FC2ブログ

【2015年冬景色】 秋元湖の朝景 #5

日の出を迎えた後も朝霧は晴れなくて、お陰で朝の陽の光が朝霧のスクリーンを赤く染めていました。

秋元湖の冬朝景 #14
[2015/3/15 秋元湖の冬朝景 #14]  <↑ Clickで拡大>

一部氷解した湖面にも強い朝の日射しが届いて、ダイナミックな風景になりました。

秋元湖の冬朝景 #15
[2015/3/15 秋元湖の冬朝景 #15]  <↑ Clickで拡大>

陽が昇り続けていくと共に、湖畔からの風景はいつしか朝霧の乳白と、陽の光が遮られた薄蒼の雪原、そして朝陽のオレンジの混じり合った複雑さを呈してきます。

秋元湖の冬朝景 #16
[2015/3/15 秋元湖の冬朝景 #16]  <↑ Clickで拡大>

背後の磐梯山の眺望もまた格別で、程良く朝霧が掛かりながら、山の稜線はキレイに望めました。

磐梯山、冬の朝景 #1
[2015/3/15 磐梯山、冬の朝景 #1]  <↑ Clickで拡大>

カラマツ林もほんのりと朝陽の色を受け、山体を照らす朝陽が美しい色合いと陰影を見せてくれました。

磐梯山、冬の朝景 #2
[2015/3/15 磐梯山、冬の朝景 #2]  <↑ Clickで拡大>

秋元湖の堰の下にある池も、完全に雪に閉ざされてましたが、今年の圧倒的な積雪のお陰で、ちょっとした雪のお立ち台が出来上がっていて、普通のシーズンなら撮影出来ないアングルで捉える事が出来ました。

秋元湖の冬朝景 #17
[2015/3/15 秋元湖の冬朝景 #17]  <↑ Clickで拡大>

久々の朝景撮影は、とても恵まれた演出が沢山あった素晴らしい景色を満喫しました。 赤味射す陽の光が薄らいで来たところで、次の撮影ポイントに移動します。
 

みたか食堂 ~福島県郡山市本町~

行き場に困った時でも、通し営業でボクらを迎え入れてくれるみんなの大衆食堂・「みたか食堂」さんですΨ( ̄∇ ̄)Ψ 勿論消極的な選択ではなく、喜んで暖簾を潜っている訳ですが、極端に鬼リピし過ぎないように自制心を働かせているくらいに好きです♪(〃∇〃)

「ラーメン+半カレー (600円+350円)」

みたか食堂 ラーメン

スタンダードな食堂ラーメンの域を超える美味しさはいつもの通り。 出前用のおかもち規格サイズの丼に、ご覧の通り並々と盛られたラーメンは、並盛りでも相当なボリュームになっています。

みたか食堂 ラーメン

載せモノの種類はシンプルですが、食堂系ラーメンで良く見られるワカメひとつとっても、しっかりと塩出しと下処理が施されていて、海藻臭などを感じさせる事もなく、チュルンとした舌触りの楽しさだけが引き出されています。

みたか食堂 ラーメン

チャーシューは程良い厚みと大振りなサイズで、食べ応えも充分な立派なシロモノです。 食堂系ラーメンとしては、丼に張られたラード油膜は豊かな方で、スープの保温だけでなく、スープ自体に一押しの華やかな味わいを添えています。 鶏ガラと豚ガラ、香味野菜から炊き出されたスープは、ほんのりと甘味があって、自然な旨味を楽しませてくれます。 醤油ダレは塩味のカドが立つ事無く、やんわりとマイルドに口当たりながら、物足りなさを感じさせることはありません。

みたか食堂 ラーメン

角断面の多加水系中太麺は、ツルッとした舌触りながら、噛めばしっとりとしたコシのある弾力でむ応えます。 時間の経過と共に徐々柔らかくなってきますが、それでも伸びちゃったという感じにはなり難い麺です。 麺量自体もかなり豊富ですので、世間一般の基準を当てはめれば、並盛りでも大盛に近いボリュームがありますので、存分に楽しむことが出来ましょう(o^-^o)

みたか食堂 半カレー

こちらは一度気に入ってしまったら、もう忘れることが出来ない“魔性のカレー”ですO(≧▽≦)O 半量サイズとは言え、並の一人前に近いボリュームで供されるのはみたか食堂さんの嬉しいところですね。

みたか食堂 半カレー

豚バラ肉と玉ネギだけの具材ですが、この潔い組合せに濃ゆいカレールーが見事にマッチしています! カレー・ルーの粘性の高さも見事ですが、“Sweet,Hot & Spicy”なメリハリの効いた味わいは、何度食べても飽くことのない名品です!ヽ( ̄▽ ̄)ノ




みたか食堂
福島県郡山市本町1丁目18-8
電話;024-922-0746
営業時間;11:00~20:00
定休日;日曜日
駐車場;店舗向かい側に6台分


大きな地図で見る