FC2ブログ

よしの食堂 ~福島県三春町下舞木~

二回目の訪問になる「よしの食堂」さんです。 割と近い処に、もう一軒訪問してみたいお店があるのですが、ナゼか二回続けて暖簾が出ていませんでした。 もしかすると昼の営業しかしなくなっているのかも知れないので、そちらは今後の継続課題としながら、その失策をフォローするにあまりある価値観のあるお店がコチラですヾ(^▽^*

店内は街中の食堂とは一寸異なったテイストに溢れていて、郊外店らしくスペースのとり方にゆとりがあるので、閉塞感や微妙な居心地にザワザワとする事もありませんし、何よりもご店主夫妻の明るい表情での接客に安心出来るハズです(o^-^o) ノス活ビギナーさんでも、かなり敷居は低いと思います。

「ラーメン・セット (760円)」 (ミニ角煮丼かミニカレーから選択)

よしの食堂 ラーメンセット

近所に工学系の専門学校があったりしますので、若い胃袋を存分に満たしてくれそうなメニューも人気のようです。 前回の訪問時に迷ったのがコチラでした(*^▽^*)

よしの食堂 ラーメン

ラーメンはニボシの香りが立っていて、醤油ダレは割とシャープに効いています。 油膜が少な目でスッキリとした軽快タイプですが、一塩の押し味がアクセントになっています。

よしの食堂 ラーメン

具材もシンプルなラーメンですが、バラロールチャーシューがちょっと現代的な風情だったりします。 動物系の出汁のキーになっているのは、多分豚ゲンコツでは無かろうかと思います。 そこに香味野菜とニボシが加えられているものと思われます。 このニボシの効き具合が結構鮮明で、少しエゴ味が残るくらいでした(⌒▽⌒;)

よしの食堂 ラーメン

麺は多加水系の平角断面中麺で、舌触りも滑らかなツルツル感があります。 良い意味でユル目(o^-^o) スープの纏い方が上々でして、これは個人的に好きなタイプかも。 厨房から漏れ聞こえて来た平ザルの湯切りってのも、大鍋茹でだったりとかどこかで有効に作用しているのかもしれません。

よしの食堂 ミニ角煮丼

「ミニ角煮丼」は、こんな具合に供されます。 角煮のサイズは、煮上がりで50g位ですのでボリューム感はさほどでもありません。 でも甘じょっぱく煮詰められたタレの抗し難い美味しさで、角煮の魅力もグイッと押し上げます。

よしの食堂 ミニ角煮丼

ちょっぴりビターな味もご愛敬。 白飯ウマァ~~!な角煮丼と、ニボニボラーメンのタッグは、なかなかの破壊力がありましたΨ( ̄∇ ̄)Ψ




よしの食堂
福島県田村郡三春町大字下舞木字石崎189
電話;024-956-2021
営業時間;【昼の部】11:00~14:00 【夜の部】17:00~19:00
定休日;月曜日
駐車場;店舗敷地内に10台分ほど