FC2ブログ

【2015年桜巡り・番外編】 西田町梅ロード #1

日曜日の朝に、朝食の食材買い出しがてらに、ちょっと早めに家を出て陽光の射す中、西田町の「梅の里」に行ってみました。 前週にも偵察していたのですが、やはりここはまだ咲き揃っていなかったので、いつも早咲きとなる「三町目小学校」裏の小川に立ち回りました。

梅樹の堤 #1
[2015/3/29 梅樹の堤 #1]  <↑ Clickで拡大>

広域農道側の陽当たり良好な堤の梅樹は既に色鮮やかな花を咲かせていました。 でも同じ堤でも下流となる西側の堤はまだ蕾の膨らみかけの木々が大半でした。

梅樹の堤 #2
[2015/3/29 梅樹の堤 #2]  <↑ Clickで拡大>

他にカメラマンの姿は無く、日曜日の朝と言う事も合ってか、近隣の住民の皆さんも穏やかな朝を迎えておられたようです。 誰の邪魔になる事も無いので、今まで検証できなかった写真撮影技術の研鑚を兼ねて、その時考え得る様々な撮影手法を試してみました。

紅梅のささやき
[2015/3/29 紅梅のささやき]  <↑ Clickで拡大>

かなり撮り進んでから、何だか背景が雑だなぁ~と思ったら、梅樹に枯れた蔦が沢山絡んでいる事に気付き、枝を傷つけないように注意しながら取り除き作業を行ったりもしました。 枯れた藁しべのような弦のカスがトゲになって手に刺さる事もあって、得体の知れないモノを触る時は、ゴム引き手袋が必要だって事を知らされました(`・ω´・ ;)

ハチミツ集配人
[2015/3/29 ハチミツ集配人]  <↑ Clickで拡大>

小川の堤には、ところどころに菜の花が咲いていました。 どなたかが菜の花の種を撒いていて下さったのが、落ちたネガ種が毎年花を咲かせるようになったのかも知れません。 お陰で撮影の楽しみに厚みが出ました。

梅樹の堤 #3
[2015/3/29 梅樹の堤 #3]  <↑ Clickで拡大>

強い朝の陽光で、梅並木の影が堤に並んでくれました。 住宅地と境を接する場所ですので、少なからず構図に制約もありますけど、こういった自然の演出は逃したく無いですね(o^-^o)

力強い菜の花
[2015/3/29 力強い菜の花]  <↑ Clickで拡大>

堤の枯れ木の株にも、沢山の枯れ蔦が絡んでましたが、これを取り除いてみたら、なかなかハンサムでしたので、ちょいと主役になってもらいました(*´∇`*)

陽春譚 #1
[2015/3/29 陽春譚 #1]  <↑ Clickで拡大>

今回は敢えてフィルター類を一切使わずに、構図と絞りに重点を置いて主題と副題を意識したお試し撮影でした。 約300枚撮影して、何とか見られそうな写真はここに挙げた8枚ってところでした。 まっ、ボクのレベルでは上々な方かなww

賑わいの春
[2015/3/29 賑わいの春]  <↑ Clickで拡大>

すっかり撮影に没頭していたら、いつの間にか2時間ほど費やしていて、朝食の食材買い出しの序でのハズが、こっちがメインになっちゃいました( ̄▽ ̄i)ゝ って事で、朝食が出来上がった時には、既にお昼前になってました(大汗)

アサリと菜の花のアーリオ・オーリオ

この日の「無芸庵大食亭」「アサリと菜の花のアーリオ・オーリオ」ヽ( ̄▽ ̄)ノ すっかり菜の花にキモチを持って行かれました(^-^)
 

福島屋食堂 ~福島県いわき市小名浜~

ちょうとドライブがてらにいわき市に行った時に、久しぶりに小名浜の「福島屋食堂」さんを訪問して参りました(*^▽^*) こちらの二代目四代目のご夫妻は、郡山市の有名な実力派割烹料理店さんにおられた方で、ありがたくもそこがご縁で知り合っております。 もっと近けりゃ、間違いなく何度も足を運んでいるところですが、ちょっと面目ないところです(;´艸`)

福島屋食堂

お店の向かい側にある指定駐車場に車をデポして、道路を渡ったところで店主さんに見つかっちゃった( ̄▽ ̄i)ゝ 夕刻の訪問でしたが、まだ開店直後だったので、多少雑談も出来て良かったです(o^-^o) 今回は前回に引き続き、自家製麺シリーズで蕎麦を軸としたメニューを所望しました。

「そばセット (900円)」

福島屋 そばセット

温そば、温うどん、ざるそばから一点と、ミニ丼(かつ丼、親子丼、肉丼、玉子丼)から一点、サラタ゜のセットメニューです。 今回はざるそば&玉子丼で楽しませて頂きます♪

福島屋 そばセット

うどん、そば、ラーメン共に、麺類は自家製麺とされています。 そばはきっちり一人前の盛り付けですねΨ( ̄∇ ̄)Ψ 先代から続く自家製麺らしく、リピーターさん方には良く知られているようです。

福島屋 そばセット

薬味の中にウズラの生卵があって驚きましたw( ̄▽ ̄;)w 最近ではなかなか見られなくなって来ましたよね。 白河の割り子蕎麦などでは、良く見られていたと思います。 その他天かすも添えられていて、ボクの好みのツボでした(>▽<)b

福島屋 そばセット

蕎麦はソフトタッチで食堂系のソレですが、ソフト麺のような残念感はありません。 何よりもビックリさせられるのは、漬けダレの美味しさですよ! 流石は日本料理の技が活かされていますね。 宗田節やカツオ節、昆布などの出汁に、ちょっと甘めのカエシが絶妙にバランスしています。 どっぷりと漬けて手繰れば、コレ至福の一手繰りなり♪

まだ店頭に供されていませんが、製麺機製麺から手打ち製麺を目指して、とある先生について手習い中だそうです。

「シャープな十割よりも、しっとり二八が好きなんです。」

と言う店主さんにボクも賛成ですねヽ( ̄▽ ̄)ノ 気の置けない食堂のお蕎麦に、適度に角の立った香り高い蕎麦が登場するのは・・・ 店主さんの納得いくクォリティーになってからになりそうです。 みんなで応援・励ましのプッシュをしましょう!v( ̄∇ ̄)

福島屋 そばセット 玉子丼

玉子丼CALLしたら、店主さんに「エッ?Σ(゜▽゜;)」って顔されました。

「だって肉の美味しさは肉の手柄だし、玉子丼なら料理人の手になる丼ツユの味わいを存分に楽しめるじゃないですか♪ヾ(^▽^*」

って言ったら、

「また、マニアックな・・・(^◇^;)」

と苦笑いされちゃいました( ̄▽ ̄i)ゝ でも店主さんがアニヲタだったり、マニアックな人である事は承知置きしてますからΨ(`∀´)Ψウケケケ

と、言う訳で、見るからに濃ゆい味わいを予見させる玉子丼は、実際に濃ゆい!v(≧∇≦)v 甘じょっぱく、旨味出汁の効かされた玉子丼は、まさに“オトコの楽園”であります。 えぇ、お店の近所にある“オトコの楽園”とは違いますヨ(〃∇〃)

家内はカツオの刺身とブリの塩焼き定食を所望しましたが、カツオは普通の切り身と、ヅケカツオの二本立てで盛られてました。 ブリはほとんどブロック状Σ(oДolll)ノノ 当然の如くに、刺身で供しているのと同じものを塩焼きにしちゃうという、豪華な仕立てです。 勿論、感動の一席でありますな(*´∇`*)

福島屋 ぶり刺身

店主さんのご厚意でブリの刺身と、ホタルイカの天ぷらをご馳走になりました( ̄∇ ̄*)ゞ もう刺身サイコー! 切り口が立っていて、口に運んだ時の食感がスゴイ。

ホタルイカの天ぷらなんて聞いた事無かったのですが、これは店主さんの発想で作られた模様です。 釜揚げにしたホタルイカから目玉を取り除いて天ぷらにされています。 塩を振って頂きましたが、身から迸る肝のジューシーさが新発見でした。

とても“食堂”のレベルじゃ無いですね(`・ω´・ ;) 完全に割烹料理店さんのソレに匹敵します。 しかもかなり腕利きの・・・ そんなサプライズに満ちた「福島屋食堂」さんは、訪問客と夜の出前注文で大忙しになっていました(*^▽^*) また次の訪問が楽しみです。




福島屋食堂
福島県いわき市小名浜横町34
電話;0246-92-3523
営業時間;【昼の部】11:30~15:00【夜の部】17:00~19:00
定休日;火曜日
駐車場;店舗向かい側に指定駐車場あり