FC2ブログ

【2015年桜巡り・番外編】 西田町梅ロード #2

一昨日の夜ですが、この晩は十四夜にあたりお月様が煌々と夜空に輝いていました。 そんな夜空を見上げてみたら、ちょっとイイ感じに星も見えましたので、ウズウズと写真が撮りたくなりましたヾ(´▽`;)ゝ サクサクッと撮影機材を準備して、お仕事用の軽トラで向かったのは、西田町の「梅の里」ですo(*^^*)o

山王桜の袂の水芭蕉は咲き始め、十日前にはまだ蕾が地中から顔を出し始めたばかりだったカタクリの花も、山の斜面一帯にかなり出揃っていた感じですが、夜間撮影は難しすぎるのでパス(>▽<;;

梅の里から
[2015/4/2 梅の里から]  <↑ Clickで拡大>

何回も足を運んでいる「梅の里」ですが、星景を撮影するのは今回が初めてです。 撮影ポイントは思い当たるままに片っ端から試してみるしかありません。 軽トラをデポしてライトを消して暫くすると、段々目が夜の暗さに慣れてきて、十四夜の月明かりのチカラに驚きましたノ( ̄0 ̄;)\

梅の里の星景 #1
[2015/4/2 梅の里の星景 #1]  <↑ Clickで拡大>

徐々に雲が空を覆い始めて、強い月明かりと共に星撮りには厳しい条件となりましたが、「梅の里」の白梅、紅梅、サンシュ、ヒュウガミズキなどの鮮やかな色合いを、目では見えない色彩を写真は引き出して来てまたビックリw( ̄▽ ̄;)w

梅の里の星景 #2
[2015/4/2 梅の里の星景 #2]  <↑ Clickで拡大>

雲の広がりと共に吹く風も強くなってきて、木々の枝を揺らしますが、まあそれはヨシとしましょう。 東京ドームにも匹敵するという、約5haの広い花木農場は、10日前の様子がウソのように花々が咲き誇っています。

梅の里の星景 #3
[2015/4/2 梅の里の星景 #3]  <↑ Clickで拡大>

これ、思ったよりも楽しい♪(〃∇〃) 周囲が月明かりで見通せる程度の暗闇ってのが、より一層集中力を高めるのかも知れないです。

梅の里の星景 #4
[2015/4/2 梅の里の星景 #4]  <↑ Clickで拡大>

唯一の心配事と言えば、前回訪問した時にキジが啼いていたので、マムシが生息しているって事ですね。 うっかり忘れてきたので常に足元のチェックを怠りませんでしたが、長靴履きならずっと安心できるでしょう。

帰り足には目の前を野ウサギが跳ねていきました。 沢山人の手が入った花木農場ですが、そこに生息する動物達はまだまだ豊かです(o^-^o)
 

みたか食堂 ~福島県郡山市本町~

地元“ハミ丼ファン”の皆様お待ちかねの、定期燃料投下の時間ですヾ(^▽^* この写真を一瞥しただけで、お店を言い当てられる方は、既に相当浸食されていますΨ( ̄∇ ̄)Ψ

みたか食堂 かつ丼

こちらは“みんなの大衆食堂”として愛されている「みたか食堂」さんですヽ( ̄▽ ̄)ノ 昼時の大盛況は、もはやこのエリアでは良く知られた存在。 通し営業で迎えてくれるので、食事時を逃してしまった向きには、まさに砂漠のオアシスでもありましょう(*^▽^*)

「かつ丼 (950円)」

みたか食堂 かつ丼

トップ写真の通り、この日のターゲットは永遠の4番打者、みんな大好きなかつ丼です! いいですねぇ~( *´艸`) 惚れ惚れするような“ハミ丼”ですよ。

みたか食堂 かつ丼

しっかりと煮固められた玉子は、ご覧の通りふっくら感があります。 火が入っていてもすが立っていないのが技ですね♪ しかも「みたか食堂」さんの玉子は、標準で双子卵ですので、卵黄比が一際高いんですねo(*^^*)o 当然とじ卵にも旨味の凝縮度が宿る訳です。

みたか食堂 かつ丼

揚げ立てトンカツは150g以上ありそうで、丼の表面をほぼ覆い隠せるほどのボリュームですが、ご飯との量的バランスも考えられていますので、普通に箸を進めていけば、ややアタマが勝るっていう贅沢感も堪能出来ます。 勿論味付けは期待通りの半味濃い目で甘じょっぱい!v(≧∇≦)v 旨いのなんのってそれはもう♪ 丼ツユの染み渡った玉ネギの甘味、しっとりと衣に行き渡った丼ツユ、ツユダクとは行かなくてもとても美味しいと思える頃合いで丼ツユの回った白飯。 どれもが心の琴線を掻きむしられる魔力に満ちています。




みたか食堂
福島県郡山市本町1丁目18-8
電話;024-922-0746
営業時間;11:00~20:00
定休日;日曜日
駐車場;店舗向かい側に6台分


大きな地図で見る