【お知らせ】 麺屋 信成さんテレビ出演

麺屋 信成

明日、2015年9月1日(火)に、福島中央テレビ(FCT)人気番組「ゴジてれChi!」「プレゼンゲッ中ズデー」「麺屋 信成」さんが登場します!

多分、第一部の15:50~16:50の出演になると思われます。 プレゼント企画がありますのでお楽しみにご覧下さい♪ 

そば・食事処 蕎膳(きょうぜん) ~福島県郡山市喜久田町~

永らく蕎麦好きに親しまれてきた「そば処 しぶや」さん閉店後暫くして、同所に改装工事が入り新しいお店が開店しました。 「そば・食事処 蕎膳」さんです。 2015年8月8日に開店したばかりのお店ですが、折良く国道49号線を磐梯熱海温泉郷へと向かっていたので、初詣して来ましたo(*^^*)o

そば・食事処 蕎膳

「そば処 しぶや」さんの面影は全く無く、クリーンでモダンな店内は、テーブル席、小上がり席、そしてお一人様でも気兼ねなく過ごせるぶっつけカウンター席があります。 厨房の中は伺い見る事は出来ませんでしたが、ホールには若い女性クルーがお二人。 開店からまだ10日ほどでの訪問でしたが、だいぶ手慣れてきたようですし、明るい接客は店内の雰囲気にもマッチしています。

メニューは徐々に増やす予定があるようで、テーブルにセットされたパウチメニューは「8月31日まで」との但し書きが添えられています。 それでもそこそこのラインナップが揃えられているのですが、この先加わるのはどんな品々なのかも興味深いところです。

「そば ヒレカツミニ丼セット (972円)」 ※【今日のオススメ】より

蕎膳 「本日のおすすめ・そば ヒレカツミニ丼セット」

入り口に告知されていた『今日のオススメ』とされていたセットメニューから選んでみました。 自分の予想よりもスピーディーに配膳されて来ました。 ヒレカツもちゃんと揚げ立てでしたし、これはご立派(o^-^o)

蕎膳 「本日のおすすめ・そば ヒレカツミニ丼セット」

やや小さめのせいろですが、結構モリッと標高があり、ちゃんと一人前の麺量に思えます。 蕎麦は最近あまりお目に掛かっていなかった「挽きぐるみ」と言うよりも、もしかすると「玄挽き」なのか?ってくらいに黒っぽいタイプ。

蕎膳 「本日のおすすめ・そば ヒレカツミニ丼セット」

まだ新そば粉はあまり出回らない節、そば粉の甘い香りを求めるってのは、ちょっと酷かも知れません。 麺線はキレイな細切りとされていて、自家製麺と言う事ですので製麺機による生蕎麦かと思います。

蕎膳 「本日のおすすめ・そば ヒレカツミニ丼セット」

噛めば適度なコシを感じさせながらプツプツっと歯切れます。 少々舌触りがゴワッとしますが、この細い麺線とこの舌触りの組合せは、あまり経験した事が無いです。

蕎膳 「本日のおすすめ・そば ヒレカツミニ丼セット」

薬味はややラフに切られた白ネギに万能ネギが混じります。 ワサビは業務用の一般的なものです。 万能ネギが共添えされているってのは、当地では少し珍しいかも知れません。 蕎麦つゆは、ある意味“大衆の好みを全部取り込んだ味作り”がされています。

蕎麦湯は「欲しい方は申し出て下さい」って事ですが、ホールの片隅にポットに入れてスタンバっているくらいなら、最初から全員に供して欲しかったですね。 忙しそうに立ち働いているホール係の方に、どのタイミングで声掛けするかなど、客に遠慮などさせてはイケません(^◇^;) これは簡単に解決出来るはずです。

蕎膳 「本日のおすすめ・そば ヒレカツミニ丼セット」

ヒレカツ丼は少量ながらご飯との間にキャベツの千切りがサンドイッチされています。 ソースも“大衆の好みを全部取り込んだ味作り”です。 でも調理や盛りつけは、手落ち無く行われていました。 自家製麺のうどんも選べますし、これから拡張されそうなお食事メニューにも期待ですね。

お店は国道49号線のロードサイドという好立地。 その立地を活かして、スピーディーに安定した味わいと、手頃なお足でご利用頂けるお店を目指されたのだろうと思います。  年中無休で11:00~15:30の開店時間。 リピーターさんをどれだけ積み上げられるか、楽しみに見守ります(o^-^o)




そば・食事処 蕎膳 (きょうぜん)
福島県喜久田町字松ケ作17-54
電話;024-926-0686
営業時間;11:00~15:30 ※売り切れ次第閉店
定休日;年中無休
駐車場;店舗敷地内に15台分ほど


 

らうめん侍(石川県金沢市)@郡山市「うすい百貨店・加賀百万石」

昨日[2015年8月29日]から「うすい百貨店」の10F催事場で開幕した『美味と美技 加賀百万石』のイートインに、金沢市の「らうめん侍」さんが出店しています。 「らうめん侍」さんは『ふくしまラーメンショー』に二年連続出店二年連続売上げ杯数第1位となった「濃厚味噌 「炎・炙」肉盛そば」の『金沢麺達兼六会』メンバー店さんです。

美味と美技 加賀百万石

「ふくしまラーメンショー」「東京ラーメンショー」でご披露されている作品ではなく、「らうめん侍」さんのオリジナル作品での出店ですが、やはり金沢らしいキャッチーな作品名が附されています。

「甘えび香味らうめん 煮玉子入り (900円)」

らうめん侍 甘えび香味らうめん 煮玉子入り

分厚いラード油膜と共に、白く固化した甘えびからの旨味成分が広がる丼。 載せモノには博多の豚骨ラーメンもさもありなんとする、豚バラチャーシュー、キクラゲ、万能ネギといったシンプルな構成。 煮玉子は特に絶対必要とは思いませんでしたが、ご祝儀みたいなノリでアド・オンww

らうめん侍 甘えび香味らうめん 煮玉子入り

別添えで「辛子高菜」が供されますので、これはお好み次第で足しましょう。 ベースの豚骨スープがかなりしっかりしています。 灰汁と脂を丁寧に取りながら炊かれたスープは、臭みを感じさせず、軽く乳化していてミルキーさが感じられます。 濃厚な旨味はありますが、後味のサバケの良さはお見事です。

らうめん侍 甘えび香味らうめん 煮玉子入り

丼表面に生成された分厚い油膜の下には、乳白色の白湯スープが待ち構えています。 甘えび由来の味香は勿論ですが、かなり贅沢に沢山の甘えびが使われているのが分かるほど、甘えびの風味が印象的です。 動物系の旨味とは異なる、魚介系の中でも海老や蟹の旨味成分の特徴は、かなり強い個性を主張します。 豚骨と甘えび、かなりイケますね♪ それぞれの旨味を壊さない、見事なバランスに纏まっていました。

らうめん侍 甘えび香味らうめん 煮玉子入り

石川県の醤油の銘醸地・大野で造られている醤油を厳選に厳選して、ようやく巡り会えたという醤油から作られた醤油ダレは、円やかな甘露を思わせる豊かな味の膨らみのあるもの。 シャープさでは無く伸びの良さと言うべきでしょうか? 「あっ、良い醤油を使っているなぁ~」と分かる秀逸なクオリティーです。

豚バラチャーシューは醤油の旨味がジリッと効いていて、どこから食べても美味いww 当たり前のレベルを超える柔らかさに納得させられます。

らうめん侍 甘えび香味らうめん 煮玉子入り

麺は定石通りの低加水タイプのストレート細麺。 オーダーの際にスープの濃度と麺の茹で加減を尋ねてくれますが、普通の茹で加減指定でも、張りのあるリズミカルな歯切れの食感を楽しませてくれました。 勿論スープの持ち上げは上々。 替え玉(150円)まで対応してくれるってのは、催事場のイートインとしては異例の対応だと思いますが、この手を逃す訳には参りませんv( ̄∇ ̄)ニヤッ

らうめん侍 替玉

スープを飲みたいキモチを抑えて、替え玉を追加すると、最初の一玉でスープに程良く溶け出したグルテン分が、程良く乳化したスープに、よりクリーミーさと共に、旨味もガッチリと引き入れていて、旨さの競演も佳境となって来ます。

ちょっと甘めの味わいですが、辛子高菜がキリッと効き目良好でして、全く飽きることなくアッと言う間に完食・完汁してしまいました。 今回この出店にあたられた方は、去年・今年と「ふくしまラーメンショー」にもフル出場していた腕っこき。 とても催事のラーメンってレベルではありませんΣ(゜▽゜;) お店レベルの美味しいラーメンが供されていました。 会期は2015年9月7日(月)まで。 最終日は15:30でオーダーストップとなりますが、会期中は17:30までオーダー可能です。 会期中に再訪したいな(〃∇〃)




うすい百貨店 (URL)
福島県郡山市 中町13-1
電話;024-932-0001
営業時間;10:00~19:00
定休日;2015年は年内休まず営業

「美食と美技 加賀百万石」
開催会場;うすい百貨店 10F
開催期間;2015年8月29日(土)~9月7日(月)
「らうめん侍」さんが出店しているのは、催事会場内奥手のイートイン「金沢茶屋」です。
営業時間;10:00~18:00 (閉場30分前) ※最終日は16:00 (LO 15:30)まで


 

晩夏の向日葵

盆明けしたと思ったら、秋の長雨シーズンがいきなり到来でしょうか?( ̄ω ̄;) もう暫くお天道様のご尊顔を拝していない日々が続いております。 暑すぎると心折れ、雨降れば心曇る、そんなこんなで随分と写真撮影に出掛けておりません(´。・ω・。`) 先週の日曜日もまた、朝から雨に見舞われまして、向日葵の名所や見頃を迎えた蕎麦畑の花など、撮りどころはあるのに腰が上がりませんでした。

晩夏の向日葵 #1
[2015/8/23 晩夏の向日葵 #1]  <↑ Clickで拡大>

昼下がりに散歩レベルで足を向けられる猪苗代町まで行ってみました。 ここは同町の百目貫(どうめき)地区にある、小さな向日葵畑です。 周囲は農地と宅地、そして墓所という奇跡の立地ながら、向日葵の花は全く持って健全な咲き具合♪

晩夏の向日葵 #2
[2015/8/23 晩夏の向日葵 #2]  <↑ Clickで拡大>

休耕の農地を花で彩ったのでしょうね。 ちょっと変形な三角地帯ですが、二車線幅の舗装道路に沿って、通る人々の目を楽しませてくれます。 と言っても、この道筋を通る車は、ほとんど地元の皆様だと思われます。 ボクのように町外からの来訪者は、多分写真撮影目当てって方々くらいでしょうか。

晩夏の向日葵 #3
[2015/8/23 晩夏の向日葵 #3]  <↑ Clickで拡大>

宅地や墓所を避けて撮ると、それ相応に限られた撮影ポイントしか無い事が直ぐに分かります。 でも、マリーゴールドの花畝と、秋桜の花畑を両翼に従える向日葵の花々は、なかなかのものです(o^-^o)

早咲き秋桜 #1
[2015/8/23 早咲き秋桜 #1]  <↑ Clickで拡大>

まだ秋桜は咲き始まったばかりです。 これから花数をどんどん増やしていくと思いますが、それまで向日葵の花が健全な状態で咲き続けていてくれるかな?

早咲き秋桜 #2
[2015/8/23 早咲き秋桜 #1]  <↑ Clickで拡大>

時折小雨がパラつき、陽射しも射す事無かったプチ撮影でしたが、ふんわりと優しい色合いに写りました(*^▽^*)

 

紅焔酒家 光華 ~福島県郡山市朝日~

太平洋上あった台風の影響なのか、朝から東風が吹いていて、この日の最高気温は22℃止まりでした。 陽が落ちてからはポロシャツでスクーターに乗ったら、もう寒い寒い(;゚д゚) 本当に8月なのか?ってくらいの涼しい一日でした。 急に気温が下がると、温かいものが食べたくなりましたので「紅焔酒家 光華」さんに転がり込みました。

「スーラータンメン」は勿論、オリジナルの麻婆豆腐まぜそば「紅焔そば」もいいなぁ~ あぁ、そうそう「野菜たっぷりタンメン」も美味いんだよなぁ~♪と迷いながら、結局はコレを頂いちゃいました(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

「担々麺 (840円)」

光華 担々麺

白ゴマペーストのクリーミーさと、鶏出汁系のベーススープの美味しさ、濃い目に甘辛く味付けされた肉味噌の押し味、更には白髪ネギと茹でモヤシの支えなどがバランス良く決まったところに、ラー油と花椒の麻辣テイストがビシッとハマります(>▽<)b

さすがにホテルの中華部門で腕を磨いていた店主さんだけあって、常に調和を重んじる調味スタンスです。 坦々スープは、最初は「もう少し濃度が高くても良いかなぁ~σ( ̄、 ̄=)」って感じましたが、肉味噌の濃ゆい味わいが加わってくると、事態は徐々に変化して来て、最終的には店主さんの目論見通りの“予定調和”にピタリと納まります。 「あぁ、やっぱりコレが正解なのね♪(〃∇〃)」と直ぐに納得がいきます。 流石っ!Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

光華 担々麺

白ゴマの濃厚テイストには甘味が感じられます。 そこに絶妙の酸味が加わっていて、甘辛酸っぱいディテールが巧く表現されています。 

光華 担々麺

麺は多加水系熟成縮れ中麺。 程良く張りのある歯触りに、噛めば望外のコシの強さがあります。 中麺の割りにはスープの絡みは強くありませんが、濃厚な坦々スープですので、これ位が丁度良く感じられます。

美味しさに誘われて、坦々スープを飲みすぎてしまうと、後から胃もたれに見舞われるって事も少なくありませんが、光華さんのスープなら大丈夫ですヽ( ̄▽ ̄)ノ ついつい完汁してしまいました( ̄▽ ̄i)ゝ 大変美味しゅうございました。




紅焔酒家 光華 (こうえんしゅか こうか)
福島県郡山市朝日1-20-30ロンパイスビル1F
営業時間;【昼の部】11:30~14:30 【夜の部】18:00~22:00
定休日;日曜日
駐車場;ビルの共用スペースに3台分、ビルの北側に共用スペース2台分


 

【御案内】 川名和夫写真展 (ブナに魅せられて)

真夏も一段落して、今年の秋の写真展シーズンのスタートです。 地元の名うて写真クラブ「写団ふくしま」の会長・川名和夫氏の個展が開催されます。 クラブ写真展では何度も作品の数々を拝見させて頂いておりますが、今回は個展と言う事で、「ブナに魅せられて」とテーマを付けての出展となります。

クラブ写真展にも全倍サイズの大型作品を出展されるなど、観せる作品を知り尽くされた方ですので、きっと充実した個展になることは間違いないと思います。 秋の口切りに楽しみです(o^-^o)

川名和夫写真展
               ↑ Clickで拡大 ↑

川名和夫写真展 ~ブナに魅せられて~
会期;2015年9月1日(火)~7日(月) 【入場無料】
公開時間;9:00~18:00
会場;モーニング菜根本店2F ギャラリーモーニングテラス
   郡山市菜根5-12-10 TEL;024-938-0762


 

とんこつらーめん 一 (HAJIME) 郡山本店 ~福島県郡山市安積町~

須賀川市の「釈迦堂川花火大会」会場の出店へ、生ビール一式を届けて基本セッティングを済ませて、道路のシャットアウト前に脱出して来ました。 郡山への帰路は車の流れも順調で、15時越えという食事を摂るには微妙な時間に帰り着きました(^◇^;)

ちょうど御食事処は、通し営業でなければ中休みになる時間。 さて、どうしたものかと走行中に考えていたら、多分通し営業しているハズの「とんこつらーめん HAJIME」さんを思い出しましたo(*^^*)o

とこんつらーめん一 (HAJIME)

ありがたいことに、見事に開店中♪(〃∇〃) お昼のピークタイムはとっくに過ぎていて、言わばアイドルタイムのはずでしたが、先客さまから降着客さままで、とにかく客足が途切れません! 人気ですねぇ~(#^.^#)

「HAJIMEらーめん (702円)」

とんこつらーめん HAJIME HAJIMEらーめん

背脂が敷き詰められた乳白色の豚骨スープからは、臭みらしき香りはほとんど感じません。 それ以上に際立つのは、茹でモヤシの香りの方ですね(o^-^o) 色鮮やかな万能ネギの色合いも美しいです。

とんこつらーめん HAJIME HAJIMEらーめん

豚バラチャーシューは醤油味がしっかりと染み入っていて、期待通りに脂身まで美味しい♪( *´艸`) 淡口醤油ベースの醤油ダレに、このチャーシューから染み出す煮汁の風味や旨味が加わり、味わいに押しと膨らみが加わります。

とんこつらーめん HAJIME HAJIMEらーめん

茹でモヤシは、イマドキの標準よりもややしっかり茹で仕様。 シャクシャクとした歯触りと瑞々しさは当然ですが、硬質な食感ではなくしっかりと火が入った感じです。 今更ながらコレが当たり前の“茹でる作法”なのだと再確認させられました。

大好きな細切りキクラゲは、コリコリとした歯触りと歯切れの良さがあります。 細麺と共に手繰りますと、二様の食感が感じられてこれまた一興。

乳白色の背脂は、舌の上でコロコロと転がるような舌触りとともに、塩味の角を円やかにします。 もっともスープは塩辛さがやや抑えてありますので、もしかすると醤油ダレは少々物足りなく感じるかも知れないほどです。

とんこつらーめん HAJIME HAJIMEらーめん

低加水タイプのストレート細麺は、今もそのスタイルを変えることなく、テンションを感じさせる歯切れの食感とともにプツプツッとしたリズム感が伝わって来ます。 スープの絡み、持ち上げも勿論充実。 ちょっとクリーミーで、それでいてそこそこ軽快感もあって後味に諄さの無い上品なスープが麺を手繰る毎に口中を満たしてくれます(>▽<)b

麺量的には地元の一般標準と照らし合わせてみて、ほぼ標準かやや少な目。 これは替え玉前提の誂えだからでしょう(o^-^o)

「替え玉 (157円)」

とんこつらーめん HAJIME 替え玉

マルっと一玉分の麺量となる替え玉で、第二戦目を楽しみますヽ( ̄▽ ̄)ノ 醤油ダレが添えられて来ますので、ここで少しアジコイメにして、卓上配置の白ゴマなんぞも降ってみます。

茹で立ての麺は、当然ながらパリッとした食感が再び楽しめます♪ 二玉目でも力を失うことのないとんこつスープの底力を、存分に満喫しながら、スープの残量を気にしないで一気に完食ですヽ( ̄▽ ̄)ノ




とんこつらーめん 一(HAJIME) 郡山本店 (HP)
福島県郡山市安積町荒井字北田24-2
電話;024(945)8545
営業時間;11:00~20:30
     ※スープが売り切れ次第閉店
定休日;ほぼ無休
駐車場;店舗敷地内に10台分程度

 

めん処 成(せい) ~福島県郡山市朝日~

「おぉ~?! まだ暖簾が掛かってるぅ~!ヽ( ̄▽ ̄)ノ」

なかなか訪問のチャンスに恵まれない「めん処 成」さんですが、この日は17:30でも暖簾が掛かっていましたΨ( ̄∇ ̄)Ψ 好機を逃さず突入しましたよ♪

店内には明日に向けての仕込みが行われていたのか、チャーシューを煮込んでいる際立った生醤油の香りに満ちていました。 そう言えば前回訪問した時も、この鮮烈な醤油の香りを楽しんだっけなぁ~と思いつつ、醤油から一歩下がってこちらを所望しましたo(*^^*)o

「塩そば (700円)」

めん処 成 塩そば

「青森シャモロック」の鶏ガラで引いたスープは、スッキリと澄んだ清湯に、しっかりとした効き味の塩ダレが合わせられています。 香味野菜などを加えないで炊かているらしく、鶏ガラっぽい香りが豊かに香ります。

スープの油膜は程良く張られていますが、無理押しの無い素直なバランスに纏まっていて、みじん切りの白ネギが後味をサッパリとさせています。 カイワレダイコンは美しい彩りという以上に、ピリリとした辛味でしっかり目の塩味さえも柔らかな印象しちゃいます。

めん処 成 塩そば

ちょっと大振りな肩ロースチャーシューは、パサつきなどは微塵もなく、しっとりとした噛み心地で直ぐにホロッと崩れてくるくるほどの柔らかさ。 程良く残された脂身にも味が染み入っていて、舌の上でプルプルとゼラチン様の食感も感じさせます。

この大振りな肩ロースチャーシューからの肉の旨味とほのかな醤油の味わいが塩スープに混じってきて、時間と共に旨味がジワジワと増してくるのも見所です(o^-^o)

めん処 成 塩そば

ストレート細麺はプツプツッと軽快な歯触り。 小麦粉の風味もちゃんと伝わって来ますし、時間の経過と共にスープを適度に吸い込んで来ても、最後まで麺の1本1本の食感を失いません。 勿論この細麺ですから、スープの持ち上げも申し分無し! 麺を手繰る毎にスープも口に届いて、鶏出汁風味溢れる口福を堪能出来ますよ(>▽<)b




めん処 成 (せい)
福島県郡山市朝日1-7-12
電話;024-935-3306
営業時間;【火・水・金】11:00~19:00 (LO;18:30) 【木・土・日・祝】11:00~15:00
      ※スープが無くなり次第終了
定休日;月曜日 (祝日の場合翌日)


 

自家製麺 じゃじゃ。 ~福島県郡山市西ノ内~

昼メシを食べそびれてしまったので、それを逆手にとっての「自家製麺 じゃじゃ。」さんの夜の部営業に潜り込みました(〃∇〃) 19時を回っていても、お店の外で待っているお客様が居ますよ?ノ( ̄0 ̄;)\ どんだけ人気店なんでしょ♪(>▽<)b

「中華そば+お肉ごはん (700円+300円)」 ※味玉ふるまい頂きました

じゃじゃ。 中華そば

彩りと配置のバランスも良く、かなり豪華に見えます(o^-^o) 印象的な追い節の香り立ちが、盛りつけの美しさに華やかな印象が一気に嵩上げされますね。

チャーシューもリッチに三種類! 豚バラの厚手カットと、バラロールの二種類は、炙り焼きにされていて香ばしさがアップ。 鶏の胸肉は塩麹マリネされたものでしょうか。 それぞれに異なるテイストがありますので、味わいを楽しめる幅が広いです。

じゃじゃ。 中華そば

柔らかに炊かれたメンマは歯や額力に翳りが見えてくるご同輩世代でも、難無く噛み切れるのが嬉しいところ(=´▽`)ゞ  晒しネギと万能ネギのミックスも共に存在感が伝わって来ます。

醤油ダレはややシャープな効き具合。 ベースの鶏出汁のカラーはやや控え目になってしまうほど追い節の力強さが勝っていますが、この明瞭な主張が魅力ですヽ( ̄▽ ̄)ノ

じゃじゃ。 中華そば

自家製ストレート細麺は、全粒粉ブレンドだったハズですが、以前よりも見てくれがちょっと変化しています。 どうもここ一ヶ月ほど、この細麺のチューニングを行っているようです。 しかしてそのテイストは、相変わらずパツッと張りのある歯触りの良さは変わらず。 なかなか伸び難いのも見事ですが、ちょっと意地悪気味に伸びてくるのを待ってみたら、以前よりも舌触りのしなやかさがあるように思いました。

麺量も相変わらず多目で、なかなか量感のある中華そばです(o^-^o) まだまだ進化の足を止めそうもないので、訪問の度に楽しみは尽きそうもありません。

じゃじゃ。 お肉ごはん

初めて頂いた人気のサイドメニュー「お肉ごはん」は、珠玉の豚バラチャーシューを厚みを持たせて拍子切りにして、豪快にオン・ザ・ライスしています(*^▽^*) さながらチャーシューのステーキ丼の様相ですね。 たっぷりと共添えされるネギも、美味しい脂身の味切れに一役買っています。 味付けはやや抑え目にしてありますので、決してしょっぱいという事は無いはずです。 肉好きさんには、是非ともお側に寄せて欲しい満足充実の一杯です♪




自家製麺 じゃじゃ。(じゃじゃまる)
福島県郡山市西ノ内2-19-12
電話;024-954-8606
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】18:00~21:00頃 ※売り切れ次第閉店
定休日;火曜日、月一不定休あり
駐車場;店舗敷地内に2台分


大きな地図で見る
 

しゃぶとん 銀ぶた亭 ~福島県郡山市富田町~

家族のささやかな祝い事で、珍しく夜の外食です。 主賓(?)のリクエストで「しゃぶとん 銀ぶた亭」さんを訪問しました。 何年ぶりの再訪か忘れました( ̄▽ ̄i)ゝ 週中の夜の部ですし、時間も遅めだったので、ボクらがラス客になりました。

「銀ぶた亭」さんと言えば、豚ロース肉を何枚か重ね合わせて、その間にチーズや梅しそなどを挟み揚げにする「みるふぃーゆかつ」が名物ですが、あえてそこは外して所望してみました。

「ロースかつ+ごはんセット (1,380円+200円)」

銀ぶた亭 ロースかつ+ごはんセット

ビールなんぞを頂いていると、先ずは深めの鉢に盛られた千切りキャベツがやってきました。 くるみドレッシングが添えられて来ます。 千切りキャベツは本当に千切りww キリッと冷水締めされていてシャクシャクとした歯触りが楽しめます。 くるみドレッシングは、濃厚なクリーミーさの中にニンニンの隠し風味があり、甘ダレしないで塩味のエッジが効かされています。

銀ぶた亭 ロースかつ+ごはんセット

続いて茶碗蒸しが供されました。 お店の茶碗蒸しなんて久しぶりだわぁ~♪ これがなかなか良い出汁加減(>▽<)b カツオ節と鶏出汁の美味しいとこが活かされていて、食道が開かれるような優しさがあります。 「ごはんセット」には、このキャベツの千切りとごはん、茶碗蒸しに味噌汁が組まれています。 キャベツとごはんはお代わりOKだそうです。

銀ぶた亭 ロースかつ+ごはんセット

「ロースかつ」はさすがに専門店らしい卒のない揚げ上がり。 やや荒目パン粉が香ばしい香りと、サクサクとした歯触りを伝えて来ます。 豚ロース肉は、そんなに大きくありません。 多分精々150gってところだと思いますが、噛めば肉汁がジンワリと搾り出されるように伝ってきて、噛む毎にその繰り返しヽ( ̄▽ ̄)ノ

銀ぶた亭 ロースかつ+ごはんセット

自家調整ソースは若干甘めですが、濃度も程良く決まっています。 手許擂り鉢で白ゴマを摺って、このソースと合わせれば、ナッティーな風味と濃厚な胡麻の旨味がソースの味わいを複雑に変化させます。

銀ぶた亭 ロースかつ+ごはんセット

程良い脂身もタマらない美味しさ♪ キリリと冷えたビールと共に頂く油モノの美味しさを、しみじみと堪能して参りましたΨ( ̄∇ ̄)Ψ

あぁ、それから営業時間が8月17日から変わり、平日は17時から22時までの営業になりました。 ランチでお楽しみになりたい向きには、土日祝日を狙うしか無くなりました。 これはちょっと残念。




しゃぶとん銀ぶた亭
福島県郡山市富田町字下双又15-5
電話;024-973-5732
営業時間;【平日】17:00~22:00 【土、日、祝】11:00~22:00
定休日;月曜日 ※祝前日は営業
駐車場;10台ほど


大きな地図で見る
 

福味 ~福島県郡山市虎丸町~

陽が落ちると吹く風がすっかり秋らしくなって来ました。 暑がりなボクにとっては本当にありがたいです(*^▽^*) 盆前はとても訪問のチャンスが見いだせなかった、「ホテルはまつ」さん西隣の名店「福味」さんに潜入する事が出来ました♪ ヤッタァ~!ヽ(´▽`)/ ちょっと久しぶりぃ~

「あんかけ焼そば (750円)」

福味 あんかけ焼そば

昼下がりにチラッと間食していたので、少し(福味さんとしては)大人し目のメニューをと思ってオーダーしたのですが、大皿盛り仕様だった事をすっかり忘れていたわぁ~Σ(゜▽゜;)

福味 あんかけ焼そば

五目餡は嬉しいダックダク♪(〃∇〃) 少し醤油味のエッジの立った、甘ダレしないシャープな味付け。 キャベツにピーマン、ニンジン、キクラゲ、インゲン、赤と黄色のパプリカまで入ってます。 豚バラ肉もバランス良く配されていて、エビが一尾、頂点に君臨します。 モヤシで増量されていないあたりは、何気に福味さんの生真面目さを表しているかのようですね。

福味 あんかけ焼そば

細麺タイプを茹で上げて軽く焼き付け。 カリカリになるまで火入れしませんので、香ばしさこそ感じませんけど、超絶熱々の麺に、トロミの掛けられた五目餡の組合せは、決して油断出来ない灼熱麺となっていますのでご用心( *´艸`)

ラー油や酢も供されますが、食べ進めて行っても一向に飽きの来ないお味ですので、全くご厄介になることなく美味しく頂きましたヽ( ̄▽ ̄)ノ




福味
福島県郡山市虎丸町5-10
電話;024-923-6677
営業時間;【昼の部】11:00~13:30 【夜の部】17:00~23:30 ※多少アバウトかも
定休日;日曜日


大きな地図で見る
 

支那そば 正月屋 ~福島県郡山市桑野~

盆明けの頃はお休みをとっているお店が多くて、何日かランチジプシーになりかけました(>▽<;; そんな中でもシレッと普通に営業してくれていた「支那そば 正月屋」さんです(*^▽^*) 夕方近くになって日中の暑さも和らいで来たので、久しぶりにスタンダードを頂いてみる事にしました。

「支那そば 大盛 (700円+100円)」

正月屋 支那そば大盛

実はちょっと久しぶりの「支那そば」だったのですが、ニボシの香り立ちと醤油ダレの香りが見事に嗅覚を直撃してくれます(>▽<)b 丼のサイズは並盛りと同じですが、明らかにスープの水位が高いです。

正月屋 支那そば大盛

刻みネギの散りばめられたスープは、鶏出汁の旨味が柔らかく広がり、エゴ味こそ感じさせないけれど、ニボシの華やかな旨味がズイッと一歩前に出てきます。 醤油ダレは円やかなアタリながら、塩味と風味はしっかりと効いており、少し甘味の広がる味わいの中に溶け込むようにマッチしています。

正月屋 支那そば大盛

肩ロースチャーシューが、これまた素晴らし出来映えで、柔らかさと肉質の良さ、肉自体の旨味にちょっぴりの脂身まで味の染み入る仕立てです。 このチャーシューから広がる旨味が、スープ自体の力強さや滋味不快味わいに、かなり寄与しているのは確かです(* ̄∇ ̄*)

正月屋 支那そば大盛

自家製中細麺は軽く揉まれているようで、手繰ってみると時折縮れのアタリが舌の上に伝わります。 非熟成タイプの出来たて麺だと思いますが、グルテンの流れ出しは穏やかで、どこかしら芯のある食感と共に、小麦粉の風味をフンワリと漂わせて来ます。 流石に満足の一杯! 大盛麺量も苦もなく頂けちゃいました♪




支那そば 正月屋
福島県郡山市桑野2-7-15
電話;024-935-6363
定休日;水曜日
営業時間;(昼の部)11:00~15:30、(夜の部)17:00~20:45


より大きな地図で 支那そば 正月屋 を表示
 

四川名菜 天心 ~郡山市安積町荒井~

つい先頃久しぶりに訪問した「四川名菜 天心」さんですが、間を置かずに再訪しました。 盆中にじいさん宅に線香を手向けに行って、そのままじいさんを連れて夕食を摂りに行きました。 齢80、何より嬉しき事は、孫達の成長を見続けることと、未だ全く翳りを見せない、美味しい食べ物を心ゆくまで食すこと。 その願いを一緒に叶える事が出来るのは、子供達が地元を離れても帰省して顔を揃える、年に数日の間だけになろうとしています。

今でも「郡山大勝軒」の「つけ麺 大盛」をキレイに完食出来る、驚異の胃力と意欲を持つ齢80の無芸大食爺ww そんなじいさんが「四川飯店」直系の流れを汲む「四川名菜 天心」さんに興味を示すのは極自然な成り行きでした。 じいさんが一番パンチのある担々麺を食べたいってんで、一度は「止めとけ」って制したけど、どうしても好奇心が勝っているようですので、ご希望通りに「特製四川担々麺」を馳走致します。

ボクは前回訪問の折に、いつの間にか麻婆豆腐にニュー・ウェーブが加わっている事を知っていたので、お初の手合わせでコチラを所望してみましたo(*^^*)o

「陳麻婆豆腐定食 (1,150円)」

天心 陳麻婆豆腐定食

最近自重していたのですが、久々の“血の池地獄”な麻婆豆腐ですよ♪ もう配膳されたとたんに、花椒のスパイシーな香りが鼻腔を刺激してきます。

天心 陳麻婆豆腐定食

四川唐辛子が散らされて見るからにヤバそうなオーラが出まくってますΣ(゜▽゜;)

天心 陳麻婆豆腐定食

お豆腐は絹ごしのプルンとしたものですが、それ以外は全てサディスティックなほどにシャープな味わいばかり。 辛さが誘うのか分からないけど、塩味もシャープに効いてくるのには驚き(;゚д゚)

天心 陳麻婆豆腐定食

白飯のチカラを借りて、何とか勝利への道筋を立てなきゃなりませんヽ(´Д`;)ノ

天心 陳麻婆豆腐定食

って事で、オン・ザ・ライスで戦闘開始っ!(`・ω´・ ;)

おりゃぁぁぁぁぁぁぁ! ガツガツ ゼイゼイ ひぃぃぃぃぃぃぃ(lll´д`)

水を含んだら、花椒のエゴ味が増幅されて口中が収斂する(/TДT)/あうぅ・・・・

うがぁぁぁぁぁぁぁぁ! ガツガツ はぁはぁ ひぃぃぃぃぃぃぃ(lll´д`)

まっ、マズい・・・ これは旗色がひじょ~~に悪い('д'|l!)

暫く麻辣絶ちしていたから、尚のこと麻辣耐性がメチャ落ちてるわ、オレ・・・ 何とか白飯は完食したけど、陳麻婆豆腐の残りレンゲふたさじ分がどうにも手が伸びなくてハング・゚・(ノД`;)・゚・

天心 杏仁豆腐

絶品杏仁豆腐が死滅しかけた味覚をジワジワと回復させる。 この杏仁豆腐のシロップってこんなに甘かったっけ?とマジ思わせるほどヤラれました(>▽<;; でも、また食べに行くかもww

ちなみに無芸大食爺ですが、「特製四川担々麺」を完食した上、孫の食べ残しやボクの陳麻婆豆腐にまで食指を伸ばしておりました。 恐るべし! 無芸大食爺ヽ(@ω@;)ノ まだまだ壮健でイケそうです♪(o^-^o)




四川名菜 天心
福島県郡山市安積町荒井字大池3
電話;024-945-9296
定休日;毎週月曜日
営業時間;【昼の部】11:00~14:00、【夜の部】17:30~20:30
駐車場;敷地内に共用スペースが広大に


 

太陽食堂 ~福島県須賀川市南上町~

遅めの昼食を摂りに、須賀川市の某本格中国料理店さんを目指しましたが、夜の部の開店時間よりも早く到着し過ぎました( ̄□ ̄;) しかも開店30分前だと言うのに、既に10人位のグループ客が開店待ち。 こりゃあ今回はパスしましょ、って事で、通し営業の人気老舗食堂「太陽食堂」さんを訪問しましたΨ( ̄∇ ̄)Ψ

盆中と言う事で、夏季休業も覚悟の上だったのですが、ありがたい事に絶賛通常営業中でした(〃∇〃) 未食の中華メニューを所望したのですが、生憎若店主が留守で、従前のメニューしか対応出来ないとの事。 まあこれは仕方ないです。 でも食べてみたかったのがあるんですよ♪

「太陽ランチ (1,000円)」

太陽食堂 太陽ランチ

お品書きの中で最も高額なお品ですが、色々なおかずが盛られて来て、さながら“おかずの全部盛り”みたいな、スペシャル・メニューです!

太陽食堂 太陽ランチ

銀皿盛りにされた品々は、ちょっと厚めの豚ロース肉の焼肉、プレーンオムレツ、白身魚フライ、エビフライ、串カツ、素ナポといった品々が、千切りキャベツの上に立て掛けられるように並びますヽ( ̄▽ ̄)ノ そこに皿盛りライスと地味噌の風味豊かな美味しいお味噌汁が添えられます。

太陽食堂 太陽ランチ

タルタルソースなんてものは添えられませんが、卓上配置のソースが自家調整の甘口タイプに誂えられていて、甘味の誘惑に完璧にKOされちゃいます( ̄▽ ̄i)ゝ こりゃあウチの地元の“ネ申食堂”にも通じるツボがキッチリと押さえられています。

太陽食堂 太陽ランチ

特にお店でも大人気の「焼肉定食」からコンバートされてきた豚ロースの焼肉には驚かされましたw( ̄▽ ̄;)w 片栗粉をまぶして焼いて、ニンニク風味が優しく香る甘じょっぱいタレで味付けされています。 片栗粉の衣にこの魔性のタレがしっかりと絡んで、お肉の表面のプルプルとした膜がほぼ反則ww

太陽食堂 太陽ランチ

こんな焼肉を出されちゃったら、「焼肉定食」の人気が突っ走るのは当然ってもんでしょう。 いやいや、これはとっても楽しい定食でしたO(≧▽≦)O




太陽食堂
福島県須賀川市南上町31-1
電話;0248-75-2920
営業時間;11:00~20:00 LO;19:45
定休日;水曜日
駐車場;店舗下に5台分と、道路向かいの指定駐車場に10台分ほど


大きな地図で見る
 

そば処 やなぎや ~福島県二本松市本町~

先頃「福島ラーメン組っ! 獅子奮迅隊」のメンバーに加わった、二本松市の老舗そば専門店「そば処 やなぎや」さんを初訪問しました。 以前から訪問したいと願っていたのですが、「福島ラーメン組っ! 獅子奮迅隊」のメンバーさんになられたとあっては、ご近所の「麺処 若武者」さんをスルーしてでも初詣をせねばなりませんo(*^^*)o

そば処 やなぎや

「福島ラーメン組っ! 獅子奮迅隊」への入会と時を同じくして、お品書きに加わった日本蕎麦屋さんにあるまじき異色のメニューを頂く気満々で暖簾を潜ったのですが、そば屋さんならではの魅惑の丼ものラインナップに心グラグラ(^o^;) 嬉しく迷ったものの、何とか自分を律して初志貫徹しました(´▽`;)ゞ

「福島鶏白湯のつけそば 伊達鶏天と季節のかき揚げ (1,110円)」

日本蕎麦に乳化タイプの鶏白湯スープをベースとして、カエシを合わせた漬汁という、想像もしていなかった組み合わせです。

そば処 やなぎや 福島鶏白湯のつけそば 伊達鶏天と季節のかき揚げ

泡立つ漬汁からは確かに濃厚な鶏の香りと、明瞭な醤油フレーバーを発する香り立ちがあります。 漬汁の中には鶏肉が入っています。

そば処 やなぎや 福島鶏白湯のつけそば 伊達鶏天と季節のかき揚げ

薬味として添えられて来るのは、丁寧に薄い輪切りにされた晒しネギと、ささがきゴボウの素揚げです。 この香り高いゴボウの素揚げがクリーミーな鶏白湯の後味を洗い流してくれる名脇役になっています。

そば処 やなぎや 福島鶏白湯のつけそば 伊達鶏天と季節のかき揚げ

蕎麦は細打ちで多分七割蕎麦かな? 蕎麦の下には、蕎麦の並みに細い千切りに切り整えられた大根があしらわれています。

そば処 やなぎや 福島鶏白湯のつけそば 伊達鶏天と季節のかき揚げ

刺身のツマほどは細くなく、ちゃんとシャクシャクとした歯触りと、濃厚な漬汁を纏っても尚、瑞々しさが伝わって来る秀逸な仕掛けが掛けられています。

そば処 やなぎや 福島鶏白湯のつけそば 伊達鶏天と季節のかき揚げ

漬汁のパンチに蕎麦の風味はほぼマスキングされてしまいますが、この漬汁の独創性に惚れてしまうと、ヨシとしてしまう事になりますね(*^^*) それくらいこの漬汁には強い魅力が隠っています。

そば処 やなぎや 福島鶏白湯のつけそば 伊達鶏天と季節のかき揚げ

伊達鶏天は本当に揚げたてアツアツ♪ もうコレだけで一品料理として楽しめるポテンシャルが輝いています。 季節のかき揚げには、枝豆とミニトマトが仕込まれていて、彩りの良さと意表を突く酸味と甘味、そしてジューシーさなど、満足度は高いですΨ( ̄∇ ̄)Ψ

漬汁に更なるディテールアップを期待して、卓上配置の唐辛子なんぞを振ろうかと思ったら、実は最初から辛味は仕込まれていました(;゜∇゜) 後からガツッ!と効いてきて笑いそうになりました。 やはり勘所は全部押さえられてました(´▽`;)ゞ

爽やかさを誘う柚子コショウなども悪くない取り合わせかと思いましたが、スープ割りならぬ、蕎麦湯割りで漬汁を頂いたら、やはり唐辛子が正解だったことを知らされました。

今後、どのような展開を描いておられるのか、全く目が離せません( ̄▽ ̄;) 出来れば伝統の丼ものも頂きたいですね♪




そば処 やなぎや
福島県二本松市本町2-76
電話;0243-22-0372
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 (LO14:40) 【夜の部】17:00~20:00 (LO19:40)
定休日;火曜日
駐車場;店舗敷地左隣に5台分


 

みたか食堂 ~福島県郡山市本町~

盆が明けて休暇をとる人もそろそろ一段落。 少しずつ夏休みの余韻が薄らぎ始めました。 残暑の盛り返しもありますが、陽が落ちると気温も下がるようになって来ましたネ。 徐々に過ごし易くなり始めた今日この頃です(o^-^o)

盆前の訪問ですが、“みんなの大衆食堂”「みたか食堂」さんへの定期訪問は欠かさずに行っていました。 相変わらず夕方の暖簾落ちの確率は、やや高めではありますが、隙あらば みたか!は、ファンの嗜みでございましょう♪

「もりそば (600円)」

みたか食堂 もりそば

この蕎麦つゆの美味しさには、毎回大満足を味わわせて貰っています。 宗田節の芳醇な香り立ちと、湧き上がってくるような力強い旨味、やや甘めのカエシは醤油風味の力強さがあり、イマドキの蕎麦専門店さんの細打ち十割蕎麦ではマッチしない、懐かしさの漂う滋味溢れる味わいです。

みたか食堂 もりそば

もちろん天ぷらなんぞは、最初から無用ではありますが、揚げ玉だけは大歓迎♪ヽ( ̄▽ ̄)ノ 小ざっぱりとした蕎麦の仕立てで、唯一あっても良いのは油分のバランスだと思います。 しかもテキトーにふやけてきたところが好き(〃∇〃) 箸押さえのキュウリの浅漬けは、ちょっと甘めな蕎麦つゆで食べ進めて行く途中で、味覚の立て直しに良い役どころです。

みたか食堂 もりそば

蕎麦は委託製麺の平打ち中太タイプ。 ツルッと滑らかな舌触りで、ほのかに蕎麦の甘い香りも伝わって来ます。 多分五割蕎麦くらいなのだと思うのですが、小麦粉のツナギが程良いコシのある食感も醸し出していて、しっかりと腹に溜まったキブンを味わえるところが、食堂蕎麦の良いところです。

この「もりそば」を味わいながら、フッと昔の味の記憶が甦ったのですが、駅前で食堂ライクに営業されていた頃の「新そば 丸新」(現・割烹 丸新)さんの「もりそば」に、とても似ているなぁ~と思いました。 そう言えば、あの頃の丸新さんには「支那そば」もあったのですが、それもまた絶妙な美味しさでした。 まだBlogなどのメディアチャンネルは無かった時代ですので、アーカイブしておけなかった事が悔やまれます。

「半カレー (350円」

みたか食堂 半カレー

やっぱりどうしても止められない“魔性のカレーライス”も頂いてしまいました( ̄∇ ̄*)ゞ ちょっと二点セットにすると、現在のボクの胃力では少々キツいのですが、味を楽しむ事はどうしても止められません。

もう散々言い尽くしましたが、超粘性のカレー・ルーは一味の濃ゆい押し味があり、玉ネギと豚バラ肉がたっぷりと仕込まれています。 カレーの香り立ちも芳醇で、一口含めば甘味、旨味、濃厚なカレーテイスト、そして後からカイエンペッパーなどのホットさが追い掛けて来る“Sweet,Hot & Spicy”な味わいO(≧▽≦)O とにかく美味いっ!




こちらは「みたか食堂」さんの盆休み入り前日の訪問です。 もう暖簾落ちしちゃったかなぁ~(@・艸・;) と思いながらも、諦めないで行ってみたら、どうも近隣の会社は既に休暇になっていたりして、思いの外余裕の雰囲気でした。 やっぱり暖簾を潜りに行かないと分かりませんね(*^▽^*)

「冷し中華 (800円)」

みたか食堂 冷し中華

やっぱり盤石のみたかの冷や中!Ψ( ̄∇ ̄)Ψ 並盛りでもお皿から溢れんばかりのモリモリ加減です。

みたか食堂 冷し中華

サラッと冷や中スープに溶け馴染むカラシは、甘口タイプの冷や中スープのディテールをキリッと引き締めてくれます。

みたか食堂 冷し中華

卓上配置のマヨネーズは、チューブごと置いてあって、“マヨラー感涙のマヨ掛けほ”を決め込むもヨシ! 冷や中スープは酸味も抑え目ですので、マヨネーズの酸味もまたイイ具合に効いて来ちゃうんだなぁ~♪(ノ´∀`*)

みたか食堂 冷し中華

ツルッと舌触りの滑らかな多加水麺は、適度な弾力を伴うコシもあって、冷や中スープも良い塩梅に持ち上げてくれます。 千切りキュウリのジャクジャクとした歯触りの変化や、コリコリッと心地佳い中華クラゲの食感も、麺を手繰る楽しさに拍車を掛けますO(≧▽≦)O 今シーズン、あと何回楽しめるかなぁ~o(*^^*)o




みたか食堂
福島県郡山市本町1丁目18-8
電話;024-922-0746
営業時間;11:00~20:00
定休日;日曜日
駐車場;店舗向かい側に6台分


大きな地図で見る
 

自家焙煎珈琲店 MOTO COFFEE ~福島県耶麻郡北塩原村~

いつも早朝写真撮影で訪れている北塩原村の檜原地区には、色々な魅力溢れるお宿や御食事処があります。 そうそう、美味しい焼きたてパンで有名なお店もありますし、ケーキ屋さんもあります(*^▽^*) でも、いつもお店の開店前に、写真撮影は終了して撤収しちゃうので、ほとんど訪問した事が無いんです(>▽<;;

自家焙煎珈琲店 MOTO COFFEE

そんな中、とても気になっていたのが「自家焙煎珈琲店 MOTO COFFEE」さんでした。 MOTOって事は、オートバイを意味してます?σ( ̄、 ̄=) でもバイカーで賑わっているという感じでは無いですね。 と、思ったら、ご主人様のお名前に由来しての屋号だったようですw( ̄▽ ̄;)w

駐車場はほぼ満車でしたが、何とかギリギリのスペースを見つけて、巧いこと車をねじ込みました( ̄▽ ̄i)ゝ 店内もほぼ満席だったのですが、幸運なことにテーブル席が空いたところでした。 陽向はそれ相応に残暑を感じさせますが、店内は空調が入っている風も無いのですが、カラッと心地佳い風が肌を撫でていくような居心地の良さがありました。

流石に店内は珈琲豆の焙煎香が漂っていて、非日常の時間の流れを感じさせます。 決してヤッツケ仕事しないご主人さまのようで、一杯の珈琲をとても丁寧に、そして大切に扱っているのが感じ取れました。 多分、世間一般の珈琲店さんよりも、提供までに時間を要するかも知れませんが、珈琲の香りを楽しみながらその一杯が今日されるのを待つ時間さえ、すてきなものに思えました。

「アイスコーヒー (560円)」

MOTO COFFEE アイスコーヒー

焙煎は中煎りとされているようで、ロースト香とビターさ抑え目で甘味を感じさせる柔らかな味わいです(〃∇〃) ブラックで頂いても、とてもスムーズに喉に落ちます。 家内が頂いた「アイス・カフェ・ラテ」は、濃厚な牛乳に濃度の高いエスプレッソ・コーヒーが絶妙に効いていて、誠に充実したメリハリのあるお味でした。

二階デッキより

磐梯山を眺望出来る二階のデッキからは、いつもとは違った景色が楽しめますヽ( ̄▽ ̄)ノ 目前の池には睡蓮が一面を覆っていて、既に開花期は終盤ながら、満開期の景色を思うと楽しみが膨らみました(o^-^o) 今度はハイシーズン明けに再訪してみたいですな♪

尚、2015年8月17日(月)~8月21日(金)は夏季休業となります。




自家焙煎珈琲店 MOTO COFFEE (URL)
福島県耶麻郡北塩原村桧原字甚九郎沢山1097-125
電話;0241-23-5884
営業時間;10:00~18:00
定休日;木曜日
駐車場;敷地内に7台分ほど


 

郡山大勝軒 ~福島県郡山市富田町~

盆入りの頃の訪問でしたが、食堂系で個人経営のお店は、お盆休みをとっているところが多いので、狙い撃ちしたのは交代勤務の出来そうなスタッフさんの多いお店です。 そうだ「郡山大勝軒」なら大丈夫だ!o(*^^*)o やっぱりカレンダー通りの営業でした♪ もうそろそろ夕刻に差し掛かっていたのですが、いつもよりも客足は多いですね。

「つけ麺 並盛 (750円)」 ※味玉ゴチになっちゃいました

郡山大勝軒 つけ麺

夕食が楽しめなくなるとイヤなので、ググッと堪えて並盛(200g)を所望しました。 丼が一回り小さくなりますが、それでも充実のモリモリ加減ですね~♪

出来たてのストレート太麺は、流水〆されて程良い弾力とコシのある食感に、フワッと香る小麦粉の風味も上々です(o^-^o) 漬け汁を潜らせないで手繰ると、その特徴はより鮮明に伝わってきます。

程良くツヤのある麺は、ツルッと滑らかな舌触りで、噛めば少し塩味もあります。 そのままツルツルと手繰って楽しめちゃいそうですよ( *´艸`)

郡山大勝軒 つけ麺

漬け汁は鶏ガラ、豚ゲンコツ、モミジなどの動物系素材に、厚削り、ニボシなどの魚介系素材を炊き合わせて引くベーススープに、しっかりとした効き味の醤油ダレ、りんご酢と砂糖で表現される甘酸っぱさと、一味唐辛子の辛味が主な構成。 ラードの油膜も程良く張られていて、旨味がありながらも後味は諄さの無い良い余韻が長く続きます。

チャーシューは角切りのバラチャーシューと、バラロール、モモ肉の三種類が仕込まれていて、それぞれに肉質の持ち味の違いを楽しませてくれます。 ネギが多目に散らされていますが、これは熱々の漬け汁効果で糖化されますので、辛さや刺激臭はほとんど感じません。 チョイ甘めになったネギさえも美味いヽ( ̄▽ ̄)ノ

郡山大勝軒 つけ麺

この漬け汁に麺を潜らせれば、麺は一気にしなやかな食感に変わります。 ちょっと味目の強い漬け汁も、この太さでツルツとした麺ですので、必要以上に漬け汁が口に運ばれることもなく、丁度良い塩梅に楽しめます。




郡山大勝軒
福島県郡山市富田町乙路後18-1
電話:024-935-4262
営業時間:11:00~21:00(スープが無くなるまで)
定休日:毎週水曜日
駐車場:店舗前に4 台分 店舗横の指定駐車場に12台分くらい


大きな地図で見る
 

手打中華 トクちゃん ~福島県郡山市桑野~

お盆中でも通常通り営業していてくれた「手打中華 トクちゃん」ですヽ(´▽`)/ いや助かりました♪ 盆前に休暇をとっていたそうですので、安心して暖簾を潜って下さいな(*^▽^*)

「坦担風冷しラーメン (850円)」

手打中華 トクちゃん 坦担風冷しラーメン

こんな夏メニューがあったとは、実は今まで知りませんでした♪ いや、今日は少々涼し目の一日でしたので、「担々麺もイイかなぁ~o(*^^*)o」と思っていた矢先の冷し坦々ww どんだけタイムリーな事でしょう!

手打中華 トクちゃん 坦担風冷しラーメン

アサガオ型の小洒落た白丼で登場した「坦担風冷しラーメン」は彩りや盛りつけの豊かさなど、既存のトクちゃんメニューからは一線を画する印象です。

“坦担風”と名付けられた通り、担々麺の定石を踏みながら、独自のオリジナリティーが散りばめられています。 たっぷりと載せられた色鮮やかなコーン♪ 挽肉ではなく、自慢のバラ肉チャーシューがあしらわれています。

そしてもう一つのキーワード“冷やし”のイメージ通りに、千切りキュウリ、櫛切りトマト、更にはスープの冷たさを引き立てる角氷。 それらをまとめ上げているのが、特製ごまダレスープです。

手打中華 トクちゃん 坦担風冷しラーメン

主たる辛味はラー油によるものですので、好み次第で卓上配置のラー油でパワーアップも思いのままですΨ( ̄∇ ̄)Ψ スープは白胡麻のナッティーさを伝えながら、決して重くならない美味しく飲める塩梅に纏められています。 程良い塩味にちょっぴり甘味、そしてディテールを引き締める程度の酸味が効かされています。

手打中華 トクちゃん 坦担風冷しラーメン

麺は伝家の宝刀・自家製多加水熟成縮れ麺。 青竹で鍛えられた麺は、洗い締めされた事でより一層のコシの強さを感じさせます。 ツルッと滑らかな舌触りと共に、縮れの食感が楽しさを助長してきます。

「焼き餃子 (6個・350円)」

手打中華 トクちゃん 焼き餃子

少し小振りな餃子は、とってもキレイな焼き上がり(〃∇〃) あまりニンニクやニラの香りを気にさせない優しい仕立てです。 皮まで手打ちだったかしら? 決して分厚い訳では無くても、皮のしっかりとした作りの良さまで伝わって来ます。




トクちゃんらーめん (URL)
福島県郡山市桑野1-25-9
電話;024-925-3390
営業時間;11:00~19:00 ※麺、スープがなくなり次第終了
定休日;毎週火曜日


大きな地図で見る
 

御食事処 不二家 ~福島県郡山市堂前~

金透小学校向かいの老舗食堂「不二家食堂」さんの暖簾を潜りましたヽ( ̄▽ ̄)ノ 実は最近まで駐車場は無いものと思っていたら、ちゃんと2台分指定駐車場があったんです。 今回はこの指定駐車場を使わせて頂き、車で訪問しても安心です♪

先ずは若女将が冷たい麦茶と冷たいおしぼりをサービスしてくれます。 ありがたい!(>▽<)b 蒸し蒸しとした夏の夜、心地佳い空調からの涼風と共に、一気にリラックスしてきます。 お陰で冷や中への迷いもフッ切れまして、こちらを所望しました。

「支那そば (550円)」

不二家食堂 支那そば

ネオ・クラシックな支那そば! 多分、ボクが「不二家食堂」さんに出入りし始めた頃から、佳き味筋を引き継ぎながら、徐々にイマ風に洗練度を高めてきていると思います。

ややアンバーカラーのスープは、多分豚ゲンコツや鶏ガラ、野菜とコンブなどから引かれたベーススープに、淡口醤油と濃口醤油、チャーダレなどがブレンドされた醤油ダレが合わされていると思います。

不二家食堂 支那そば

ラード油膜は薄目で、肩ロースチャーシューはほんのりピンク色♪ ちょっと薄切りですけれど、このお足から考えたら上々じゃあんませんか♪(〃∇〃) もちろんしっとりとした舌触りと柔らかさが活きています。

メンマはしっかりと発酵臭も抜かれていて、程良いコリッとした食感はありますが、筋っぽい感じは無く簡単にサバケます。 青菜のお浸しとタップリのさらしネギが、醤油味スープにヒタヒタと寄り沿いますね。

スープは雑味無くキレイに引かれた清湯。 動物系素材からの諄さの無い軽快な旨味に、野菜とコンブからと思われる甘味が後から追いすがってきます。 そこに効かされる醤油ダレは、さほどシャープな感じはありませんが、マイルドで優しいベーススープの隅々まで行き渡っているように、ジワジワと伝わって来ます。

不二家食堂 支那そば

あらい屋製麺さんの多加水系ストレート細麺は、滑らかな舌触りでたっぷりとスープを口に運び上げてくれます。 張りのあるタイプでは無く、少々ユル目な感じがフンワリと甘味の広がる滋味のある支那そばにマッチしています。

共添えされる香物の浅漬けが、シャキッとした食感と、塩味がありますので、この小皿一つで飽きることなく箸が進んでいるのかも知れません。 食べ手を優しく労るような、心の琴線に触れてくる支那そばです(*^▽^*)




御食事処 不二家
福島県郡山市堂前町14-1
電話;024-922-1150
営業時間;【昼の部】10:00~14:00 【夜の部】17:00~20:00 ※諸説あり確定はとれていません。
定休日;日曜日
駐車場;指定駐車場2台分あり


大きな地図で見る
 

洋食屋 ペイザン ~福島県西白河郡矢吹町~

日曜日の家内と共に、矢吹町の某所へと遅めのランチを摂りに出掛けました。 そしたらもう暖簾落ちしちゃっていまして、その場で次なる候補を考える事になっちゃいました( ̄▽ ̄i)ゝ まあ、暖簾落ちってのはある程度織り込み済みでしたし、矢吹町だけでも行きたいお店は沢山あるから心配無しです(o^-^o)

家内がイイところを発見してくれました♪

「ナポハンあるよ(* ̄∇ ̄*)」

はい、一発決定です!ヽ( ̄▽ ̄)ノ

って事で、お初の訪問となりましたこちらは「洋食屋 ペイザン」さんですo(*^^*)o 震災後に現在のお店に移転されたばかりだそうで、店の外も店内もピッカピカです。

洋食屋ペイザン

とてもありがたいことに、通し営業なのも高ポイント。 メニューは肉料理とパスタ、ピラフ、ドリア、グラタン、ピザなど、昭和の洋食屋さんが一番輝いていた頃のラインナップに近いですね。 驚きはカレーが全く無かった事ですが、以前訪問されたBloggerさんの記事には挙がっていました。 でも、お目当ては最初から決まっていたので無問題です!

「ペイザンナポリ (1,280円)」

洋食屋ペイザン ペイザンナポリ

わわわw( ̄▽ ̄;)w こんなに載せて来ちゃうんですね! 目の当たりにするとちょっと怯むかもww 意外とお皿も大きいんですよ♪

洋食屋ペイザン ペイザンナポリ

赤スパとデミグラスソースの掛けられたハンバーグ、そして小さめながらクリームコロッケの三点が主役ですね。 それぞれのボリュームに驚かされる事はありませんが、全部足したら一人前を超えてくるくらいのボリュームでしょう(o^-^o)

洋食屋ペイザン ペイザンナポリ

サラダはちぎりレタスにきれいに切り整えられたキャベツの千切り、細工切りされたキュウリに櫛切りトマト。 このキャベツの千切り一つとっても、まさに千切りと言うに相応しい整った切り幅。 こうしたところにキラリと光る技量は、口に運んだ時の充実感を間違いなく押し上げます。

ドレッシングは卓上配置で二種類常備されていて、お好み次第で楽しめます。 更には完熟パイナップルも驚きのキャスティングw( ̄▽ ̄;)w 芯抜き皮付きのフレッシュを、取り分けし易く切り目が入っています。 これまた手間暇を惜しまない姿勢がステキです。

洋食屋ペイザン ペイザンナポリ

小さなコブシ大のパンは、オーブンで温められて供されます。 更にはホイップバターが添えられてくるとは! まるでホテルのバンケットみたいじゃないですか♪ なんだかリッチな気分が盛り上がってきます( *´艸`)

洋食屋ペイザン ペイザンナポリ

ハンバーグは細挽きの挽肉で外はカリッと、中はフンワリとした焼き上がり。 シーズニングスパイスを強く効かせ過ぎないで、挽肉本来の味香を大切にしているようです。 デミグラスソースは、あまり甘さに逃げずに、キッチリと一塩のエッジを恐れずに立てておられますね(*^▽^*)

洋食屋ペイザン ペイザンナポリ

クリームコロッケはみんな大好きでしょ♪ あまり大きくありませんが、クリーミーさと衣のサクッとした食感と香ばしさなど、全く持って隙がありません。

洋食屋ペイザン ペイザンナポリ

赤スパはフルーティー&ジューシーなイマドキのスタイルです。 スパゲッティーもやや細目の1.5mmほどのものが使われており、茹で置き極太のナイデンテとは異なり、トマトソースの瑞々しさとマッチしています。 エビとイカが具材にあしらわれるシーフード・ナポリタンとされていながら、ハム(ショルターベーコン?)もチラッと入っています。 マッシュルームと玉ネギはお約束通り。 何故にドライパセリのトッピングが無いのかと考えてみたら、サラダにフレッシュパセリがあるじゃないですかっ!(>▽<)b このパセリを手千切りにして赤スパに散らしたら、もうぐうの音も出ない完成品です。

洋食屋ペイザン ペイザンナポリ

トマトソースとケチャップがブレンドされたソースは、ちょっと甘めですが味付けは濃すぎません。 スパゲッティーは前述の通りやや細目ですが、イタリア料理店のようなアルデンテには非ず。 これがイイですヽ(´▽`)/ 更にはバター風味を印象付けずに、あくまでも軽快感を大切にしたのも好印象でした。 卓上配置のタバスコと粉チーズで自分好みの味を楽しみ、多彩な味わいのプレートを堪能すれば、程を良くお腹も満足しました。

ドリンク類も色々とセットされています。 その中にコカコーラがあったのは、私的に大歓迎でしたO(≧▽≦)O 食事を終える頃には、早めの夕食を摂りに来るお客様が来店し始めましたか、なぜか小学生くらいのお子様連れが何組か目に付きました。 こんなお店で味の記憶を授かるお子様は幸せだと思います(o^-^o) いいなぁ~、矢吹町! 良きお店がちゃんと地元の皆様から愛されていますね。




洋食屋 ベイザン
福島県西白河郡矢吹町八幡534-4
電話;0248-44-2936
営業時間;11:00~21:00 (LO 20:30)
定休日;月曜日
駐車場;店舗敷地内に6台分ほど

 

本格とんこつらーめん 花カツミ ~福島県郡山市大槻町~

「本格とんこつらーめん 花カツミ」さんにお昼のピークを微妙にズラして潜入。 この日は週末って事もあってか、お客様の流れもピンポイント集中じゃなかったみたいで、巧いことカウンター席に潜入出来ましたが、入れ替わり立ち変わり客足が切れることはありませんでした。

「とんこつのりらーめんセット (950円)」

花カツミ のりらーめんセット

「のりらーめん」に、ごはん、生卵、香物がセットされる、充実の美味しさを楽しめるサービスメニューです(o^-^o) 「のりらーめん」は、中華麺&ゴマ風味で頂くのが個人的な好みです。

花カツミ のりらーめん

“海苔の防風林”とも呼ばれる、丼の縁を囲む海苔。 ゴマ油の芳醇な香りと、ピュアな豚骨フレーヴァーが際立ちます。 茹でモヤシとカイワレが中央に盛られ、鮮やかな切り口の色合いに驚く肩ロースチャーシューが目を惹きます。

花カツミ のりらーめん

いつの間にこんなチャーシューになった?( ̄ω ̄;) しっとりとした歯触りと、柔らかさの中にもジューシーとまでは言わないけど豊かな味わいが伝わって来ますよ。

花カツミ のりらーめん

“自然派とんこつスープ”は、乳化こそしていないけど、とてもスムーズで滑らかな口当たり。 臭みっぽさを感じさせず、美味しいところだけ引き出されています。 骨髄の練れた旨味とラードの油膜が、諄さを感じさせない頃合いの押し味になっています。 醤油ダレの効き具合は、以前よりもより鮮明になった気がしますσ( ̄、 ̄=) 勿論、過ぎるほどのレベルでは無く、スープの力強さに沿うように、共に徐々に濃度を高めてきたのかな?

花カツミ のりらーめん

細麺の低加水タイプもイイけど、白飯をスープにたっぷりと浸した海苔巻き頂いていると、麺がダレて来ちゃうから、多加水熟成タイプの中華麺を選びます。

花カツミ のりロールライス

海苔巻きの中には、ちぎりチャーシューとカイワレも巻き込み、そりゃあもう、美味いのなんのって♪(〃∇〃)

『本格とこんつラーメン専門店 花カツミ』さんのお盆営業情報
8月 13日~16日 休業
8月 17日   定休日





=閉店しました=
2016年8月31日をもって閉店。 売り切れのため31日は開店しませんでしたので、実質8月30日で暖簾を降ろしました。 アーカイブとして残しておきます。
本格とんこつラーメン専門店 花カツミ
福島県郡山市大槻町小金林24-19-1
営業時間;11:30~15:00
定休日;毎週月曜
駐車場;店舗前に2台分+店舗裏に専用・共用6台分


大きな地図で見る
 

四川名菜 天心 ~郡山市安積町荒井~

こう暑い日が続くと、冷たいものか刺激的なもののどちらかを頂きたくなります。 昼時に安積町方面まで配達に出掛けましたので、超絶美味しい担々麺と麻婆豆腐が頂ける「四川名菜 天心」さんに立ち回りました。

何度も潜入を試みながらも、ピークタイムを外してみてもなお、いつもお店の外まで入店待ちの行列になっていて、毎回断念していたお陰で、約一年半ぶりの訪問となってしまいましたΣ(゜▽゜;)

と・・・店内満席で、ウエイティングリストに記名して、少しばかり外待ち致しましたが、超速調理でお客様の回転も速いお陰で、さほど待たされることなく席に着けました(o^-^o) グランド・メニューを開くよりも先に、【本日のランチ】の掲示に目が行ってしまい、担々麺&ミニ麻婆丼キブンで来たハズなのに、こちらの誘惑に凱歌が上がりました( ̄▽ ̄i)ゝ

「豚肉とナスの辛子炒め定食 (830円)」 ※【本日のランチ】より

天心 豚肉とナスの辛子炒め定食

主菜にライス、スープ、香物、杏仁豆腐が組膳されて来ます。 ごはんは中丼くらいのサイズですので、成人男性なら程良く頂けるボリュームです。 香物はザーサイですが、ちょっと浅めの漬け具合なのか、緑色だったのは初お目見えです。 ネットリとした舌触りよりも、コリコリっとした歯触りの印象が残ります。

主菜は豚肩ロースに茄子、タケノコの水煮、キクラゲ、小松菜、ニラ、そしてセロリ。 メインの豚肉と茄子というテーマが薄れない程度にバランス良く配されています。

天心 豚肉とナスの辛子炒め定食

味付けはスッパ辛さをラー油でコートした感じ。 茄子は一度油通しがされているようで、トロリと溶けて舌に纏わり付いて来るような素晴らしい食感。 それでいて形を失っていないのですから、プロのお手並みだなぁ~と感じ入ります(>▽<)b

豚肉も脂身が良い感じに残されていて、超速調理ならではの火の入りすぎていない柔らかさがあります。 好みが分かれるかも知れませんが、セロリがまたイイ!( *´艸`) しんなりとする程度に火が入って、スッパ辛い調味ソースが染み入りながら、セロリならではの際立つ味香はしっかりと主張してきます。

天心 豚肉とナスの辛子炒め定食

これで白飯が進まない訳もなく、一気呵成に箸が進んでしまいのすね♪ 共添えのスープが、以前には無かったタイプで、ちょっと甘さのアクセントをつけた、アオサとショートタイプ春雨入り。

アオサの豊かな風味の良さと、この春雨がちょっと変わっていました。 ボクらが普段目にしているストレートな細いタイプに非ず、2倍くらいの幅がある平たいタイプで、エッジが細かに縮れています。 これって本当に春雨なのかも分かりませんが、舌の上をくすぐるような楽しい舌触りになっていました(〃∇〃)

天心 共添え杏仁豆腐

杏仁豆腐は滑らかクリーミー! シロップの美味しさが濃厚な杏仁の風味と見事にマッチしています。 満足度高いですねぇ~♪




四川名菜 天心
福島県郡山市安積町荒井字大池3
電話;024-945-9296
定休日;毎週月曜日
営業時間;【昼の部】11:00~14:00、【夜の部】17:30~20:30
駐車場;敷地内に共用スペースが広大に


 

ふくやま夢花火 2015

間もなく盆の入りを迎えます。 暦は既に立秋となっていますが、残暑はまだまだ続きそうですね(^◇^;) 皆様、御身大切にご自愛のほど念じ上げます。

さて、先週末ですが、当地では恒例の「うねめまつり」が開催され、市内中心部では踊り流しが行われました。 例年、雨が降る事の多い催しですが、今年は会期中好天に恵まれ続けました。 まつりの最終日には、富久山町地内の阿武隈川河川敷で、地元商工会さん主催の「ふくやま夢花火」も同日開催。 こっちもかれこれ今年で24回目の開催だったそうで、もうすっかり市民に馴染みの夏歳時記となって来ました(o^-^o)

花火の打ち上げ会場は、そう遠くない場所ですもので、無芸の仕事場の屋上階からも遠望出来ます。 とは言え、建物の間から垣間見えるって言った方が正確かも知れません。 花火の火打ち上げ会場付近は、交通マヒが起きますし、仕事場を放棄して悠々と花火見物ってのも、ちょっと気が引けます。

そんな訳で、仕事場の辺りから隙を突いてのお遊び写真撮影ですよヽ( ̄▽ ̄)ノ 仕事場から徒歩2分ですもん♪( *´艸`)

ふくやま夢花火 #1
[2015/08/08 ふくやま夢花火 #1] ※比較明合成 <↑ Clickで拡大表示します>

この日は天気予報の通り、前日まで続いていた33℃以上の日々から久しぶりに開放されました。 良い感じに風も吹いていて、日が暮れてからは風に吹かれていると肌寒くなってくるくらいでした。 でもボクは暑がりだから、丁度気持ちイイ感じ(>▽<)b

ふくやま夢花火 #2
[2015/08/08 ふくやま夢花火 #2] ※比較明合成 <↑ Clickで拡大表示します>

風向きのお陰で、花火の撮影観覧をしていた場所まで、花火の火薬香が漂って来ました。 風上側から撮影鑑賞出来たら理想的なのでしょうけど、今年は風の強さも程良かったみたいで、割とイイ感じに煙も流されてくれました。

ふくやま夢花火 #3
[2015/08/08 ふくやま夢花火 #3] <↑ Clickで拡大表示します>

この一枚は比較明合成を使わずに、一発撮りで納まったShot。 まあラッキー・ショットです( ̄▽ ̄i)ゝ

ふくやま夢花火 #4
[2015/08/08 ふくやま夢花火 #4] <↑ Clickで拡大表示します>

尺玉などを取り混ぜて、6000発が1時間で打ち上げられました。 今年も盆前の夏歳時記を楽しませて頂きました。 富久山商工会の皆様、御協賛企業の皆様、ありがとうございました(*^▽^*)
 

支那そば でんでん ~福島県郡山市富久山町~

この夏に「支那そば でんでん」さん初の、冷たい麺料理がリリースされたと聞き、早速訪問して参りました(*゚▽゚*) で、暖簾を潜って券売機の前まで来て気付きました。

(冷しラーメンが2種類あるっ?!ノ( ̄0 ̄;)\)

そう「冷しラーメン」には、「冷し支那そば」「冷し豆乳みそラーメン」が用意されていたのです。 ちょいと悩んだ(^◇^;) で、今回は醤油味の支那そばタイプを所望する事にしました。

「冷しラーメン・支那そばタイプ (800円)」

支那そば でんでん 冷しラーメン

おうっ?!氷が入ってるよw( ̄▽ ̄;)w こりゃあ冷え冷えですね。 薄くスライスされたキュウリが涼味を演出してます。 紅ショウガなんぞも散らされており、見るからに“冷たいラーメン然”としておりますね。

支那そば でんでん 冷しラーメン

スープは冷やして丁寧に油分を漉したようです。 冷たくされている分、醤油ダレを心もち強めに効かしているようですが、その味わいのパランスは至ってコンサバティブです。 甘味や酸味で調味しないで、あくまでも“冷たいラーメン”のスタイルを踏襲しています。 しかし、ベーススープからそのまま落とし込まれた確かな美味しさはちゃんと伝わって来ます。

チャーシューは冷たいスープに浸されていても、ちゃんと醤油味のニュアンスが伝わって来ます。 脂身の部位に関しては、固化を退けることは出来ませんが、この大判チャーシューの充実した満足感で穴埋めですね。 幅広メンマの柔らかさと甘じょっぱさに味覚も喜びます。

支那そば でんでん 冷しラーメン

青木製麺さんの中細ストレート麺は、冷水締めするとやはりシャキシャキとした歯応えになりますが、ご店主様が心配されるほどの違和感はありませんでしたよ(o^-^o) イマドキの張りのある食感に馴染んでおられるお客様方なら、全く無問題に受け入れられると思います。

奇をてらわないベーシックな支那そばテイストを、「冷しラーメン」というスタイルで繰り出して見せた意欲作ですねΨ( ̄∇ ̄)Ψ 甘酢や魚介テイストを好まない方々には、「こんなのを待っていた!」と歓迎されるのではないでしょうか?




支那そば でんでん
福島県郡山市富久山町久保田字大久保68-1 エルム郡山 1F
営業時間;【昼の部】11:30~14:30 【夜の部】18:00~21:00 【日・祭日】11:30~20:00
定休日;月曜日 ※祝日の場合翌日
駐車場;店舗敷地内と北側に合計9台分


 

昼ふろや ~福島県郡山市安積町荒井~

「昼ふろや」さんの“夏限定メニュー”で未食アイテムになっていた品が、実は一番人気になっていると言う事で、少々後れをとりましたがようやく潜入に成功しましたo(*^^*)o

「夏!ビリ辛つけ麺 (780円)」

昼ふろや 夏!ビリ辛つけ麺

丼にガッツリと盛られて来たかと、一瞬ビビりましたが、角氷と少量の冷水が下敷きになっていただけで安堵しました(^◇^;) 実はこのつけ麺は、麺も漬け汁も、共に冷たくして供されるうどんで言うところの「冷・冷」仕立てにされています。

昼ふろや 夏!ビリ辛つけ麺

載せモノは削ぎ切りにされたネギ、ハーフ半熟味玉、チャーシュー、生ハム、ナルトといったところがオン・ザ・麺されて来ます。

昼ふろや 夏!ビリ辛つけ麺

漬け汁には沢山の白ゴマと輪切りの白ネギ、小口ネギ、もしかすると白髪ネギも仕込まれていたかな? 柔らかメンマも漬け汁にインしていますが、ふっくら&ちょい甘めの味付けが、シャープな辛味の効いた漬け汁のオアシスです。

昼ふろや 夏!ビリ辛つけ麺

冷水でキリリと洗い締めされた麺は、黒支那にも用いられているストレート細麺です。 これがイイ感じに小麦粉の香り立ちがあって、氷の上で冷え冷えにされていながらも、決してゴリゴにはならずに、程良い張りのあるプツッとした歯切れの食感を楽しませてくれます。

漬け汁は鶏出汁を漉して油分を処理してあり、柔らかで滋味のある旨味を伝えて来ます。 ここに塩ダレと甘味、酸味、そして万人向けとしてはギリギリ崖っぷちレベルのシャープな辛味が効かされています(;゚д゚)

昼ふろや 夏!ビリ辛つけ麺

いや、このホットさには驚かされます! 唐辛子を練ってペースト状にして合わせているそうですが、パッと見た目は別に“血の池地獄”の様相もなく、澄んだ塩味漬け汁にしか見えませんので、かなり驚かされました。

しかし甘味と塩味などのバランス取りが絶妙で、確かにそのまま呑むには濃いのですが、この麺を潜らせて手繰ると、「お見事!(>▽<)b」と言うしか無い“甘辛酸っぱ旨い”味わいが口中を満たしてくれます。

こりゃあハマるお客様が続出するのも当たり前です! 見事に黄金律を押さえましたね♪ ピキーン!(;゚д゚)と突き抜ける唐辛子の辛味を美味しさの重奏でまとめ上げています。 これ、今年頂いた夏メニューの中でも、群を抜いて印象的な一杯でした。 超オススメですヽ( ̄▽ ̄)ノ

従来の「食菜酒楽 Fu-Ro-Ya」という屋号を、今回より昼のラーメン店営業記事に関しては「昼ふろや」と改めました。
夜の部の営業は、基本的に本来の居酒屋としての営業がメインで、ご飲食のお客様に限ってラーメンの提供を行っております。






昼ふろや
福島県郡山市安積町荒井字林の越1-7
電話;024-946-2122
営業時間;11:30~13:30 ※夜の部の「食菜酒楽 Fu-Ro-Ya」営業準備の為、お休みを頂いたり早仕舞いもあります
定休日;土・日曜日
駐車場;店舗前と裏に合計10台


 

まねき猫食堂 ~郡山市大槻町~

実はこの夏三度目の訪問にして、ようやく暖簾を潜れました(>▽<;; なぜか夜の部の開店時間になっても開店しなくて、お店の前で涙を呑んでおりました(´。・ω・。`)

「まねき猫食堂」さんでは何を頂いても間違いなく美味しいのですが、とりわけ“夏限定”「冷し中華」は絶品! この「冷し中華」を食べずして、我が夏の溜飲が下がる事無しです。 進物配達の途中で、ランチタイムに近くを立ち回りましたので、混み合っている事を承知で訪問したら、奇跡的に車がデポ出来て、ポツリと空いていたカウンター席に潜入出来ました♪

ターゲットは勿論「冷し中華」だったのですが、ランチタイムだけのお得なセットメニューの中に、グランド・メニューにはない「豚しゃぶ冷し中華」ってのを見つけまして、興味のそそられるままに所望致しましたo(*^^*)o

「日替りランチ (750円)」 (豚しゃぶ冷し中華そば、おにぎり、香物)

まねき猫食堂 日替わりランチ

グランドメニューの冷し中華とはかなり盛りつけが異なりますが、冷や中スープが別添えでつけ麺スタイルでも楽しめる趣向に変わりはありません。

まねき猫食堂 日替わりランチ

強いて言えば盛りつけがダイナミックになってます?(* ̄∇ ̄*) 下ごしらえの手間暇をセーブしながらも、味わいに関しては全く手抜き無しで、お得なお足に抑えてるのでしょうか?

まねき猫食堂 日替わりランチ

丁寧に切り揃えられていたキュウリが、輪切りになっているだけではなく、浅漬けにされていました。 揚げ茄子かなぁ~と思ったら、揚げ浸しにされているようで、こちらもしみじみと美味しいですよ♪

まねき猫食堂 日替わりランチ

おにぎりも一緒に付いてきますが、これらの載せモノはちょいとおかず的に頂くのも良さ気です。

まねき猫食堂 日替わりランチ

冷や中スープは醤油味仕立て。 甘味と酸味のメリハリがしっかりとしていて、鶏出汁のベーススープの旨味もちゃんと伝わって来ます。 割と濃い目の誂えなのですが、過ぎた感じは全く無くて、美味しく麺が手繰れる頃合いのお味です。

まねき猫食堂 日替わりランチ

豚しゃぶのタイトル通りに、薄切りの豚しゃぶ肉が麺の頂点に盛られていて、こちらには濃厚なゴマダレが掛け回されています。 そのゴマダレの味加減もまた見事なモノ! さすがだなぁ~(>▽<)b

まねき猫食堂 日替わりランチ

多加水中麺は滑らでツルッとした舌触り。 やや濃い目の冷や中スープとの絡み具合が程良く、味の調和が良く取れています。 濃厚でナッティーなゴマダレは、醤油味の冷や中スープと混じり合うと、これまた新味を楽しませてくれて味覚を楽しませてくれました。 いやいや、美味しいくて幸せ♪O(≧▽≦)O




まねき猫食堂
福島県郡山市大槻町中谷地4-6
電話;024-966-2111
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:00~20:00
    ※スープがなくなり次第終了
定休日;火・木曜日
駐車場;店舗前に2台分、指定駐車場に6台分

 

らぁ麺おかむら ~福島県郡山市西ノ内~

「うねめまつり 第2日目」の今日は「ふくやま夢花火」も開催されます。 中心市街地は15:30から交通規制が布かれ、花火大会会場の側近を通る国道288号線は、夕刻からマヒ状態になると思われます。 当地ではこのイベントの山場を越えると、いよいよ盆の入り間近となって来ます。

さて、西ノ内の「らぁ麺 おかむら」さんで、夏限定メニューの第2弾がリリースされたと言うことで、早速頂きに参りましたよo(@^◇^@)o 暖簾を潜ってカウンター内の店主・岡村さんと目があったとたんに

「冷やしらーめんですか?ヾ(^▽^*」

と声が掛かります。 見透かされておるなΣ(゜▽゜;) 券売機の右上が限定メニューの定位置ボタン。 勿論迷うことなくポチりましたよ。

「冷やしらーめん ~土佐酢のジュレを乗せて~ 大盛 (800円+0円)」 ※大盛サービスクーポンを利用

らぁ麺おかむら 冷やしらーめん

前回の夏メニューに続き、盛りつけの美しさが目を惹きます。 彩りの良さも考えられていますね(o^-^o) 皿盛りにされていますが、高さの低い皿というパレットを巧く活かしています。

らぁ麺おかむら 冷やしらーめん

今回は初めてになるであろう(今までは鶏専)、豚肉で作ったチャーシューが登場しています。 冷たい麺料理と言う事で、脂身を考慮して豚モモ肉で仕立てられています。 柔らかな歯切れの良さと舌触りの良さを考慮して、薄切りに切り出して短冊切りとされています。 狙い通りの柔らかな食感を得ています。

らぁ麺おかむら 冷やしらーめん

やはり自然に視線を引き寄せるのは、てっぺん配置の土佐酢のジュレですよね。 そこに白髪ネギとオクラがあしらわれています。 言うまでもなく、こりゃあなかなか♪(゚▽^*)ノ⌒☆

冷製スープは澄まし鶏出汁のスープを丁寧に漉して、油分を取り去ったところに、新たに仕立てたカエシが合わせられています。 冷たい温度でも、ちゃんと醤油の風味の伝わって来て、スープの旨味をスポイルしない程度にシャープに効いてくる塩味など、なかなか良いバランスに仕立てられていました。

らぁ麺おかむら 冷やしらーめん

麺は例によって、全粒粉ブレンドのストレート細麺。 冷水で洗い締めされた麺は、結構バリ固で張りのある食感がリズミカルな歯触りを楽しませてくれます。 少量加えられた太白ゴマ油が、麺の舌触りを滑らかにサポートしています。

醤油味スープには、ほんのりと甘味と酸味が効かせられている気がしました。 そこに土佐酢のジュレの酸味と甘味、カツオ節の旨味が直接舌の上に転がり込んでくる感覚もなかなか楽しい演出でした(>▽<)b




らぁ麺 おかむら
福島県郡山市西ノ内2-10-12
電話;024-927-0334
営業時間;【昼の部】11:30~14:00 【夜の部】17:00~21:00 【土日祝日】11:30~21:00 ※売り切れにて閉店
定休日;木曜日
駐車場;店舗東側に指定駐車場2台分


 

中華そば 熊文 ~山形県米沢市春日~

本場の米沢ラーメンを食べてみたくて、米沢市の人気店「中華そば 熊文」さんを初訪問しました(*^^*)  こちらは米沢市内でもかなり高い人気のあるお店。 ありがたい事に、日曜日は通し営業なんですね♪ 

中華そば 熊文

昼時のピークはとっくに越えて、有名店のほとんどが中休みをとっている時間帯でしたが、約20台のキャパのある駐車場は七割方の入り具合。 車のナンバーも、自分を含めて三割ほどは県外ナンバーでした。 って事で店内はほぼ満席w( ̄▽ ̄;)w お一人様のお客様は、相席を勧められているようですが、運良く入れ替わりのお客様のお陰で難無く席に着くことが出来ました。

品書きは全て中華そば。 餃子などのサイドメニューは一切無しという清々しさです(o^-^o) ベイシックの中華そばは600円。 最も高いメニューでも800円止まりの良心価格です。 タメンンや味噌ラーメン、中華ざるもありましたが、お初に頂きましたのはコチラo(*^^*)o

「チャーシューメン (800円)」

熊文 チャーシューメン

丼一面のチャーシュー天国っ♪ヽ( ̄▽ ̄)ノ

期待通りの鶏ガラとニボシの香り。 もう店内に入った時から、ニボシの香りが店内に漂っていて、“美味しい予感”が充満していましたが、目の当たりにしてみると、やや小振りな丼からの香り立ちは強烈なインパクトではなく、ふわふわふわぁ~っと鼻腔に届いて来るような優しさがありました。

熊文 チャーシューメン

チャーシューは肩肉でしょうか?σ( ̄、 ̄=) あまり脂身はありませんし、一枚あたりは大きくないけど、ふっくらと柔らかくしっとりとした食感。 醤油味が良く染み入っていて旨い!

熊文 チャーシューメン

澄んだスープは円やかな醤油ダレがちゃんと効いています。 淡口醤油がメインの醤油ダレだと思いますが、ベーススープの甘味(コンブやシイタケでしょうか?)のトーンを上手に引き出しながら、旨味も良いバランスに収まっています。 またチャーシューメンを選んだことで、チャーシュー由来の肉系の旨味がスープにより一層滋味を与えているかも知れません。

熊文 チャーシューメン

麺はこれまた期待通りの多加水熟成縮れ細麺。 平断面タイプでかなり複雑な縮れが掛けられており、やや軽快ながらピュアな旨味のあるスープをタップリと口に運んでくれます。 コシの強さを楽しませるタイプでは無く、ニュルンとするような至極滑らかな舌触りに、チョロチョロと舌の上をくすぐるような縮れの演出も素晴らしい!( ̄▽ ̄;)

卓上配置の調味料には七味唐辛子と粗挽き黒コショウなどがありましたが、黒コショウは香味が強めに影響しますから、この繊細かつクリアなスープの甘味のディテールを整えるなら、昔ながらの細挽き白コショウを合わせてみたいです。 何もかにもが期待を遙かに上回る素晴らしい味わい! 100キロ走って食べに来た価値ありでしたΨ( ̄∇ ̄)Ψ

「冷し中華 (800円)」

熊文 冷し中華

家内が頂いた冷や中が、想像の斜め上を行っていて、素晴らしい味体験でした! 何と鰹節と宗田節、昆布出汁がギリッと引かれていて、程よい酸味と濃い口のカエシの和風仕立て。 この細麺を見事に手繰らせてくれました(^o^)v

熊文 冷し中華

充実した美味しさにひたすら驚き。 タップリと張られたスープは、そのまま飲んで美味しい濃度に仕立てられており、きっとついつい飲み干してしまうお客様も多かろうと思いました(>▽<)b 素晴らしい米沢ラーメン体験をさせて貰いました!




中華そば 熊文
山形県米沢市春日5-2-52
電話;0238-24-3522
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】16:30~19:00 【日曜日】11:00~19:00
定休日;木曜日、第三金曜日
駐車場;店舗敷地内に20台分ほど


 

支那そば 墨家 ~福島県郡山市安積町日出山~

今年、炎暑ですよね? もうね、冷たいものしか食いたくない( ̄ω ̄;) どうすべか? って事で、東部幹線沿い安積町日出山の「支那そば 墨家」に行っちゃいました! 実はこちらには、夏限定メニューと合わせて、三種類の冷たい麺メニューがあるんです♪ 選べる喜びがあるんですねぇ~(o^-^o)

「冷やし担々麺 大盛 (750円+100円)」

墨家 冷し担々麺 大盛

二回目の実食で今回は“大盛CALL”しちゃいました(〃∇〃) 分かっていたハズなのに、深鉢タイプの丼で供されると、その重量感は一瞬たじろぎます(@・艸・;) 丼のサイズに負けることなく、スープもタップリと注がれていて、思ったよりも手強いかも。

涼感を感じさせる胡瓜の千切りや、シャクシャクと瑞々しい水菜、レタスなどの青物野菜に、削ぎ切りの白ネギを辛味調味で仕立てた辛ネギが載せられます。

墨家 冷し担々麺 大盛

担々麺と言えばちょっと濃い目の甘じょっぱい挽肉が合わせられる事が常ですが、挽肉に玉ネギのみじん切りとジャガイモの角切りなどをブレンドしたオリジナル挽肉が合わせられます。 これはショウガの爽やかな風味が効かされていて、あまり味が濃くされておらず、甘味を立てる事無くマイルドな味付けに抑えられています。 そのまま坦々スープに溶けば、ジャガイモがスープにクリーミーさを与えそうです。

墨家 冷し担々麺 大盛

先の辛ネギは定番メニューの中でも使われており、冴えた辛味とネギの香味がラーメンとの相性ヨシと人気のアイテム。 本格中華料理では定番の花椒やラー油に頼らないで、“支那そば”が柱のお店らしく、正々堂々たる独自のアプローチです。 これがとってもイイ感じに効いてくれるのは前回の好印象通りでした。

墨家 冷し担々麺 大盛

麺は自家製のやや加水率低めなストレート細麺。 これが冷水で洗い締めされると、支那そばと全く同じ麺なのに、テンションの感じられる張りのある歯触りの良さと、相変わらぬ滑らかな舌触りで口福感を与えてくれます。 ストレート細麺ですから、スープの持ち上げは抜群で、胡麻の程良いナッティーさと甘味、コク味、そして酸味の調和した坦々スープが口中を満たしてくれます(>▽<)b

うぅ~ん♪ なんて美味しい麺なんだろう( *´艸`) 手繰る度に食感良さに惚れ惚れします。 でも胡麻ペーストのチカラもあってか、同じ大盛でも冷や中よりも効きました(>▽<;; ハライッパイですぅ~




支那そば 墨家
福島県郡山市安積町日出山2-16
電話;024-907-2072
営業時間;【昼の部】11:00~16:00 【夜の部】17:30~20:00 【日曜日】11:00~20:00
      ※売り切れ次第閉店
定休日;月曜日 ※月曜日が祭日の場合は火曜日
駐車場;店舗敷地内に15台分ほど


より大きな地図で 支那そば 墨家 を表示