新されていないっぽいです)
福島県田村郡三春町渋池1−2
電話;0247-62-4075
営業時間;11:00~19:00  ※祝祭日は15:00まで営業
定休日;日曜日
駐車場;店舗向かい側に専用8台分あり


 

ホルモン大豊 本店 ~福島県郡山市大町~

埋没しそうになっていた訪問記を発掘しました( ̄▽ ̄i)ゝ ホルモン焼きの名店「ホルモン大豊 本店」さんに、「ボージョレ・ヌーヴォの樽を飲み倒す会」の二次会で行きました(o^-^o)

久しぶりの本店さんo(*^^*)o 巧いこと奥の座敷席に通して頂けました♪ 真夏の灼熱ロースターじゃ無いので、かなぁ~り楽に美味しく頂けそうです。 先ずは「名物・男前ジョッキ」でかんぱぁ~い! ( ^_^)/U ( ^_^)/U☆U\(^_^ ) U\(^_^ )カンパイ

「ホルモン三点盛り (1,200円)」

ホルモン大豊 本店 ホルモン三点盛り

これも先ずキホンの盛り合わせ(o^-^o) ちょいと人数も多いから、「こっからココまで、全部!」って頼み方もアリだったか(〃∇〃)

「トロナンコツ三点セット (980円)」

ホルモン大豊 本店 トロナンコツ三点セット

大好きな「トロトロ焼き」も盛り合わされているお皿(o^-^o) この「トロトロ焼き」だけでボクは充分に幸せになります( *´艸`)

「牛ハラミ (価格失念)」

ホルモン大豊 本店 ハラミ

思ったよりも腹に入らない(`・ω´・ ;) そんなに食べていなかったハズなのに・・・ 女将さんがマメに網を替えてくれるので、とても良いコンディションで頂けました。

「大豊スープ (480円)」

ホルモン大豊 本店 大豊スープ

やっぱりコレは外せませんヽ( ̄▽ ̄)ノ ご一緒した紅一点のぐっぴょんさんも、これはとても気に入ってくれたようです(>▽<)b スープ好きも納得させる「大豊スープ」は、やはりお店の看板メニューですね。 中華麺を入れて頂きたい! ハイ、同席のラーメン好き全員が賛成です(o^-^o)




ホルモン大豊 本店
福島県郡山市大町1丁目2-9
電話; 024-933-8650
定休日; 第2第3火曜休
営業時間;18:00~24:00 (L.O. 23:00)


 

【2015年 錦秋巡り】 花滝

日曜日にいわき市方面へ向かった折に、古殿町といわき市遠野町の境目辺りの道路脇に、なかなか立派な滝を見つけました。 ちゃんと「花滝」という銘が打たれた案内表示があり、道路から水辺まで下りられる安全なルートまで造られていました。

晩秋の花滝 #1
[2015/11/22 晩秋の花滝 #1]  <↑ Clickで拡大>

この日のお目当て撮影地では無かったのですが、紅葉のピークこそ越えてはいるけど、なかなか再訪のチャンスも無かろうと言う事で、ちょいとサーベイのつもりで撮影してみました(o^-^o)

晩秋の花滝 #2
[2015/11/22 晩秋の花滝 #2]  <↑ Clickで拡大>

あと一週間早ければもう少し彩りの良いところに出会えましたね(o^-^o) 長靴があれば容易に渡れる程度の水量です。 上部にもう一段溜まりがあり、川向かいの斜面に登れば全景が撮れそうでした。

晩秋の花滝 #3
[2015/11/22 晩秋の花滝 #3]  <↑ Clickで拡大>

滝壺にザックリと立て掛けられた流木。 これは人力で除去するのは簡単では無さそうです。 放って置いて勝手に朽ちるまで何年掛かるやら・・・( ̄ω ̄;)
 

自家製麺 工藤 ~福島県郡山市神明町~

この日は不意のお客様で、昼食を摂るタイミングを逃してしまい、完全に夕食タイムに「自家製麺 工藤」さんの暖簾を潜りました。

「つけ麺 (800円)」

工藤 つけ麺

もうね、文句の一つも付けようのない仕上がりですよ♪(〃∇〃) コラーゲン膜の盛大に張った漬け汁は、微乳化クリーミーで、ほの甘さとカエシのアタリの柔らかさが広がります。

丸鶏、鶏ガラ、豚の頭や豚ゲンコツ、豚足、モミジなど大量の動物系素材からの凝縮した旨味と、サバ節やカツオ節からのコクを感じさせる旨味がパワフルに押して来ますが、ゴリゴリとエゲつない感じはありません。 微乳化効果が巧く味わいを整えているのかも知れませんね。

工藤 つけ麺

炙り仕立ての豚バラチャーシューは、香ばしく焼き炙られていて脂身がトロリと溶け出しそう(>▽<)b 大振りメンマも筋っぽさなど全く無くて、歯切れ良く頂けます。

工藤 つけ麺

伝家の宝刀・工藤麺は、全粒粉ブレンドのストレート太麺。 ツルッと舌触り滑らかな麺は、噛めば豊かな小麦粉の香りで満たされます。

噛むほどに伝わって来るコシの強さですが、熱々の漬け汁に潜らせると、とたんにモチモチッとした弾力へと様相を転じます。 油分、甘味、塩味、旨味、炙りチャーシューのほんのりとしたビターな隠し味。 それらの全てがこの自家製麺を最大限に美味しく楽しむ為に誂えられたものです(o^-^o)




自家製麺 工藤
福島県郡山市神明町17-13
電話;024-905-8294
営業時間;月曜日 11:30~売り切れにて終了
      水曜日~金曜日 【昼の部】11:30~14:30 【夜の部】17:30~売り切れにて終了
      土曜日・日曜日 【昼の部】11:00~14:30 【夜の部】17:00~売り切れにて終了
定休日;火曜日
駐車場;指定駐車場10台分あり


 

福島屋食堂 ~福島県いわき市小名浜~

約半年ぶりの訪問をした、いわき市小名浜の老舗食堂「福島屋食堂」さんです。 今回の訪問で知ったのですが、現在の店主さんで4代目と言いますから、小名浜でもきっての老舗に間違いありませんね。

今回は9月から11月末日まで開催中の「Iwaki ロコモコ」食べ歩きキャンペーン「福島屋食堂」さんも参画しているとの事で、正統派日本料理の道を歩んできた店主さんが、どんなロコモコ丼を創作するのか楽しみに訪問しましたo(*^^*)o

「カジキのサンシャインロコモコ丼 (850円)」 ※2015年11月30日までの限定メニュー

福島屋食堂 カジキのサンシャインロコモコ丼

いやいや、店主さんが器用なのは知っていたけど、ここまでやってくれるとは驚きました゚+.(ノ。’▽’)ノ*.オオォォ☆゚・:*☆ お皿もこの料理のために調達したのかしら? このディッシュだけを見たら、カフェ飯で通せますね。

福島屋食堂 カジキのサンシャインロコモコ丼

このキャンペーンでは、定石のグリルしたハンバーグが、カジキマグロのパティへと替えられています。 いわき市で昔から水揚げの多い魚の一つであるカジキを、もっと身近にアレンジして親しんで貰おうというのがテーマでしょうか?

どうしてもクセのある味香のある食材ですので、その弱点をどのように打ち消して美味しく楽しんで貰うかがキモでした。 最初は日本料理のスタンスで和テイストのロコモコ丼のアプローチを試みたそうですが、見た目からして「ロコモコ丼」の王道を行くものへと指針を変更したそうです。

福島屋食堂 カジキのサンシャインロコモコ丼

ツナギに山芋が合わせられたカジキのハンバーグには、独特のクセをマスキングしてしまうように、自家製マヨネーズと敢えて生のみじん切り玉ネギが仕込まれています。 生姜でコントロールするのは一番簡単らしいですが、コレを使っちゃうと最後まで生姜に支配された味になると言う事で、試作は10回ほど重ねたそうです。 盛り合わされている野菜も、いわき産が用いられており、ご当地食材が集約されています。

ミートソースの滑らかな舌触りと、挽肉から匠にソースに旨味を移す技巧は、完全にプロの洋食仕事。 甘ダレしないで爽やかなトマトの酸味が活かされています。 そのトマトさえもフレッシュ・トマトを使っちゃうという拘りようで、素揚げにされた春雨はシャクシャクと軽快な歯触りを演出しています。

福島屋食堂 カジキのサンシャインロコモコ丼

チーズもトロリと参戦していて、軽快感のあるソースとカジキ・ハンバーグに、濃厚なテイストで変化を付けています。 卵焼きの焼き具合を見て頂きたい。 単純にキレイなサニー・サイド・アップですが、プツプツと気泡抜けも無く、それでいてちゃんと火が入っていて、コゲ目の痕跡さえ全く見せません。 当然焦げ臭や油臭など全く無く、卵黄はトロ~リと見事な半熟加減。 こんな何気ない一点の調理にさえ、店主さんの料理に対する真剣な姿勢が迸り出ていることに気付いてあげて欲しいです(o^-^o)

「食堂」という看板に今は誇りを持っていると言う店主さんは、家業に就いた時には早々に割烹料理店へと宗旨替えをすることを考えていたそうです。 「食堂」と言う看板に騙されてはイケませんww この人、本当にデキる料理人ですから(((*≧艸≦) 刺身の切り口一つで直ぐに分かるはずです。

「たぬきそば (550円)」

福島屋食堂 たぬきそば

店主さんの「ロコモコ丼」には、充分に納得させられましたが、麺類の全てを自家製麺している「福島屋食堂」さんですから、せっかくいわき市まで来てそれを頂かないで帰る訳には参りません!

福島屋食堂 たぬきそば

シンプルな暖かい蕎麦には、蕎麦と出汁、カエシの高みが全て集約されているハズです。 実際出汁の美味しさはお見事! カツオ節厚削り、サバ節、宗田節などの混合でしょうか。 ちょっと強めの押し味のある甘じょっぱいカエシが存在感を主張します。 こりゃあ結構好きなお味ですΨ( ̄∇ ̄)Ψ

福島屋食堂 たぬきそば

蕎麦はまだ手打ち二八にはトライしていないそうですが、出前も少なく無いお店の実情を考えると、小麦粉多目で打たなきゃ出前出来ませんね(^◇^;) 出前にも負けない蕎麦ですので、最後までしっとりとしたコシのある食感でしたよ(*^▽^*) これならカレー蕎麦もイケそうだな♪v( ̄∇ ̄)ニヤッ




福島屋食堂
福島県いわき市小名浜横町34
電話;0246-92-3523
営業時間;【昼の部】11:30~15:00【夜の部】17:00~19:00
定休日;火曜日
駐車場;店舗向かい側に指定駐車場あり


大きな地図で見る

 

中華そば 春木屋 郡山分店 ~福島県郡山市桑野~

約一ヶ月ぶりの訪問は「中華そば 春木屋 郡山分店」さんです。 限定メニューとして再び「みそ中華」が再リリースされていましたが、この日は都合三日ぶりの" お店deラーメン"でしたので、サラッとコク旨なこちらを所望しました(>▽<)b

「しお中華そば (750円)」 ※載せモノ色々ご馳走になっちゃいました( ̄∇ ̄*)ゞ

春木屋 しお中華そば

分厚いラード油膜でほとんど湯気さえ立ちませんので、コンデジを近づけてもレンズが曇りにくいのが春木屋さんです(*^▽^*) とは言え、決してアブラギッシュな諄さなどはありませんので安心して下さい!

丼に香りを嗅ぎに行けば、いつものようにニボシの芳醇な香り立ち。 一塩のエッジの利いたアクセントのある塩味ですが、昆布やシイタケのような旨味の下支えのある甘味が角を丸めています。

春木屋 しお中華そば

大振りなチャーシューは、惚れ惚れとするようなチャーダレの染み渡り方。 シミジミと旨い柔らかチャーシューは、単純に溶けるというタイプに非ず、肉の旨味と適度な弾力を感じさせながら柔らかく歯切れる感じ。

白ゴマ、焦がしネギ、刻み白ネギに小口ネギといった薬味に、柔らかく甘めの味付けの施されたメンマが、スープの塩味で覆われた味覚をお直ししてくれます。

春木屋 しお中華そば

塩味仕立てだけど、スープの力強さは印象的で、ついついクピクピと飲んでしまう引力に満ちています。 卓上配置の七味唐辛子を振ってやりますと、ピリリとした辛味でスープの甘さが浮上してくるから面白いです(o^-^o)

春木屋 しお中華そば

自家製の低加水ストレート細麺は、しなやかな舌触りと共に、大量の塩味スープを口中に満たしてくれます。 ザクザク食感というよりも、束にして噛んだ時に複合的な弾力を楽しませてくれる歯触りの良さが堪りません。




中華そば 春木屋 郡山分店
福島県郡山市桑野2-16-13
電話;024-922-0141
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:00~20:00
定休日;月曜日
駐車場;店舗前他に指定駐車場あり


大きな地図で見る
 

小杉食堂 ~宮城県白石市~

11月13日~15日まで太白区長町で開催されていた「仙台ラーメンフェスタ」の最終日に行って参りまして、更には「宮城県美術館」で12月23日まで開催中の「ピカソ展」を観てきました。 その後はノー・プランだったのですが、いざどうしようかと考えても、「海の杜水族館」は少々遠いし混み混みなのは想像に難くありません。

しゃあないので、久しぶりに「東北大学」の構内を車で通り抜けてみたら、ボクが住んでいた頃(当然こんな大学に入学出来ません(>▽<;;)とは隔世のオサレ大学になっていたノ( ̄0 ̄;)\ その後どこに行く当ても無かったし、遅くなっちゃった昼食をどこかで摂らねばと言う事で、何となく高速道路ではなく下道で南下してみる事にしました。

車の流れに圧されるように南下して、ようやく落ち着きを取り戻したのは岩沼辺りに差し掛かってからでした。 そこでようやく以前Blog繋がりの御仁が、白石市の食堂を紹介していたような気がして、ちょいと調べてみたら、ボクの好きそうな食堂を見つけ潜入する腹を決めました。

小杉食堂

「小杉食堂」さん。

「こすぎ」と入力・変換したら「濃すぎ」が第1候補に挙がるボクのIMEは、良く調教されていると思いました(>▽<;;

お店は昭和チックさ全開ですが、最近は家内もこの程度の箱では怯む事が無くなって来たのは、日頃の丹念の賜物でしょう。

白石と言えば温麺(うーめん)な訳で、自宅でも常々ストックしていたりしますが、発祥の地のお店で頂いた事が無かった訳です。 それは興味をソソられるってもんでしょ♪ 17時頃に暖簾を潜ったら、ほぼ同じタイミングで小さなお子様連れのご家族さんもご入店(o^-^o) 小上がり席もあるから、お子達もテンション高いww 外食はお子達にとって、楽しくなくちゃイケません(*^▽^*)

「タヌキうーめん ミニカツ丼セット (950円)」

小杉食堂 タヌキうーめん ミニカツ丼セット

ほっほっほ♪( *´艸`) これぞ食堂の組膳でしょ! しかもスープからはナカナカ佳きカツオ節の香りが立っています。 小鉢と香物も共添えされていて、期待を裏切らないボリューム感です。

小杉食堂 タヌキうーめん ミニカツ丼セット

天かすとホウレン草のお浸し、刻み白ネギだけのシンプルな載せモノですが、そもそも天かすLoverのボクにはコレこそが堪らん訳です♪(>▽<)b たっぷりと張られたスープは、先述の通りしっかりとしたカツオ節の香りが感じられ、出汁の旨味感も程良く楽しめます。

小杉食堂 タヌキうーめん ミニカツ丼セット

若干カエシの塩味にエッジがありますが、ちょいしょっぱ目って位です。 卓上配置の七味唐辛子なんぞも使いながらスープの美味しさを楽しめます。

小杉食堂 タヌキうーめん ミニカツ丼セット

温麺は地元の製麺業・粉卸業の「はたけなか製麺」さんの「ぜいたく温麺」ってのが使われているらしいです。 ツルッと滑らかな舌触りは勿論ですが、ジリジリとスープの味が染み入って来ても、乾麺ならではなのかグルテンの溶け出しが無く、スープを濁らせることがありません。 また時間の経過と共に、麺がプヨッて来る事もありません。 生麺のような弾力やコシの強さこそありませんが、たっぷりとスープを絡めて口に流し込むように持ち上げるチカラは流石です(o^-^o) 温麺の良さを見直しました。

小杉食堂 タヌキうーめん ミニカツ丼セット

「ミニカツ丼」は麺類とのセットで450円で供されています。 失礼ながら田舎風の濃ゆい甘じょっぱいタイプを期待していたのですが、写真を見ての通り軽く裏切られました。 サイズ的にはそう大きくありませんし、アタマのとんかつも50g位でしょうか。

小杉食堂 タヌキうーめん ミニカツ丼セット

でも肉質の柔らかさは申し分無く、味付けも甘さに逃げることなく、ピシッと醤油味の筋の通った味わいでした。 ツユダク&トロトロとかじゃない、正調昭和のカツ丼に思えました。

しかしこのお店、実は温麺以外は、うどん、そば、中華麺全て自家製麺(;゚д゚) 味付けに関しても、徹底して自然派を通しているそうです。 あるんですねぇ~、こんなお店(#^.^#) これで店内禁煙にして頂けたら、更に歓迎です。




小杉食堂
宮城県白石市城北町5-6-1
電話;0224-25-2606
営業時間;11:00~19:00 ※火曜日のみ14:00まで
定休日;火曜日
駐車場;店舗前に3台分、左側にある整備工場が休みならその前に3台ほど駐車可能


 

仙台ラーメンフェスタ2015 その2

丁度一週間前に終了した「仙台ラーメンフェスタ2015」ですが、実は都合3杯を家内とシェアしていました。 折角なので忘却禄として書き残しておきたいと思います。

「麺屋 雪風 濃厚味噌らーめん」

仙台ラーメンフェスタ 麺屋 雪風

これ、デフォ盛りです(;゚д゚) 
超絶シンプルで言葉を失ったのは、リーフレットの写真とマクドナルド並にギャップがあったからww

麺屋雪風

やはり開催告知用の写真は、デフォ盛りの調理見本を提示すべきだと思います。 ちゃんとしたガイドラインを設定することをオーガナイザーさんへお願いしたいです。 ボクらも目テンでしたが、飲食ブース内でも同様の声が漏れ聞こえていましたよ(`・ω´・ ;)

仙台ラーメンフェスタ 麺屋 雪風

載せモノはバラチャー、刻み白ネギ、キクラゲ。 生姜の香りが立っていて、なかなか濃厚なベーススープに、三種混合と言うブレンド味噌が味噌味噌しく豊かな味わいを醸し出していました。 ラード油膜が塩味のアクセントに少しばかり甘いニュアンスを演出していて、スープの仕立てとしては、充実した濃厚テイストで結構好きなタイプです(*^▽^*)

仙台ラーメンフェスタ 麺屋 雪風

クチナシ色素で黄色演出された縮れ麺は、多加水熟成タイプのサッポロをイメージさせるものです。 少し固めの茹で上げで、モチモチ感よりもキレのあるコシの強さが印象的です。 塩味も味目も濃ゆい味噌スープですので、過分にスープが絡み過ぎて塩辛さが直撃しない程度にチューンされています。

辛味は穏やかに抑えられていたので、お子様連れのシェア食でも無問題。 出来れば残り汁に白飯ドボンで飲み尽くしたい! そんな美味しいスープでした。

仙台ラーメンフェスタ 博多白天

こちらは「博多白天」さん。 実店舗は博多には無いみたい(^◇^;) まるで某大規模うどんチェーン店みたいですが、麺は博多から直送してるそうですね。 「麺屋 雪風」さん同様に、催事出店にはかなり手慣れているようです。 正直言えば、今回初めて聞いた屋号です。

仙台ラーメンフェスタ 博多白天

久方博多タイプの豚骨ラーメンはご無沙汰していましたので、ネギと高菜を追加トッピングしました。 配食お手伝いの女の子は、既にテンパッちゃっていて、紅ショウガや白ゴマの仕上げがバラバラΣ(゜▽゜;) 前のお客様は悲惨な事になっていたけど、ボクは綺麗に整えて貰えました。 まあこれもご愛敬と言う事でww

仙台ラーメンフェスタ 博多白天

臭みを感じさせない割と軽快な豚骨。 乳化するほどの濃厚さは無くて、でも決して物足りなさもありません。 載せモノ追加は大成功で、マイルドだけどしっかりと筋の通った美味しいスープに大満足です。

仙台ラーメンフェスタ 博多白天

低加水タイプのストレート細麺は、最初からバリカタくらいの茹で加減で、しっとりと麺に絡みつく豚骨スープと共に、ザクザク食感とスープの旨味を楽しませてくれました(>▽<)b 強烈な個性こそありませんが、期待されるべき味のポイントはキッチリと押さえられていましたねΨ( ̄∇ ̄)Ψ 楽しませて頂けました!

ボクが会場を後にしたのはお昼頃でしたが、その後雨も上がり青空と陽射しが現れた頃から、会場の来場者は一気に膨らんで、そりゃあもうとんでも無い事になったそうです。 「福島ラーメン組っ! 獅子奮迅隊」のブースには、軽々と300人以上の行列が出来、最長3時間待ちなんて事になったらしいです('д'|l!)

仙台市のラーメン・フリーク、激アツですねぇ~!(>▽<)b 主催の新崎人生さんは、来年の開催に向けて更なる大きな夢を膨らませているようですし、イベント・オーガナイズのプロでもありますから、きっと次回は大きく成長して再びボク達を楽しませてくれると思って間違いないと思います。
 

みたか食堂 ~福島県郡山市本町~

神食堂「みたか食堂」さんに定期巡回ですヽ( ̄▽ ̄)ノ 現在発売中の「関東・東北版じゃらん 2015年12月号」「【東北】最強ラーメン50杯」にも堂々の掲載!

共にページに居並ぶお店は、「麺処 若武者」「麺屋 信成」「麺処 あんかつ」「中華そば 風-KAZE-」といった、県内随一の先鋭ラーメン店。 その中に伝統の食堂ラーメンとして唯一肩を並べて取り上げられているのですから痛快の一言です(>▽<)b

その効果もあってか、また無関係に人気が続伸中のせいか、今日も昼の部から煽られっぱなしだったらしいですΣ(゜▽゜;) 巧いことごはんも炊きあがっていると言う事ですので、“神食堂”“神セット”を久しぶりに頂く事にしました。

「ラーメン+半カレー (600円+350円)」

みたか食堂 ラーメン+半カレー

清湯スープに黄金色の醤油ダレが合わせられ、クリアな色合いに控え目なラード油膜。 フワッと鼻腔に届く香りは、鶏ガラと豚ゲンコツ、香味野菜と厚削りで引かれたシンプルな食堂ラーメンって域から完全にハミ出しています。

うぅ~ん( ̄ω ̄;) 何だか今日のラーメンは、何時にも増してピュアな美味しさが際立っているなぁ~

酸味や雑味がかなり排除されていて、旨味の押しも強すぎず、さりとても物足りなさも全く無い。 香味野菜から引き出された柔らかくナチュラルな甘味が、淡口醤油ベースの醤油ダレと良くマッチしている。

みたか食堂 ラーメン

肩ロースチャーシューなんて使っていたっけ?ノ( ̄0 ̄;)\ 今日はいつもよりもやや小振りだけど、2枚載せになっていて、片やモモ肉なのは間違いないのだけど、もう一枚はどうも違う気がします。 そのモモ肉チャーシューも、噛めばハラッと噛み崩れるように歯切れるという、ちょっといつもとは様相が異なるんですよ。

みたか食堂 ラーメン

ナルトとワカメ、存在感のある刻みネギ達は、食堂系ラーメンの証とも言える載せモノです。 刻みネギは水晒しにしていないと思うのですが、女将さんのご実家農園で栽培された一級品で、辛味の走る事の無い絶妙な収穫タイミングで採られたもの。 ほの甘いスープにディテールを与えるさり気ない立役者です。

みたか食堂 ラーメン

多加水熟成麺は中太ストレートタイプ。 ラーメン専門店のキリキリにチューンされたそれとは異なり、出前にも耐えて、のんびりとした食事作法でもダレの来にくいセーフティー・マージンの大きく執られているタイプです。

程良いモチモチ食感に、スープが簡単に染み入らない、麺のグルテンが溶け出しにくい、そんな麺じゃないかと思うのですが、麺量もたっぷりと160g~180gくらいはありそうなボリュームで、美味しいスープを濁さずに、最後まで食感を保とうとする健気さが心に沁みます(>▽<)b

「半カレーを少な目で・・・(〃∇〃)」

とお願いしたのですが・・・( ̄ω ̄;)

みたか食堂 半カレー

結果あまり変わらなかった(>▽<;;

相変わらず出てきたとたんに、

「このどこが半サイズの少な目なのか?」

と笑いがこみ上げてきます(^◇^;)

みたか食堂 半カレー

お味は例によって“Sweet,Hot & Spicy”の一言に尽きます。 濃ゆ~い味付けのカレー・ルーは、簡単には流れ出さない強粘性仕上げ。 カレー・ルーだけをドリンカボーに頂くのはちょっと無理でしょヽ( ̄▽ ̄i) 白飯有ってのみたかのカレーです(o^-^o)




みたか食堂
福島県郡山市本町1丁目18-8
電話;024-922-0746
営業時間;11:00~20:00 ※売り切れにより閉店あり
定休日;日曜日
駐車場;店舗向かい側に6台分


大きな地図で見る
 

2015年 ボージョレ・ヌーヴォの樽を飲み倒す会

ボージョレ・ヌーヴォの解禁日となった昨日、今年も「ボージョレ・ヌーヴォの樽を飲み倒す会」が、郡山市アーケード内のフルーツ・レストラン Aikaさんの主催で開催されました。

ボージョレ・ヌーヴォの樽を飲み倒す会2015

今年はご参加募集人数を昨年よりも少なくして、樽詰めヌーヴォも3本にする予定だったのですが、蓋を開けてみたら結局は締め切り日前に軽々と定員枠を越えてしまい、参加お申込をお断りさせて頂くような事態に・・・Σ(゜▽゜;) 急遽、インポーターさんの計らいで樽を1本追加して、昨年と同じく4本の布陣となりました。

ボージョレ・ヌーヴォの樽を飲み倒す会2015

今年は前情報の通り、本当に良いヴィンテージになりました! 綺麗なテイストと充分なタンニン分、たっぷりとしたフェノール分があって、果汁濃度の高さから来る豊かな膨らみのある味わいに、舌の上でふんわりと甘いタッチが感じられます。 生産者によって味わいは異なりますが、今年初登場の「オージュ」は、メリハリが利いていて少しばかりビターな収斂性もありました。

ボージョレ・ヌーヴォの樽を飲み倒す会2015 アミューズ

お料理は勿論中川シェフ(o^-^o) アミューズは三種盛り。 「かぼちゃのクリームサラダ、白カビ熟成のサラミ」、「モツァレラチーズとハモンセラーノ」、「ポークと胡桃のパテグリーンレーズン添え」。

パーティーの開始時間から推して、小腹の空いているお客様も少なく無かろうという配慮からか、「フライドポテト」と「バゲット」がスク具に供されました。

ボージョレ・ヌーヴォの樽を飲み倒す会2015 チキントマトクリームソースペンネリガート

ソースの美味しさが後を引いた「チキントマトクリームソースペンネリガート」。

ボージョレ・ヌーヴォの樽を飲み倒す会2015 厚切りベーコンのソテーきのことパプリカ添え

「厚切りベーコンのソテーきのことパプリカ添え」 たかがベーコンと思っちゃイケない。 良くソテーされたベーコンの脂質と塩味は、果実味の豊かな赤ワインと良く合うのだ!

ボージョレ・ヌーヴォの樽を飲み倒す会2015 タコのペペロンチーノカッペリーニのジェノベーゼ

「タコのペペロンチーノカッペリーニのジェノベーゼ」 まさかの冷製仕立て(〇o〇;) なるほど、これならお話に夢中になっていて、お皿に手が伸びるのが遅れても、伸びちゃって大惨事なんて心配もないのだ♪

ボージョレ・ヌーヴォの樽を飲み倒す会2015 フルーツのサラダ仕立て

「フルーツサラダ」に仕込まれていたキウイフルーツは、1個1,200円もする超絶スペシャル品だったらしいです(;゚д゚) 道理で際立った味わいでした。

約2時間で15L樽4本、合計60Lは今年も見事に飲み干されました。 すっごい酒量ですが、誰一人酔いつぶれるような方はおられなかったですねヽ( ̄▽ ̄i) スゴイメンバーさん達でした。 今回ご一緒させて頂いたお客様の中には、今年もホテルを取って泊まりがけのご参加の方々もおられました。 とりわけ、宮城県のレジェンド・ブロガーさんがおいで下さったのは、とても嬉しかったですね(o^-^o) ご一緒した皆さんともアッと言う間に溶け込んで、すっかり雰囲気をリードしちゃっておられたあたりは、もう流石の一言に尽きました。 きっとまたご一緒出来ますな♪( *´艸`)

 

【御案内】 全日本写真連盟 郡山支部 第37回写真展

昨年初めて拝見させて頂いたクラブ写真展です。 デジタル写真のレベル向上を目指して、独自のプログラムを行っておられます。

全日本写真連盟郡山支部写真展
             ↑ Clickで拡大 ↑

全日本写真連盟 郡山支部 第37回写真展
会期;2015年11月20日(金)~11月23日(月)
公開時間;10:00~17:00 ※最終日は16:00まで
会場;アトリエかしわ (柏屋開成店2F) 【入場無料】
     福島県郡山市朝日1-13-5
     電話;024-922-5533
駐車場;会場敷地内にあり


大きな地図で見る


 

【2015年 錦秋巡り】 総合あづま運動公園のイチョウ並木

朝から降り続いていた雨が、現地に着いたとほぼ同時に上がりました。 残念ながらブルーモーメントは撮り逃しましたが、初めて訪問した「総合あづま運動公園」のイチョウ並木は、完全に色付き、程良く落葉して良いバランスになっていました(>▽<)b

イチョウ並木 #1
[2015/11/8 イチョウ並木 #1]  <↑ Clickで拡大>

17時からライトアップが始まったのですが、雨が上がるのを待ってから繰り出して来たと覚しき来訪者がどんどん増えて来て、なかなかの盛況でした。

イチョウ並木 #2
[2015/11/8 イチョウ並木 #2]  <↑ Clickで拡大>

雨は暖かな空気を蓄えていて、11月の夜だというのにあまり寒さを感じさせなくて助かりました。 移動カフェも開店していましたが、もちっと寒かったら盛況だったかも知れませんね(^◇^;)

イチョウ並木 #3
[2015/11/8 イチョウ並木 #3]  <↑ Clickで拡大>

少しガスって来たかなぁ~と期待したのですが、残念ながら写真に面白味を加えるほどにはなりませんでした。  

本日解禁! 2015年ボージョレ・ヌーヴォ

珍しく少しばかりお仕事のハナシです。 国民的秋の歳時記にも数えられるようになった「ボージョレ・ヌーヴォ」が本日解禁日となりました。 ボクの仕事場にも、残り少なくはなりましたが、店内で展示販売を行っています。 個性ある作り手さんの作ですので、きっとご満足頂ける品々だと思います(o^-^o)

2015年ボージョレ・ヌーヴォ

今や「ボージョレ・ヌーヴォ」の輸出先は、日本がブッチ切りの1位になっています。 ボクが家業に入った30年ほど前には、「ボージョレ・ヌーヴォ」はまだまだ一部のワイン・フリークだけに楽しまれていました。 解禁日当日にこのワインを楽しむには、航空貨物便で輸入するしか無く、それは高価な対価をを求められるものでした。 だからタップリとボージョレ・ヌーヴォを飲みたい向きには、船舶輸送便で入ってくるのを待つしかなくて、およそクリスマスの頃にそれはやって来ました。

通称「船便」と呼ばれたボージョレ・ヌーヴォは、平均1,300円くらいでしたが、「航空便」は3,200円くらいでしたかね?σ( ̄、 ̄=) 15Lの樽詰めヌーヴォは70,000円くらいだったΣ(゜▽゜;) まあ、そんな事情だったので「ボージョレ・ヌーヴォ」は、とても庶民が気軽に楽しむって状況じゃ無かった訳です。

それから25年ほど、まさかペットボトルに詰められて、航空便にも関わらず楽々と1,000円切る「ボージョレ・ヌーヴォ」が市場に大量流通するようななろうとは、その当時の同業者の誰が予想していたことでしょう。  ここで一気に“誰でもが楽しめるワイン”として身近なものになったのは事実です。 功罪を含めてねww

カジュアル化が進んだことでプレミアム感は薄れ、メディア露出は大分減ってきましたが、それでも一定数の市場需要があり続けているのは、“旬を知る民族・日本人”だからじゃないかと思うんです。 春になったらお花見がしたい。 夏が来たらスイカは食べなくちゃ。 そんな季節の歳時記の末席に組み入れて貰えるようになったのかなと思います(o^-^o)

さて、今年の「ボージョレ・ヌーヴォ」ですが、毎年のように流れて来る「今年は○○年に一度のアタリ年」とかってフレーズは聞き飽きているかも知れませんが、本当に優良なヴィンテージになっています。

ぶどうの収穫は8月下旬から始まり、9月上旬にピークを迎えました。 大変良く熟したぶどうは、糖度も高く畑にも由りますが酸もバランスしているといいます。 しかも健全な状態で育成されたのは何よりです。

早い時期にぶどうが完熟して収穫を迎えたと言う事は、醸造に充分な時間を掛けて仕上げられるということです。 ジューシーさよりも、しっかりと果実味の乗った厚みのあるワインが期待されそうですね。 是非ともお召し上がり下さいヽ( ̄▽ ̄)ノ
 

仙台ラーメンフェスタ2015

2015年11月13日(金)から15日(日)まで、仙台市太白区長町の「あすと長町 杜の広場」で、仙台市では初となる本格的なラーメンイベント「仙台ラーメンフェスタ2015」が開催されました。 今まで仙台市で開催されたことがなかったのが不思議なくらいですが、震災後様々な復興事案が目白押しで、ラーメンを芯に据えたイベントまで辿り着かなかったのかも知れません。

仙台ラーメンフェスタ2015

この手のイベントで主催を務める事が多いのは、地元のメディアや商工会さん、広告代理店さんなどですが、このイベントは少々趣を異にしており、「仙台ラーメンフェスタ実行委員会」という組織が立ち上げられていますが、その代表となってリードを執ってきたのは「みちのくプロレス」の新崎人生さんです。

「みちのくプロレス」さんはラーメン店「徳島ラーメン人生」も運営されていて、「福島ラーメンショー2013」にも、その源流となった徳島の名店「東大」さんと共に「東大X徳島ラーメン人生」としてコラボレーション出店をされてます。

ラーメン店主でもあり、プロレス興業を行う。 その他にも多様なビジネスを展開されている新崎人生さんだから、イベントを実現化出来たのかも知れません。 今回は所謂ラーメン・プロデューサーなどは置かず、新崎人生さんがここぞというお店・コラボグループを直接一本釣りされたようです。 これって、スゴイ事ですし、今後のイベント主催者の道筋に大きな轍を造られたと思います(*^▽^*)

さて、この栄えある仙台市初の本格的ラーメンイベントに、ボクらの地元から「福島ラーメン組っ! 獅子奮迅隊」も出店要請を受けて、グループ初の東北地方初出店を果たすこととなりました。 この秋はラーメンイベントへの出店が相次ぎ、今回の出店は今年お店を構えて一国一城の主となったばかりの、県内屈指の新進気鋭「麺処 あんかつ」の安斎くん、「自家製麺 工藤」の工藤くん、そのTWO TOPでのお披露目出店でもあります(>▽<)b

仙台ラーメンフェスタ2015 福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊

って事で、開催最終日に行って来ました!ヽ( ̄▽ ̄)ノ

日曜日くらいは少しゆっくりと休んでいたいハズの家内を、言葉巧みに誘い出しまして、東北自動車道を北上して仙台南ICから会場を目指すも、何だかカーナビの目的地設定がずれていたようで、会場を目前にしてオロオロする始末(>▽<;; ボクが住んでいた頃の仙台市には無かった街が出来上がってました(`・ω´・ ;) ハンドルを握って少々テンパり気味のボクを余所に、家内の冷静な指図で最小のロスタイムで駐車場に車をデポ出来ました(=´▽`)ゞ しかも最後の1台枠にすんなり収まっちゃったし♪

ブースでちょいと遊んでいたら、いつの間にか販売所には長蛇の列が出来上がってしまい、慌てて自分も並びました。 前日からら降り続いていた時折降ったり止んだり。 前日の土曜日は一日中の雨模様にも関わらず、「全く入場者数が読めない」と言われてスタートしたにも関わらず、傘を差し掛けて多くのラーメン・フリークが集まって、凄くアツいイベントと化していたそうです。

「福島ラーメン組っ! 獅子奮迅隊」もその限りではなく、当初見込んでいた3日間の売上げ予想数を金・土の二日間で売り尽くしてしまって大わらわ。 オプションのトッピングもアッと言う間に売り尽くしとなってしまい、最終日はトッピング追加は応需出来なかったですね。

それよりももっと大変だったのは、麺自体の枯渇ですΣ(゜▽゜;) 週末に絡むイベントですので、製麺所がお休みなんです。 そこでちょっと驚きの対応が行われる事となりました。 なんと「自家製麺 工藤」の工藤くんが、郡山のお店まで戻って約700食分の麺を作って帰ってくるというプラン(;゚д゚)

仙台ラーメンフェスタ2015 福島鶏白湯

そんな訳で、ボクがありついたのは、「福島鶏白湯 工藤麺仕様」と相成りました(((*≧艸≦)  先乗りして実食した仲間達から聞かされていた通り、二週間前の「東京ラーメンショー2015」の提供作よりも、更に旨味濃度を感じさせます。

仙台ラーメンフェスタ2015 福島鶏白湯

チャーシューは完全にお店クォリティーですね! 少し乳化の兆しも伝わって来るような、舌触りのクリーミさがあります。 これ、かなりしっかりと炊かれていましたw( ̄▽ ̄;)w

仙台ラーメンフェスタ2015 福島鶏白湯

でこれが「自家製麺 工藤」の全粒粉ブレンドストレート細麺。 おぉ~~!こりゃあスゲえや! 張りのある歯切れの食感と、たっぷりと鶏白湯スープの絡みつく麺は、まさにお店で食べる時のまんまです。 無化調仕立ての「おしおらぁめん」のスペックをそのまま持ってきたのですが、バッチリ合っていました!( *´艸`)

仙台ラーメンフェスタ2015

この後二杯手繰って、昼前に会場を後にしたのですが、その時には「福島ラーメン組っ! 獅子奮迅隊」のブース前は幾重にも配食順番待ちのお客様の列が出来上がっていました。 なんでも最長2時間待ちとか? いやいや、本当に仙台市のラーメン・フリークはアツかったです(>▽<)b
 

麺処 あんかつ ~福島県福島市松川町~

先週の日曜日は朝から雨に見舞われて、紅葉の写真撮影もスイッチが入りませんでしたが、隙を見つけて2箇所ばかり撮影してきました( *´艸`) それから写真展を2箇所巡回。 両方とも見応え充分でモチベーションが上がると言うよりも、写真に対する姿勢を正された気がします。

さて、そんなこんなで、意外に密度の濃い時間を過ごした今日ですが、写真撮影の帰りにかねてから訪問のチャンスを伺っていた「麺処あんかつ」さんの暖簾を潜りましたo(*^^*)o

「福島鶏白湯 (800円)」

あんかつ 福島鶏白湯

夜の部のみの10杯限定提供って事で、最初からコレを狙い撃ちですΨ( ̄∇ ̄)Ψ ほんのりとニンニクの香りが混じり、しっかりと鶏の髄まで引き出された完熟スープの香りがします。

スープは微乳化タイプで、鶏の旨味は高濃度に引き出されていますが、サラリと後味に軽快感を表現した仕立てです。 塩ダレ仕立てが巧くマッチしていて、滑らかに舌の上に広がります。

あんかつ 福島鶏白湯

真空調理の鶏チャーと、舌の上で脂身が溶ける豚バラチャーシュー、青梗菜かと思ったら小松菜があしらわれていたり、そぎ切りの白ネギはさり気なくさらしネギにされていて、上品なスープを崩しません。

あんかつ 福島鶏白湯

塩コショウでシンプルに味付けされた鶏挽肉と、しんなりと柔らかく炊かれたメンマも加わり、載せモノの充実度は極めて高いです。

あんかつ 福島鶏白湯

麺は今回はちょっと番外品があしらわれていましたw( ̄▽ ̄;)w 中加水タイプのストレート中細麺。 これがなかなかしなやかな舌触りと、スープの絡みの良さ共に、あんかつバージョンの福島鶏白湯にソツ無く合っちゃっているんです。 ベースがしっかり作り込まれている証拠ですね(*^▽^*) また新しい可能性の扉が、チラッと開いたような・・・

【臨時休業のお知らせ】

店主・安斎君が、『福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊』のメンバーとして、先に開催されました「仙台ラーメンフェスティバル [2015/11/13-15]」に引き続き、「福岡ラーメンショー2015 第2幕 [2015/11/18-23]」に出店致しますので、現在お店は休業となっています。

営業再開は現在のところ、2015年11月27日(金)からの予定です。 どうか宜しくお願いします。






麺処 あんかつ
福島県福島市松川町字鼓ヶ岡38-2
電話;024-502-6452
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:30~20:00
定休日;水曜日
駐車場;店舗北隣(右側)にあり


 

日乃屋カレー 郡山駅前店 ~福島県郡山市駅前~

そろそろ冬の走りを思わせるような寒さが何時やって来ても大丈夫なように、自宅と仕事場の石油ファンヒーターのメンテナンスをやっておきました。 メンテと言っても、遅れ馳せながら灯油を全部抜いて、燃料フィルターを清掃しただけですが( ̄▽ ̄i)ゝ

「シーズン越えの灯油は決して使ってはイケない。 故障の原因になりますよ」

と、昨年修繕してくれたプロの技術者さんからのアドバイスでした。 都合4台メンテしたら、1時間近く掛かってしまいました(>▽<;; 程なく肌寒いお天気になり、早速石油ファンヒーターが稼働中です。

さて午前中に仕事場にビジネスFAXが届いていました。 別に驚くようなことでもなく、ほぼ毎日のように送りつけられてくるので、もういちいち怒る気にもならないのですが、その中に郡山駅前のカレー専門店「日乃屋」さんのFAXクーポンがありました。

日乃屋カレー 郡山駅前店

ここは開店当初から機会があったら行ってみっかなぁ~と思っていたお店。 そのFAXを持参したら、“タダでランパス対応”してくれるって言うので、これはシタリ♪と訪問してみましたo(*^^*)o

「日乃屋カレー (730円のところ500円)」

日乃屋カレー 郡山駅前店 日乃屋カレー300g

温玉か生卵のトッピング付きで、ごはんは200g、300g、400g共に同料金のスタンダードです。 今回は手堅く、温玉の300gで所望しました。 ゴハンの上にカレー・ルーは全掛け仕上げ。 一口含むと先ずは甘味が広がり、追ってスパイシーさ、そしてホットさが感じられます。 粘性の高いカレー・ルーは、甘辛く濃ゆい味わいです。 ホットさのキーはカイエンペッパーっぽい味香に思えました。

日乃屋カレー 郡山駅前店 日乃屋カレー300g

野菜や果物などがほぼルーの中に溶け込んでいて、肉もほとんど煮崩れています。 しかし、ボクはカレーに載せモノを飾るのに、そもそも興味がありませんので、この仕様のままでチープさにジャリを噛む思いをする事もありません。

日乃屋カレー 郡山駅前店 日乃屋カレー300g

これ、結構ウマいですよ(o^-^o) FAXクーポン無しだと、ご近所の「神食堂」の魔力に引き寄せられてしまいますが、駅前の一等地でこのお味はなかなかものだと思いました。




日乃屋カレー 郡山駅前店
福島県郡山市駅前1-7-9 安斎ビル1F
電話;024-926-0128
営業時間;11:00~23:00 ※仕込みの為、一時準備時間をとる場合あり
定休日;不定休


 

【2015年 錦秋巡り】 三春大神宮 

丁度一週間前の事になりますが、三春町で開催されていた写真展を訪問した帰り足に、毎年足を運んでいる「三春大神宮」に立ち回って来ました。

三春の秋 #1
[2015/11/8 三春の秋 #1]  <↑ Clickで拡大>

ずっと雨が降り続いていて、傘を差し掛けての撮影になりましたが、当然陽射しも射し込まずテカリの無いシックな紅葉の色(o^-^o)

三春の秋 #2
[2015/11/8 三春の秋 #2]  <↑ Clickで拡大>

表参道の階段に沿ったモミジの樹は、まだ色付きが淡かったのですが、陽当たりの良い場所は既に素晴らしい色冴えになっていました。

三春の秋 #3
[2015/11/8 三春の秋 #3]  <↑ Clickで拡大>

表参道の鳥居から、傘を差した団体訪問者が時折やって来ます。 時期が時期ですので、紅葉見物のグループがおられるようです。

三春の秋 #4
[2015/11/8 三春の秋 #4]  <↑ Clickで拡大>

いつしか雨は止んでくれて、ようやく撮影の自由度が増えて来ました。 宮司さんがお宮参りの参拝客を迎える準備を始めて、いよいよ来訪者の姿も増えて来ました。

三春の秋 #5
[2015/11/8 三春の秋 #5]  <↑ Clickで拡大>

紅葉ハイカーの中に、旧知の方の姿があったりして、先様もきっと驚かれていたでしょう。 地元ではまず顔を合わせることは無いのに、隣町で出会える不思議です(*^▽^*)

三春の秋 #6
[2015/11/8 三春の秋 #6]  <↑ Clickで拡大>

境内の公孫樹の樹は、完全に黄葉していて、はらはらとその葉を落とし始め、ちょっとした黄金絨毯になってました。 撮影していたら、何やら白い虫がフワリフワリと飛んでました。

「ありっ?なんだこりゃ?( ̄ω ̄;)」

と思って良く見たら、雪虫が舞っていましたw( ̄▽ ̄;)w まだ雪には早いと思いますが、郡山市の朝の最低気温は、いよいよ0℃を示す日も出てき始まりましたよ。
 

麺屋 信成 ~福島県郡山市富田町~

約2ヶ月ぶりに「麺屋 信成」さんに潜入しました(〃∇〃) いや久しぶりの訪問で、店内に漂うチャーシューの煮汁の香りを嗅いだだけでも幸せなキブンになってしまう“黒しょうゆらーめん中毒”な自分です。

「黒しょうゆらーめん (800円)」

信成 黒しょうゆらーめん

スープから伝わって来る鶏出汁と豚ゲンコツ出汁、複雑にブレンドされた漆黒醤油ダレの重厚な醤油フレーヴァーに、チャーシューからもジリジリと流れ出してくるチャーダレと肉のエキス分風味が加わり、香りだけで白飯が一杯食えそうですww

例によってモモ肉とロース肉の合い盛りとされているチャーシュー達は、丼の半分以上をカバーするほどで、そのまんまチャーシューメンと言っても通用するくらいです( *´艸`)

信成 黒しょうゆらーめん

モモ肉チャーシューは作為的な薄切り仕上げ。 スープの熱がアッと言う間に伝わり、封じ込められていた肉汁が活性するだけでなく、それこそ箸で突いただけで簡単に切れてしまうほどの柔らかさです。 ロースチャーシューは緻密な肉組織のモモ肉とは異なり、脂質がそこここに張り巡らされていて、脂身の旨味と肉の旨味が一緒に口中に広がります(>▽<)b

信成 黒しょうゆらーめん

大振りなメンマは少し歯応えが残されていて、噛むチカラを込めただけで簡単に歯切れます。 少しばかり甘味のある味付けは、漆黒スープに味わいの幅を広げます。

スープは漆黒の色合いから想像されるようなシャープな塩味は無く、ふっくらとした甘味とスープのリッチな旨味、ラードの油膜などでマイルドな味わい。 酸味の角が立つ事も無く、舌の上のパレットに、一気にパッと華開くような広がりのある味わいです。 その後味には、主に豚肉の煮汁を思わせる肉質の極味と、醤油ダレの微妙なビター感の混じる甘味が素晴らしい余韻となってます。

信成 黒しょうゆらーめん

やや加水率低めのストレート細麺は、張りのある歯切れの食感と、旨味溢れる漆黒スープをタップリと口に運んでくれます。 更には時間の経過と共に漆黒スープを吸い込んでくると、麺自体に美味しさが宿るようになり、加速度的に味わいの厚みが増して来ますね(*^▽^*)

全くいつ頂いても期待通りの安定した味わい。 このクォリティーをユラギさえ感じさせないほどの再現性の高い味わいで楽しませてくれるのですから、ファンとしてはまさに歓びの一杯です。




麺屋 信成 (しんせい)
福島県郡山市富田町坦ノ腰-72-2
電話;024-951-2876
営業時間;11:30~最長20:00
     ※売り切れ次第閉店ですが、最近は15時位で暖簾落ちしています
定休日;水曜日
駐車場;店舗前に供用10台程度


より大きな地図で 麺屋 信成 を表示
 

横浜ラーメン とんこつ家 郡山開成店 ~福島県郡山市開成~

実は何度かお店の駐車場までは辿り着いていたのに、急用で呼び戻されたり、まさかのスープ切れで中休みにブチ当たったりと、ナゼかありつくことの難しかった「とんこつ家」さんです。

家系橫濱ラーメン とんこつ家 郡山開成店

この日は巧いこと潜入出来ましたよ♪ おっ?11月から価格改定が行われたようです。 何だかお得なセット系が一掃されてしまったのは、ちょっと残念ですねヽ(´Д`;)ノ それでもランチタイムには、お得なサイドメニューが残されています。

「とんこつ醤油味 (750円)」

とんこつ家 とんこつ醤油味

オーダーの折に麺の茹で加減や味付けの好みを聞いてくれますが、毎回「お店のお薦め仕立てでお願いします(o^-^o)」って丸投げしちゃいます( ̄▽ ̄i)ゝ ボクは好み云々ってほど通っていないので、作ってくれる店員さんのセンスに任せるのが得策に思えます。

とんこつ家 とんこつ醤油味

久しぶりに対面してみたら、スープの濃度、醤油ダレの利かせ具合共になかなかガツンと来てそうです。 香り立ちはほんのり豚クサww でも全然OKです。 海苔が3枚も立ててあったんですね。 豚バラチャーシューはちょっと厚めのカット。 ホウレン草のお浸しも定石通りです。

麺は低加水タイプの極太麺。 一応ストレート麺って事になってますが、適度にのたうってますね。 茹で加減はやや固めに仕立てられているみたいです。

豚ガラをガッチリと長時間炊いたスープは、ちょっとクリーミーで程良く乳化させられています。 醤油ダレもシャープに利かされていて、パワフルそのもの。

お店のお薦めと言う事で、卓上配置の黒コショウ、豆板醤、おろしニンニク、酢を加えてみたら、しょっぱさが加速しちゃって大変だぁ~ヽ(@ω@;)ノ

とんこつ家 とんこつ醤油味

そんなしょっぱさの中で、オアシスになってくれるのがホウレン草のお浸しと、唯一甘味のあるメンマヽ( ̄▽ ̄i) うぅぅぅぅぅ、やっぱり豆板醤の塩味は余計だった。 白飯で中和するのが前提なんだな。

とんこつ家 とんこつ醤油味

麺は所謂ワシワシ系の噛み応え。 しっかり噛み締めながら頂くド豚骨もまた一興でございました(o^-^o)




家系横濱ラーメン とんこつ家 郡山開成店
福島県郡山市開成4丁目27-10
電話;024-934-4604
営業時間;11:00~23:30
定休日;無休
駐車場;15台程度


 

中華料理 大昇楼 ~福島県郡山市備前舘~

先日の夕刻、スクーターで配達に出掛けたら、

「んん~~? 何だかヘッドライトが暗いなぁ~(@゜Д゜@;)」

と思ったら、ハロゲンバルブが切れていました('д'|l!)ぁ゙… 仕方ないのでハイビームにして走るしか無く、前走車や対向車にはご迷惑を掛けました。

そんな訳でハロゲンバルブの交換をしなきゃならず、軽い考えでホームセンターやカー用品専門店を探してみたのですが、無いんですよ(〇o〇;) 50ccのスクーター用はどこでもあるのですが、125ccクラスに使われるヤツは、ちょっと特殊なのね。 仕方ないから大人しくバイク用品専門店さんに出直すことにします。

丁度そのカー用品専門店のある、郡山市の内環状線とインター線交差点近くにある、大きな布袋様の石像が目立つ「中華料理 大昇楼」さんの看板に灯りが点り、丁度夜の部の営業が始まったところでした。

中華料理 大昇楼

随分暫く暖簾を潜っていなかったなぁ~と、後で調べてみたらほぼ4年ぶりの訪問でした。 昼時はいつも大入り満員ですので、潜入を回避してる内に、随分と月日は流れていたんですね( ̄▽ ̄i)ゝ

「鶏チリソース定食 (950円)」

大昇楼 鶏チリソース定食

実はこれで三回目の訪問でしたので、この「鶏チリソース」ってのが以前からあったメニューなのかは分かりませんが、何だか白飯の共には良さ気だったのでお願いしてみました。

大昇楼 鶏チリソース定食

鶏胸肉は揚げ立てジューシーで熱々ですよ。 から揚げじゃ無くて衣揚げにしてあります。 そこに甘味は抑え目でキリッとシャープな塩味の濃ゆい味わいのチリソースがドロリンチョと掛け回されています。

大昇楼 鶏チリソース定食

辛さは唐辛子の辛さ。 結構メリハリのあるお味ですので、白飯の進み具合はナカナカです。 それにしても鶏の衣揚げは優に250g以上ありましたし、チリソースもたっぷりです。 白飯の量が全然足りないってくらいのボリュームでしたが、ご飯をお代わりしなくてもハライッパイになりましたわw( ̄▽ ̄;)w さすが庶民派の中華料理店です。




中華料理 大昇楼
福島県郡山市備前舘2-1
電話;024-933-9651
営業時間;【昼の部】11:00~15:00【夜の部】17:00~20:00(OL)
定休日;水曜日
駐車場;13台


より大きな地図で 中華料理 大昇楼 を表示
 

昼ふろや ~福島県郡山市安積町荒井~

いつも細かな手が入り、試行錯誤に余念のない「昼ふろや」さんの暖簾を潜りました。 さて、今日は何を楽しませて頂きましょうかねぇ~ってお品書きに目を落としたら、ややや?新しいサイドメニューが加わっているぞ? しかもエラくソソられるネーミングに一発KOをキメられました(>▽<;;

「とりの黒支那+黒やきめし (780円+220円)」

昼ふろや とりの黒支那

魚粉パンチの「黒支那」と、鶏白湯ベースの「とりの黒支那」で迷ったけれど、優美な旨味の「とりの黒支那・ブラックバート」に決めました。

カウンター越しに席をとっていると、仕上げに掛かったブラックバードの豊かな出汁香りと濃厚な醤油ダレの香りが漂って来ますΨ( ̄∇ ̄)Ψ 久しぶりの顔合わせだけど、こんなにもリッチな香り立ちだったんだなぁ~

漆黒系スープはほんのりとアンバー掛かっていて、魚粉無しなので多少スープの中を見通せますww スープを口にすれば、滋味を感じさせる鶏出汁の旨味が舌の上にパッと広がります。 鼻に抜ける香りも、漆黒醤油ダレに隠しきられることなく鶏の風味がちゃんと感じられるほど濃度があるんですね。

昼ふろや とりの黒支那

今回驚かされたのは大振りのメンマ! (ありゃ?大きくなりましたよね?)と思いながら噛んだとたんにビックリ仰天♪((*゚゚∀゚゚*))

な、な、な、ナニコレ! 信じられないくらいに柔らかいっ!

こんなメンマは初めての体験。 思わず店主・木村さんに尋ねてみたら、夜の居酒屋営業で供している酒肴の一つなのだそうで、一般的なメンマとは比べものにならないくらいの高価な原料なのだそうです。 繊維方向に関係なくサクッと簡単に歯切れてしまう、まるで何かのマジックが掛けられたようなメンマ♪ 大いに歓迎ですねv( ̄∇ ̄)

昼ふろや とりの黒支那

多加水系熟成ストレート中細麺は、しっかりとしたコシのある歯触り。 ほんのりと漆黒醤油スープの色を移して、ジリジリと美味しさも乗り移ってきます。

鶏出汁の旨味にたまり醤油がブレンドされた醤油ダレは、極味を感じさせる旨味と少しの酸味、それらの角を丸く感じさせる甘味があって、全体的に味自体が濃ゆい。 濃ゆいしそこそこ塩味もあるハズなのですが、スープの魔力には抗し難く、今回もほぼ完飲してしまった魔性の漆黒スープです(^◇^;)

昼ふろや 黒やきめし

「黒やきめし」は、夜の居酒屋営業では供されていたらしいのですが、調理に一手間の時間が掛かるので、今まで「昼ふろや」では禁じ手としていたらしいです。

でも調理スキルの高い店主・木村さんですので、何とか段取りを付けられるメドが立ったと言う事で、めでたくお昼解禁と相成りました。

昼ふろや 黒やきめし

肉類は一切使わず、卵とネギだけで、ストイックに漆黒醤油ダレの美味しさをごはんに焼き付けた品です。 ほんのり甘味のある醤油テイストがしっかりと行き渡っていて、少しだけ焦がされたビターな味がより味わいの幅を広げています。 勿論パラリと仕上がっていますので、諄さは全く感じさせません! こりゃあ旨いっ( *´艸`)




昼ふろや
福島県郡山市安積町荒井字林の越1-7
電話;024-946-2122
営業時間;11:30~13:30 ※夜の部の「食菜酒楽 Fu-Ro-Ya」営業準備の為、お休みを頂いたり早仕舞いもあります
定休日;土・日曜日
駐車場;店舗前と裏に合計10台


 

【御案内】 第14回 フォト・メチエ写真展

手練れのカメラマンの揃う「フォト・メチエ」さんの写真展の御案内です。 主宰の酒井なみさんが、先頃「福島県写真展」で「日本カメラ賞」を受賞されたばかりです(o^-^o) 今年は「福島県写真展」を見に行けなかったので、場内で入賞作が展示されると良いなぁ~o(*^^*)o

第14回 フォト・メチエ写真展
             ↑ Clickで拡大 ↑

第14回 フォト・メチエ写真展
会期;2015年11月12日(木)~11月15日(日)
公開時間;10:00~18:00 ※最終日は17:00まで
会場;アトリエかしわ (柏屋開成店2F) 【入場無料】
     福島県郡山市朝日1-13-5
     電話;024-922-5533
駐車場;会場敷地内にあり


大きな地図で見る


 

自家製麺 工藤 ~福島県郡山市神明町~

「東京ラーメンショー2015」のコラボ出店から帰って来て中一日で営業を再開した「自家製麺 工藤」さんに行って来ました。 もう19時近くだったので、夕食を摂りに来店するお客様でなかなかの賑わいです。

「濃厚煮干しつけ麺」「みそらぁめん」既に売り尽くしになっていましたけど、そう聞いて帰ってしまうお客様は一人も居ませんでした。

「つけ麺 (800円)」

自家製麺 工藤 つけ麺

気温と湿度の変化に伴い、小麦粉の配合比率を変えたという細やかな調整がされた麺は、艶やかでツルッとした舌触りとコシ、小麦粉を思わせる香り立ちなど、その違いを看取出来るはずもありません。 直接食べ比べて気が付くかどうかも怪しいレベルの微調整が日々行われている職人気質には、本当にマイッテしまいますヽ( ̄▽ ̄i)

自家製麺 工藤 つけ麺

「今日のスープは濃度が高いですよぉ~v( ̄∇ ̄)ニヤッ」

と言われるまでもなく、ツラを見たらそれは分かるww なんだこれ! 豚足倍増でもしたんか?(^◇^;) これで乳化なんてさせちゃったていたら、それこそ大惨事になっているぞ!

自家製麺 工藤 つけ麺

漬け汁の表面にはコラーゲン膜が盛大に生成されていた訳ですが、大振りなメンマを麺皿から移してみたら、コラーゲン膜の張力に弾かれて、メンマが沈まないでやんのww こんなのドロポタ以外では滅多にお目に掛かれないでしょ?

自家製麺 工藤 つけ麺

そんでもってカエシはいつもと変わっていないのに、スープの凝縮度が凄くて、カエシの甘味が普段よりも豊富に感じられるくらいです。 少し卓上配置の酢を注したら、ディテールが引き締まるのは承知の上で、あえてそのまま麺を漬け手繰ります♪

「旨いよ、工藤ちゃん!(´。・ω・。`)」

底ブレ自体がほとんど無いけど、今日は一等地のアタリを頂きました。 スープ割りもしないで、そのままクピクピ飲んじまったわ( ̄▽ ̄i)ゝ

あとですね、昨日から新たにサイドメニューに加わった「TKYG (たまごかけやまいもごはん)」を試食させて頂きました(〃'∇'〃)ゝエヘヘ 実は店主・工藤君のお父さんが栽培している山芋なんですよ♪ 陸奥湾から200mほど陸地側の砂地土壌で栽培される工藤さんチの山芋は、サラリと軽快感のあるキレの良さがあります。

自家製麺 工藤 ミニTKYG

そこにお馴染みの那須御養卵の卵黄と炙りバラ巻きチャーシューがあしらわれて、青のりがぶっかけられてます。 品の良い山芋なのは口にして頂けばすぐに伝わって来ると思います(o^-^o)

ちょっと食べ切れないかなぁ~って不安な方は、「ミニミニサイズで!」ってリクエストにも応えて貰えると思いますから、とにかく話をしてみて下さいΨ( ̄∇ ̄)Ψ

あと一つ朗報があります。 一日20食の限定販売とされていた「おしおらぁめん」の限定解除がされまして、夜の部でも安心してリクエスト出来るようになりました。 お昼の訪問が難しかった皆さんには朗報でしょうか。




自家製麺 工藤
福島県郡山市神明町17-13
電話;024-905-8294
営業時間;月曜日 11:30~売り切れにて終了
      水曜日~金曜日 【昼の部】11:30~14:30 【夜の部】17:30~売り切れにて終了
      土曜日・日曜日 【昼の部】11:00~14:30 【夜の部】17:00~売り切れにて終了
定休日;火曜日
駐車場;指定駐車場10台分あり


 

まるいち食堂 ~福島県耶麻郡猪苗代町~

ようやく初詣が出来ました! 猪苗代町の人気老舗食堂「まるいち食堂」さんです。 つい最近訪問を試みるも、臨休か暖簾落ちなの憂き目に遭っていたのですが、今回は巧く潜入出来ました(o^-^o)

まるいち食堂

駐車場は店舗敷地内のお店玄関前に4台分。 確か近くに町営無料駐車場もあったハズですので、万一満車でも諦めないで探してみて下さい。 お品書きは壁貼りのみですが、食堂の王道メニューはほぼ押さえられています。 最初から初詣ではコレと決めての所望品ですo(*^^*)o

「ソースカツ丼 (950円)」 (香物・スープ付き)

まるいち食堂 ソースカツ丼

細挽きのパン粉が薄付きでキレイに纏わされています。 揚げ油にはラードや牛脂が入っている? 香ばしくカリッと揚がってます。

自家調整ソースに浸されて千切りキャベツの敷かれた丼飯にオン♪ ご飯と揚げ立てトンカツに挟まれた千切りキャベツは、良い感じにしんなりと柔らかです。 諄さの無いサラッとした甘口ソースは、酸味とスパイシーさが抑えられています。

まるいち食堂 ソースカツ丼

お肉は驚きの柔らかさ!(;゚д゚) 脂身も良い具合に残されいてこれは好みですね(σ≧▽≦)σ お肉のサイズは160g位かと思いますが、程よくお腹も満たされて大満足でした。

「餃子 (5個・350円)」

まるいち食堂 餃子

ちょっぴり皮が破れてしまっていたのはご愛敬ヽ( ̄▽ ̄i) ニンニクが程よく利いていて、餡の野菜も滑らかジューシーな、食べやすく程良いサイズの手作り餃子でした(o^-^o) 麺は自家製麺と言う事でしたが、ニュルンと滑らかな舌触りでしたよ。 これは良いお店に出会えましたヽ( ̄▽ ̄)ノ




まるいち食堂
福島県耶麻郡猪苗代町字町尻342
電話;0242-62-3710
営業時間;11:00~18:00
定休日;不定休
駐車場;店舗敷地内に4台分


 

【2015年 錦秋巡り】 土津神社

ようやく良い色付きになったと聞いて数日前に訪問して来た、猪苗代町の紅葉の名所「土津神社」です。 ちょっとお天気が不安定で、ここに到着した時には、強い雨に見舞われていました。

秋の参道
[2015/11/3 秋の参道]  <↑ Clickで拡大>

そんな雨もモノともしない猛者のカメラマンも見られましたが、こちとら傘さえ携行していなかったので、少し雨足が弱まって来たところで、見事に色付いた境内で撮影開始です(o^-^o)

土津の雨傘
[2015/11/3 土津の雨傘]  <↑ Clickで拡大>

カップルさんの後ろ姿、頂かせて貰いました(〃∇〃) 仲睦まじいお姿が、秋色に染まる秋景にピッタリですね♪

雨上がりのモミジ #1
[2015/11/3 雨上がりのモミジ #1]  <↑ Clickで拡大>

大人気の落ち葉の斜面には、カメラマンが集まっていたので、そちらからは離れて撮りどころを探します。

雨上がりのモミジ #2
[2015/11/3 雨上がりのモミジ #2]  <↑ Clickで拡大>

ボクの集中力が足りないせいか、それとも目配りと心配りが足りないせいか、PCにデータを移して写真を確認してみると、ことごとく電線が入ってました(ノд`@) 気が付いたところでは、回避しながら撮ったつもりだったのですが、黒い皮膜で隠された電線は、意外と見落としてしまってます。

落ち葉道
[2015/11/3 落ち葉道]  <↑ Clickで拡大>

年々知名度が上がり、地元でも大切な秋の観光資源に据えている場所ですから、電線の取り回しや埋設、見栄えを悪くしている箇所の手入れなど、手直しが掛けられることを期待したいですね。

深まる秋の日
[2015/11/3 深まる秋の日]  <↑ Clickで拡大>

多分、今日位までは「土津神社」の紅葉は見頃だと思います。 

紅焔酒家 光華 ~福島県郡山市朝日~

月明けのあおりで遅い昼食も摂り損ねそうになった日でしたが、18時から夜の部開始の「紅焔酒家 光華」さんなら、安心して暖簾を潜れます(o^-^o) 前日に「東京ラーメンショー2015」で、ラーメンはたくさん頂いてきましたので、ご飯ものを所望しましたよo(*^^*)o

「麻婆丼 (840円)」

光華 麻婆丼

光華さんの麻婆豆腐は、旨口タイプと四川タイプから選べます。 普段は四川タイプを頂くのですが、今回は何となく標準の旨口タイプを所望しました。

光華 麻婆丼

相変わらずブレの無い味わい。 挽肉と共にニンニク、ショウガ、豆板醤、甜麺醤、刻みネギを炒め、ベーススープを加えて調味したところに、程良く火の入った角切り豆腐が麻婆餡とバッチリ一体化しています。

光華 麻婆丼

共添えのスープはシンプルにネギを散らしただけですが、やや濃い目の麻婆豆腐の口直しに程良い塩味で従います。

光華 麻婆丼

甘味と旨味、スパイシーさと角を落とされた、しかしちゃんと利かされた辛味は、白飯をいくらでも進めてしまうほどのウマウマ具合(>▽<)b 卓上配置の花椒と自家製辛子を加えれば、麻辣の効き具合も自由自在に楽しめますヨ(o^-^o)




紅焔酒家 光華 (こうえんしゅか こうか)
福島県郡山市朝日1-20-30ロンパイスビル1F
営業時間;【昼の部】11:30~14:30 【夜の部】18:00~22:00
定休日;日曜日
駐車場;ビルの共用スペースに3台分、ビルの北側に共用スペース2台分


 

【2015年 錦秋巡り】 鶴ヶ城紅葉ライトアップ

「鶴ヶ城紅葉ライトアップ」が平成27年10月23日(金)~11月15日(日)まで開催中です。 全てLED照明が使われており、日没から21:00まで点灯されています。

鶴ヶ城紅葉ライトアップ #1
[2015/10/25 鶴ヶ城紅葉ライトアップ #1]  <↑ Clickで拡大>

この日は風が強くて露光が大変(^◇^;) 10日間前の撮影ですので、現在はモミジの色付きは、格段に良くなっていると思います(o^-^o) 色付いている樹を探したら、この公孫樹が一番だった。 今ならモミジも色付いているはずですから、色々と撮りどころが増えていると思います。

鶴ヶ城紅葉ライトアップ #2
[2015/10/25 鶴ヶ城紅葉ライトアップ #2]  <↑ Clickで拡大>

時間帯によっては簡易プロジェクションマッピングが行われています。 鶴ヶ城に行ったのは震災後初めてだったかも。 三脚建てて撮影していたら、クラブ活動帰りの男子高校生の一団がやって来ました。 記念撮影?(^◇^;) 賑やかで楽しそうです(o^-^o)

場を変えようと移動したら、ボク達に呼び止められてスマホで写真を撮って欲しいと言います。 わかった。 ヲジさんに任せなさい!v( ̄∇ ̄)ニヤッ さて、しっかりと撮れていたかは深く確認はしませんでしたが、体育会系の男子高校生って面白いですね(*^▽^*)
 

自家製麺 じゃじゃ。 ~福島県郡山市西ノ内~

中華そばの醤油ダレに手が加わったとの情報があり、どんな風に進化したのかと気になっていた「自家製麺 しゃじゃ。」さんを訪問して来ましたヽ( ̄▽ ̄)ノ 夜の部の暖簾が掛かる前に何とか到着したら、既に数組のお客様が並んでました。 さすがの人気ですね♪ ボクが配食を受けた頃には、入店待ちのお客様が行列になってました。

「中華そば (700円)」 ※味玉振る舞いご馳走になりました(〃∇〃)

じゃじゃ。 中華そば

配食された時点で、明らかに異なる節系の香り立ちに、思わず丼に顔を近づけて深呼吸ww もうこの香り立ちの時点で、今までとは別モノであるのが分かります。

節&ニボの素材変更を行ったそうで、あまりにも味香が良い意味で期待を裏切ってしまったので、根本から味のバランスを作り直すことになったそうです。 そりゃあイイ事だ!(>▽<)b

豚肉の柔らかチャーシューと鶏チャーシュー、メンマに小口ネギ、海苔といった載せモノには特に変更はありませんが、やっぱりチャーシューの柔らかさや肉質の良さをちゃんと伝えてくる調理技巧など、一つ一つに破綻の影もありません( *´艸`)

じゃじゃ。 中華そば

ズバリ印象を先に言ってしまえば、

「いったい何てもんを食わしてくれたんやぁ~・゚・(ノД`;)・゚・」 (←某マンガ風味)

ってくらいの印象的な美味しさでした!(;゚д゚)

麺とスープのせめぎ合いがスゴイ!

麺とスープの間に走る緊張感たるや、全く想定していなかった味の世界観でした。 そんなバチバチと火花散るような、緊張感の満ち溢れる組合せなのに、全く嫌な感じが無い(^◇^;) どちらかにそのウエイトが傾いただけで、崖っぷちのバランスを保っている味の緊張感は瞬時に崩壊してしまいそうな研ぎ澄まされたものです。

「オレ、今凄いもん食ってるなぁ~(`・ω´・ ;)」って、店主・じゃじゃの確信犯的な誂えを受け入れている自分は、間違いなく彼の手中に落ちているとしか思えません。

じゃじゃ。 中華そば

ハッキリ言ってしょっぱいですよ。 でもそのしょっぱさのエッジに引けを取らない、カツオ節の豊かな風味と旨味、ちゃんと利かされているいるけどウッカリするとその存在感を忘却してしまいかねないほど、さり気なく寄り沿っているニボシの味わい。 ビターさを感じさせる暇も無く、醤油ダレの押し込みは強烈です。

鶏出汁は特に強度を増した印象こそありませんが、今回のハイライトはやっぱり魚介系テイストの華やかな味香の進化と、ファイニングの施された醤油テイストに尽きるかなぁ~ 甘さと油分に逃げない、こんな崖っぷちの中華そばは滅多に頂けないと思います。

じゃじゃ。 中華そば

そんな醤油スープに合わせられている自家製のストレート細麺は、全粒粉ブレンドで小麦粉の香り高く、噛めばパツッと弾けるようなテンションを感じさせます。 勿論このちょいとしょっぱめのスープをガンガン口の中に送り込んでくる持ち上げの良さは言うに及ばず、しかも

「おまいは伸びるという事をしらないのか?(`・ω´・ ;)」

ってくらい、その食感を息長く残してくる存在感もスゴイです。 イイもん食ったなぁ~♪って納得させられる印象があります。

「マヨそぼろご飯 (150円)」

じゃじゃ。 マヨそぼろご飯

“お肉ごはんにマヨビーム♪”ってPOPに負けました( ̄▽ ̄i)ゝ で、負けて幸せなサイドメニューです。 しっとりとしたそぼろ肉はこれまた甘さに逃げない、ギリッと染み入る味わいに仕立てられています。 そこに濃厚なマヨネーズが振りまかれているのですから、こりゃあ問答無用に旨いわな♪(>▽<)b




自家製麺 じゃじゃ。(じゃじゃまる)
福島県郡山市西ノ内2-19-12
電話;024-954-8606
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】18:00~21:00頃 ※売り切れ次第閉店
定休日;火曜日、月一不定休あり
駐車場;店舗敷地内に2台分


大きな地図で見る