ふくしまラーメンショー2015 いよいよ開催!

明日より開催される「ふくしまラーメンショー2015」の会場を偵察して来ました。 今日の夕刻の時点で、ほとんどの出店社さん達が、既に設営を完了して、明日の開会に向けて仕込み作業などに追われていました。

ふくしまラーメンショー2015

今年の出店社も強豪揃いですが、やはり今までと違った注目を浴びているのは、ミシュラン東京でビブグルマンに初めてラーメン店が選ばれた中から、先鋭の三店舗が軒を連ねるって事でしょうか。 全国各地で開催されるようになったラーメンイベントでも、ビブグルマン三店が出店した例は無いと思います。

ふくしまラーメンショー2015

昨年初出店をしてくれた「らぁ麺やまぐち」さんもその一軒。 会津出身の店主・山口さんにとって、昨年の出店は“地元凱旋”の意味合いも加わり、大変意義深いものがありましたが、今回は更なる快挙を引っ提げての出店です(o^-^o)

福島ラーメンショー2015

昨年の覇者「金沢麺達兼六会」さんは、今年はディフェンディング・チャンピオンとしての再来です。 この一年の間に、方々のイベントで引っ張りだこだったのですが、そんな中でも更なるアップデートをしていると言うから楽しみです(>▽<)b

ふくしまラーメンショー2015 佐藤大作さん

今回はラーメン界の大御所「ちばき屋」さんが単独出店されていますが、こちらのブースでは地元の名店「正月屋」さんの親方が、人目も憚らずにネギを刻んでいました(゚ロ゚屮)屮 良く知られている話ですが、ちばき屋さんと正月屋さんは大変深い関わりがあり、今回の出店にあたり、御大・千葉さんからお声がけがあったらしいです(o^-^o) それにしても正月屋の親方、とっても楽しそうな笑顔が印象的でした(*´∇`*)

福島ラーメンショー2015 福島ラーメン組っ!

地元から出店の「福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊」のブースは、ファサードの準備を早々に終えて、地元食材でかためた「福島鶏白湯」の仕込みに余念のないところでした。

福島ラーメンショー2015 福島ラーメン組っ!

ブースの中にお邪魔させて頂き、その様子を見せて頂きましたが、丸鶏がゴロゴロ入っていて、こんなに贅沢なラーメンは催事向けとはほど遠いってシロモノ(;゚д゚) 今まではかなり仕上がっているところしか見ていなかったので、これは正直ブッたまげました。

ふくしまラーメンショー2015 福島ラーメン組っ!

エヘヘ、おれ一平♪ 缶バッチいっぱい出しちゃった(〃∇〃)

相当気に入っているらしい(^◇^;) この写真を撮るほんの数分前に、この前掛けの炎上騒ぎがあった事は、ナイショだったけどバラしておくww

前掛けの下端が茶色くチリチリになっていますが、スープ炊きに夢中になっていて引火しました(`・ω´・ ;) 炎は見ましたが慌てて叩き消してから、「しまった!写真を撮らなかった!ヽ(´Д`;)ノ」と気付きました。 まだボクも修行が足りんな・・・(ノд`@)

さて、この「ふくしまラーメンショー2015」ですが、下記の通りの開催となります。 今のところ、今年は連日の好天に恵まれそうです。 夜も20:00まで開催していますので、行楽帰りの夕食にもお楽しみ頂けるかと思います。

会期;2015年5月1日~6日
開催時間;10:00~20:00 (最終日は17:00まで)
開催会場;開成山公園 自由広場
料金;1杯/750円
 場内販売の共通チケットか、セブンイレブンで前売り
※各店毎の独自トッピングは、ブースにて現金決済


 

【2015年桜巡り】 観音寺川の星景

いよいよ福島県の桜も終盤を迎え、この日は満開を迎えていた猪苗代町の観音寺川の桜並木へ。 この日も見事な晴天の夜となりましたので、土曜日に仕事場を閉めて、夕食・入浴後に観音寺川に向かいました。

観音寺川の星景 #1
[2015/4/26 観音寺川の星景 #1] <↑ Clickで拡大>

南の空には天の川が見えるのですが、撮り収めはしたものの、写真としての面白味は無いのでボツ(`・ω´・ ;) 満天の星々に目が馴染んでくると、ようやく落ち着いて撮り方を考えるようになりました。

観音寺川の星景 #2
[2015/4/26 観音寺川の星景 #2] <↑ Clickで拡大>

まあここで撮るからには、観音寺川と桜という二大要素は必要なのですが、川沿いには沢山の街路灯があり、また中学校に設置されている灯火の数々も全て点灯されているらしく、光源が仇となって構図が厳しい!

観音寺川の星景 #3
[2015/4/26 観音寺川の星景 #3] <↑ Clickで拡大>

なるほど、だから星景作品にあまりお目に掛かれなかった訳ですね(^◇^;) この日も何人かのカメラマンがやって来ましたが、そう長居する事無く別の撮影ポイントを探して行ってしまいました。

観音寺川の星景 #4
[2015/4/26 観音寺川の星景 #4] <↑ Clickで拡大>

東の空は、ほんのりと白んで来たようです。 そろそろ次の桜へ移動です。
 

レストラン市松 ~福島県耶麻郡猪苗代町~

この日は見頃の桜を撮影する為に、猪苗代町へと出掛けておりました。 例によって遅めの昼食を摂ろうと、ノス系食堂の宝庫でもあるこの町ならではのお店に辿り着きました(o^-^o)

レストラン市松

ここはJR猪苗代駅前にある旅人のオアシス「レストラン市松」さんです(>▽<)b お隣の「かくだい食堂」さん、「あまの食堂」さんと並んで、駅前三天王食堂だったのですが、大変残念な事に「かくだい食堂」さんは昨年の秋頃に暖簾を降ろされてしまったそうです。 こればかりは痛恨の極み!(。>0<。) 心して再訪しておくべきでした。

そんな一期一会の出会いがあるのが、ノス系食堂とも言えそうです。 大切にしゃぶり尽くさせて頂きましょう。

市松 ソースカツ丼

“あったらイイネ!”のソースカツ丼と煮込みカツ丼のダブルカツ丼セット!ヽ( ̄▽ ̄)ノ

ってな訳は無い(^◇^;) 残念ながら・・・

今回は家内も一緒だったので、協力して貰って実現した、憧れのドリームタッグです♪ オーダーを受けてから厨房から聞こえてくるのは、ダンダンダン!と肉を叩き伸す音。 時間も時間だったので、調理している料理はボクら夫婦の注文品だけのハズです。 やがてトンカツを揚げているいるであろう音が聞こえてきて、何ともライブ感溢れる店内ですが、明るく広く清潔な装いで、旅行者のオアシスに相応しい店内です。

「煮込みカツ丼 (850円)」

市松 煮込みカツ丼

おっ♪ なかなかシックなカツ丼だことΨ( ̄∇ ̄)Ψ ブッたまげるようなボリュームではありませんが、結構深手の丼ですので、ごはんはたっぷりと盛られています。

市松 煮込みカツ丼

共添えの味噌汁は、しっかりと出汁がひかれていてウマウマ(>▽<)b しみ豆腐が入っているのはちょっと珍しいかな? 最近しみ豆腐を口にする機会はメッキリと少なくなっていましたので、これまた郷愁を誘われます。

市松 煮込みカツ丼

さて丼ツユではありますが、これが予想と異なり薄味軽快タイプでしたw( ̄▽ ̄;)w 躰に優しい抑え加減の味わいでしょうか。 塩分摂取量の気になる方には、これは安心していただけそうですね。 トンカツの大きさ自体は、およそ150g程度と思われます。 しっかりと煮込むタイプで、衣と玉ネギがほぼ一体化していました。


一方「ソースカツ丼」の方は、ちょっと甘めの自家調整ソースに、揚げ立てトンカツを潜らせているようで、衣は少しカリントウ状にカリッとクリスピーで、味の濃さもほぼ期待通り。 白飯に染み入ったソースも、しょっぱさを感じさせない程度でソース自体の美味しさを楽しめちゃいます(o^-^o)

直接比較という、なかなか得難いチャンスを得て分かったのは、煮込みカツ丼は二回の火入れを行われるため、どうしても肉が固くなってしまう傾向にあるって事。 決して煮込みカツ丼が残念だった訳では無く、ソースカツ丼の美味しさが際立っていたという印象です。 個人的に“ソースカツ丼推し”と言う事で(o^-^o)




レストラン市松
福島県耶麻郡猪苗代町千代田扇田12-13
電話;0242-62-2065
営業時間;10:00~18:00
定休日;無休
駐車場;駅利用者用駐車場


 

【2015年桜巡り】 夏井川千本桜

夏井川の千本桜は、昨年は抜けるような青空の下、満開の桜並木を堪能致しました。 こちらでは桜の開花期にライトアップされている事でも有名なのですが、ようやく今年初めてその様子を撮り収める事が出来ました(o^-^o) 花は正に満開! しかしライトアップが始まる頃から無情の雨が・・・(´。・ω・。`)

夏井川千本桜 #1
[2015/4/19 夏井川千本桜 #1] <↑ Clickで拡大>

結構雨足も強くて、カメラを三脚にマウントして傘を差しながらの撮影となりました。 長靴などは履いてましたが、カメラの仰角を上げれば雨が直撃しますので、全くイイとこ無しの惰性撮影になってしまいましたね。

夏井川千本桜 #2
[2015/4/19 夏井川千本桜 #2] <↑ Clickで拡大>

これはもうほとんど、“現場には行きました”っていう証明写真みたいなもの。 どうかご容赦を・・・
 

自家製麺 じゃじゃ。 ~福島県郡山市西ノ内~

昼時はなかなか訪問の難しい「自家製麺 じゃじゃ。」さんですが、この日は巧い具合に夜の部に潜入出来ましたヽ(〃v〃)ノ 未だにこのメニューから離れる事が出来ない、ボクにとっては魔性の逸品を頂きました♪

「つけ麺 (750円)」 ※味玉ゴチになっちゃいました(〃∇〃)

じゃじゃ。 つけ麺 並盛

大量に散りばめられたネギで覆われた漬け汁からは、ニンニクや黒コショウなどの芳醇なスパイス香が立ち昇り、明瞭な醤油ダレの香りと共に、すっかり虜になっているアノ味を直ぐに思い出させます。

じゃじゃ。 つけ麺 並盛

漬け汁の中にはブロック切りされた豚バラチャーシューが沈んでいて、小鍋で直火沸騰させた鶏出汁スープの熱で、食べ頃の温度に温まっています。 肉の線維に沿って簡単にほぐれるだけではなく、肉自体の美味しさもちゃんと楽しめますし、脂身がまたウマウマで堪らんのです♪(ノ´∀`*)

じゃじゃ。 つけ麺 並盛

自家製極太ストレート麺は、豪快に盛られていますが、並盛りでも600gはありますね(^◇^;) かなり食べ応えがあるのですが、いつもその美味しさに惹き付けられて、残さずに食べ切れてしまうのがオソロシイ(`・ω´・ ;)

じゃじゃ。 つけ麺 並盛

冷水で洗い絞めされた麺は、噛めば弾き返すような力強いコシを発揮します。 そのまま噛み切れば、ブワッと小麦の良い香りが口中を満たしてくれます。 噛むほどに小麦の香り立つ麺は、漬けダレで温められると、少し硬質感が薄れて、顎に力を込めなくても噛み切れるように変化します。

じゃじゃ。 つけ麺 並盛

スパイシーさと共に一際濃ゆい味わいの漬け汁は、辛味、甘味、塩味を油分と旨味でまとめ上げられています。 漬け汁をそのまま飲もうとしたら、相当な塩分を感じますが、過分に漬け汁を纏わせないこの極太麺だからこそ、この“しょっぱさの極み”と言うべき力強い味わいでも、驚くほど易々と受け入れてしまうのかも知れません。 はぁ~♪ 美味しかったO(≧▽≦)O

【お知らせ】


「自家製麺 じゃじゃ。」さんは、4月29日(水)は昼の部のみの営業。 5月3日(日)~5月5日(火)までは「福島ラーメンショー2015」で「福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊」への参画の為、休業されます。






自家製麺 じゃじゃ。(じゃじゃまる)
福島県郡山市西ノ内2-19-12
電話;024-954-8606
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】18:00~21:00頃 ※売り切れ次第閉店
定休日;ほぼ無休ですが、たまに休みます
駐車場;店舗敷地内に2台分


大きな地図で見る
 

【2015年桜巡り】 剛叟寺の枝垂桜

こちらも5年ぶりの再訪となる「剛叟寺の枝垂桜」です(o^-^o) ちょっと読みにくい名前ですが「剛叟寺(ごうそうじ)」と読みます。 福島県道19号線・新町街道沿いのセブンイレブン交差点が目印です。 このセブンイレブンの駐車場の一部が、剛叟寺の来訪者用駐車スペースに指定されています。 ちょっと驚きΣ(゜▽゜;)

剛叟寺の枝垂れ桜 #1
[2015/4/19 剛叟寺の枝垂れ桜 #1] <↑ Clickで拡大>

表参道には枝垂桜なども植栽されていますが、まだほんの咲き始めくらいでした。 門を潜って少しばかり見上げれば、樹齢400年の枝垂桜が見頃になっていました。 やはり例年よりも一週間は早い開花です。

剛叟寺の枝垂れ桜 #2
[2015/4/19 剛叟寺の枝垂れ桜 #2] <↑ Clickで拡大>

前回はピークを越えたタイミングでの訪問でしたが、今回は満開ど真ん中! 当てましたね♪(〃∇〃) しかし、空模様だけはイケません(ノд`@)アイター

剛叟寺の枝垂れ桜 #3
[2015/4/19 剛叟寺の枝垂れ桜 #3] <↑ Clickで拡大>

参道寄りの低い枝垂れ桜と、奥手の15mにならんとする枝垂れ桜の二本で織り成す景色ですが、分奥手の枝垂れ桜が由緒ある本筋だと思います。

剛叟寺の枝垂れ桜 #4

桜の裏手には赤鳥居がありますので、こちらは稲荷神社でしょうか? 歴史の旧い地元の信仰を集めている寺社にある「神仏習合」なのかも知れません。

剛叟寺の枝垂れ桜 #5
[2015/4/19 剛叟寺の枝垂れ桜 #5] <↑ Clickで拡大>

写真撮りのエゴで、桜の周りがもう少し整理されていれば、桜の美しさが引き立つに違いないと思ってしまいますが、これもまた地元に愛される桜のありようかもしれません。
 

紅焔酒家 光華 ~福島県郡山市朝日~

久しぶりに「紅焔酒家 光華」さんを訪問しました。 開店から二周年を迎えて、5月8日まで二周年感謝サービスで、半ライスか大盛無料ですよ!(>▽<)b

「紅焔そば (740円)」 ※大盛サービス頂きましたっ!

光華 紅焔そば 大盛

調理中からとっても辛い揮発香で、ゲホゲホと咽せてしまうほどの麻辣風味v( ̄∇ ̄)ニヤッ 豆豉や花椒が仕込まれた、本格麻婆豆腐をソースにして頂く、まぜそば仕立ての麻婆麺です。

光華 紅焔そば 大盛

旨味・甘味・辛味・塩味といったエレメンツが、トロリと餡に纏められていて、こころもち濃い目の味わいが、たまらなく心を揺さぶります。 味を重ねた分、複雑な多重構成になっているのに、決して破綻していないのは店主・三本木さんの確かな腕前の証ですヽ( ̄▽ ̄)ノ

光華 紅焔そば 大盛

多加水タイプの極太縮れ麺は、茹で上げたところに香味油などが振られており、そこで一気に菜箸で混ぜ合わせて麺表面にトロミのあるグルテン分を呼び寄せます。 やや多目に振る舞われる麻婆豆腐餡がしっかりと麺に絡みついて、ちょいと暴れん坊さんなゴツい食感の麺をグイグイワシワシと食べさせる魔力かりですΨ( ̄∇ ̄)Ψ

大盛麺量のお陰で、味覚中枢ばかりか、すっかりお腹も満足で、ちびっと食べ過ぎましたかな(^◇^;) すっごく美味しかったです!




紅焔酒家 光華 (こうえんしゅか こうか)
福島県郡山市朝日1-20-30ロンパイスビル1F
営業時間;【昼の部】11:30~14:30 【夜の部】18:00~22:00
定休日;日曜日
駐車場;ビルの共用スペースに3台分、ビルの北側に共用スペース2台分


大きな地図で見る
 

【2015年桜巡り】 弁天桜

4月19日の朝撮りから一度帰宅して、軽く睡眠をとってから、この日の第二部撮影に出掛けました。 三春は「滝桜」の満開期を迎えて、沢山の観桜客で賑わっていたので、その近くを通る道はパスして、距離的には遠回りとはなりますが、一路田村市滝根町へと車を走らせます。

今年の桜の咲き方は、ちょっと想像出来ないようなメチャクチャな順番になってましたが、この「弁天桜」もまた、例年よりも早く花を咲かせ始めていたようです。 とは言え、この日の咲き具合はまだ三部咲きくらいで、どんよりと曇る空のお陰で今ひとつ冴えた姿を見せてくれませんでした。

弁天桜 #1


弁天桜を訪問したのは5年ぶりですね。 震災後は初めてとなりましたが、相変わらず周辺の環境整備は牛歩ながら進んでいるようです。 何せこの枝振りの良さは、一度出会ったら忘れられない美しさです。 ボクが訪問した日の3日後に観桜にやって来た関東圏の友人にここをご紹介致しましたら、見事に満開を迎えていたそうです。

杉林の中と言うよりも、植林された杉山の中に佇むといった風情であり、ちょっと奇異な成り立ちの桜に思われたそうで、すっかり気に入って頂けたようです(o^-^o)

弁天桜 #2
[2015/4/19 弁天桜 #2] <↑ Clickで拡大>

最初は人気もなくヒッソリと静まりかえっていたのですが、徐々に観桜客やカメラマンやって来て、ついにはご近所の少年少女もやってきて、ほんの僅かな間ですが、桜の袂はちょっぴり賑やかになりました(o^-^o)
 

食菜酒楽 Fu-Ro-Ya (ふろや) ~福島県郡山市安積町~

午前中の立ち回り先が近かったので、「しめしめ♪( *´艸`)」と暖簾を潜った「食菜酒楽 Fu-Ro-Ya」さんです。 席に着いたら店主・木村さんから間もなく新作リリースが予定されているとの声掛けがありました♪((*゚゚∀゚゚*))

「それってお味見先行提供アリですの?o(*^^*)o」

とお尋ねしたら、ちょっとだけ時間下さいなとフライング提供を頂ける事になりました。 うへへ、ラッキ~v(o ̄∇ ̄o)♪

「とり塩煮干し (780円)」

Fu-Ro-Ya とり塩煮干し

鶏白湯スープをベースに豊かに香り立つ煮干しの香り。 塩ニボで来ましたかw( ̄▽ ̄;)w 粉砕煮干しと少量のニボシ油も振られているそうで、なかなかガッツな煮干し風味ですよ。

その煮干しのアクセントの効いた香りは、万人向けとは言い難くはありますが、それは店主・木村さんの思惑とするところだそうです。 総花しようといったメニューではなく、「たまらなくニボ好き(〃∇〃)」ってお客様に向けて、押し出しを強くしているそうです。

Fu-Ro-Ya とり塩煮干し

煮干し特有の風味をキレ良く楽しんで貰う為か、ややハッキリとした辛味のある白ネギと、今日は三つ葉があしらわれていて、シャクッと噛めば爽やかな香りで洗い流してくれました。

やはり刮目すべきはその旨味のありかたで、ニボシの効果はてきめんに分かります。 鶏ガラ、丸鶏、モミジで炊かれた鶏白湯のサラレとしながらも滋味を感じさせる品の良い旨味の広がりに、ニボシの全面に押し出されてくるパンチの効いた旨味が加わり、重層的な味わいの厚みが生み出されています。

Fu-Ro-Ya とり塩煮干し

塩ダレとしては腑に落ちないと思ったら、やはり少量の醤油がブレンドされているそうで、その甘味を伴った旨味のニュアンスも感じられます。 鶏チャーシューの柔らかさは勿論ですが、厚みもありますので食べ応えも上々。

更には豚バラチャーシューもあしらわれていて、これがまた以前よりも柔らかで肉質のイメージが一段と際立ってました。 気になって聞いてみたら、昨日から仕込み手法を更にブラッシュアップしたとの事。 ちゃんと積み重ねた努力がカタチになって伝わって来ています(o^-^o)

Fu-Ro-Ya とり塩煮干し

麺は従前の通り、やや低加水タイプのストレート中細麺ですが、張りのある食感は相変わらず。 旨味濃度を増したこのラーメンにも、全く破綻を見せる事はありません。 食べ進めて行く内に、麺からのグルテンがジワジワとスープに粘性を与え、もともと高めだったコラーゲン分をクリーミーに感じさせてきます。

食べ進めて行く内に尻上がりに美味しさを増してくる様子は、食後に良い余韻となって記憶に残りますね(o^-^o) この「とり塩煮干し」は多分本日からメニューに加わると思われます。 またファンの多かった「マヨ支那」も戦線復帰となるようですので、マヨラ~は出陣準備を整えておかれますようにヽ(*’-^*)。

【お知らせ】

「食菜酒楽 Fu-Ro-Ya」さんは、【昼の部】4月30日・5月1日は営業し2日より休業、5月7日(木)から再開されます。






食菜酒楽 Fu-Ro-Ya (ふろや)
福島県郡山市安積町荒井字林の越1-7
電話;024-946-2122
営業時間;【昼の部・月~金】11:30~13:30 ※夜の部の準備の為、お休みを頂いたり早仕舞いもあります
      【夜の部】18:00~00:00 (L.O.23:30)
     ※ラーメンの提供は月~金の昼の部、夜の部はその日の営業状況によります。
定休日;日曜日
駐車場;店舗前と裏に合計10台


 

【2015年桜巡り】 弘法桜

帰宅途中にそろそろ陽が昇りそうな時間となり、以前からどんな眺望があるのか気になっていた場所に足を踏み入れてみました。 日の出口の空には、低く雲が掛かっていて、太陽の輪郭もいびつに見える面白さがありましたが、デジタルカメラで強烈な朝陽を受け止められるハズも無く、まだ朝陽の届かない里桜を写し撮るのが精一杯でした。

三春ダムの春の朝景
[2015/4/19 三春ダムの春の朝景] <↑ Clickで拡大>

さてちょっと高台になっているこのビューポイントから、尾根線を伝わって進んで行ってみたら、何年か前に一度訪問したきりになっていた「弘法桜」がそこにある事に気付きました。

朝陽を受ける弘法桜 #1
[2015/4/19 朝陽を受ける弘法桜 #1] <↑ Clickで拡大>

樹齢250年と言われるエドヒガンの二本桜で、東側(崖寄り)のそれはやや紅色が強く、二本並んだ美しい色合いの良さが印象的です。

朝陽を受ける弘法桜 #2
[2015/4/19 朝陽を受ける弘法桜 #2] <↑ Clickで拡大>

墓地のヒルトップにある桜ですので、墓石を入れないように撮るのですが、折角桜に寄りそう椿があるのに、枯れ弦が巻き付いていたり、手入れのされた形跡が無くて、一緒に写らない方が良いといった残念な状態です。 どうも東側のこの崖側では造成工事が行われているようで、駐車場になるのか、それとも新しい墓所として整備を進めているところなのか分かりかねます。

朝陽を受ける弘法桜 #3
[2015/4/19 朝陽を受ける弘法桜 #3] <↑ Clickで拡大>

写真を嗜む者としては、もう一手間手入れされていたならと思ってしまいます。 樹勢も充分ですし、墓所の桜とは言え「名桜」と称されるだけのポテンシャルは秘めているように思えます。
 

【2015年桜巡り】 上石の不動桜

この日の深夜から続けて来た写真撮影も、すっかり空が白んで来て、もう星々を目で確認出来るのは相当明るい星だけになってきました。 そろそろ一度帰宅して仮眠をとろうかと思いつつ、やはり気になって立ち寄った「上石の不動桜」です。

陽の出前の不動桜 #1
[2015/4/19 陽の出前の不動桜 #1] <↑ Clickで拡大>

こちらには朝景狙いと覚しきカメラマンさんがお一人、車中で待機中でしたが、ボクは陽の出前の色が欲しかったので、お先に撮影開始です。

陽の出前の不動桜 #2
[2015/4/19 陽の出前の不動桜 #2] <↑ Clickで拡大>

徐々に明るさを増してきて、ようやく満開の様子が分かり始めました。 朝を告げるウグイスの鳴き声が、静寂な朝の空気を震わせます。

陽の出前の不動桜 #3
[2015/4/19 陽の出前の不動桜 #3] <↑ Clickで拡大>

ほんのりと東の空にオレンジ色の朝の気配が射して来て、枝垂れ桜の花びらにその色を映し始めました。
 

みたか食堂 ~福島県郡山市本町~

ハミ丼ファンの皆様、お待たせ致しました(>▽<)b 地元のみんなの大衆食堂・みたか食堂さんの逸品で食テロさせて頂きますv( ̄∇ ̄)ニヤッ 駅から歩いて10分圏内に、こんなステキな食堂があるなんて、なんてステキなボクの街・郡山でございます♪

「玉子丼 (800円)」

みたか食堂 玉子丼

お約束通りの“ハミ丼”ですが、いつもながらやって来た時のワクワク感は異常ヽ( ̄▽ ̄)ノ

みたか食堂 玉子丼

溶き卵は“しっかり煮固め系”だけど、スが入る手前で寸止めされていて、ふっくらとした舌触りは活かされています。 出汁の効かされた丼ツユは、期待通りの甘じょっぱく、ちょっぴり濃ゆい味わい゚+.(ノ。’▽’)ノ*.オオォォ☆゚・:*☆

みたか食堂 玉子丼

たっぷり煮込まれた玉ネギの甘味と風味と旨味の椎茸、彩りのニンジンとインゲンの歯触り、特筆する具材こそありませんが、だからこそピュアに楽しめる丼ツユと白飯のハーモニーにすっかり心奪われる玉子丼なのです(〃∇〃)




で、こちらも「みたか食堂」さんのスター・メニューでしょうΨ( ̄∇ ̄)Ψ しっかりとメリハリのある味わいで、その魅力に取り憑かれる中毒客が後を絶たないのがコチラヽ(〃v〃)ノ

「カレーライス (700円)」

みたか食堂 カレーライス

ボリューム感は伝わりにくいですが、深皿にドッと盛られたゴハンの上に、全掛けされるは伝家の宝刀・みたかカレーです!(>▽<)b これで並の食堂カレーの大盛りを越えるほどのモリモリ具合ですよ。

みたか食堂 カレーライス

粘性ブレーキで何とかお皿の縁で留まっているカレー・ルーは、見ての通りの強粘性。 具材はシンプルに豚バラ肉と玉ネギですが、豚バラの脂身の美味しさと、玉ネギのナチュラルな甘味と旨味がカレー・ルー全体に行き渡っています。

みたか食堂 カレーライス

一口食べればその魔性の美味しさに言葉を失うハズですv( ̄∇ ̄)ニヤッ それはカレー専門店やレストラン・カレーとは一線を画する食堂カレーならではの味の世界。 香辛料の香り高く、“Sweet,Hot & Spicy”な味わいにあなたは魅了される事請け合いですよ(ノ´∀`*)

【お知らせ】

「みたか食堂」さんは、5月3日(日)~5月7日(木)まで休業されます。





みたか食堂
福島県郡山市本町1丁目18-8
電話;024-922-0746
営業時間;11:00~20:00
定休日;日曜日
駐車場;店舗向かい側に6台分


大きな地図で見る
 

【2015年桜巡り】 紅枝垂れ地蔵桜

この日は月がほとんど見えない新月の夜でした。 しかも晴天で風も穏やかという、又とないチャンスの日。 滝桜をはじめとしたその周辺の名桜達も、満開のタイミングを迎えていて、まさにパラダイスの夜です(>▽<)b

是非とも試してみたいと思っていた撮影地は、想像を遥かに超える難物で、しかも薄雲に街明かりが反射してしまい、手強いなんてモノではありませんでしたΣ(゜▽゜;) 勿論、真夜中にそんな場所に立つヤツなんて、ボク一人しか居るハズもなく、今にも熊でも現れそうな雰囲気。 耐えきれなくなって何ショットか撮って早々に退散です( ̄▼ ̄|||)

紅枝垂れ地蔵桜の星景 #1
[2015/4/19 紅枝垂れ地蔵桜の星景 #1] <↑ Clickで拡大>

こちらは滝桜と並ぶ名桜の誉れも高き「紅枝垂れ地蔵桜」です。 ここもまた両翼に防犯街路灯が設置されていて、その光源を入れないようにして位置決めするのに四苦八苦ヽ(´Д`lll)ノ でも撮ってみたらば「あら、ステキ♪(〃∇〃)」

紅枝垂れ地蔵桜の星景 #2
[2015/4/19 紅枝垂れ地蔵桜の星景 #2] <↑ Clickで拡大>

妖艶と賞される地蔵桜が、より一層艶やかさを増しているように思えます。 銀河や北斗七星をフィーチャーして夢中で撮り続けました。

紅枝垂れ地蔵桜の星景 #3
[2015/4/19 紅枝垂れ地蔵桜の星景 #3] <↑ Clickで拡大>

件の防犯灯がライトアップ照明の効果を果たしてくれて、ファインダーや背面モニターではほとんど判別出来ないほどの暗さなのに、写真として撮影してみたらこんな深夜の色彩を引き出してくれました。

紅枝垂れ地蔵桜の星景 #4
[2015/4/19 紅枝垂れ地蔵桜の星景 #4] <↑ Clickで拡大>

今期の桜撮影で、最も充実した楽しい時を過ごす事が出来ました(*^▽^*) 好きなことをやっている時は、躰の疲れは忘れられるものですね( ̄▽ ̄i)ゝ あぁ、近所で良かったww
 

麺屋 信成 ~福島県郡山市富田町~

いよいよ「福島ラーメンショー2015」の開催まで一週間と迫りました。 会期中(2015年5月1日~6日)は、ここ「麺屋 信成」さんをはじめ、「麺処 若武者 (二本松市)」さん、「たなつものSHOKUDOU (福島市)」さんのメンバー店さん達は、全てお店をお休みとして、開成山公園 自由広場の「福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊」ブースに集結しています(o^-^o)

かれこれ一ヶ月半以上暖簾を潜られず仕舞いだった「麺屋 信成」さんを強襲致しまして、溜まりに溜まっていた“黒しょうゆ中毒”を収めて参りました(>▽<)b 本当は一遍に5杯くらい食べないと、溜飲を下げるには至らないってくらい切望していたコチラを所望致します!

「黒しょうゆらーめん (800円)」

信成 黒しょうゆらーめん

あぁ、丼から立ち昇る芳醇な濃厚醤油の香り(〃∇〃) この漆黒ラーメンと2ヶ月半も会えなかったなんて・・・ あまりにも長く遠ざかっていたが故に、禁断症状さえやや忘れそうになっていた自分。 だから尚のこと、より一層研ぎ澄まされるようにこの味香を受け止めてしまいます。

信成 黒しょうゆらーめん

挽き立ての黒コショウのスパイシーな香りと、白ネギからの軽くツンと来る揮発香、チャーシューのからジワジワと染み出してくるチャーシューダレと肉汁の濃密な香り。 もうたまらん♪(>▽<)b

信成 黒しょうゆらーめん

ロースとモモの合い盛りチャーシューは、お肉自体の美味しさと、脂質の豊かな広がりのある味わいが楽しめます。 しかも丼のほぼ全面を覆い尽くすほどのボリュームは、ほとんどチャーシューメンと言って差し支えないほどの豪勢さです。

垣間見える漆黒スープは、鶏と豚ゲンコツから引き出されたベーススープの確かな美味しさに、濃口醤油ダレの押し味溢れる濃厚フレーヴァーに、甘味とほんのりビターなニュアンスが塩味の角を丸く収めています。 だから醤油の味わいが濃ゆいのに、しょっぱさを感じてしまったりはしない素晴らしき落とし所♪ このバランス感覚は白眉ですΨ( ̄∇ ̄)Ψ

信成 黒しょうゆらーめん

やや加水率低めのストレート細麺は、見る見る間に漆黒スープの色合いが染み入って行きますが、パツッ!と張りのある歯切れの食感はいささかも薄れることがありません。 いつもながら秀逸な麺だなぁ~と感心しきりです。 勿論スープをしっかりと口に運んでくれますので、麺を手繰る度に大好きな漆黒スープが止めどもなく届けられてくるかの如し! 幸せなラーメン、ここにありだO(≧▽≦)O

麺を手繰る事半分ほど進んでくると、更に漆黒スープの染み入って来た麺自体の美味しさが冴え冴えとしてきて、漆黒スープに徐々に溶け出してきた麺表面のグルテン分が、スープの旨味成分をより一層押し上げます。 その時の美味しさには“極味”と呼ぶべき、複雑で練れた美味しさがジワジワと口の中を支配していくようです。 はぁ~!美味しかったぁ~!(*´∇`*)

既に暖簾の落ちた厨房では、店主・海野さんのセルフ賄いを調理中。 度々鬼リピ常連のお客様に振る舞われている「黒しょうゆ焼きそば」をご相伴に与れましたw( ̄▽ ̄;)w 何たる幸運♪

信成 黒しょうゆ焼きそば

黒しょうゆらーめんと同じ麺を茹で上げた後に流水で洗い締めして、黒しょうゆらーめんの醤油ダレで味付けされたという、まさに賄い食の典型作法なのですが、これが目から鱗が落ちるほど旨い!(lll゚Д゚) こりゃあ本当に驚きました。

麺のシャッキリ感はちゃんと残っていますし、と言うよりも普通の蒸し麺では表現し得ない食感! 多分一般的な麺で同じプロセスを踏んでも、このような仕立て上がりにはならないです。 この麺のポテンシャルの高さを、再確認させられるほどの鮮烈な体験でした。

また醤油ダレに関しても、旨味は豊かで風味豊かでも、塩味の角は立たないという良さが活きていて、驚いたことに添えられていた紅ショウガが甘く感じられるという不惑の事態に・・・(;゚д゚) 理屈は分かりませんが、なんかスゲーもの食わせて頂きました。

尚、この「黒しょうゆ焼きそば」ですが、残念ながらメニュー入りする予定は全く無いのですが、この先に控えている某イベントにてご披露される予定だとか。 情報が確定したら、告知させて頂きます(o^-^o)




麺屋 信成 (しんせい)
福島県郡山市富田町坦ノ腰-72-2
電話;024-951-2876
営業時間;11:30~最長20:00
     ※売り切れ次第閉店ですが、最近は15時位で暖簾落ちしています
定休日;水曜日
駐車場;店舗前に10台程度


より大きな地図で 麺屋 信成 を表示
 

【2015年桜巡り】 伊勢桜の星景

七草木天神桜を撮影した翌日になりますが、近隣の桜を撮影出来る最後の日曜日でしたので、仕事を終わらせ夕食・入浴を済ませてから、仮眠もとらずに撮影機材を車に積み込んで真夜中の名桜を目指します。

伊勢桜の星景 #2
[2015/4/19 伊勢桜の星景 #2] <↑ Clickで拡大>

「伊勢桜」と名付けられた枝垂れ桜は、ボクが写真撮影を始めた頃には、その名前さえ調べなければ分からなかった桜でした。 ただ「紅枝垂れ地蔵桜」へと向かう道すがら、いつも見事な枝垂れ桜に瞠目していました(o^-^o)

伊勢桜の星景 #1
[2015/4/19 伊勢桜の星景 #1] <↑ Clickで拡大>

この夜も、予定していなかったのだけど、通りかかったらその枝垂れ具合に引き寄せられて、思わず車を駐めてしまいました( ̄▽ ̄i)ゝ ここは道路沿いに街路灯が設置してあるので、その光を避けながら撮影ポジションを探る事になりましたが、お陰で全くライトなどを照射する必要も無く、深夜の艶やかな伊勢桜の色合いを手に入れる事が出来ました(>▽<)b
 

お食事処 伽羅 ~福島県田村郡小野町~

写真撮影に小野町・滝根町方面へ進出した折に、メチャ遅い昼食を摂りに再訪した、小野町R349沿いの「お食事処 伽羅 (きゃら)」さんです。 ぼちぼちと夕刻の近づく頃に訪問したのですが、18時が近づくにつれて、次々とお客様が来店して、日曜日の夜でもなかなかの客入りとなっていました。

「玉子丼 (650円)」

お食事処 伽羅 玉子丼

一番すっぴんの丼ツユの味が伝わって来る玉子丼が、最近気に入っております。 ってか、とんでも無くデカい丼鉢で供されてちょっとビックリです(lll’□’o)ァ・・・。

お食事処 伽羅 玉子丼

具材に染み入った丼ツユの濃い色合いも、ほぼ期待通りではありませんか♪(〃∇〃) 見ての通り、溶き卵はしっかりと煮固めタイプですね。

お食事処 伽羅 玉子丼

具材は玉ネギメインなのはお約束の黄金律です。 そこにキノコやインゲンが散りばめられていて、甘じょっぱさの中にも醤油の味にシャープさのある濃ゆい丼ツユ。 ややツユ多目で豆系調味料好きのハートを一発で射止めること請け合いです(>▽<)b

お食事処 伽羅 玉子丼

お味噌汁はしっかり出汁の旨味が感じられ、こちらの味噌加減は至って標準的。 こちらも一塩りのアクセントが出ていたら、ちょっとお冷やに手が伸びてしまうかも知れませんね(^◇^;) ちゃんと予定調和が取れていて良かったです。

前述の通り、丼のサイズがアンバランスなほど大きかったのですが、深さもあるのでそれ相応のボリュームはありました。 でも「ハライッパイでもう動きたくありません(ノд`@)」ってな惨事にはならないと思います。 男なら丼!(←イミフ)

「ギョーザ (6個・350円)」

お食事処 伽羅 ギョーザ

家内が一緒でしたので、こちらも所望しました。 ちょいとニンニクのインパクトがあって、なかなか美味しゅうございます。 焼き加減もバッチリ良い仕上がりです(>▽<)b




お食事処 伽羅
福島県田村郡小野町小野新町美売56-13
電話;0247-72-2606
営業時間;【昼の部】11:00~14:00 【夜の部】17:00~19:30(OS) 【日曜・祝祭日】11:00~19:30(OS)
定休日;水曜日(祝祭日を除く)
駐車場;敷地内に12台分ほど


大きな地図で見る
 

【2015年桜巡り】 七草木天神桜と星景

先週は地元の主立った名桜達が、いよいよ満開期を迎えまして、写真撮りの趣味人としては、最も心踊る時節となりました。 とは言え、平日の昼間にのうのうと写真撮影を楽しんでいられる訳がありません( ̄▽ ̄i)ゝ この日は晴れの夜で、しかも新月間近で月明かりも無いと言う事で、朝駆けならぬ夜討ちに出掛けましたO(≧▽≦)O

4月12日に偵察に行った時は、まだほんの少し咲き始めたところでしたが、この日は月明かりもない真夜中に見ても、それが満開になっている事が分かるほどの花模様です。 若干雲が出ていましたが、直上には見事な星々の煌めきがありました。

七草木地蔵桜と七ッ星
[2015/4/18 七草木地蔵桜と七ッ星] <↑ Clickで拡大>

星の位置関係とかは、前もって下調べしていなかったのですが、良く撮影されるポジションから見て、ほぼ真上に北斗七星が来ていました!(>▽<)b これは幸運としか言いようが無かったです。 ほとんどファインダーもライブビューモニターも、暗闇の桜の姿を捉える事は出来ませんので、水平出しをしたらほとんど勘でレンズを向けて、撮影結果を確かめながら微調整を繰り返します。 あとは、「風よ止め!雲よ出な!」と念じてシャッターを切るだけww

七草木地蔵桜と天の川
[2015/4/18 七草木地蔵桜と天の川] <↑ Clickで拡大>

桜の袂から思い切り振り上げて撮ったら、こちらには天の川が写っていました。 目視では気付かなかったんですけど、とってもお得なショットになりました♪

夜明け前の流星
[2015/4/18 夜明け前の流星] <↑ Clickで拡大>

そろそろ夜明けの兆候が感じられましたので、そっちも撮っちゃえ! と撮り収めて来たら、ナントこちらには流星の演出が加わっていましたO(≧▽≦)O いやはや、とってもお得な夜討ち撮影になりましたが、日の出前には帰宅して一眠り。 普通通りに仕事場を開店致しました。 身体的ダメージはありましたが、楽しい写真が撮れました♪
 

中国飯店 なるき ~福島県郡山市富久山町~

この日は朝の冷え込みが示唆した通り、好天に恵まれて日中は20℃近くまで気温が上がり、街中の桜も風に乗って花びらを散らしていました。 まだ冷や中のスタートは先ですが、冷や中への橋渡しが如くに、この時節になると毎年のように食べたくなるのが「中国飯店 なるき」さんのこの一品です(>▽<)b

「ジャジャーメン (980円)」

なるき ジャジャーメン

器のスケールが今ひとつ伝わらないかも知れませんが、これはお皿ではなくてタンメン丼ですからv( ̄∇ ̄)ニヤッ そのモリモリ具合も魅力の一つですが、多分当地にジャジャーメンを伝えたのは、先代のなるき店主さんであり、ぼちぼち半世紀前の事だったと思います。

なるき ジャジャーメン

現在は一般的にジャジャーメンの甘口肉味噌には、甜麺醤をメインに使われると思いますが、なるきさんのジャジャーメン伝来の頃には甜麺醤などはほとんど輸入されていませんでしたから、工夫して極めて近い味わいを作りだしたようです。 そんな訳で、ここで使われているのは八丁味噌タイプの濃密な赤味噌を自家調整していると思われます。

お陰で甜麺醤特有のビターな味わいはほとんど無く、ジャジャーメンを口にした事の無かった我ら地元民にも、少しばかり馴染み易さがあったのかも知れません。 このようにレジェンドとも言えるような古典調理メニューが、未だに全く色褪せることなくファンの味覚を楽しませているというのも素晴らしい事です(o^-^o)

なるき ジャジャーメン

やや加水率低めの自家製ストレート中細麺は、ヌメリを取りながら丁寧に洗い締めされ、仕上げに少量のゴマ油をまぶします。 熱々の甘肉味噌には生姜、ニンニク、豆板醤といったスパイシー素材も使われていますが、それらはあまり前面に押し出されることなく、甘味噌のディテールを整える程度に効かされています。

椎茸とタケノコの水煮が細かくみじん切りにされていて、挽肉と共に甘味噌ソースで纏められています。 麺は細身ながらも噛めばしっかりとしたコシがあって、うっすらとコートされているゴマ油は、鼻腔に届く香ばしさと、甘肉味噌が絡み過ぎないように作用もしているみたいです。

茹で前で多分300g位はありそうな麺量も、ちょっと濃ゆい味わいの美味しい甘肉味噌と共に、すっかり胃袋に納まりまして、口福のハライッパイでした! 次は冷や中だぁ~!o(^^o)(o^^)oワクワク




中国飯店 なるき
福島県郡山市富久山町久保田愛宕86
電話;024(932)9642
営業時間;11:30~21:30
定休日;月曜日・第1火曜日


大きな地図で見る
 

ふくしまラーメンショー2015開催のお知らせ

いよいよ開催まで10日となった「ふくしまラーメンショー2015」ですが、既に主催の福島中央テレビ(FCT)さんでは、随時出店社さんのご紹介スポットCMが流されています。 そして本日からは出店社の許を訪問して取材してきた、より詳しい内容の長尺紹介が夕刻の番組「ゴジてれChu!」で流され始めました。

ふくしまラーメンショー2015タイトル


出店社各社共に、美味しく個性的なラーメンを携えて出店してくれますので、ラーメンフリークならずとも、ご家族連れでも楽しめるイベントとなっています。 テレビスポットよりも長めの30秒CMがYOU TUBEに置かれていますので、以下ご紹介させて頂きますね(o^-^o)




金沢麺達兼六会麺家いろは
福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊まこと屋
今治バリラーひろめ隊大分佐伯ラーメン
ちばき屋らぁ麺やまぐち
ドゥエ・イタリアンむぎとオリーブ


全部で10店の出店社さんが揃いますが、会場内の出店ブースの位置も気になるところです。 前年の売上げ杯数1位と2位は、両翼端のポジションが決まっています。 その並び順でさえ、客並びに影響があると言われています。 まだ場内の配置図は公表になっていませんので、尚のこと気になってしまいます(^◇^;) ともあれ、ジリジリと盛り上がりを見せつつあるこのイベント。 GWは開成山公園 自由広場で楽しみましょう!
 

【2015年桜巡り】 あさひ公園の桜

こちらもこの春初めて訪問した、石川町の中心部にある「あさひ公園の桜」です。 町内を流れる北須川に掛かる「県道14号・いわき石川線」の「三芦橋」から「柳橋」までの河畔に整備された公園の桜です。

こちらでは桜の開花期にライトアップが行われており、夜でも撮れる桜でしかも満開期にあたり、かなりの好機を得ての訪問でした。 今まで石川町自体に用向きを得た事がなかったので知らなかったのですが、訪問してみて驚いたのは、ちょっと谷状になっている街全体に、大変多くの桜が植栽されています。 どっちを見ても桜の花が目に映るってくらいですw( ̄▽ ̄;)w 我ら写真撮りにとっては、まさに街全体がロケ地のような様相でした。

あさひ公園の桜 #1
[2015/4/12 あさひ公園の桜 #1] <↑ Clickで拡大>

あまりに桜が多すぎて、どこでライトアップが行われているのか見当もつかなかったのですが、失礼ながらそんなに大きな中心繁華街はありませんので、何往復か町中を通行すれば分かるだろうと車を走らせてみたら、既に照明に明かりが灯っていたので見つけ出すことが出来ました。

あさひ公園の桜 #2
[2015/4/12 あさひ公園の桜 #2] <↑ Clickで拡大>

公園の無料駐車場に車をデポして、ライトアップされている河畔をグルリと一回り。 およそ一周700m位でしょうか? 最初の一周はテスト撮影で、撮りたい構図に合うレンズに交換して、二周目で本撮りしました。

あさひ公園の桜 #3
[2015/4/12 あさひ公園の桜 #3] <↑ Clickで拡大>

右岸と左岸で異なった色のライトが照射されていて、最初はちょっと不惑だったのですが、何カットか撮影している内に、その個性溢れる色彩の世界に引き込まれましたΣ(゜▽゜;)

あさひ公園の桜 #4
[2015/4/12 あさひ公園の桜 #4] <↑ Clickで拡大>

とっぷりと夜の帳が空を闇にする頃には、星々が雲で閉ざされてしまったのは残念でしたが、比較的風が穏やかだったのは助かりました。

あさひ公園の桜 #5
[2015/4/12 あさひ公園の桜 #5] <↑ Clickで拡大>

夜桜の袂では、ご婦人方が花見の宴を催されていて、異常にハイテンションになった幼子達が河川敷を歓声を上げながら駆け回るという、とても賑やかな夜の一コマでした(o^-^o) また来年も機会あれば訪問して、数多く残されている古桜の一本桜にも逢ってみたいです。
 

郡山大勝軒 ~福島県郡山市富田町~

前回は「大勝軒流担々麺」で、大勝軒の個性を活かした秀作を楽しませて貰いましたが、その限定メニューはどうやら今月に入ってもまだ、17時以降に提供されているようてす。 思わずリピ喰いしそうになったのですが・・・

少し迷いを見せたら、カウンター越しに馴染みの店員さんが、何気に定番を勧める素振りが見えました。 ほうほう♪ 自分から誘い水を撒くとは珍しい。 それはやっぱり王道のコチラを所望致しましょうo(*^^*)o

「つけ麺 中盛 (750円)」 ※いろいろな載せモノをご馳走になっちゃいました( ̄▽ ̄i)ゝ

郡山大勝軒 つけ麺 中盛

魚介の華やかな香り立ちは抑え気味で、動物系の素材要素の方が押し出しの強さがありました。 これってもしかしたら、今日はナベゾコが当たったかな?( *´艸`)

郡山大勝軒 つけ麺 中盛

超絶濃厚では無いけど、しっかりと素材の旨味が引き出されたスープに、クイッと押しのある醤油ダレ、お約束の甘酢と一味唐辛子が漬け汁のディテールを引き締めます。 ブロクック切りされたチャーシューとロールチャーシューの二種類が合い盛りされていて、お肉を頂くという快楽のみならず、熱々のスープに浸されて、肉系の旨味成分が程良く漬け汁に効いています。

郡山大勝軒 つけ麺 中盛

自家製ストレート太麺は、舌触りの良さとしっかりと弾力を感じさせる歯応えと、噛めば押し返してくるようゆ根性の入ったコシの強さがありました。 張りのある歯触りの良さは申し分無し! 個人的な好みは、もう少しねっとりとした弾力があって、しなやかな舌触りなのですが、これはこれで美味しいです。 いや、好み云々を抜きにして美味しゅうございました(>▽<)b

郡山大勝軒 つけ麺 中盛

冷水締めされたそんな力強い麺も、熱々の漬け汁を潜らせて手繰れば、コシの強さがモチモチ感へと変貌します。 その変化具合がまた楽しかったりしますΨ( ̄∇ ̄)Ψ 自分は好みのカタチが決まっていますので、卓上配置の酢をレンゲに2/3杯とラー油を少々加えて頂きます。 うむむ、やっぱりナベゾコが当たっていたようで、凝縮度のある旨味は堪りませんでした(>▽<)b




郡山大勝軒
福島県郡山市富田町乙路後18-1
電話:024-935-4262
営業時間:11:00~21:00(スープが無くなるまで)
定休日:毎週水曜日
駐車場:店舗前に4 台分 店舗横の指定駐車場に12台分くらい


大きな地図で見る
 

【2015年桜巡り】 護真寺の桜

「横田陣屋御殿桜」の直ぐ近くにある、推定樹齢450年と言われる老桜がこの「護真寺の桜」です。 表参道は桜並木になっており、桜のトンネルを通り抜けて、本堂への階段を登ると、色鮮やかな花を咲かせた古桜に出会えます(o^-^o)

護真寺の桜 #1
[2015/4/12 護真寺の桜 #1] <↑ Clickで拡大>

樹高15mという巨木ですが、頭頂部の枝以外はしっかりと花が咲いていて、樹勢もまだまだ大丈夫そうです。

護真寺の桜 #2
[2015/4/12 護真寺の桜 #2] <↑ Clickで拡大>

満開の好機を得たのは本当に幸いでした(o^-^o) 既に夕刻が近づいている時間でしたが、桜参道を通り抜けて訪問する観桜客やカメラマンは途絶える事がありませんでした。

護真寺の桜 #3
[2015/4/12 護真寺の桜 #3] <↑ Clickで拡大>

ボクは桜参道を通らずに、本堂東側から直づけで入れる駐車場に車をデポしました。 こちらから入れば、階段を登る事無く名桜を愛でる事が出来ます。

護真寺の桜 #4
[2015/4/12 護真寺の桜 #4] <↑ Clickで拡大>

機会あれば再訪して、再び向き合いたい。 そんな素晴らしい桜でした(*^▽^*)
 

代々木庵 ~福島県郡山市咲田~

かなり前から暖簾の掛かっている蕎麦屋さんだと思っていたのですが、実は平成元年開業だった事を知りました。 ここは旧家の多い住宅地の通り沿いにある「代々木庵」さんです。 最近気になっていたお店の一軒でしたが、ようやく暖簾を潜る事が出来ました。

代々木庵

店内は清掃が行き届いていて、暖簾を潜れば出汁の香りが漂ってくる、まさに蕎麦屋さんの風情がしっかりと伝わって来る雰囲気です(*^▽^*) メニューは街角の蕎麦屋さんらしく、そば・うどんに加えて、要所を締めたご飯ものが用意されています。 “蕎麦屋の丼モノにハズレ無し”って定石を踏んで、セットメニューでお手合わせを願いました。

「天セット (880円)」 (野菜天丼とざるそば)

代々木庵 天セット

こんな器に盛られてきたのは、ちょっと驚きでした(⌒▽⌒;) 今ひとつボリューム感が希薄に見えますが、実はそこそこの量が盛られていたのは、食べ進んで行く内に気付きました。

代々木庵 天セット

ちょっと侮りがたい野菜天丼! しいたけ、茄子、ピーマン、サツマイモ、カボチャの5種類のタネが仕込まれていました。 揚がり具合は勿論バッチリ! 少しだけビターなニュアンスのある、濃ゆい甘じょっぱい丼ツユが、衣に染み入ってカリントウ状にカリッとなっています。 こりゃタマらんわ(*´Д`*)

代々木庵 天セット

蕎麦は麺線が揃いすぎているので、もしかすると委託製麺かも知れませんが、ほんわかと甘い蕎麦の香りも伝わって来ますし、角の立った蕎麦よりも優しくしなやかな舌触りの良さが持ち味です。 かといって決してダルダルな蕎麦ではありませんからご安心を(o^-^o)

代々木庵 天セット

漬け汁は最初から蕎麦猪口に注がれてきますが、量的にもちゃんとバランスしていて無問題。 宗田節の甘く芳醇な香りと力強い旨味に、昆布出汁の旨味と柔らかな甘味の整った出汁に、いくぶん円やかな、しかし風味の良さはちゃんと伝わって来るカエシが合わせられています。

ちょっと甘めで旨味のある漬け汁は、しなやかな蕎麦をどっぷりと浸して手繰ると、抜群の美味しさですね♪ こういう肩肘張らずにリラックスして「おいしい♪(〃∇〃)」と呟いてしまいそうなお蕎麦も良いものです。




代々木庵
福島県郡山市咲田2-1-2
電話;024-938-2080
営業時間;11:00~20:00
定休日;第1・3木曜日


大きな地図で見る

 

【2015年桜巡り】 横田陣屋御殿桜

早朝撮影から一度帰宅して、躰を休めた後に家内と連れ立って出掛けたのは、須賀川市の旧長沼町にある名桜「横田陣屋御殿桜」です。 なかなか須賀川の桜を撮影する機会が無かったのですが、今回は最初からここを目指して訪問しました(o^-^o)

御殿桜 #1
[2015/4/12 御殿桜 #1] <↑ Clickで拡大>

ちょっとカーナビ無しでは、地の利の無いボクには難しい場所でしたが、丁度満開の素晴らしい桜を楽しませて頂きましたO(≧▽≦)O 域内ではスタンプラリーが開催されており、名桜の周遊マップも配付されていました。 家族連れが多かったのは、訪問した時間にも因るかも知れません。

御殿桜 #2
[2015/4/12 御殿桜 #2] <↑ Clickで拡大>

この個人宅の枝垂れ桜は、樹齢300年を越えているといいます。 本来は農地であろう場所を、観桜客に開放して見せてくれています。 立派な巨木で樹勢も旺盛。 その姿も流麗で御殿の名に相応しい桜でした(*^▽^*)
 

麺屋 豪快 ~福島県郡山市安積町日出山~

滑らかな舌触りの自家製麺を頂きたくなって、東部幹線沿い安積町日出山地内の「麺屋 豪快」さんの暖簾を潜りましたΨ( ̄∇ ̄)Ψ 夜の部がスタートして間もなくの訪問でしたが、既に先客様が入店されていました。 思い起こしてみても、日曜日の夜も20時過ぎに通りかかっても、来店客が数組おられましたっけσ( ̄、 ̄=) 間違いなくこのエリアの繁盛店さんですね(*^▽^*)

「つけ麺 (580円)」

麺屋 豪快 つけ麺

こちらは未食だったし、麺の美味しさをストイックに楽しむにはお誂え向きなメニューですo(*^^*)o ボリューム的にはつけ麺としてはちょっと控え目に思えます。 またつけ麺のラインナップには、具材強化バリエーションや、副菜的なアイテムで武装したものもあります。 でもここでは訳あって、敢えてのシンプル仕様を所望しました。

麺屋 豪快 つけ麺

伝統的な会津スタイルの平断面中太多加水麺は、洗い締めされてもしなやかさを失いません。 ややオーバーボイル気味?と思わせる位で、実はこの自家製麺の一番美味しいところが引き出されていると思います。

麺屋 豪快 つけ麺

想像していたよりもずっと分厚い油膜があって、そこからは特徴的なチー油の香りが立っていましたw( ̄▽ ̄;)w 今まで頂いていたスープの印象とはかなり異なる強いインパクトに戸惑います。 明瞭な鶏出汁の旨味がラーメンよりも強い?

こんな爪を今まで研いでいたのか?Σ(゜▽゜;)

つけ麺の為だけにスープを一本特別誂えするとは考えにくいし、何とも不惑の感を抱いたままに麺を手繰るのでした。

麺屋 豪快 つけ麺

オイリーな漬け汁を潜らせた麺は、チー油の芳醇な香りが纏わり付いて、鼻腔にしっかりと鶏の香りが伝わります。 少し酸味が効かされていて、醤油ダレもシャープに効かされています。 甘味が前面に押される事はありませんが、酸味も塩味も刺激的なニュアンスはありませんので、何らかの甘味成分で角が丸められているのかも知れません。

辛味は後からジンワリと感じられますが、これは一味なのかなぁ~ お陰でチー油の後味をキレイに断ち切ってくれます。 分厚い旨味で押しまくるタイプできなく、どちらかと言えば軽快なところにチー油の印象が一際強く感じられるものでした。 何だかちょっと不思議なつけ麺でしたけど、その理由はお店を離れて暫くしてから知らされる事になりました。

「ミニカツ丼 (300円)」

麺屋 豪快 ミニカツ丼

えっへっへ(〃'∇'〃)ゝ 実はこのソースかつ丼が食べたかったもので、つけ麺をシンプルにしていたんですよ♪ 手頃な盛り加減ながら、柔らかく美味しいトンカツに、ちょっと甘めのソースが絶妙の美味しさ! トンカツ専門店さんには無いタイプの、敷居の低い、それでもって美味しさは折り紙付きの人気サイドメニューです。

さて、勿体を付けた前述の話ですが、常に同じ所で満足しない店主さんが、どうやらスープに新しい息吹を注入している模様です(*^▽^*) まだ発展途上のところもありますが、掛けたコストと努力を傾けた分だけ、ボクらに口福を分け与えてくれるものと思います。 また暫く目が離せなくなりました(=´▽`)ゞ




麺屋 豪快
福島県郡山市安積町日出山2-77-1
TEL;024-943-3323
営業時間;【昼の部】11:00~15:00【夜の部】17:00~22:00(LO=21:30)
定休日;木曜日
駐車場;店舗前に10台分


大きな地図で見る

 

【2015年桜巡り】 雪村庵の桜

この日の朝の部最後に立ち回ったのは『雪村庵の桜』でした。 まだちょっと早いかなぁ~と思っていたら、満開の情報をキャッチしましたので、帰途の道すがらちょい寄りです。

雪村庵の桜 #1
[2015/4/12 雪村庵の桜 #1] <↑ Clickで拡大>

あえっ?( ̄▼ ̄|||) 何だか今年は花の付き方といい、色合いといい、例年よりも良い気がしますよ。 カメラマンの姿もほとんど無くて、もしかするとちょっと幸運だったかも♪(〃∇〃)

雪村庵の桜 #2
[2015/4/12 雪村庵の桜 #1] <↑ Clickで拡大>

左に控える雪村梅は、やや盛りを過ぎて花の密度が薄くなってますけど、これはお約束のアングルと言う事で。

雪村庵の桜 #3
[2015/4/12 雪村庵の桜 #3] <↑ Clickで拡大>

うねる枝と桜花は、竹林を背景にしてまるで線香花火のように見えます。

雪村庵の桜 #4
[2015/4/12 雪村庵の桜 #4] <↑ Clickで拡大>

久しぶりにこでコントラストの明瞭な写真が撮れました(*^▽^*)
 

パーラー&軽食 ひまわり ~福島県郡山市富久山町~

頑なに手作りメニューでお客様の愛顧に応えている「パーラー&軽食 ひまわり」さんですが、手間暇を惜しまない調理の反面、客入りの良い時だと、一時間待ちも珍しく無いのが玉に瑕です。

この日はお店の前を通りかかったら、駐車場にデポされている車はありませんでした。

「おっ?!これはイケるかも♪」

って事で、配達を済ませて再訪してみると、どうやら本当に先客はおられないようです。 雨降りのお陰でしょうかね? とにかくこんな好機は滅多にありませんので、迷わず入店しましたよ(o^-^o)

「ハンバーグ・スペシャル (980円)」 (ハンバーグ250g、エビフライ、ウインナー、ライス、味噌汁、サラダ)

ひまわり ハンバーグ・スペシャル

お陰で調理待ち時間は30分を切っていました。 なかなかの好タイムですよ♪(←ひまわり基準)

ひまわり ハンバーグ・スペシャル

エビフの3本付けが豪勢ですね♪ タルタルソースこそ添えられませんが、ハンバーグソースやブロッコリーとの間に添えられるマヨネーズ、または卓上配置のソースの力を借りることも出来ますよ。 勿論揚げ立てで衣はサクサクです。

ひまわり ハンバーグ・スペシャル

そんでもってメインの裏山には、添えモノと呼ぶにはボリューム満点な者どもが控えております。 ハンバーグとエビフだけなら、とりたててモリモリってほどでは無いのですが、この裏山セクションの者どもと、小振りとは言えサラダボールに盛られたお野菜が効いてきます。

ひまわり ハンバーグ・スペシャル

このドレッシングも多分女将さんの手作りだと思われます。 白ワインビネガーがビシッと効いていて、とても清涼感を感じさせる味わいに圧されて、いつもキレイに完食しちゃいます。

ひまわり ハンバーグ・スペシャル

ふっくらと焼き上げられた“伝家の宝刀・ハンバーグ”は、この組膳メニューでは250gサイズが標準とされています。 お茶碗一杯分の白飯を頂くのに、何不満のないボリュームですね(>▽<)b

ひまわり ハンバーグ・スペシャル

肉汁を脂身にすげ替えたようなシロモノではなく、本当の肉汁ってこんなものよ?って、認識を正してくれるような手作り作。 シーズニングスパイスを過分に使わなくても、肉の臭みなんて全く感じさせない素材の良さもさすがですが、軽快なデミグラスソースが白飯を美味しく食べさせる重要なキャストだったりしますΨ( ̄∇ ̄)Ψ




パーラー&軽食 ひまわり
福島県郡山市富久山町久保田字三御堂67-1
電話;024-923-9278
営業時間;12:00~21:00(LO 20:30)
定休日;日曜日
駐車場;店舗前に2台
    ※空いていれば使える駐車スペースがあります。 ご店主様にお問い合せを。


大きな地図で見る
 

【2015年桜巡り】 城山公園・田村大元神社

時系列は戻って満開手前の三春町内です。 お城坂の枝垂れ桜として知られる「浪岡邸の桜」を巻くように坂道を登り、その先にあるのが城山公園です。

こちらには二年前にも訪問しておりましたが、この日は既に少なからぬカメラマンで賑わっておりまして、その中に加わって撮影する気になれず、ちょっと堤の上から様子を探っていたら、桜の樹の袂にはオオイヌノフグリが小さな碧い花を咲かせ、枝垂れ桜の影が重なっていました。

お城山の桜 #1
[2015/4/12 お城山の桜 #1] <↑ Clickで拡大>

さて、どこを切り取りましょうかね?と思案していたら、大勢の観桜客が道を登ってやって来ました(゚ロ゚屮)屮 どう見ても40人ほどはいるようです。 案内人さんが先導して来て、同行者に説明をしていましたので、観光ツアーと言うよりもウォーク・ラリーっぽい感じです。

お城山の桜 #2
[2015/4/12 お城山の桜 #2] <↑ Clickで拡大>

参加者の皆さんは、その美しさに歓喜の声を挙げていました。 そうだよね(o^-^o) これもまた桃源郷のようですもん。 まあそんな訳で桜の側に寄り付く気になれなかったので、ここは軽く流して

「もう桜が咲いているかも知れないよ(*^▽^*)」

と教えて頂いていた“八幡様”へ移動します。

でもボクにとって地元の皆様が呼ぶ“八幡様”ってのが、どこを意味しているのかが分かりませんΣ(゜▽゜;) 調べてみたら「田村大元神社」の事らしいです。

で、カーナビで行き先検索した際に「たむらだいげんじんじゃ(誤)」で検索したら出てこなかったのは、「たむらたいげんじんじゃ(正)」と読む事を知ったのは、街中の観光マップを見ての事でした( ̄▽ ̄i)ゝ

行ってみたら「ここ知ってる(;゚д゚)」って場所でした。 まだ桜は開花していなかったのですが、折角なので参道の階段を登って境内へと足を運んでみました。

したら、凄く豪壮な神社でブッタマゲました(lll’□’o)ァ・・・。 歴史については割愛しますが、流石は城下町三春の
八幡様です。 ほどなく本殿の裏山から賑やかな人の声が聞こえてきました。 山道を沢山のハイカーがやって来るなと思ったら、先ほどの案内人さんが先頭に立ってます(^◇^;) なるほど、コース内に入ってたんですね。

八幡様
[2015/4/12 八幡様] <↑ Clickで拡大>

観光マップを手にした訪問者も参道を登ってきたりで、賑やかになって来たので撤収です。
 

洋食屋 キッチン・カロリー ~福島県西白河郡矢吹町~

桜を追い掛けて走り回っていたら、たまたま「洋食屋 キッチン・カロリー」さんの前を通るルートになり、「これはラッキ~♪(〃∇〃)」と遅い昼食を摂りに訪問しました。

「スペシャルランチ (1,100円)」

キッチン・カロリー スペシャルランチ

ボリューム満点な“昭和の洋食盛り合わせ”と言っても良さそうですね♪ ここにカレーと赤スパが加わったパーフェクトな昭和の洋食盛り合わせになるでしょうけど、それはちょっとヤバ過ぎるかもね(^◇^;)

キッチン・カロリー スペシャルランチ

なかなか大きなエビフライには、黄金律のタルタルソースが添えられています。 シッポの手前ギリギリまで皮が剥かれていますので、食べ残しのジレンマを感じることなく頂けますよ(o^-^o)

キッチン・カロリー スペシャルランチ

ポークステーキはロースの部位で100gほど。 約1cmの厚みにカットされたお肉は、脂身が残されているのが嬉しい( ̄∇ ̄*)ゞ 表面はカリッと、中身は程良くジューシーさが感じられる、手練れの技がキラリと光る焼き具合です。 カレー風味の効かされたソースも、バッチリ合っていて、皿盛りライスが美味しく頂けます。

ハンバーグも100g程度のパティだと思いますが、こちらは細挽き肉でふっくらと焼き上がっています。 まるで果物の果肉を思わせるような甘酸っぱさのあるソースが添えられていて、これまた大変美味しゅうございます。 二種類の異なるソースが折り重ねて掛け回されているのですが、不思議と混じり合った感も無く、それぞれの美味しさが楽しめました。

共盛りされている千切り野菜メインのサラダは、キレイな切り幅で揃えられていて、洋食屋さんとしての面目略如の細やかさが見て取れます。 卓上配置のドレッシングで頂きます。

キッチン・カロリー スペシャルランチ

特に何の変哲も無さそうな味噌汁にさえ、確かな出汁の旨味と味噌加減の良さがジワジワと感じられます。 ホールのテーブル席だけでは無く、ご家族やグループ向きの座敷席もあり、常連のお客様方からとても重宝されているようです。 また、これらの美味しい食事は、テイクアウトにも対応しているようで、予約していたお客様がお孫さんと引き撮りに来店している姿も見られました。 幼子の笑顔が、今宵の楽しい食卓をイメージさせました(o^-^o)

美味しかったですよぉ~♪ でもカレーが3月までの季節メニューだったのは驚きです(〇o〇;) 来期こそは是非とも食べに行きます! また楽しみ~o(*^^*)o




洋食屋 キッチン・カロリー
福島県西白河郡矢吹町一本木15-101
電話;0248-42-3463
営業時間;【昼の部】11:00~14:00 【夜の部】16:00~19:30
定休日;土曜日
駐車場;店舗敷地内に20台ほど


大きな地図で見る
 

【2015年桜巡り・番外編】 滝桜周辺の名桜たち

本日は昨日の午後からの荒れた天候から一転して、好天の朝という予報が出ていましたので、先輩カメラマン・サッチンさんと、お仕事前の朝駆け撮影をして来ました。 まあ見事に予報は外れてくれまして、5時に出立した頃から雨が降り出し、コチラのキモチも曇りがちでしたが、滝桜周辺を巡って参りました。

紅枝垂れ地蔵桜 [2015/04/16]
[2015/4/16 紅枝垂れ地蔵桜]  <↑ Clickで拡大>

行ってビックリ!(゚ロ゚屮)屮

滝桜は既に満開に達しているのに、少し山に入った「紅枝垂れ地蔵桜」は、ようやく開花し始めたところでした。 例年なら滝桜の開花タイミングの2日遅れくらいで推移するのに、ここは例年の開花タイミングとほぼ同じようです。

伊勢桜 [2015/04/16]
[2015/4/16 伊勢桜]  <↑ Clickで拡大>

直ぐ近くの「伊勢桜」もまた然り。 こちらは地蔵桜よりも、滝桜のタイミングにほぼ一致するのが通例です。

山田の天王桜 [2015/04/16]
[2015/4/16 山田の山王桜]  <↑ Clickで拡大>

標高はやや高いけど、陽当たりの良さは上手の「山田の山王桜」もほぼ咲き始め。

返す足で近隣をサーベイしてみましたが、鮮やかな紅色でやや早めに咲くのが通例の「忠七桜」も蕾が膨らんでいるってくらいで、こちらは車から降りることもなくパス。

上石の不動桜 [2015/04/16]
[2015/4/16 上石の不動桜]  <↑ Clickで拡大>

やはり「上石の不動桜」も、ようやく開花し始めたばかりという何とも不惑のロケハンとなりましたヽ(´Д`;)ノ グルッと回ってみて、先輩カメラマン・サッチンさんと一致した考察は、滝桜のあるさくら湖湖岸周辺が、例年に比べて異常に早く開花したのではないか?との考えです。

と言う訳で、滝桜近隣の名桜は、まだこれから先が見頃です! 気温次第ですが今週末あたりに5分から7分咲き、若しくは一気に満開になるかも知れません。 後はお天気に恵まれますように!




ちょっとオマケ(*^▽^*) 三春町内はほぼ満開を迎えています。 お天気が優れなかったので、入り込みしませんでしたが、R288バイパスから見下ろせる「常楽院の枝垂れ桜」の様子です。

常楽院の枝垂れ桜
[2015/4/16 常楽院の枝垂れ桜]  <↑ Clickで拡大>