FC2ブログ

支那そば 墨家 ~福島県郡山市安積町日出山~

自家製麺の美味しさにますます磨きが掛かってきた「支那そば 墨家」さんを訪問しました。 もう13時だから店内も落ち着いてきたかなぁ~と思ってたら、ドッとお客様が入店して来ましたよw( ̄▽ ̄;)w みなさんリピーターさんっぽいオーダーの仕方ですねヽ( ̄▽ ̄)ノ

実は何を頂くか決めないで暖簾を潜ったのですが、メニューを見たら、つけ麺がマイナーチェンジしている事に気付きました。 そりゃ、当然頂くでしょ♪

「ブタ南蛮つけ麺 (750円)」

墨家 ブタ南蛮つけ麺

鶏から豚にチェンジされた漬け汁には、薄切り豚バラ肉がタップリと入ってます(〃∇〃) 焼きネギと豚バラ肉だけのシンプルな具材に、麺皿盛りの水菜と彩り程度の人参の細切り。 とっても潔い構成ながら、贅沢に使われている宗田節やサバ節などの芳醇な旨味が効きまくります。

墨家 ブタ南蛮つけ麺

麺はやや加水率低めのストレート細麺。 それを洗い締めされることを見越して、ちょっと長めの茹で時間にされているようですが、ツルッとした舌触りの良さや、コシのある歯触りなど、加水率云々はどうでも良くなっちゃう見事な仕立てです。

麺量も茹で前で200gとなかなかのボリューム。 太麺よりも細麺の方が、同じ目貫でも満腹度は確実に高くなります。 良く洗い締めされているからなのか、麺にはそんなに水膜は纏わされていないのに、最後まで麺が融着するような事はありませんでした。

墨家 ブタ南蛮つけ麺

支那そばに用いられている、自然派スープをあえて用いず、このつけ麺専用に和出汁が引かれています。 豊かな節系の味香と旨味に、豚バラ肉の動物系ならではの旨味、そして脂身の美味しさが存分に楽しめますね♪

墨家 ブタ南蛮つけ麺

細麺は漬け汁をたっぷりと持ち上げてくれますので、手繰るほどに口福で満たされますよ。 またカエシも和出汁にフィットする甘じょっぱさのメリハリの効いた仕立てで、濃い目に効かされながらも、その濃さの美味しさが嬉しい!と思えるお味。

一味唐辛子が提供されますが、これは卓上配置のラー油の方が、より一層美味しさが引き立ちます。 山椒のピリリとした辛味とスパイシーな香りが、漬け汁のディテールを見事に引き締めていました。 これ、お薦めですよ(>▽<)b

「ミニとりめし (120円)」 ※平日のランチタイムのみ

墨家 ミニとりめし

平日のランチタイムだけに提供されている「ミニとりめし」は、ちょっと薄味仕上げになっていて、ラーメンのお供に楽しむのにもってこいです。 しかもしっかりとお茶碗一杯分ありますので、ミニとは言え侮れないボリュームでお腹を満たしてくれますよ(*^▽^*)




支那そば 墨家
福島県郡山市安積町日出山2-16
電話;024-907-2072
営業時間;【昼の部】11:00~15:20 【夜の部】17:30~19:50 【日曜日】11:00~19:30
      ※売り切れ次第閉店
定休日;月曜日 ※月曜日が祭日の場合は火曜日
駐車場;店舗敷地内に15台分ほど