FC2ブログ

長瀬川を辿る

長瀬川を下流側から少々遡りながら撮影してみました。 この小さな滝は、今までその存在さえ知らなかったのですが、この日ご一緒させて頂いた先輩カメラマンさんに連れて行って頂きました。

朝靄の長瀬川 #1
[2015/5/6 朝靄の長瀬川 #1]  <↑ Clickで拡大>

時節柄、水量が豊富って事もあってか、落差2m程度の小さな滝ながら、なかなかの存在感を伝えてきます。 丁度朝陽が差し込み始めて、木々を照らし、水面から湧く朝靄を彩り始めました。

朝靄の長瀬川 #2
[2015/5/6 朝靄の長瀬川 #2]  <↑ Clickで拡大>

青葉の隙から差し込む朝陽がステキな光条を見せてくれます。

朝靄の長瀬川 #3
[2015/5/6 朝靄の長瀬川 #3]  <↑ Clickで拡大>

場所は変わりますが長瀬沼から小野川湖への水路。 ここも時折面白い景色を楽しませてくれる場所です。

朝靄の長瀬川 #4
[2015/5/6 朝靄の長瀬川 #4]  <↑ Clickで拡大>

そろそろ朝靄が引いてきて、もう楽しめないかなぁ~と思いながらも、先輩カメラマンの強い誘いで踏み入ってみたら、朝靄の引き際ギリギリに間に合いました(^◇^;)

朝靄の長瀬川 #5
[2015/5/6 朝靄の長瀬川 #5]  <↑ Clickで拡大>

強い朝陽の演出で、アッと言う間ではありましたが、充分に楽しめましたね(o^-^o)
 

手打中華 トクちゃん ~福島県郡山市桑野~

ちょっとお久しぶりに、老舗の自家製麺ラーメン専業店「手打中華 トクちゃん」を訪問しました(o^-^o) 暖簾を潜れば

「やぁ、いらっしゃい!」

と店主・小島さんが迎えてくれました。 店主が常にお店で待ち受けている。 まさに店主が等身大で味を表現している、そんなお店です。

「トクちゃんらーめん (700円)」 ※味玉ごちそうになっちゃいました(〃∇〃)

トクちゃん トクちゃんらーめん

お店の屋号がそのまま付けられている、紛うこと無き唯一無二のオリジナルメニューです。 少し小振りな丼に並々と盛られたラーメンは、載せモノもスープもたっぷりとしていて、もの凄く凝縮感のあるビジュアルですΨ( ̄∇ ̄)Ψ

トクちゃん トクちゃんらーめん

豚バラロールチャーシューはふっくら感さえ感じさせる柔らかさ。 醤油ダレの濃度と違和感無く溶け込み、脂質の美味しさも特筆モノです。 味玉は適度に固まっていて黄身が流れ出す寸止めとされています。 ほんの半味強めの味付けが、黄身の美味しさをより一層印象的にしていますね。 良い意味でクラシカルさの中に、キラリと光る丁寧な仕込み技巧が感じられます。

若干アンバーカラーを帯びたスープには、沢山の旨味成分が固化してキラキラと光る粒子が見えます。 スープを口に運べば

「旨いっ!ヽ(。>▽<。)ノ」

トクちゃん トクちゃんらーめん

丸鶏や豚ゲンコツ、チャーシューの下茹で汁などの動物系の旨味に、厚削りやニボシ、昆布や香味野菜などの華やかで多様な旨味が華やかに広がります。 少しアクセントのある醤油テイストは、驚くほど複雑な旨味成分とともにあり、効き味は冴えているのに角の立たない熟した味わい。 こういった旨味の強い醤油ダレは一朝一夕に編み出せるものでは無いでしょう(o^-^o) 永年仕次しながら育ててきた醤油ダレこそ、伝家の宝刀と言えるものかも知れません。

トクちゃん トクちゃんらーめん

多加水熟成タイプの自家製平打ち麺は、つるりニュルリと滑らかな舌触り♪ ちょっとオイリーなスープがしっかりと絡みまくって、手繰るほどに口中にスープが運ばれてくるようです( *´艸`) 久しぶりに頂いてみて、その美味しさの重ね味の妙を、じっくりと堪能致しました。

「焼き餃子 (6個・350円)」

トクちゃん焼き餃子

一口半くらいのサイズで、男性ならマルっと頬張れちゃうサイズ。 細挽きにされた餡の舌触りの滑らかさと、ニンニクやニラの香りが気にならないマイルドな仕立てです。 美味しゅうございました♪




トクちゃんらーめん (URL)
福島県郡山市桑野1-25-9
電話;024-925-3390
営業時間;11:00~19:00 ※麺、スープがなくなり次第終了
定休日;毎週火曜日