FC2ブログ

猿楽台地のそば畑

決して誉められないコンディションの最中に撮影した、福島県下郷町の「猿楽台地のそば畑」です。 そばの花咲く最盛期に、ずっと優れない天気が続いていて、なかなか撮影行への腰が上がらなかったのですが、ここに行くのも年中行事みたいになっていましたので、夕刻近くには雨も上がって雲が切れてくるかも知れないという測候予想に一類の希望を託して訪問してみました。

雨霧の猿楽台地 #1
[2015/8/30 雨霧の猿楽台地 #1]  <↑ Clickで拡大>

あぁぁぁぁぁ(lll´д`) やっぱり小雨模様でした。 しかも若干なれども回復の兆しって読みは空振りとなり、雨足が強くなったりなんだりで、雨霧でそば畑の見通しさえ利かなくなるほど。

雨霧の猿楽台地 #2
[2015/8/30 雨霧の猿楽台地 #2]  <↑ Clickで拡大>

でもそばの花は見事な見頃で、真っ白な絨毯が如き景色です。 ここに立ち回っている間には、カメラマンの姿はありませんでした。 まあそりゃあそうだな(^◇^;) 16時頃に敢えて来る人は、決め撮りか事情有ってその時間になっちゃった人くらいでしょう。

雨霧の猿楽台地 #3
[2015/8/30 雨霧の猿楽台地 #3]  <↑ Clickで拡大>

標高の最も高いそば畑から、少し下のそば畑に下りてみたら、雨が上がって遠景を隠していた低い雲が少し切れてきました。 陽射しは望むべくもありませんでしたが、雑木林の白樺の木だけでも、もう少し存在感を見せてくれたらなぁ~と勝手な言い分です。

雨霧の猿楽台地 #4
[2015/8/30 雨霧の猿楽台地 #4]  <↑ Clickで拡大>

帰路の道行きは、天栄村の羽鳥湖から鳳坂(ほうさか)峠を下りきる辺りまで雨と濃霧に包まれ、場所によっては20km/hも出せないほど見通しが利かない場所もありました。 こりゃあボクでも運転は緊張しました。 道路沿いには「鳳坂峠トンネルの早期整備を」というアピール看板がありますが、なるほどこれは必要に思えます。 南会津と中通りを繋ぐ、重要なルートですし、交通量も決して少なくありません。 今年度中に着工される事になっているようです。

被害

帰宅途中に立ち回った鳩スーパーで、駐車場にデポしていたウチの車がぶつけられました。 たまたま現場を目撃していた買い物客さまが、お店のサービスカウンターに知らせて下さり、現場の確保までしていて下さりました。 まともにお礼もさせて頂かぬまま、その場を去られてしまい誠に恐縮の至りです。

単なる物損事故で済んだことであり、相手方の任意保険による全額保証と言う事で、あまりどうこう言う事でもありませんが、両手に杖を突いて何とか歩けるってほどの80歳代半ばらしきご老人でした。 乗っていた車はバンパーの四隅全てが擦り傷や当て傷だらけ。 本人も「またぶつけた」って平然と言ってしまうほどの常習事故当事者でした。 そんなに何度も対物損を起こしていたら、保険屋さんが契約の延長を受託しないハズなんですが・・・

夜のスーパーに一人で買い物に来るご老人ってだけでも、ちょっとのっぴきならぬご事情がありそうですが、車という足を失ったら生活に困るって思いだけで運転しちゃっているのでしょうね( ̄ω ̄;) 現場検証の警察官も、事務的に事故証明作成の為の仕事しかしません。 余計な事を進言したりは出来ない立場でしょうし、ワタシも事故を貰った当事者ではありますが、何も言えませんでした。 ただ、人を轢いてからでは取り返しがつかないって事は重く受け止めて頂きたいものです。