FC2ブログ

「麺屋 信成」臨時休業のお知らせ

お馴染みの人気店「麺屋 信成」さんの臨時休業のお知らせです。 2015年6月19日(金)~6月24日(水)まで、休業となります。

麺屋 信成

ボクも今日、暖簾落ちの憂き目に遭いまして、ちょいと禁断症状がプルルッと来ています(^◇^;) 完全に“信成スイッチ”を入れてお店に出掛けたら、思い切りガッカリされてしまうお客様が一人でも少なくなりますように、程良~く拡散宜しくお願いします。

尚、店主夫妻の病とか家庭不和といったおっかない事では無く、集中してお勉強し英気を養うための休業ですのでご安心を。 ボクも皆様と同じく、再始動を待ち焦がれておりますo(*^^*)o
 

桧山高原風力発電所

以前から現地に行ってみたいと思っていた「桧山高原風力発電所」に、あぶくま洞ラベンダー園の訪問後に立ち回りました。 直線ではそんなに遠い距離では無さそうですが、道なりに目的地を目指しますと、片道23kmほどありました。 そりゃあ仕方ないですよね( ̄▽ ̄i)ゝ

田村市常葉町と川内村に跨るこの風力発電所は、標高900m~1,000mの高地にあり、最大発電量2,000kwの大型風力発電機が14機据えられています。 郡山布引風の高原に設置されている発電機の半分近くに相当する、かなり大規模な風力発電所となります。

ここは以前は「桧山牧場」として放牧地になっていたそうで、その名残なのか貯水池があったり、池の周囲には遊歩道も整備されています。 ただ、ここに来るまでには、県道112号線から分岐した先が未舗装区間の道路が残っており、心理的なハードルになるかも知れません。 多分、何れはアスファルト舗装が施されるものと思います。

桧山高原風力発電所 #1
[2015/6/14 桧山高原風力発電所 #1]  <↑ Clickで拡大>

到着した時には既に陽射しは夕刻の気配を帯び始めていました。 貯水池ありました(o^-^o) こんなロケーションは国内の風力発電所には珍しいと思います。

桧山高原風力発電所 #2
[2015/6/14 桧山高原風力発電所 #2]  <↑ Clickで拡大>

開花期のピークは過ぎてしまったのかも知れませんが、睡蓮の花が咲いていました。 他にも植物は色々と発見出来そうでしたが、同行していた家内がほんのちょっと車から降りた僅かの間に、厄介な虫に刺されてしまうというアクシデントが発生。 見る見る間に腫れて辛そうですので、早々に山を下りることにしました。

桧山高原風力発電所 #3
[2015/6/14 桧山高原風力発電所 #3]  <↑ Clickで拡大>

翌日、腫れが広がって悪化の一途でしたので、病院で受診・治療を受ける事になってしまい、可哀相な事になってしまいました( ̄□ ̄;) お出掛けになる方は、充分な対策をお薦めします。 今回は撮影目的と言うよりも、事前調査目当てでしたので、充分に目的は達しました。

水田夕景
[2015/6/14 水田夕景]  <↑ Clickで拡大>

あとは常葉町側に下ってR288で帰って来ましたが、郡山に戻った頃には少し西の空が色付いてました。 三脚を修理に出しているので、手撮りしか出来ませんでしたが、ようやくメーカーから修理見積もりが来ました。 諦めないで修理に出して良かったです(*^▽^*) 巧く行けば今週末から戦線復帰なるか?
 

食事処 松しま ~福島県郡山市朝日~

つい最近訪問したばかりの「食事処 松しま」さんですが、通りすがりに暖簾が掛かっているところを見たら、脳髄反射で駐車場に吸い込まれてしまいました( ̄▽ ̄i)ゝ と、言うのも、二週間前に訪問した折に頂いた「冷やしたぬきそば」と、どちらにしようかと迷いに迷ったもう一方が忘れられなかったから( ̄∇ ̄*)ゞ

「中華もり (500円)」

松しま 中華もり

もりそばスタイルの中華麺料理なのですが、シンプルながら後を引く印象の持ち主なんです♪ 大分以前に一度頂いた事があるのですが、その時も

「これはアリだな♪( *´艸`)」

と味の記憶にしっかりと刻んでおりました。

松しま 中華もり

蕎麦猪口に仕込まれているのは、自家製ラー油と刻みネギ。 この自家製ラー油が決め手なのですが、ピリッと辛いだけではなくて、山椒の香りが巧く引き出されているのがキモです。

松しま 中華もり

自家製の多加水熟成細麺は、並盛りでもなかなかのボリュームで、惜しげもなく盛り込まれてくるのも自家製麺ならではの心意気でしょうか(*^▽^*) ツルッと滑らかな舌触りと、冷水で洗い締めされてもなお、しなやかな柔らかさを示すその食感は、個人的に好きかも(〃∇〃) ここに刻み海苔などが載ってこないのも好印象なんですね。

松しま 中華もり

蕎麦用の漬け汁と異なるのかは分かりませんが、少なくとも「冷やしたぬきそば」で使われていた掛け汁に比べると、宗田節などの強い節系の旨味と香りずっと穏やかに思えます。 昆布系の旨味出汁は感じられますが、カエシの甘味がより分かり易く感じられました。

ともあれ、もりそばのようでもりそばとは異なる。 中華麺ならではの美味しさを引き立たせるアイディアが仕込まれているのは確かです。 しなやかな細麺はたっぷりと漬け汁を持ち上げますので、初っぱなの一啜りには要注意。 自家製ラー油の思わぬ辛味で咽せそうになるかも知れませんヽ( ̄▽ ̄)ノ

シンプルな構成ですが、手繰るほどに美味しさが膨らみ、しかも飽きの来ない美味しさです。 派手な印象派ではありませんが、こういったシミジミと美味しさを味わえるメニューがあるのが、多くの常連客の心を掴んで放さないのだと思います(o^-^o)




食事処 松しま
福島県郡山市朝日1-28-10
電話;024-922-3540
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:00~21:00
定休日;日曜日
駐車場;店舗前に5台分