ふくしま新風と臨港道路

小名浜に着いてみたら、洋上風力発電の「ふくしま新風」が埠頭に係留されていました。 そう言えば当初の楢葉沖の実験海域への曳航・設置が天候などの都合で見合わせになっていたんでした。 洋上に設置されたら、もうこんな近景で見る事は無いですし、再び港湾に曳航されて来るのも、何時のことになるか分かりません。

回転翼径164m、全高187mという、かなりの大型、と言うよりも洋上型としては世界最大のものらしいです。 ボクらは「郡山布引風の高原」などで、かなり大きな風力発電機を見てきましたが、その発電容量は2000KWです。 「ふくしま新風」は1基でナント7000KWという桁違いの出力を得るそうです。

何とか良いアングルで撮りたいと、撮影ポイントを求めてロケハンしましたが、「藤原埠頭」に係留された「ふくしま新風」が回転翼を真っ正面に捉えられる7号埠頭は、一般車両の立ち入りが出来ません。 初めて進入を試みたのですが(勿論係員に制止されて引き返す)、石炭の揚陸基地だったんですねノ( ̄0 ̄;)\

あちこち彷徨った挙げ句に、結局思い付いた場所は、「いわき・ら・ら・ミュウ」のある一号埠頭。 まだ突端には入れませんが、何とかギリギリで、現在建設中の「臨港道路」の橋梁の切れ目を見つけました。

ふくしま新風と臨港道路 #1
[2015/07/26 ふくしま新風と臨港道路 #1] <↑ Clickで拡大表示します>

そうそう、この橋梁はそもそもどこに架けられているの?って事さえ良く分からないままだったのですが、3号埠頭から現在埋め立て建設中の人工島「小名浜港東港地区国際物流ターミナル」を繋ぐそうです。 完成予定は平成29年度との事。 きっとこれから愛称が公募されるのではないでしょうか。 きっと素晴らしいビューポイントになりますね(o^-^o)

ふくしま新風と臨港道路 #2
[2015/07/26 ふくしま新風と臨港道路 #2] <↑ Clickで拡大表示します>

さて、この「ふくしま新風」ですが、7月28日に曳航されて設置海域へと向かいました。 当初の予定では9月から営業運転に入るそうです。 また、年度内にもう1基の設置が予定されているそうです。 巧く行けば、再び埠頭に係留される風力発電機が見られるかも知れません。  

麺、餃子 蘭燈園 ~福島県いわき市東田町~

梅雨明けの見事な暑さから逃れようと、いわき市へと足を向けてみました。 道中、遅い昼ご飯をどこで頂こうかと候補を挙げまして、ちょいと個性的な冷や中で知られている「麺、餃子 蘭燈園 (らんたんえん)」さんに心惹かれました(〃∇〃)

勿来の火力発電所のある辺りで、エリア的には植田と言って良さそうな場所です。 何回かは通りかかっている場所ですが、初訪問にはカーナビの誘導がないと、簡単には行き当たらないかも知れません。 何せお店は住居兼店舗となっており、あまり派手な装飾は行われていませんから。

麺、餃子 蘭燈園

店内はそれなりに年月を重ねたものですが、程良く清潔感は保たれており、空調もちゃんと機能しています。 正味10席のコンパクトな店内ですが、決して窮屈な印象派ありません。 お目当ては冷や中だったのですが、メニューを見ていたら思い切り心変わりしまして、飯モノに宗旨替えで所望しました( ̄∇ ̄*)ゞ

「東坡肉飯 (ばらにくごはん) (870円)」

蘭燈園 東坡肉飯

何の裏付けがあった訳では無いし、事前サーベイでも網に引っかかっていなかったメニューなのですが、メニューを見ていたら

(これ、きっと美味しいに違いない!o(*^^*)o)

と勘が働きました。 果たしてその直感は的中です♪

たっぷりの野菜が炒め煮されて、甘じょっぱく味付けされたところを、ユル目にトロミが掛けられた野菜餡に、1切れ40gほどの豚バラ肉の角煮が二個載せられて来ました。

蘭燈園 東坡肉飯

野菜のメインは豆もやし。 これがコリッ、シャクッとした歯応えがあって、キャベツ、ネギ、小松菜、ニンジン、キクラゲ、タケノコの水煮などと、食間の違いで面白さを引き出しています。

豚バラ肉は八角の甘くそしてスパイシーな香りが効かされていて、脂身の脂質はキレイに抜かれてコラーゲン質になっています。 ただ柔らかいだけでなく、程良い歯触りが残されていて、醤油と甘味がしっかりと染み入っていますね(o^-^o)

蘭燈園 東坡肉飯

ユル目の餡ですので、ご飯は汁かけ風に頂く事になりますが、具材はしっかり歯触りがありますので、決してドリンカボーではありません。 しっかりと噛んで頂いていると、ボリューム自体はそんなに豊富とは思わなかったのに、程良く満腹になりました(*^▽^*)

「焼餃子 (6個・500円)」

蘭燈園 焼餃子

自家製に間違いないでしょうね。 餡がたっぷりと仕込まれていて、ふっくらとした焼き上がりで食べ応えも充分ですヽ( ̄▽ ̄)ノ あまりニンニクやショウガの味香に支配されず、白菜やニラなどの野菜からの旨味を上手に引き出していました。

少し昭和を思わせる味筋ながら、確かな味筋と丁寧な調理が手に取るように分かりました。 地元から愛されているお店に間違い無しです(>▽<)b 店主様はご高齢と自ら仰っていますが、その立ち姿を見ている限り、全く危惧を抱くことはありませんでした(o^-^o) ご自分で仕事量はコントロールしておられるようですが、まだまだ暖簾が挙がり続ける事と思います。




麺、餃子 蘭燈園 (らんたんえん)
福島県いわき市東田町2-15-2
電話;0246-62-0243
営業時間;【昼の部】11:30~14:00 LO 13:30 【夜の部】17:00~19:00 LO 18:30
       ※店主の体調により早仕舞いあり
定休日;月曜日
駐車場;店舗敷地内と指定駐車場で合計8台分
     ※店舗東側の指定駐車場の方が広めです。 全長4.3m以上や3ナンバー車両はそちらがお薦め


 

紅焔酒家 光華 ~福島県郡山市朝日~

あんまり毎日「あづい、あづい~(>▽<;;」ってばっか言ってると、根性無しだと思われそうですが、実は本当に根性無しの虚弱体質です( ̄▼ ̄|||) いや、寄る年波ってものをヒシヒシと感じてしまう今日この頃でございます。

久しぶりに“麻辣チャージ”がしたくなりまして「紅焔酒家 光華」さんの暖簾を潜りました。 そう、寄る年波ってのは、麻辣テイストのガチ効きものを食すと、胃腸に負荷が掛かるようになっちまったのを実感するようになったのです。 だから、ついつい控え気味に・・・って言うよりも、徐々に距離を置くようにしちゃってるかも知れません。 でも「紅焔酒家 光華」さんの“麻辣テイスト”は、旨味がしっかりと伴っているので、熾烈なシビ辛でなくても、とっても充実した美味しさを楽しませてくれます(*^▽^*)

「麻婆丼・四川 (740円)」 (香物・スープ付き)

光華 麻婆丼

調理している時から、咽せってしまいそうなほど、気化した香気成分に包まれていましたが、仕立て上がって供される時には、そんな素振りも感じさせないほど、しっかりと麻婆餡に辛い系テイストが取り込まれています。

光華 麻婆丼

白飯を盛った丼飯の上に、たっぷりと掛け回された麻婆豆腐は、トロミがしっかりと付けられていて、その色合いからも濃ゆい味わいを予見出来ます♪ しかも旨味と甘味のボリュームが充実していますので、ホットさはあるのに、角の立った印象がないんですね。

ジワジワと味覚に伝わって来る痺れるような辛味と、花椒のスパイシーな香りがたまりません! ラー油はそんなに多用されていませんが、香味に全く不満などありません。 豆豉のコクのある塩味が全体を覆い尽くさない程度の効き方も大好き♪(〃∇〃)

光華 麻婆丼

言うまでもなく白飯がいくらでも食べられそうな誘惑に駈られますね(>▽<)b 「牛の胃袋が欲しい」と言われた、某女史の名言がここではリアルに意味を成します。

光華 麻婆丼

共添えのシンプルなスープは、ベーススープの美味しさも楽しませてくれます。 ちょっと控え目な味付けだから、濃ゆい麻婆餡をサラリと洗い流してくれる名脇役です。 あぁ、美味かったぁ~!( *´艸`)




紅焔酒家 光華 (こうえんしゅか こうか)
福島県郡山市朝日1-20-30ロンパイスビル1F
営業時間;【昼の部】11:30~14:30 【夜の部】18:00~22:00
定休日;日曜日
駐車場;ビルの共用スペースに3台分、ビルの北側に共用スペース2台分


大きな地図で見る
 

岩間海岸

いわき市植田地区の方に出掛けましたので、海岸線を伝って小名浜港へ向かいながらロケハンをしました。 勿来の火力発電所の敷地海側には、県内で最も早く開花する桜が植樹されており、震災前に立ち回ったことがありました。 震災による甚大な津波被害は語るも無残ですので、自分の見た現実は自分の記憶の中だけに止めておきます。

暮れゆく浜辺
[2015/07/26 暮れゆく浜辺] <↑ Clickで拡大表示します>

サーファーで賑わっていた岩間海岸は、防波堤が壊滅して人家も無くなってしまいました。 新しい7.2m堤防が建設中ですが、その完成はH28年3月のようです。 波消しブロックと頼りなさそうな巨大土嚢が並べられた海岸線です。 

支那そば 墨家 ~福島県郡山市安積町日出山~

ベラボウに暑い日が続いてまして、ちょっとヘロってしまいそうです(>▽<;; 軽トラにはエアコンが付いているのが救いですが、あまりの暑さに時折冷えの悪さを感じるほど、外気は暑かったです。 しかも陽射しも強かったなぁ~

そんな暑さの最中では、やはり冷や中が食べたくなるってものです。 配達先の近くにあった「支那そば 墨家」さんの暖簾を潜りまして、思惑通りに美味しい冷や中にありついて参りました!

「冷し中華 大盛 (800円+100円)」

墨家 冷し中華 大盛

大好きな自家製ストレート麺がタップリと盛り込まれた冷や中♪ この自家製麺が、洗い締めされると一際美味しいんですよ(>▽<)b ちょいと小山のようなモリモリ加減は、“大盛CALL”でより一層標高が高くなりましたヽ( ̄▽ ̄)ノ

墨家 冷し中華 大盛

サラダ仕立てって事で、キレイに切り整えられたキャベツの千切り、キュウリの千切り、櫛切りトマトにレタスが共盛りされています。 そこにマヨネーズが絞られてくるのですが、実はここでも“マヨマシCALL”しとりました( *´艸`) ホッホッホ♪ 嬉しいのぉ~

墨家 冷し中華 大盛

更にはワカメと短冊切りのチャーシューがボリュームを押し上げます。 今日、朝のテレビ番組で知ったのですが、汗をかいたら水分だけではなく、マグネシウムも補給しなきゃダメなのだそうです。 そう、このワカメってのは栄養学的にもマグネシウム摂取に大きな効果が期待出来るんですね。

墨家 冷し中華 大盛

栄養学の事はまあヨシとして、この冷や中スープの美味しさときたらどうだろうΨ( ̄∇ ̄)Ψ ほんのりとゴマ油の香りが嗅覚を刺激し、甘酢と醤油ダレが見事に調和しています。 程良くキッュッと引き締まった味わいながら、マイルドな口当たりに落ち着いています。 そこにカロリーオフタイプなのか、塩分控え目で舌触りもクリーミーなマヨネーズが複雑味を加えます。

墨家 冷し中華 大盛

やや加水率低めの自家製麺のストレート細麺は、プツプツとした歯切れの食感が楽しめます。 そして美味しい冷や中スープをたっぷりと含ませて口に運び上げてくれますから、ほぼ阿鼻叫喚の美味しさで口福を味わうことが出来ますよ。 大盛麺量でも手に余ることなく楽しみ尽くせます♪




支那そば 墨家
福島県郡山市安積町日出山2-16
電話;024-907-2072
営業時間;【昼の部】11:00~16:00 【夜の部】17:30~20:00 【日曜日】11:00~20:00
      ※売り切れ次第閉店
定休日;月曜日 ※月曜日が祭日の場合は火曜日
駐車場;店舗敷地内に15台分ほど


より大きな地図で 支那そば 墨家 を表示
 

郡山大勝軒 ~福島県郡山市富田町~

この日も暑かったですΣ(゜▽゜;) さすがにアツアツのラーメンって気分にはならず、お馴染み「郡山大勝軒」の暖簾を潜りました。

「つけ麺 中盛 (750円+0円)」 ※味玉ゴチになっちゃいました( ̄∇ ̄*)ゞ

郡山大勝軒 つけ麺 中盛

毎度定番のお気に入りメニューです。 この日は節系の味香がググッと力強く感じられましたな♪ お陰でとても華やかな味わいになっていました。 これだけ旨味の底支えがあると、醤油ダレや甘酢の効かせ方も力強く活きてくるってものです。 いつもなら卓上配置の酢とラー油でお好みチューンをするのですが、その出来の良さが嬉しくて、デフォのままで楽しませて貰いました。

郡山大勝軒 つけ麺 中盛

モモ肉チャーシューとバラロールチャーシュー、ゴロ切りのバラチャーシューが仕込まれた漬け汁は、チャーシュー自体から染み出してくる肉の旨味が加わり、分厚い旨味へと徐々に変化して来ます。

郡山大勝軒 つけ麺 中盛

自家製太麺は少しツヤのある仕上がりで、噛めばしっかりとしたコシのある歯応えと共に、小麦の豊かな香りが口中に広がります。 漬け汁に漬けて少し温まったところで手繰れば、その食感には少し柔らかさが出てきます。

郡山大勝軒 つけ麺 中盛

中盛300gはなかなかの麺量ですが、テーブル席におられた先客様が、ちょっと耳慣れないリクエストをしていました。

「200g追加お願いします」

(えっ?それって替え玉っスか?( ̄  ̄;) )

そもそも「郡山大勝軒」には「替え玉」なんて無い事になってたのでは?と思いつつも、何か自分の聞き違いだろうとそれ以上考えませんでした。

暫くして、てっきり何かの聞き違いだと思っていた、件のテーブル席の先客様は、旧知の爆食家って事に気付きました(^◇^;) リアルに替え玉してました。 都合1.5kほど手繰られたようでしたが、ちょいと会話して颯爽とお店を後にしていきました。 居るもんですねΣ(゜▽゜;) かなり通い詰めているようですから、お店もその爆食家さんの願いを聞き入れてくれたようです(o^-^o)




郡山大勝軒
福島県郡山市富田町乙路後18-1
電話:024-935-4262
営業時間:11:00~21:00(スープが無くなるまで)
定休日:毎週水曜日
駐車場:店舗前に4 台分 店舗横の指定駐車場に12台分くらい


大きな地図で見る
 

Soba no cafe ~福島県郡山市安積町日出山~

東部幹線沿い「アミューズメントパーク」の1Fに2015年5月末に開店して間もない「Soba no cafe」さんを初訪問しました(* ̄∇ ̄)ノ 何と十割蕎麦でカフェメニューを仕立ててしまった、新時代の蕎麦屋さんです。 誠に新しい事ずくめですので、本稿は写真点数が多めです。

soba no cafe

朝打ち立ての蕎麦が供されるため、提供時間は11時から15時位までですが、15時からはCafe Timeメニューで営業されます。 専属のパティシェさんがおられるようで、充実したCafe Timeを楽しませて貰えそうでした。

蕎麦メニューは現在4種類。 前述の通り堂々たるCafeですので、スィーツやドリンク類とのセットメニューにも心踊ります(^^) この日は家内が一緒ですので、互いにシェアしながら楽しませて致しました。

「柔らか若鶏フリッターのさっぱり冷たい蕎麦&サイドメニュー2品セット (1026円+324 円)」

soba no cafe 柔らか若鶏フリッターのさっぱり冷たい蕎麦

揚げたての若鶏フリッターがドンと2ピース! 揚げズッキーニやフレッシュトマト、ベビーリーフにインゲン、白髪ネギの盛られた、冷たいぶっかけ蕎麦のスタイルです(σ≧▽≦)σ

soba no cafe 柔らか若鶏フリッターのさっぱり冷たい蕎麦

出汁は「さっぱり」と「甘口」の二種類から選べ、希望すれば快く出汁のテイスティングにまで応じてくれますw( ̄▽ ̄;)w 最初はキホンと言う事で標準的な「さっぱり」を所望しました。 カツオ節と宗田節、サバ節のしっかりとした旨味に、キリッとシャープな効き具合ながらも、円やかな角の立たないカエシが風味豊かに効かされていました。

soba no cafe 柔らか若鶏フリッターのさっぱり冷たい蕎麦

共添えされていた「ラタトゥイユ」は火入れされた野菜の美味しさと、柔らかなトマトテイストでちょっとした口直しにもなります。 南瓜が配されていたのは初体験でしたが、これまたなかなかヨロしいですね(〃∇〃) 多分、落手した野菜によって組合せは変えられていくものだと思います。

soba no cafe 柔らか若鶏フリッターのさっぱり冷たい蕎麦

櫛切りレモンが添えられて来ますが、主にフリッターの後味のサバケを良くするのに効果的です。 掛け汁にレモン果汁が混じっても、レモン果汁に決して飲み込まれない掛け汁の力強さに感じ入りました。

soba no cafe 柔らか若鶏フリッターのさっぱり冷たい蕎麦

香ばしく揚げられた若鶏のフリッターは、下味のショウガのスパイシーさを余韻に残しながら、柔らかに歯切れます。 ボリューム感もなかなかのものでして、美味しく頂きながら腹具合も丁度良い感じに納まりました。

soba no cafe 柔らか若鶏フリッターのさっぱり冷たい蕎麦

会津産の蕎麦粉に拘った蕎麦は、蕎麦の甘い香りがちゃんと立っていますし、キレイに切り揃えられた麺線はなかなかの細打ち。 程良くしなやかな舌触りがあり、細打ちならではの軽快な歯切れの食感も良く、掛け汁をたっぷりと持ち上げて来ます。 こんなぶっかけスタイルも悪くないですね(o^-^o)

「生ハムと福島野菜のサラダ蕎麦&サイドメニュー2品セット (972円+324円)」

soba no cafe 生ハムと福島野菜のサラダ蕎麦

こりゃあ驚いた(゚ロ゚屮)屮 確かに蕎麦だけど、既定概念が一歩踏み出したことで、こんなにも華やかで美しい姿になれるのですね! “豆乳の冷製ビシソワーズ仕立て”と言う事ですが、女性に喜ばれそうなツボが押さえられていますね♪

soba no cafe 生ハムと福島野菜のサラダ蕎麦

このジュレは、そばつゆなんですって!(;゚д゚) ビックリタマげっぱなしだわぁ~ ちょいとシェアして頂きましたが、生ハムが異常にウマい!(lll゚Д゚) ブラックオリーブも全く違和感など無いです。 しっかり一人前を頂いてから、ちゃんとした感想を書いてみたいです。

soba no cafe セット・スィーツとドリンク

サイドメニューの2品セットで、「セット・ドリンク」と「そば粉を使ったプチスィーツ」を頂きました。 そば粉のシフォンケーキはふっくらフワフワ(⌒▽⌒;) 普段は頂かないデザートでしたので、とっても印象的でした。

とても楽しませ頂きました。 時間のハードルさえ何とか出来るものなら、結構通っちゃいたいかも♪ と、同時に、家内がとっても気に入っちゃったから、リピ決定です! ボクには珍しく“デート向き”で美味しいお店を訪問出来ました( ̄▽ ̄i)ゝ




=閉店しました= 2016年9月13日をもって閉店しましたが、アーカイブとして残しておきます
Soba no cade
福島県郡山市安積町日出山2-80 アミューズメントパーク1F
営業時間;【ランチタイム】11:00~15:00 【ティータイム】15:00~ (現在は18時位で閉店している模様)
定休日;不定休
駐車場;施設共用で100台分

 

麺堂 かのん ~福島県石川郡石川町~

「郡山大勝軒」に勤務していた小峰さんが、今春石川町に独立開業した新進気鋭店「麺堂 かのん」さんを訪問して参りました(*^▽^*) 先週、地元テレビ局の人気コーナー「ふくしまらーめん道」で紹介された事で、小峰さんのお店と知る事になりました。 現在開店準備を進めている「自家製麺 工藤」の店主・工藤さんと共に、「郡山大勝軒」を盛り立てていた間柄です。

麺堂 かのん

今年のGW頃に石川郡内の桜の写真を撮り歩いていて、開店の報は耳に届いていたのですが、なかなか足を運ぶ機会がありませんでした。 お仲間Bloggerの「にくきゅうの楽園」(URL)のAuthor・にくきゅうさんが既に訪問済みで、(何となく大勝軒っぽいなぁ~σ( ̄、 ̄=))とは思っていたのですが、まんまその通りの系譜だった事になります。

「肉つけめん 中盛 (970円+0円)」 ※味玉ごちそうになっちゃいました(〃∇〃)

麺堂 かのん つけめん 中盛

おっ? 水菜トッピングが鮮やかですね!(>▽<)b 敢えて白ネギや小口ネギを使わなかったようですが、これは味わい的にも納得のものになっていました。 ラード油膜も豊かに張られていますが、言うまでもなく脂キッシュさなどなく、諄さには全くなっていません。

つけ麺の麺量は古巣に準じて、小盛り(150g)から大盛(400g)までは同料金で提供されます。 中盛は300gと言う事で、充分に満腹を楽しませて頂きました。

チャーシューはバラ・ロール仕立てとされていて、脂身はプルトロ♪ 肉つけめんには4枚のバラロールと、ブロックカットのバラチャーシューが仕込まれていました。 とっても幸せ♪( *´艸`)

メンマは幅広でちょいと大振りなもの。 発酵臭はキレイに抜かれていて、ふっくら柔らかく炊かれたメンマは、ちょいと甘めで良い口直しになります。

麺堂 かのん つけめん 中盛

ベーススープは多分豚ゲンコツと鶏ガラをベースにサバ節やカツオ節、ニボシなどの節系素材で引かれていると思われます。 旨味の立ち方は、インパクトこそありませんが程良く押しがあって食べ疲れしなさそう。

醤油ダレの効き具合も良い具合ですが、角の丸められたマイルドな風合いであり、そのまま飲むことも出来る濃度とされています。 甘酢は「郡山大勝軒」よりも控え目にされていて、漬け汁の押し味のレベルに沿った良いバランスに思えました。

一味唐辛子の辛味が程良く仕込まれていて、サバ節のコク味のある旨さが甘味と酸味と融合していますね(o^-^o) クセになる美味しさのツボをしっかりと押さえておられます。

麺堂 かのん つけめん 中盛

自家製ストレート太麺は、流水で洗い締めされて、ある程度の水膜を纏わせたまま盛り付けられています。 そのまま手繰って噛んでみれば、小麦粉の香りがブワッと広がり、ギュッと噛み締めるようなコシのある食感です。 これを漬け汁に通して手繰りますと、やや食感は優しくなるものの、まだまだ力を失うことなくしっかりとした噛み応えを楽しませてくれましたΨ( ̄∇ ̄)Ψ

麺堂 かのん つけめん 中盛

最後にスープ割りを所望致しました、 ここで温かさを取り戻した漬け汁は、再び豊かな魚介系フレーヴァーを口中に広げてきます。 水菜のほんのりとした辛味やエゴ味は、醤油ダレが薄まったことでマスキングから解放された甘味と酸味に、見事な合っていました(>▽<)b

「郡山大勝軒」には見られない塩味仕立ての細麺仕様ってのがありますので、こちらは遠からず再訪の上、頂いてみたいと思いますヽ( ̄▽ ̄)ノ 尚、お店は現在のところ、中休み無しの通し営業とされています。 駐車場は店舗敷地内の他、道路の向かい側にも指定駐車場が用意されています。 小上がり席もあり、ご家族連れにも喜ばれそうなお子様メニューまで用意されていました(*^▽^*)




麺堂 かのん
福島県石川郡石川町当町115
電話;0247-56-3730
営業時間;11:00~21:00
定休日;火曜日
駐車場;店舗敷地内と店舗向かい側にあり


 

ふじみ食堂 ~福島県郡山市細沼町~

お屋敷町の閑静な住宅地の一角にある「ふじみ食堂」さんに行きました。 何気にエアコン、駐車場完備で通し営業という、ありがたいお店なんです(* ̄∇ ̄*) 直ぐ近くには大型商業施設があったりするのですが、お店の筋通り沿いの交通量は、そんなに忙しない感じはありません。

「手打ち冷し中華 大盛 (650円+50円)」

ふじみ食堂 手打ち冷し中華 大盛

目が釘付けになっちゃうのは、やはり缶詰黄桃のインパクトでしょうね♪ もう「ふじみ食堂」さんの冷や中と言えば、このアイコンが真っ先に思い浮かべられるほどです(o^-^o)

ふじみ食堂 手打ち冷し中華 大盛

千切り仕立てのキュウリとナルトは、丁寧に切り幅が揃えられていて、雑な感じがありません。 ワカメのトッピングは好みの分かれるところでしょうけど、伝統の食堂冷や中って流れを思えば、これまた良きかなと思うところアリです。

ふじみ食堂 手打ち冷し中華 大盛

冷たい麺とスープにあしらわれても、脂質固化や食感の悪さなどが起きにくいハムが2枚も。 輪切りのトマトには、カラシが載せられていて、お好み次第で加減出来るだけではなく、全体の彩りの美しさも演出しています。

ふじみ食堂 手打ち冷し中華 大盛

麺は義弟にあたる「コタン」さん自家製麺の手打ち麺。 製麺所製の中華麺も選べますが、お好み次第で楽しめるのはヨロシイですね。 多加水タイプの幅広麺は、ヒラヒラとした太麺仕立て。 案外しなやかでツルツルとした舌触りで、喉の通りも上々です。

大盛麺量は思ったよりも豊富でして、うっかり半チャーハンや半カレーに食指を伸ばさなくて正解でした( ̄▽ ̄i)ゝ 程良くモグモクしている内に、満腹感も湧いてきますよ。

ふじみ食堂 手打ち冷し中華 大盛

冷や中スープはやや醤油味と酸味に寄っていますが、濃度は濃すぎることもなく、さりとて薄すぎる事もなく、飲み干すことに躊躇させられることはありません。 マヨネーズは添えられて来ませんが、美味しく飽きずに最後まで楽しめるチカラは充分にありますよ♪ この麺の美味しさを充分に味わえます。




ふじみ食堂
福島県郡山市細沼町7-11
電話;024-923-6870
営業時間;11:00~18:00
定休日;日曜祝祭日
駐車場;店舗南側の一軒隣に5台分


大きな地図で見る
 

みたか食堂 ~福島県郡山市本町~

ハミ丼に心奪われる皆様、お待ちかねの“目の毒テロ”のお時間です(*^▽^*) みんなの大衆食堂「みたか食堂さんの蓋の閉まらない丼メニューです。 極端な鬼リピにならないように、訪問回数を自制している今日この頃ですが、二週連続で暖簾落ちの憂き目に遭いまして、只今禁断症状のキザシが出始まっている無芸でございます(´。・ω・。`)

「かつ丼 (950円)」

みたか食堂 かつ丼

蓋を押し上げるかのような、見事なハミ丼は、久々のかつ丼です(〃∇〃) 登場した時のワクワク感はたまりませんな♪ 丼から垣間見えるアタマは、いかにも良く味が染み入って濃ゆい事を示すようなちょっぴりアメ色。

みたか食堂 かつ丼

オープン・ザ・蓋ぁ~!ヽ( ̄▽ ̄)ノ

丼から盛り上がるように盛られたアタマが、一向に押し潰された気配はありませんΨ( ̄∇ ̄)Ψ モリモリ加減は見ての通りのノー・フェイクです!

みたか食堂 かつ丼

デフォで黄身がダブルの双子卵が使われているので、丼ツユの色合いにも負けず劣らず、とじ卵の黄金色が冴え渡っています。 例によってキッチリと火入れされた溶き卵は、しっかりと煮固められていながらもスが入るような失策はありません。

みたか食堂 かつ丼

この日の丼ツユがまた秀逸でして、サバ節がガッチリと効かされていて、濃準な旨味と泣きが入りそうな甘じょっぱさ(>▽<)b しかも程良いツユダク具合で、白飯が丼ツユだけで一杯分食べられちゃいそうなくらいでした。 こりゃあマイった!




こっちは当然ながら別の日です。 さすがに一日2回通えません( ̄▽ ̄i)ゝ ちょっと夕刻に涼しくなってきたので、久しぶりに温かいラーメンを所望致しました。 あっ、あとは半カレーももね♪

「ラーメン&半カレー (600円+350円)」

みたか食堂 ラーメン&半カレー

少し窮屈そうな丼に、並盛りでも豊富な麺量のラーメンが満たされています。 澄んだ清湯スープは、黄金色の醤油スープとなってたっぷりの麺を泳がせています。

みたか食堂 ラーメン

しっとりモモ肉チャーシューは程良く醤油味が染みていて、幅広でちょっっと大きめのメンマは柔らかく炊かれて甘めの味わいがスープと良く合います。 ワカメはチュルンと滑らかな舌触りで、すんなりと喉を通りますが、丁寧に下処理が施されているので、残塩分や磯臭さはありません。

みたか食堂 ラーメン

やや太めな多加水熟成麺は、モチッとした弾力のある歯応えで、時間の経過で伸び難いタイプ。 さりとて滑らかな食感が損なわれることもなく、出前にも耐えうるタフネスさがあります。 鶏ガラや豚ゲンコツ、厚削りや香味野菜から炊き出されたスープは、インパクトこそありませんけど、しみじみと旨味を感じさせます。 エッジの立たない円やかな醤油ダレの品の良さもあって、円やかにそしてふっくらと旨味を膨らませてくるタイプです。

みたか食堂 半カレー

こちらはお馴染みの“中毒カレー”です(^◇^;) ドロリと粘性の高いカレー・ルーは、かなり個性的な濃ゆい旨味に満ちています。 カレー・ルーに直接カタチの残っているのは、たっぷりの豚バラ肉と玉ネギのみ。 “Sweet,Hot & Spicy”な味わいを存分に楽しめるボリュームのある半カレーですO(≧▽≦)O




みたか食堂
福島県郡山市本町1丁目18-8
電話;024-922-0746
営業時間;11:00~20:00
定休日;日曜日
駐車場;店舗向かい側に6台分


大きな地図で見る
 

支那そば くりちゃん ~福島県郡山市安積町~

永年の課題店「支那そば くりちゃん」にようやく初暖簾でございますo(*^^*)o 郡山市の南端、お店の前の道路を挟んだ向かい側は、お隣須賀川市になってしまうという場所。 この日は割と近くまで進物のお届けがありましたので、ふっと思い出して訪問した次第ですヽ( ̄▽ ̄)ノ

お店の場所は覚えていなかったし、ナビ無しの軽トラでしたのにで、スマホでナビしてもらいましたが、結構ちゃんと測位するもんなんですね。 無事到着致しましたよ♪

支那そば くりちゃん

お店は手造り感満点の風情でして、デート向きとは決して言い難い雰囲気です。 お店の外に家庭用エアコンっぽい室外機が見えましたが、堂々たる自然派空調となっています。 炎天下の訪問だったら、はたしてエアコンが稼働するのかは不明ですが、台風の影響下でやや強めの風が吹き抜ける店内は、額に汗する事もなく過ごす事が出来ました(o^-^o)

「米沢らーめん 大盛 (500円+100円)」

くりちゃん 米沢らーめん 大盛

当地での米沢ラーメンのパイオニアですから、季節限定の冷や中にも心を揺さぶられながらも、原点らーめんを所望しました。 ワンコイン提供という庶民派ラーメンですので、おやつレベルのボリュームじゃあるまいか?と思って“大盛CALL”してみたら、丼と言うよりも大鉢のような器で供されました(゚ロ゚屮)屮

くりちゃん 米沢らーめん 大盛

しかもスープの並々感がハンパなくて、まさに麺がスープの中で自由に泳ぎ回れるって位のもんでした。 載せモノは特段変わったものはありませんが、バラロールチャーシューは、望外の厚みにカットされていて、チャーシューの煮汁が見事に染み入り、しかもふっくらと柔らかな食感と歯切れもお見事です!(>▽<)b

メンマはクラシカルな細割きタイプでは無く、幅広薄目が誂えられていて、ソフトな食感とはんなりとした甘味がステキです。 デフォでゆで卵のハーフカットが添えられて来ます。 これが今風の味玉では無く、あくまでもゆで卵ってところもミソでして、しかも黄身が程良く半熟っぽかったりします(o^-^o) サッパリとしたスープに黄身が溶け出さない程度の半熟加減のゆで卵。 単なる偶然なのか、それとも計算された仕立てなのか(`・ω´・ ;) 後者だとしたら、お見事な誂えです。

くりちゃん 米沢らーめん 大盛

スープは鶏ガラと豚ガラにニボシが合わせられていますかね? 煮干しエキスのパウダーかな? 青魚っぽいニュアンスはあまり無いのに、煮干しの旨味は見いだせます。 多少化学のチカラも感じられますが、後味に諄さなどは無く、程良く甘いくて程良く旨い(*^▽^*)

醤油ダレはエッジを立てないマイルドな口当たりながら、ちゃんと醤油の味香が広がります。 本場の米沢ラーメンよりは、ちょっと色調は濃い目かも知れませんが、当地で馴染んで貰えるようにソフィスティケイトされているのかも知れません。

くりちゃん 米沢らーめん 大盛

麺は最も米沢らしいですね。 多加水タイプの細麺は、平断面タイプでチリメン状の縮れがつけられています。 細麺の上に麺厚は薄いですから、茹で時間はかなり短いですね。 半透明な感じに茹で上げられた麺は、しなやかな舌触りの中に細かいチリメン状の縮れが舌の上をコロコロと刺激します。

勿論スープの絡みは最高。 やや淡麗な味香に仕立てられた醤油味スープは、タップリと口中を満たしても塩辛さに包まれる事はありません。 こりゃあ手繰るほどに美味しいや♪(〃∇〃)

少し甘めのトーンがあるスープも、卓上配置の白コショウを少し多目に振りますと、シャキッと芯の通った味わいになってきて、食べ飽きる事もなく楽しめました。 大盛の麺量は意外と多くて、多分1玉半くらいのようですが、優に200gを越えていたのでは無いかと思います。

降着のお客様が

「らーめん特盛り」

って頼んでましたが、メニューには特盛りってのは書き出されていませんでした。 リピーターさんだから知っているルールですね(#^.^#) この特盛りは2玉だったようですが、どんだけのボリュームになるのか見て見たかったなぁ~ww 遅まきながら訪問してみて良かったです(>▽<)b




支那そば くりちゃん
福島県郡山市安積町笹川南向50-1
電話;024-945-5752
営業時間;11:00~14:00 (LO 13:45)
定休日;月曜日
駐車場;店舗敷地内に8台分ほど

 

麺屋 信成 ~福島県郡山市富田町~

久しぶりに「麺屋 信成」さんの暖簾落ち前に、お店に潜入する事が出来ましたo(*^^*)o いやいや、何だか随分久しぶりな気がしますが、既に翌日に向けての仕込みが着々と進められている店内には、チャーシューを煮込んだ醤油の香りが充満していて、その香りの中に身を置いているだけでも幸せなキブンになれましたよ( *´艸`)

「黒しょうゆらーめん (800円)」

麺屋 信成 黒しょうゆらーめん

相変わらずゴージャスな載せモノの数々とボリューム感。 そのままでチャーシュー麺と言われても、何の違和感も感じないですね♪ とにかく丼から立ち上る濃厚な醤油ダレの香りに、漆黒系ラーメンファンは幸せの序章に包まれるのです(>▽<)b

麺屋 信成 黒しょうゆらーめん

切り出し方を変えた二種類のネギは、それぞれに異なった役目を担っています。 スープに温められてナチュラルな甘味を漂わせたり、濃厚な醤油ダレの後口をサッパリと洗い流す少しの辛味と香り、シャクシャクと瑞々しさを感じさせる食感など、ネギと言ってしまえば単一ですが、切り方の異なるものを組み合わせることで得られる多様な役割が楽しくさえもあります(*^▽^*)

「麺屋 信成」さんが開業以来より使い続け、味と彩りを添えている水菜は、ほんのりとした辛味と、シャキシャキ歯触り、そして噛めば広がる薬味香と、ラーメンの味わいにワンポイントの個性を輝かせ続けています。 大振りだけど柔らかに炊かれているメンマは、ちょいと甘めの味付けで、濃ゆい濃厚醤油味のスープにピッタリ合っているんだなぁ~♪

麺屋 信成 黒しょうゆらーめん

チャーシューはモモ肉とロース肉の合い盛りですが、今日は特にモモ肉の秀逸さに腰を抜かすほど驚きました(〇o〇;) 信じられますか? モモ肉チャーシューが、まるで肉の繊維に沿ってハラリと溶けるように解けるんです。 千切ってるのではなく、箸を入れただけで簡単に裂けていくような目を疑う仕上がりでした(;゚д゚) 一体どんな魔術を使ってるのだろうか・・・( ̄ω ̄;)

麺屋 信成 黒しょうゆらーめん

やや加水率低めのストレート中細麺は、テンションを感じさせる歯触りで歯切れます。 漆黒スープがたっぷりと絡んで、そのまま口の中まで運び込んでくれますので、小麦粉由来の美味しさとスープの美味しさの融合が見事です!

鶏ガラと豚ゲンコツから炊かれたベーススープに、複雑な配合から作り出された醤油ダレの合わせられた漆黒スープは、ラード油膜の適度なオイリーさも加わって、完熟濃厚テイストとなっています。 芳醇な醤油の味香に、甘味と円やかな塩味、醤油自体から押し出される旨味、それらがキレイに纏まって極味を感じさせるものとなっていますO(≧▽≦)O 訪問する時間帯によって、ベーススープの練度も違って来ると思いますが、個人的には13時過ぎのマイルドだけど底力のある押し味に富む時間帯が好きです(o^-^o)

「鳥そぼろごはん (300円)」

麺屋 信成 鳥そぼろごはん

久しぶりにごはんに手を出してしまった(〃∇〃) 随分久しぶりに頂いたなぁ~と思ったら、もう一年半も“ガマンしていた”のね( ̄▽ ̄i)ゝ ふっくらと炒られた鳥そぼろが、少し濃ゆい味わいに味付けされていて、白飯がメチャ旨く頂けちゃいます! そこに黒しょうゆらーめんの残りスープが共にある事の幸せが満喫出来ますよ♪




麺屋 信成 (しんせい)
福島県郡山市富田町坦ノ腰-72-2
電話;024-951-2876
営業時間;11:30~最長20:00
     ※売り切れ次第閉店ですが、最近は15時位で暖簾落ちしています
定休日;水曜日
駐車場;店舗前に10台程度


より大きな地図で 麺屋 信成 を表示
 

たからや食堂 ~福島県郡山市堤下町~

この日も暑い一日でございました。 県内そこここで、激しい雷雨もあったようですが、ボクの仕事場の辺りは、ほんの10分ほどザザッと降っただけでしたので、アッと言う間に道路も乾いちゃいました。

ちょいとヘロッてきましたので、冷や中でも頂こうかなぁ~♪(〃∇〃)と、いつもの食堂へと行ってみたら、いつもなら夕方の出前タイム前なのに、既に暖簾落ちと相成っておりました(´。・ω・。`) どうする、オレ?(`・ω´・ ;)

18時スタートのラ~屋さんまでは待てないし、近くに暖簾を構えるお店で脳内リサーチしたら、この暑さでエアコン無しはちょっとキツいので、文化センター裏手の「たからや食堂」さんに行ってみる事にしました。

こちらも通し営業なので、安心して足を運べるのがありがたいところ。 「こんばんは~(*^▽^*)」と暖簾を潜ってみたら、店内空調が躰に優しい扇風機だけだった(;゚д゚)

確かエアコンがあったはずだけど・・・と見回してみたら、確かにあることはある。 ただし、オブジェと化していた事に気付かなかったオレ('д'|l!)ぁ゙… でも鉄筋マンションの1Fと言う事もあり、窓全開の網戸越しにそよ吹く風もまた一興かな♪

えぇ~っと、冷や中、冷や中・・・ あれっ?(〇o〇;)

な、な、な、無いっ?!

冷や中無いんスかっ!Σ(oДolll)ノノ


これは迂闊だった( ̄▼ ̄|||) 夏の食堂に冷や中は標準だと信じ込んでいました。 まっ、無い物ねだりは迷惑千万ですので、メニューと相談しながら赤文字で“人気メニュー”と書き出されているコチラを頂くとしましょうo(*^^*)o

「ソースカツ丼 (850円)」

たからや食堂 ソースカツ丼

あぁぁぁぁぁノ( ̄0 ̄;)\ やっぱり例によって組膳スタイルですね。 いっぱいお盆に載ってくるんですよ。

たからや食堂 ソースカツ丼

もう三度目だから仰天こそしないけれど、目玉焼きはどうやら毎回のようです。

たからや食堂 ソースカツ丼

ポテサラは味付けが整っているのですが、ナゼかダメ押しのマヨネーズ付き!Ψ( ̄∇ ̄)Ψ 結構萌えるわ♪

たからや食堂 ソースカツ丼

お味噌汁の油揚げがイカダになっているのはご愛敬(*^▽^*) あまり濃すぎない味噌加減がヨロしいですね。

たからや食堂 ソースカツ丼

とんかつは130g程度の豚ロース。 程良く揚げ上がっていて、ちゃんと一点仕上げで供されます。 肉質も上々で、納得のクオリティーですね( *´艸`)

ソースは後掛けタイプで、多分市販品のまま使われているみたいです。 キリッと酸味が立った中濃ソースは、あまり甘味が前面に押し出されませんが、塩味は意外と角が取れていますので、卓上配置のソースで追い込みを掛けても、諄い味になりにくいと思います。

たからや食堂 ソースカツ丼

白飯のボリュームがなかなかのもので、丼七分目に盛りきられています。 そこにキャベツの千切りが挟まれてのソースカツ丼。 なかなかの満腹具合で楽しめました♪




たからや食堂
福島県郡山市堤下町1-8 マンションタカラ
電話;024-922-3594
営業時間;11:00~20:00
定休日;月曜日
駐車場;店舗敷地内に4台分


 

中華飯店 宏昌 ~福島県郡山市大槻町~

福島市ほどでは無いにせよ、この日の郡山市の暑さはかなりのものでしたΣ(゜▽゜;) 公式記録で34.8℃の最高気温でした。 道理で軽トラのエアコンが頼り無さ気だった訳です。 ぼっこれそうになっているのかと思ったら、暑すぎて追いつかないほどだったんですね。 梅雨明けは何時になるか分かりませんが、梅雨の暑さが続きそうです。

さて、この暑さでしたので、冷や中でも頂きたいと思いつつ、仕事先から立ち回れそうなお店を巡回するも、ことごとく定休日にブチ当たりまして、間違いなく開店している「中華飯店 宏昌」さんで救われました。

こちらでも夏季メニューとして冷や中が提供されているのですが、空腹に引っ張られましてテッパンの人気メニューに落ち着いてしまいました( ̄▽ ̄i)ゝ

「麻婆ドンブリ 大盛 (750円+100円)」  (ワカメスープ付き)

宏昌 麻婆ドンブリ 大盛

あの美味しい麻婆豆腐をたっぷりと心ゆくまで楽しみたい一心で、久しぶりに“大盛CALL”しちゃったのですが、出てきてみたら一瞬思考停止(;゚д゚)

あ゛ぁ゛~!そうだったぁ~!(lll゚Д゚)

大盛はラーメン丼に盛られてくるってのを、すっかり忘れていましたノ( ̄0 ̄;)\ 一瞬やっちまった感に包まれましたけど、何が何でも完食せねば・・・Σ(゜▽゜;)

宏昌 麻婆ドンブリ 大盛

少し生姜の香り漂う麻婆餡は、たっぷりとした旨味と親しみ易い麻辣テイストが活きています。 絹ごし豆腐の滑らかな舌触りと、程良くバランスした挽肉のボリューム。 チラッと感じられる豆豉や花椒のアクセントが、白飯をグイグイと食べさせる推進力に満ちています(>▽<)b あぁ、やっぱり美味いっ!

宏昌 麻婆ドンブリ 大盛

「何だかいつにも増してハードルが高いなぁ~( ̄ω ̄;)」

と思ったら、“大盛の大盛”になっていた事は、帰宅後に過去記事を引いてから気付きました(>▽<;;

宏昌 麻婆ドンブリ 大盛

でも、キッチリと寄り切って完食! ハライッパイの美味しい幸せをありがとうございました!




中華飯店 宏昌(こうしょう)
福島県郡山市大槻町北八耕地6-4
電話;024-961-0808
営業時間;【昼の部】11:00~15:00【夜の部】17:00~21:00
定休日;水曜日
駐車場;店舗前に6台分


大きな地図で見る
 

蕎麦家 ~福島県郡山市逢瀬町多田野~

久しぶりの「蕎麦家」さん! 毎年、お店のご近所にご進物お届けの御依頼を頂けるお陰で、平日の真っ昼間に訪問するチャンスがあります♪

蕎麦家

ほぼお昼の時間、店内は既に満席状態でしたが、そこんとこはお一人様の強みで、大テーブルの隙間に相席させて貰う事に成功しましたΨ( ̄∇ ̄)Ψ 店内は冷房はありませんが、三森峠入り口という、ちょっと標高の高い地勢と、優れた自然環境の成せる技で、涼やかな自然風が心地佳く肌を撫でて行きます。

蕎麦家 蕎麦掻きの揚げ出汁

全てのお客様に振る舞われる、アツアツの「そばがきの揚げ出汁」を頂けば、もっちにとした食感に甘い蕎麦の香りを満喫しながら、濃い目の出汁の美味しさなどとともに、これから供される蕎麦への期待感も高まって来ますo(*^^*)o

「もりそば (750円)」

蕎麦屋 もりそば

洋皿盛りの十割蕎麦は、いつも通りに透明感のある美しい出で立ち。 細い麺線にキレイに裁ち整えられた蕎麦は、程良く水膜が纏わされていて、麺サバケも上々です(o^-^o)

すてきなノリタケの洋皿の縁には、さらしネギ、大根おろし、おろし生ワサビが盛られています。 この作法も「蕎麦家」さんのスタイルです。

蕎麦屋 もりそば

ちょいと手繰って口に運べば、甘い蕎麦の香りと、細切りながらもコシを感じさせる歯触りがあります。 さすが!(>▽<)b おろし生ワサビを蕎麦にちょい載せして、そばつゆにちょい浸けして頂けば、豊かな厚削りカツオ節や宗田節、花カツオ節などの充実した旨味と、キレのあるカエシの味わいに、優しい甘味が繋ぎます。

蕎麦屋 もりそば

このお足でおろし生ワサビが供されるってのも凄いなぁ~と感服します。 その効果は口で言うよりも味わって貰えば分かります( *´艸`) 豊かな風味とほのかな甘味は、おろし立てならではの悦楽ですね。

一気呵成に頂いてしまうには勿体ない! 一手繰り毎に、蕎麦の香りと食感、そばつゆの美味しさを楽しみながら頂いてしまいます。

「いなり寿司 (2個/150円)」

蕎麦屋 いなり寿司

この自家製いなり寿司はリピーターにはマストアイテム。 アメ色っぽく煮込まれた油揚げの美味しさは格別! しかもこのお足ときたもので、早々に売り尽くしになってしまいます。 今日もボクの後のお客様で完売売り尽くしとなり、ありつけなかったお客様が残念そうでした( ̄▽ ̄i)ゝ




蕎麦家
福島県郡山市逢瀬町多田野字上山田原1-317
電話;024-957-2668
営業時間.;11:00~15:00 (売り切れ次第閉店)
定休日; 火曜日 ※2月中は長期休暇


大きな地図で見る
 

一二三食堂 ~福島県本宮市~

本宮市の市街地で創業65年を数える老舗食堂「一二三食堂」さんを初訪問しました(o^-^o) 以前から何度か訪問のチャンスを伺っていたのですが、ついつい遅くなりまして、ようやく初暖簾でございますよ♪

一二三食堂

本宮市には従姉妹宅がありましたので、子供の頃から馴染みある街です(*^▽^*) 駅前界隈はすっかりモダンな佇まいへと、その風情を変えて来ましたが、ここ「一二三食堂」さんの辺りは、まだ自分の記憶と一致する町並みが残っています。 お店の向かい側に指定駐車場も用意されていますので、安心して訪問出来ますが、何よりもありがたいのは通し営業ってところですね! これはポイントが高いわぁ~♪

本宮市ではもう何年も前から、独自に品種改良を行った「本宮烏骨鶏」の飼育が行われており、その名も徐々に知られるようになってきていたところ。 ここ「一二三食堂」さんでは、その「本宮烏骨鶏」で作られる親子丼が頂けるって事で、期待の膨らんでいたところでしたΨ( ̄∇ ̄)Ψ

「冷し中華&本宮烏骨鶏の親子丼ハーフ (750円+650円)」

一二三食堂 冷やし中華&本宮烏骨鶏の親子丼ハーフ

あまりにも暑い日だったもので、“夏の定番・冷し中華”のPOPをモロに受け入れてしまいました( ̄▽ ̄i)ゝ 冷や中もお店によって色々味わいに幅がありますので、老舗食堂の底力を楽しませて貰うにはヨロしいかな?とo(^^o)(o^^)oワクワク

一二三食堂 冷やし中華

美しい錦糸卵にはじまり、千切りキュウリと櫛切りトマト、風格のハムに紅ショウガ。 ワカメまでもがエントリーしているあたりは、伝統食堂の流儀を感じさせますが、その一方ではマヨネーズも添えられていたりと、なかなか賑わいのある盛りつけですv(o ̄∇ ̄o)♪

一二三食堂 冷やし中華

マヨネーズがアルミホイルケースに入れられて、冷や中スープにドンブラコしているのは何とも微笑ましいですが、冷や中マヨ派のボクからしたら、遠慮無くお皿の縁にドボッ!と絞り出して貰った方が嬉しいね(〃∇〃) カラシは小袋添えになっていて、衛生的と言えばそうだけど、ダイナミツクに皿盛りでも無問題です。

一二三食堂 冷やし中華

ハムは冷たく冷やされても、脂質凝固が無いのでスマートですね。 彩りの良さもまた、チャーシューとは異なるメリットです。 冷や中スープはやや穀物酢のハッキリとした香りが感じられます。 塩味、酸味、甘味のバランスは、昔ながらの味わいを思い出されるもの。 ゴマ油に頼ることの無い冷や中スープに、マヨネーズの濃厚さと酸味、ちょいとクリーミーさがあったりして、なかなか楽しめます( *´艸`)

一二三食堂 冷やし中華

麺は中加水タイプなのか、ツルツルと言うよりも、ややボソッとした食感を伝えて来ます。 この点はちょっと意外だったけど、冷や中スープの持ち上げは上々ですよ(* ̄∇ ̄*) 麺量的には世間一般の盛り加減にあたりますので、手に余るの事は無いだろうと思います。 この味わいに昔から慣れ親しんでおられる皆様にとっては、唯一無二の郷土の味わいだと思いますヨ。

一二三食堂 本宮烏骨鶏の親子丼ハーフサイズ

中国の薬膳料理に用いられていたという烏骨鶏の独自クローンである「本宮烏骨鶏」の肉と玉子で作られた親子丼は、肉質の緻密な歯触りと卵黄の凝縮度の高い濃ゆい味わいが印象的です。

一二三食堂 本宮烏骨鶏の親子丼ハーフサイズ

やや本論からズレるかも知れませんが、丼ツユの美味しさが素晴らしい!(>▽<)b 宗田節の豊かな旨味を見事に活かした丼ツユは、ちょっと甘めで絶妙な濃度。 そこに烏骨鶏の卵が見事な火入れ加減でとじてきますので、それだけでも白飯が美味しく頂けちゃうこと請け合いです!

やはり本宮烏骨鶏の肉質はやや固めです。 噛むほどに旨味が感じせられるのは事実ですが、丼ツユのポテンシャルにすっかり心奪われちゃいました(〃∇〃) これあまり本宮烏骨鶏の鶏肉に拘らないで、濃厚な美味しさが楽しめそうな「本宮烏骨鶏の卵丼」で充分に幸せが満喫出来そうな気がしました。

あと、親子丼に添えられて来た味噌汁がとっても美味しかった!ヽ( ̄▽ ̄)ノ 出汁の効き具合も素晴らしかったですが、大変印象的だったのは、多分地味噌と思われる味噌自体の美味しさです! これは価値ありです(*^▽^*)




一二三食堂
福島県本宮市本宮上町35-3
電話;0243-33-2373
営業時間;11:00~20:00
定休日;火曜日
駐車場;店舗向かい側に契約駐車場あり


 

京香 ~福島県郡山市山崎~

郡山警察署の裏手側にある中華食堂「京香」さんを初訪問です。 以前は「山宿」って屋号の伝統的な支那そばを楽しませてくれるお店があった物件です。 こちらに出店する前は、なんとボクの仕事場のすぐ近所で営業されていたのでした。 確かにあった「京香」さん( ̄▽ ̄i)ゝ 働き者のご主人が、出前している姿をどれだけ目にしていたことでしょう。

しかし、実はその事はすっかり忘却の彼方になっていたんですよ(恥) 暖簾を潜ってご店主様に会った瞬間、

「あっ・・・あれっ?( ̄ω ̄;)」

とは思ったんですが、思い出せなかったんですな。 こうして書き付けをしている間に、色々な記憶が甦って来た次第です(=´▽`)ゞ

京香

さて、ちょいとご飯ものでも頂こうかと暖簾を潜ったのですが、メニューを一瞥したら気が変わりました。 とってもお得なセットメニューにまんまと引き込まれましたo(*^^*)o

「日替わりラーメンセット (800円)」

京香 日替わりラーメンセット

この日の日替わりアイテムは、中華メニューの華「酢豚」だって訳ですヨ♪ しかもそこに中華そばと白飯まで付いてきてしまうという、中華定食モノの大三元じゃないですかっ! 素直にこれを頂く事に致しました♪

一人前の中華そばに、半量ほどの酢豚、小ライス、香物、小鉢(冷奴)が付いてきて800円は魅力的でしょう(>▽<)b サービス精神旺盛ですねぇ~ モチロン酢豚はオーダーを受けてから食材の油通しから始まって、一点仕上げで仕立ててくれるっていうのも嬉しいところ。

京香 日替わりラーメンセット

中華そばはラーメン専業店さんのソレとは異なり、何かのエッジが研ぎ澄まされたタイプでは無く、誰にでも親しみ易いマイルドなものです。

京香 日替わりラーメンセット

載せモノはバラロールチャーシューともう一片チャーシューがありましたが、ことらは部位までは自信を持って判断出来ません。 アメ色に近いメンマは、やや柔らか目で甘味と少しピリッとした辛味が効かされています。 あとは、白ネギ刻みと海苔、そしてナルトが郷愁を誘います。

スープはちょっと甘めで醤油ダレも角の立たない優しい印象。 他の料理のベーススープにもなりますので、ニボシや節系素材は使われていません。 ほのかに生姜やニンニクも感じられますが、それ以上に野菜や乾物からの甘味が印象的です。 動物系素材は鶏ガラと豚ゲンコツでしょうか? 穏やかな旨味に感じられます。

京香 日替わりラーメンセット

麺は加水率高めのストレート中麺。 あまりグルテンが溶け出さないように仕立てられているのは、やはり出前でも伸び難くするためでしょうか。 程良くコシがあり、ツルツル感が前面に押し出されていますね。 優しいタッチのスープの中に麺を泳がせるほどたっぷり注がれていて、これまた嬉しいかな♪

京香 日替わりラーメンセット

酢豚はやや味濃い目。 甘酢に若干塩味が強めに効かされていますが、白飯と共に楽しむ事が前提の味付けでしょうね(*^▽^*) 当然ながらオン・ザ・ライスして楽しませて貰いましたぁ~ヽ( ̄▽ ̄)ノ 久々の酢豚、ウマァ~♪( *´艸`) ニンジンまで油通しでちゃんと熱が入っていて、良い食感と甘味の活性した塩梅だったのは良いですね。 あれこれ食べてみたいもの満載ですo(*^^*)o




京香
福島県郡山市山崎403-6
電話;024-924-0605
営業時間;【昼の部】11:00~16:00 【夜の部】17:00~21:00
定休日;水曜日
駐車場;店舗前に3台分ほど

 

日本一食堂 ~福島県郡山市麓山~

まるで“宝の山”のようなメニューに、すっかり興味津々の「日本一食堂」さんをまた訪問しちゃいましたo(*^^*)o もう夕刻になってたから、来店客だけではなく、出前のほうも次々と入っていたようです。 それでもお昼時に比べたら全然余裕の店主夫妻って感じでしたね(*^▽^*)

「チキンかつカレー (800円)」

日本一食堂 チキンかつカレー

好きなんです! チキンカツ♪( *´艸`)

そこにカレーが加わっちゃうんですから、ボクにとっては盆と正月が一緒に来るような、鴨がネギ背負って飛び込んでくるような、ほぼコブラツイストを極められちゃったようなもんです(=´▽`)ゞ

日本一食堂 チキンかつカレー

ややブラッキーなカレールーは、かなり煮込まれているようで、野菜はもちろん、豚肉もほとんど崩れてルーの中。 かなり粘性は高く重力に負けて流れ出さない貫禄あるもの。 スパイシーな香りはやや控え目ながら、カイエンペッパーも仄かに感じられ、食堂系カレーにありがち、塩味だけが突出したようなテイストに非ずです(*^▽^*)

日本一食堂 チキンかつカレー

どちらかと言えばやや味濃い目で、あまり甘さを前面に出さない中辛口タイプのカレー・ルーです。 白飯に嬉しい由緒正しいニッポンのカレーライスですね。 それに加えて、丁寧に切り揃えられた千切りキャベツがオン・ザ・ライスされて来て、適度に瑞々しさを加えてくれるのもツボです。

日本一食堂 チキンかつカレー

チキンカツは揚げ立てサクサクのところに、カレールーが掛け回されています。 胸肉が使われているらしく、80g程度のものが2個、衣を崩すこともなくキレイにカットされていました。 切り口からは肉汁が見て取れて、これまたイイ感じ。

好み次第で卓上配置のソースを足してみるのも一興です。 そんなにボリューム満点とは思わずに頂いたのですが、食べ進めてみますとこれがなかなか侮れませぬ(^◇^;) 程良くハライッパイを満喫出来る、頃合いのサイズでした(o^-^o) 魅惑のメニューのフルコンプの道は遠い・・・(`・ω´・ ;)




日本一食堂
福島県郡山市麓山1-12-4
電話;024-932-5441
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:00~20:00
定休日;月曜日
駐車場;7台分あり

 

【御案内】 2015年 日本風景写真協会 福島支部写真展

県内でもトップレベルの風景写真カメラマンさんが集まる「日本風景写真協会 福島支部写真展」が今週末より開催されます。

写真クラブの主宰、写真教室のインストラクター、写真コンペティションの審査員など、各方面で重要なポストに就いておられる指導員レベルのカメラマン様方ばかりです。 今年の「会員二人展」にはウチの和田会長の「長野散策」というタイトルでの出展もあります。 エヘヘ、楽しみ、楽しみ♪(〃∇〃)

入場は無料となっておりますし、写真撮影の趣味人さんでなくも、その美しい写真を見るだけで目を楽しませるられる事請け合いです。 今まで知らなかった素晴らしい景観の地を知る事も、現地へと出掛けて見る楽しみを、より一層刺激してくれると思います。 尚、展示会場内は撮影禁止となっておりますので、ご理解とご協力をお願いします。

日本風景写真協会 福島支部写真展
        ↑ Clickで拡大 ↑

日本風景写真協会福島支部 写真展
開催期間;2015年7月17日(金)~20日(月) 【入場無料】
公開時間;9:00~16:30 ※最終日は16:00まで
開催会場;本宮市白沢ふれあい文化ホール
      福島県本宮市白岩字堤崎500 電話;0243-44-3185


大きな地図で見る

 

食菜酒楽 Fu-Ro-Ya (ふろや) ~福島県郡山市安積町~

先月は珍しく一度も訪問出来なかった「食菜酒楽 Fu-Ro-Ya」さんでしたが、夏メニューを頂きに行って来ましたよo(*^^*)o すっかり人気者になっている「マヨ支那」が、“夏限定スペック”で提供されていました。 一日限定5食というハードルもありますので、ちょいと頑張って早めに暖簾を潜りました。

「夏のマヨ支那 醤油だれ (880円)」

Fu-Ro-Ya 夏のマヨ支那 醤油味

マヨダク、大歓迎 v(o ̄∇ ̄o)♪

マヨラーには阿鼻叫喚の景色ではありませんか(〃∇〃) 遠慮無く網の目状に振りまかれたマヨネーズが、冷や中スタイルの甘酢醤油だれに合わない訳もなくO(≧▽≦)O

Fu-Ro-Ya 夏のマヨ支那 醤油味

今年のマヨ支那はチャーシューから生ハムにスイッチされています。 Fu-Ro-Yaさんのチャーシューはとっても美味しい! でも冷たい麺との相性を考えれば、生ハムもまた大いにアリの選択ですね。

Fu-Ro-Ya 夏のマヨ支那 醤油味

温玉がセンターに据えられていますが、半熟味玉はもしかするとお振る舞いとして仕込んで下さったのかも知れません。 えぇ、もちろんマヨと玉子の相性は良いに決まっています♪ たまらんのぉ~(ノ´∀`*)

Fu-Ro-Ya 夏のマヨ支那 醤油味

氷水で洗い締めされた多加水系熟成中細麺は、コキッとするほどの歯触りとコシの強さ。 マヨネーズ効果もあって、粘性ノリノリのスープがバッチリと絡んで来てウマし! 甘酢と醤油の味わいにマヨネーズのクリーミーさとマイルドな酸味が加わり、手繰るほどに口中が美味しさに満たされます。

今年は更にピリ辛甘酢風の「塩だれ」仕立ても用意されていますので、新味にチャレンジしてみたい方には、特に響くかもむ知れませんね(o^-^o) と、言う事で「塩だれ」は次回に持ち越しです。





食菜酒楽 Fu-Ro-Ya (ふろや)
福島県郡山市安積町荒井字林の越1-7
電話;024-946-2122
営業時間;【昼の部・月~金】11:30~13:30 ※夜の部の準備の為、お休みを頂いたり早仕舞いもあります
      【夜の部】18:00~00:00 (L.O.23:30)
     ※ラーメンの提供は月~金の昼の部、夜の部はその日の営業状況によります。
定休日;日曜日
駐車場;店舗前と裏に合計10台


 

自家製麺 じゃじゃ。 ~福島県郡山市西ノ内~

「自家製麺じゃじゃ。」さんの醤油味「中華そば」が、何やら凄いレベルに達しているよ?とのタレコミ情報を頂きまして、夜の部の営業に潜入致しましたo(*^^*)o

すっかり「つけ麺」“スパイシーかつしょっぱさの極み”の魔力に囚われていた私ですので、中華そばを所望したら、

「えぇ~?今日はまたどうしちゃったんですか?(⌒▽⌒;)」

と質される始末Σ(゜▽゜;) スマン・・・ 本当は総花したいのは山々なのだが、スッパイのとか、とりわけ梅干しとか、すんげぇ~苦手なんだわ( ̄▼ ̄|||) でもそれ以上に「つけ麺」に首ったけな私です( ̄∇ ̄*)ゞ

「中華そば (700円)」 ※味玉振る舞って頂きました(〃∇〃)

じゃじゃ。 中華そば

いやいや、味玉ごっつぉさんです!(〃'∇'〃)ゝ おかげでとってもゴージャスなんですが♪ 実は醤油味の「中華そば」はレセプションの時に一度頂いたきりという体たらくでして、こんなに変貌を遂げていたとはこの時まで知りませんでした('д'|l!)ぁ゙…

見るからに醤油ダレのバシッと効いていそうな感じになりましたね♪ そして驚くほどのインパクト有る追い節の香りと冴え冴えとした旨味に、すっかり一発KOされちゃいましたよ! なんでもこの日の追い節は、かなりのスペシャルだったそうで、今後の進化を占う大切な布石だったらしいです。 そんなタイミングで頂けた事は、本当に幸運としか言いようが無いですね(>▽<)b

じゃじゃ。 中華そば

スープの表層を見るだけで、追い節の粒状片が見て取れます。 鶏ガラと鶏胸肉にちょびっと豚ゲンコツを足して炊いたベーススープは、以前にも増して底力を感じます。 鶏足した?σ( ̄、 ̄=) チー油はしっかり張られていますが、ベーススープの力強さが効いていますので、全く負ける気配はありません。

驚きのスペシャル追い節は、アグレッシブなほどにグイグイと旨味を発していますが、ちゃんとベーススープが消し飛んだりはしていないんですね。 こんなキレキレのダブルスープはなかなかお目に掛かれないなぁ~ 中毒性増長しちゃいますよ(^◇^;)

じゃじゃ。 中華そば

載せモノは鶏胸肉のチャーシューに、丁寧に焼き入れの施された豚バラチャーシュー。 コリコリとしんなりの入り交じった多彩な食感のメンマ、さらしネギと万能ネギ、そして海苔ですね。 ゴチになった半熟味玉は、黄身の濃厚さとちょい甘めの味付けがしっかりと染み入ったお味で、かなぁ~~り美味しいです!

じゃじゃ。 中華そば

自家製ストレート細麺は、非熟成タイプの打ち立て多加水麺。 これがどんな技が使われているのか、驚くべき張りのある食感で、弾けるような歯切れの食感。 当然ながら表面張力が効きまくりですので、スープの絡みは最高です。

噛むほどに弾けるような食感は、最後まで楽しむ事が出来るのですから、またビックリです(〇o〇;) なんだこの麺! 相変わらず食べ手を楽しませる仕掛けがいろいろと仕組まれていますなぁ~♪( *´艸`)




自家製麺 じゃじゃ。(じゃじゃまる)
福島県郡山市西ノ内2-19-12
電話;024-954-8606
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】18:00~21:00頃 ※売り切れ次第閉店
定休日;火曜日、月一不定休あり
駐車場;店舗敷地内に2台分


大きな地図で見る
 

採用感謝 ザ!鉄腕!DASH!!

本日[2015/07/12]、日本テレビ系の人気バラエティー番組『ザ!鉄腕!DASH!!』『0円食堂』のコーナーで、拙写の写真をお取り立て頂きました。 福島県の蕎麦を紹介するシーンでお使いになりたいとの旨でオッファーを頂き誠に嬉しく存知ます。

今回お目に止めて頂いたのは、南会津の「会津高原たかつえ」の蕎麦畑で撮影した作品です。 満開の蕎麦の花咲く広大な畑に、朝霧のヴェールが幻想的な風景を楽しませてくれた日でした(o^-^o)

朝霧の蕎麦畑
[2010/09/05 会津高原たかつえの蕎麦畑] <↑ Clickで拡大表示します>

美しい私達の郷土の風景、そして多彩な美味食材、旨い食いものと飲み物の宝庫でもある福島県です。 観光ってカタチで大歓迎ですから、足を運んで頂き自分の目で確かめ、自分の味覚で味わい、「福島ってこんなだったよ」とメセナになって頂ける方が一人でも増えて頂ければ願っています。

こうして写真がお取り立て頂けたのも、日頃よりご訪問頂いている皆様のお力添えの賜物です。 誠にありがたく感謝申し上げます。
 

雨後の紫陽花

梅雨の中休みなのか、一昨日から急に真夏を思わせる陽気となっています。 昨日の最高気温は、遂に真夏日となりました。 今日はもっと暑いって話ですが、さて、どうなる事でしょうか・・・

雨後の紫陽花 #1
[2015/7/5 雨後の紫陽花 #1]  <↑ Clickで拡大>

このところ朝撮りに全く出掛けられませんもので、仕事場の近所の紫陽花の花にモデルさんになってもらって、普段はあまり出番の少ないマクロレンズの修練を楽しみました(*^▽^*)

雨後の紫陽花 #2
[2015/7/5 雨後の紫陽花 #2]  <↑ Clickで拡大>

ほんのお遊びのつもりで始めたのですが、ついつい時間が経つのも忘れてしまい、たった一株の紫陽花で気が付いたら40分くらい粘着していました('д'|l!)ぁ゙…

雨後の紫陽花 #3
[2015/7/5 雨後の紫陽花 #3]  <↑ Clickで拡大>

梅雨の本番はまだこれからかも知れませんが、紫陽花の花はそろそろ終わりでしょうか。 睡蓮や蓮の花が見頃になっていますね(o^-^o) 
 

Coffee & キッチン いずみ ~福島県郡山市咲田~

ご近所の鬼子母神神社の大祭で、道路が一部通行止めになっていて、そこを迂回して通行していたら、フッと思い出したのが「Coffee & キッチン いずみ」さんです。 一度訪問したきりになっていたのですが、ここには是非とも頂いておきたかったメニューがあります。

夜の部は確か18時にならないとグランドメニューに対応出来なかったはずσ( ̄、 ̄=) ドアを開けてマダムに

「もう食事って頂けますか?」
とお尋ねしたら、

「もう大丈夫ですよ(*^▽^*) さあどうぞ♪」
と招き入れて頂きました。

既にシェフがキッチンに入っていたようです。 まだ若いシェフなのですが、前回頂いてみたら赤スパが美味しくて仰け反った経験ありです(>▽<)b 今回頂いたのはコチラ♪( *´艸`)

「ソースかつ丼 (850円)」 (香物、味噌汁、デミコーヒー付き)

Coffee & キッチン いずみ ソースかつ丼

ウワサには聞いていましたが、本当に驚かされる程のモリモリ加減で、思わず「うわっ♪ヽ( ̄▽ ̄)ノ」っ声が漏れちゃいました。

味噌汁椀は標準的なサイズですから、丼の大きさがかなりデカいのは察して頂けましょう。 直径だけではなく、器の深さもかなりのものでして、デフォで大盛レベルのご飯が盛り込まれていますよΣ(゜▽゜;)

Coffee & キッチン いずみ ソースかつ丼

そんでもって、きれいに細切りに切り揃えられた千切りキャベツがたっぷりと布かれた上に、ものの見事な揚げ立て豚ローストンカツがドッカ~ン!と鎮座しています。

この細切り千切りキャベツってところがまたミソでして、口にした時の食感の良さはモチロンですが、白飯とトンカツ、そしてソースの三要素で適度に蒸されますと、ややしなやかな食感へと変化して来ます。 箸が進み易いってのは、そのへんの細やかな一手が効いていると思います。

これ、確実に250g越えしてるんじゃないかな? 気軽に頼んじゃったけど、これって普通のランチレベルじゃ無いよね? 一気にテンション上がるわぁ~♪(>▽<)b

Coffee & キッチン いずみ ソースかつ丼

自家調整ソースは、酸味の効いたややシャープな味。 甘さに頼らず、巧みにバランス取りされています。 揚げ立てトンカツを一度ソースに通しているのか、香ばしい香りと良い感じに衣にソースが染みていながらも、衣がグダグダになっていません。 衣の剥離もなく、確かな調理技術も伝わって来ます。

Coffee & キッチン いずみ ソースかつ丼

肉質も上々で、良い歯応えと柔らかさのバランスが取れていて、歯切れ良く頂けるのも嬉しいです。 こりゃあ、トンカツ専門店を彷彿とさせる素晴らしい出来映えじゃないですか(>▽<)b 別皿で供される練りカラシは、程良くユル目にされていますので、トンカツに塗り伸ばしし易いのもヨロしいです。

また、共添えされる味噌汁の美味しさにも驚きです! この日はナメコと豆腐に三つ葉があしらわれていましたが、出汁の確かな美味しさと味噌の濃度、そして三つ葉の清々しい風味が見事にマッチしていましたΨ( ̄∇ ̄)Ψ こういったところに手抜きがないのは、間違いなく美味しいって証にもなりますね。

さてこの大丼のソースかつ丼ですが、やはりなかなかの強豪でして、ちょっと油断したらハングしちゃいそうなほどのボリュームでした。 もし完食の自信がなければ、ご飯少な目とか手加減を願い出ても宜しいかと思います。 それでも美味しさに何ら翳りはありませんからね(o^-^o)

食後にはマダムが豆から挽き立て淹れ立てコーヒーをサーブしてくれました。 さすが美味いっ! これで850円とはとても信じ難いですね。 然るべきエリア内で提供されていたら、1kオーバーでも大評判にならないハズは無いというほどの秀逸さでした。 郡山市内でも、ボクが知る限り味わいやCPなど鑑みて、トップクラスのソースかつ丼だと思いましたヽ( ̄▽ ̄)ノ 今度は友達を連れて行こう!




Coffee & キッチン いずみ
福島県郡山市咲田1-11-22
電話;024-938-7474
営業時間;10:00~22:00 (LO 21:00) ※ランチタイム;11:30~14:00
定休日;月曜日
駐車場;店舗敷地内にあり


より大きな地図で Coffee & キッチンいずみ を表示
 

麺処 あんかつ ~福島県福島市松川町~

「麺処 あんかつ」さんの夜の部営業が始まり、ようやく暖簾を潜る事が出来ましたo(@^◇^@)o 開店以来出足好調のようで、何よりではございませんか♪

麺処あんかつ

この時はは「たなつものSHOKUDO」さんの後に訪問したので、ほぼラス客になっちゃいましたが、ご家族連れのお客様の姿もありましたし、リピーター様にも恵まれているようですな♪ いや、良かった良かった(*^▽^*)

「醤油 トッピング三種増し (750円+300円)」

麺処あんかつ 醤油 トッピング三種増し

追い節のリッチな香り立ちは、品の良いバランスに落ち着きましたね(o^-^o) 鶏出汁の旨味もまた卒のないバランスで食べさせるタイプになりました。 どなたでも受け入れ易いマイルドさを身に付けたようです。

麺処あんかつ 醤油 トッピング三種増し

「トッピング三種増し」は、味玉、チャーシュー増し、メンマ増しのトッピング。 グッと豪勢なラーメンになりますな♪

麺処あんかつ 醤油 トッピング三種増し

チャーシューはモモ肉とバラ肉の合い盛りとされており、ほんのりロゼ色なモモ肉チャーシューはしっとりとした柔らかさで、肉の旨味を感じさせます。 バラ肉はワイルドさこそありませんが、やっぱり脂身が旨い♪ この脂身からスープへ移る味わいが、スープに極味を与えます。

麺処あんかつ 醤油 トッピング三種増し

スープの表面には、チー油の油膜と共に、秘伝の節のツブツブが見て取れます。 そこに合わせられる醤油は、やや強めの色合いにも関わらず、優しく角の取れた塩味と、ふっくらと醤油自体からの旨味感が膨らむ味わいです。

麺処あんかつ 醤油 トッピング三種増し

委託製麺の全粒粉ブレンド細麺は、加水率低めでパツッと張りのある秀逸な歯触り。 小麦の香りを感じさせながら、やや麺の表面がざらついているのか、スープの絡みが一際良く感じられます。

時間の経過と共に、麺にスープが染み入って来ると、いくぶんソフトな食感へと変わりますが、追い節の豊かな風味がグイグイと麺に入っている感じです。 こりゃあ麺自体がメチャ旨い(>▽<)b

少し醤油ダレが薄いかなぁ~と感じたのは最初だけ。 食べ進んで行く内に、スープの旨味や味香をマスキングしない、勇気ある抑えである事が分かります(o^-^o) これ、完汁するなってのが無理ですよ(^◇^;) 美味しかったわぁ~♪




麺処 あんかつ
福島県福島市松川町字鼓ヶ岡38-2
電話;024-502-6452
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:30~20:00
定休日;水曜日
駐車場;店舗北隣(右側)にあり


 

支那そば 正月屋 ~福島県郡山市桑野~

担々麺を頂くには、少し蒸し暑い陽気。 でも何とか坦々したいっ!(。>0<。) って事で、ハタと気が付きましたo(*^^*)o

そうだ!アレがあるじゃないですか♪

イソイソと向かうは、名店「支那そば 正月屋」さんです。

「スペシャルつけ麺 (900円)」 ※どなたでもリクエスト頂けます。

正月屋 スペシャルつけ麺

「コク辛つけ麺」ではなく「スペシャルで!」とCALLすれば、どなたにでも対応してくれます(o^-^o) いっそのこと、正規のグランド・メニューに昇格しちゃえば?と思わないでもありませんが、まあそのへんはヨシとしましょう。

正月屋 スペシャルつけ麺

真っ赤っかの漬け汁は、ピリッと痺れる山椒の刺激が心地佳し(>▽<)b 担々麺チックなゴマペーストに、伊達鶏の出汁ベースの美味しいスープが合わせられ、なかなか濃厚なゴマ風味が楽しめます。

正月屋 スペシャルつけ麺

流水で洗い締めされた麺と共に盛り付けられている具材は、目からも楽しませるように考えられています。 食べ手任せで好きなように楽しめるのはヨロシイですね。

自家製中太麺は、打ち立ての中加水タイプ。 手揉みでちぢれの掛けられた麺は、小麦粉の風味も漂いコシのある食感と、ツルッと滑らかな舌触り。

正月屋 スペシャルつけ麺

漬け汁を潜らせて手繰れば、のさに最初の印象は坦々つけ麺(o^-^o) 甘さに逃げないで、真っ正面からチューニングされた漬け汁は、結構シャープな味わいながら、白ゴマの濃厚でナッティーな、そして少しクリーミーさのある味わいの中で、巧い具合に調和しています。

多分1.5玉相当ほどの盛りのハズですが、テンポ良く手繰っているので、アッと言う間に食べ尽くしてしまいます。 とてもコク辛そばと同じスープとは思えない完成度の高さです。

正月屋 コク辛雑炊

ザックザクと麺を頂いたら、是非ともお薦めしたいのは「白飯 (130円)」の追加ですΨ( ̄∇ ̄)Ψ これを漬け汁に豪快にドボンしちゃって、色んな具材を飾れば坦々雑炊の出来上がりです。

正月屋 コク辛雑炊

温玉は出来ればここまで取っておいて、本領発揮とさせて頂きたい! だってとっても美味しいんですもん♪(〃∇〃)




支那そば 正月屋
福島県郡山市桑野2-7-15
電話;024-935-6363
定休日;水曜日
営業時間;(昼の部)11:00~15:30、(夜の部)17:00~20:45


より大きな地図で 支那そば 正月屋 を表示
 

たなつものSHOKUDOU ~福島県福島市置賜町~

なかなか再訪出来ないままに、2年ぶりに訪問した「たなつものSHOKUDO」さんです。 自然派の美味しい食べ物を、積極的に紹介するお店ですが、今や「たなつものブランド」として食品流通に一石を投じるレベルにまで急成長を遂げています(o^-^o)

たなつものSHOKUDO

夏向きの限定メニューで盛り上がっている様子が、方々から聞こえてきておりましたので、福島市に用事を作って行っちゃいましたo(*^^*)o

「フィトケミカル冷やしベジソバ 豆乳味 (900円)」

たなつものSHOKUDO フィトケミカル冷やしベジソバ 豆乳味

現在、豆乳、エゴマ、モロヘイヤ、トウモロコシ、ナス、トマトと6種類のテイストが一堂にリリースされていました(;゚д゚) そりゃあ迷うわΣ(゜▽゜;) それぞれに異なる味付けがされている訳で、こりゃあ創作するのも大変だけど、店頭で調理するのも手数が掛かります。 なんたって、麺類のみで営業している訳ではありませんから、こりゃあ大変だ(^◇^;)

たなつものSHOKUDO フィトケミカル冷やしベジソバ 豆乳味

アサガオ型の白丼に、冷たく冷やされたベジソバが盛られ、別皿添えで具材が供されてきます。 この時点で既に“ラーメン”というカテゴリーからは離反しているかしらね? 

たなつものSHOKUDO フィトケミカル冷やしベジソバ 豆乳味

国産大豆のみで絞られた豆乳を大胆に用いたベジソバは、軽快さの中にもクリーミーな舌触り。 直載せされているのは大豆、剥き蕎麦の実、あとパウダー状のものはきな粉なのでしょうか? オリジナルブレンドの良質な油が散らされていて、かち割り氷が最後まで冷え冷えを約束してくれます。

たなつものSHOKUDO フィトケミカル冷やしベジソバ 豆乳味

具材ディッシュは、キュウリの千切りがモッサリと小山盛りとされていて、クレソンや刻みネギ、そして大きな穂先メンマと真空低温調理なのか、ピンク色のモモ肉っぽい細切りチャーシューがあしらわれています。

たなつものSHOKUDO フィトケミカル冷やしベジソバ 豆乳味

これらを好みでオン・ザ・麺する訳ですが、盛り付けセンスには目をつぶっておいて頂きたい( ̄▽ ̄i)ゝ 大量のキュウリの千切りがジャクジャクとした食感と共に、瑞々しさで口中を満たします。 チャーシューのソフトな歯触りと歯切れの良さ、味わうほどに肉の旨味がジワジワと広がります。

たなつものSHOKUDO フィトケミカル冷やしベジソバ 豆乳味

麺はお約束通りの、稲庭中華そば。 ニュルンとしなやかな舌触りと共に、ベジスープをたっぷりと絡めて口に運んでくれます。 豆乳独特の生臭みのニュアンスは全く感じられず、

「とても身体に良いものを口にしているなぁ~(〃∇〃)」

と感じてしまうのが不思議です。 妙な苦味やエゴ味か無くて、ひたすらスムーズに喉を通って行く感じですね。 味付けも意図的に抑え加減にされているのでしょう。 豆乳ってこんなに上品なんだ?!と気付かされたベジソバでした(o^-^o)




たなつものSHOKUDOU (URL)
福島県福島市置賜町8-8 パセナカMISSE1F
電話;024-573-8856
営業時間;【昼の部】11:30~14:00(LO 13:45) 【夜の部】17:30~24:00(LO 23:00)※日曜日は22:00まで(LO 21:00)
定休日;火曜
駐車場;指定駐車場「ぱーきんぐパセオ」 ご利用で3時間無料


大きな地図で見る
 

【御案内】 写真倶楽部かずら会 写真展2015

昨年も訪問して来たクラブ写真展です。 今年も開催の情報をキャッチしましたので、以下の通り御案内申し上げます。

かずら会写真展
        ↑ Clickで拡大 ↑

写真倶楽部かずら会 写真展2015
開催期間;2015年7月8日(木)~7月13日(月)
公開時間;10:00~17:00 ※7月13日(月)は16:00まで
開催会場;「アトリエかしわ」 開成柏屋2F
      福島県郡山市朝日1-13-5 電話;024-922-5533


大きな地図で見る


 

郡山大勝軒 ~福島県郡山市富田町~

まさか大勝軒の暖簾の下で、冷や中が食べられる日が来るとは、全く想定していませんでした。 それはお店の方々の“賄いメシ”ではなく、堂々たるメニュー商品として登場したのですから、期待するなと言うのが無理ってものです(〃∇〃)

「冷やし中華 中盛 (770円)」 ※味玉ゴチになっちゃいました( ̄∇ ̄*)ゞ

郡山大勝軒 冷やし中華 中盛

“夏季限定メニュー”としてリリースされたばかりの「冷やし中華」は、大盛でも同料金という、大勝軒ならではのお得感に満ちた価格設定です。 麺量中盛は、どうやらつけ麺に準じた麺量になるようで、茹で前300gの中盛でも、載せモノを盛り付けますと、丼からこぼれ落ちそうなほどのボリュームですw( ̄▽ ̄;)w

千切りレタスやミニトマトが今までお目に掛かった事のない載せモノですが、それ以上に気になる存在は櫛切りレモンです。

「これ、どういう冷や中スープなんだろう?σ( ̄、 ̄=)」

と想像を膨らませるに充分なものです。 メンマはレギュラー載せモノですが、チャーシューではなく以前夕方から限定提供されていた「大勝軒風担々麺」であしらわれていた、甘じょっぱい味付けの施された挽肉がドサ載せされてました。 しかもマヨ載せになっているじゃ無いっスか♪ マヨ、増量頼みたいくらいですww

郡山大勝軒 冷やし中華 中盛

さてさて、どんな冷や中スープが潜んでいるのでしょうか?と具材をちょいと移動して自家製太麺をやにわ手繰ってみましたら、やややこれはゴマ味ではありませんかっ゚+.(ノ。’▽’)ノ*.オオォォ☆゚・:*☆

ゴマのナッティーな味わいに甘味と酸味がバランス良く備わっていて、イイ感じに濃厚さがありながら、決して重すぎないという、なかなか卓越した味決めがなされていますよ♪ 若干甘めに振ってあるのは、櫛切りレモンで手前調整してねっ!というメッセージでしょうかΨ( ̄∇ ̄)Ψ

郡山大勝軒 冷やし中華 中盛

辛味ネギが載っていたのですが、これがまたとっても良く合っていて、食べ手を驚かせるようなサプライズ演出こそありませんが、本当にスキのない緻密で誰にでも美味しいと言って貰えそうな味わいを作りだしています。

麺は言うまでもなく、伝家の宝刀・自家製太麺! つけ麺同様に洗い締めされた麺は、氷などで増し締めされていません。 お陰で程良い歯応えに納まっている感じです。 これが締めすぎていたら、喉越しの良さは活かせませんし、食べ疲れてしまうと思います。 これはGJです(o^-^o)

郡山大勝軒 冷やし中華 中盛

適度に食べ進めてきたところで、件の櫛切りレモンをギュギュッと搾りますと、冷や中スープのディテールが引き締まり、レモン果汁のフルーティーさと鋭い酸味が味覚を再活性させます。 後はお好み次第で卓上配置のラー油などもお薦めアイテムになるかも知れません。

つけ麺とは異なり、漬け汁で温められることのない麺は、なかなかのやんちゃぶりでして、シャツには冷や中スープが何発も被弾しておりましたΣ(゜▽゜;) とっても美味しかったけど、被弾注意で!Ψ(`∀´)Ψウケケケ




郡山大勝軒
福島県郡山市富田町乙路後18-1
電話:024-935-4262
営業時間:11:00~21:00(スープが無くなるまで)
定休日:毎週水曜日
駐車場:店舗前に4 台分 店舗横の指定駐車場に12台分くらい


大きな地図で見る
 

コンドル軒 ~福島県郡山市朝日~

先週[2015/07/01]開店した「コンドル軒」さんを訪問しました。 場所は内環状線とうねめ通り交差点角より西へ30mほど先の物件。 以前は「鉄鉢」があったところです。 随分永らく空きテナントになっていたのですが、一等地の地の利を活かして、年中無休で26時まで営業って事です。

コンドル軒

初耳の屋号で、いったいどういうお店かしら?σ( ̄、 ̄=)と思ったら、「麺屋くさび」などを運営する会社の新ブランドでした。 なるほど、あの会社ならやれそうです。

「味噌 (788円)」 ※開店キャンペーンで540円

コンドル軒 味噌

想像していたよりもモリモリな感じで登場ヾ(^▽^* モヤシと玉ネギを炎を上げながら炒めてオン・ザ・麺されとります。 ちょっと厚手の豚バラチャーシューや白髪ネギにカイワレダイコン、フライドオニオンの香ばしさに香る海苔など、“常に大衆を見る”ことに長けた手腕がチラ見えします。

コンドル軒 味噌

ベーススープはお得意の濃厚豚骨でしょう。 そこにサバ節やニボシなどの魚介系素材が合わせられているようです。 味噌は白味噌の比率が高いのか、なかなか濃度の高さを感じさせますが、品の良い風味に納まっています。

コンドル軒 味噌

クリーミーなスープからはニンニクの香りも感じられますが、食べ進む内にあまり気にならなくなります。 辛味はさほど立っていませんので、どなたにも食べ易いでしょうか? 卓上配置の七味唐辛子やミル入りの黒コショウなどで、好み次第で調整するのも良いでしょう。

コンドル軒 味噌

麺はなかなかの暴れん坊さん(^◇^;) ゴリッとするような歯応えがあり、それをワシワシと噛み頂くのも楽しいものです。 粘性の高い味噌スープが麺にヒタヒタと絡みつきますが、この極太麺ならお手上げになる事は無いでしょう(o^-^o)

白髪ネギやカイワレダイコンなどの瑞々しさと少しばかりの辛味、炒め野菜の甘味と濃度中和効果で、かなりヘビー目な味噌スープも、抵抗無く頂けちゃうのも予定調和なのでしょう。

コンドル軒 味噌

味付けが穏やかに抑えられていますので、驚かされるような事は無いだろうと思います。 もう半押しの味の濃さがあっても、このスープならしっかりと受け止められるのでは無いかと思います。 それだけの余力があるパワフルスープでした(* ̄∇ ̄*)




コンドル軒
福島県郡山市朝日3-2-30
電話;024-926-0516
営業時間;11:00~26:00
定休日;年中無休
駐車場;店舗敷地内に6台分ほど