食菜酒楽 Fu-Ro-Ya (ふろや) ~福島県郡山市安積町~

とある夜のこと、某ラーメン店主さんとメッセージ交換していたら、

「Fu-Ro-Yaさんの鶏黒中華そばを頂いたら、モロに好みでした~♪(〃∇〃)」

って話になって、一気に食べたいキモチが沸騰!o(*^^*)o 配達業務の合間に、巧いこと暖簾を潜ることに成功しました(>▽<)b

「鶏黒中華そば (800円)」

Fu-Ro-Ya 鶏黒中華そば

店主・木村さんは「あさかのブラックバード」と愛称を付してますが、こりゃあ確かに漆黒の色合いですよ!w( ̄▽ ̄;)w お店の人気メニュー「黒支那」は豚ゲンコツと鶏ガラ、魚介素材を合わせたトリプルスープに、ギリギリと効かされた魚粉の味香の冴え渡る味わいですが、こちらの「鶏黒中華そば」は、鶏白湯ベースに濃厚醤油ダレを合わせた仕立てです。

Fu-Ro-Ya 鶏黒中華そば

香り立つボリューム感溢れる醤油の香りと、甘味と少しばかりの生姜のスパイシーさに、グイッと押しのある濃口醤油の旨味を伴った味わいが重ねられています。 間違いなく醤油好きにはツボな味わいが、強いインパクトとなって口中に広がります。

鶏肉チャーシュー2枚と豚バラチャーシュー1枚のミックス盛りとされていて、甲乙付け難い美味しさ。 ちょっと辛味のある白ネギが、分厚い油膜や醤油ダレの甘味を、キレイに洗い流してくれます。 濃い目の味わいなのに、塩味は甘味で巧く角が丸められていて、抗し難い魅惑の甘じょっぱさに心奪われます(>▽<)b

Fu-Ro-Ya 鶏黒中華そば

中細ストレート麺は、パツッと張りのある歯切れの良さがあり、ジワジワと漆黒スープが染み入って来ると、その美味しさに拍車が掛かってきます。 白飯を追加してしまいたくなるような、旨味と濃い目の味わいは、かなり中毒性を帯びていますね(^◇^;)




食菜酒楽 Fu-Ro-Ya (ふろや)
福島県郡山市安積町荒井字林の越1-7
電話;024-946-2122
営業時間;【昼の部・月~金】11:30~13:30 ※夜の部の準備の為、お休みを頂いたり早仕舞いもあります
      【夜の部】18:00~00:00 (L.O.23:30)
     ※ラーメンの提供は月~金の昼の部、夜の部はその日の営業状況によります。
定休日;日曜日
駐車場;店舗前と裏に合計10台

 

よしの食堂 ~福島県三春町下舞木~

以前から気になっていたお店「よしの食堂」さんを初訪問しました(o^-^o) 住所は三春町となりますが、郡山市富久山町と境を接する位置関係にあり、無芸の仕事場からですと、想像していたよりも遠い感覚ではありません。

よしの食堂

あまりネット露出していないお店でしたので、営業時間なども把握出来ぬままの訪問でしたが、駐車場に車をデポして間もなく暖簾が掛かりまして、夜の部の一番乗りで入店出来ました。 メニューは食堂の定番ものがちゃんと揃っていて、火曜日から金曜日の昼の部だけ供される「ランチ (700円)」ってのもありました。 迷いは尽きませんが、お初の顔合わせは、食堂メニューのKing of Kingsでお頼み申しましょう!(>▽<)b

「煮込みかつ丼 (860円)」

よしの食堂 煮込みかつ丼

端正な食堂かつ丼のお出ましです(#^.^#) 味噌汁、小鉢、香物も添えられていて、隙のない組み膳仕立てですね。

よしの食堂 煮込みかつ丼

ボリューム自体は、丼の蓋が浮くようなこともなく、ごく一般レベルですが、イイ感じにふっくらとした卵とじ具合です。 玉ネギの他に長ネギも配されていて、青味がチラッと見えるだけでも彩りは豊かに感じられます。

よしの食堂 煮込みかつ丼

共添えには自家製のお新香と、口直しにも嬉しい冷や奴があるのは高得点です。

よしの食堂 煮込みかつ丼

お味噌汁も良く出汁が効かされていて、味噌濃度が若干控え加減のヘルシー仕立て。

よしの食堂 煮込みかつ丼

丼ツユも少し濃度控え目で、ふんわりと柔らかな味付けです。 肉質も食堂かつ丼のストライクど真ん中。 ボクみたいなちょっと食べ過ぎヲヤジでも、ちゃんと程良く満腹になりました(#^.^#) 腹八分目を良しとする、大人なあなたにお薦めしたいお店です(o^-^o)

ラーメンになどの麺類に210円の足し前でセットできる、半カレーとミニ角煮丼のサイドメニューがあります。 スタンダードのラーメンと組み合わせたら760円で仕上がりますので、こちらも人気が高そうですΨ( ̄∇ ̄)Ψ 角煮丼かぁ~♪ 興味アリアリだなぁ~o(*^^*)o




よしの食堂
福島県田村郡三春町大字下舞木字石崎189
電話;024-956-2021
営業時間;【昼の部】11:00~14:00 【夜の部】17:00~19:00
定休日;月曜日
駐車場;店舗敷地内に10台分ほど

 

郡山大勝軒 ~福島県郡山市富田町~

店主・阿部くんは、再び「仙台大勝軒」をメインの仕事場に戻したそうで、時折リリーフ要請があれば「郡山大勝軒」をフォローする事になったようです。 そんな訳で、多分今後は岡田くんがここの陣頭指揮を委ねられたと言う事でしょう。 頑張ってくれぇ~♪

「つけ麺 中盛 (750円+0円)」 ※いろいろな載せモノをご馳走になっちゃいました( ̄▽ ̄i)ゝ

郡山大勝軒 つけ麺 中盛

約3ヶ月ぶりに「つけ麺」を頂きました。 この日はタイミング良くナベゾコに近いスープだったからなのか、暫く影を潜めていた押しのある魚介系素材の風味と濃厚な旨味が甦っていましたw( ̄▽ ̄;)w 個人的には大変喜ばしい傾向でございます!

郡山大勝軒 つけ麺 中盛

チャーシューは伝統のモモ肉と「郡山大勝軒」独自のバラロールチャーシューに、ゴロリと大きめの角切りバラチャーシューがあしらわれています。 ここから漬けダレに染み出してくる肉系の旨味も、漬けダレに凄味を加える一助になってます。 ネギはスープに温められて、ちょっと糖化しているので、辛味よりも瑞々しさを感じさせます。

郡山大勝軒 つけ麺 中盛

自家製太麺は、歯応えの確かさがハッキリとしていて、コシの強さが感じられます。 ツルツル感と少々大人し目の小麦粉の香りに華やかさが加わってくれば、より喉越しの良いつけ麺になろうかと思います。 これは岡田くんも摺り合わせに試行錯誤しているみたいですので、次回のお楽しみが増えました(o^-^o)

郡山大勝軒 つけ麺 中盛

漬けダレは前述の通り、旨味の底支えがしっかりとしていましたので、甘酢がバシッと効かされていても、アンバランスなところがありませんでした( *´艸`) 暖簾を潜って良かった♪




郡山大勝軒
福島県郡山市富田町乙路後18-1
電話:024-935-4262
営業時間:11:00~21:00(スープが無くなるまで)
定休日:毎週水曜日
駐車場:店舗前に4 台分 店舗横の指定駐車場に12台分くらい


大きな地図で見る
 

中国料理 王王楼 ~福島県白河市立石~

押しも押されぬ白河市の人気中国料理店「中国料理 王王楼」さんを初訪問しましたヽ( ̄▽ ̄)ノ 二階には宴会場も備わっていて、ご予約宴会場のお客様も次々と来店です!

中国料理 王王楼

お品書きはア・ラ・カルトは勿論のこと、定食類も用意されていて、眺めて悩む一時もまた楽し♪(〃∇〃) 予約無しでも応需してくれる、お得なセットメニューも2人前からOKなものもあり、結構グラグラ決心が付きません( ̄▽ ̄i)ゝ 本当はアレコレと楽しみたいところですが、今回はコチラを所望してみました。

「天津丼 (780円)」 (サラダ、香物、ワカメスープ付き)

王王楼 天津丼

甘酢餡仕立てってことで、数ある品書きからこれを頂きましたo(*^^*)o 黒酢っぽい香りがあって、甘さは若干抑え加減でした。

王王楼 天津丼

「かに玉」はこんがりと、しかし焦げっぽさなどなく、良い感じにふっくらとしています。 何よりカニの香がちゃんと伝わって来ます(>▽<)b 椎茸やネギも入っていて、色々な食感と風味が楽しめます。

王王楼 天津丼

白飯はちょっと硬めの炊き上がりで、少し大人仕立ての甘酢餡が絡んでレンゲが進みます(*^^*) うみゃい、うまゃい♪

王王楼 天津丼

共添えのワカメスープは鶏出汁の美味しさが口中に広がりますね♪ 根っこの部分がしっかりしてるから、何を頂いても美味しそうです。

「ダブル海老焼売 (5個・400円)」

王王楼 ダブル海老焼売

これ、お薦めです! 文句なしのサービスメニューでしょ!(σ≧▽≦)σ 兄弟店となる「麺屋 楼」さんでも供されていますが、あの時の美味しい記憶が、今回もそのまま楽しめました。 蒸し立てで半透明に透けた皮も堪らんですが、たっぷりと仕込まれた海老餡もモチモチの食感と美味しさが楽しめますヨヾ(^▽^*

家内が所望した酸辣湯麺は、お店の看板メニューらしいのですが、これもコショウがバシッと効かされていて、ラー油の辛味と酸味がやや抑え目で、とても馴染み易い味でした。 程良くリーズナブルで、美味しさは折り紙付きですから、人気が高いのも納得させられました(o^-^o)




中国料理 王王楼
福島県白河市立石105-1
電話番号;0248-22-1979
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:00~22:00
定休日;不定休
駐車場;15台


大きな地図で見る
 

中国料理 呂望 岱山亭 (ろぼう たいざんてい) ~福島県郡山市大槻町~

コスモス通りと静御前堂通りの交差点角、大槻町の人気店「中国料理 呂望岱山亭」さんを訪問しました(o^-^o) ちょっと久しぶりだったよなぁ~と過去ログを引いてみたらナント2年ぶりになっていました(lll゚Д゚) 自分なりの「ちょっと」のって時系列記憶が、とんでもなく広がっている事にビックリしました。 これもまた加齢の証拠なのでしょうか・・・( ̄  ̄;) うーん

中国料理 呂望岱山亭

さて、夜の部の開店からさほど間をおかずの訪問でしたので、お店前の駐車スペースに巧いこと車をデポ出来ましたよ。 暖簾を潜ってみたら、既に先客様が何組かおられたのですが、週末の夜の部って事もあってか、ご家族連れのお客様が多かったですね。 色々とオーダーして、家族でシェアして楽しむ中国料理の楽しみは、他の料理ジャンルには無いお楽しみでもありましょう(#^.^#)

「五目やきそば (900円)」

呂望岱山亭 五目やきそば

岱山亭さんの看板メニューです(>▽<)b お皿は最初からパーティーサイズ! モリモリのボリュームの豊かさは勿論の事、具材の豊富さと味わいの確かさなど、全く隙のない完成されたものです。

呂望岱山亭 五目やきそば

野菜系素材は勿論ですが、飾り切りの入ったイカが美味しいO(≧▽≦)O モヤシは使わないので、醤油味の餡の味付けやトロミがボケません。 旨味が充実していますがバランスを崩すように出すぎることなく、甘味と醤油味がとても美味しく感じられる塩梅の味付けは、さすがの貫禄です。 半味強めの濃さが存分に楽しめます。

呂望岱山亭 五目やきそば

油っぽさは無く、絶妙な焼き加減で焦げ臭も無し! さすがの手練れの仕立てです。 餡のトロミも適切ですので、口に運ぶ度に具材と醤油餡が一緒に楽しめちゃいますヽ( ̄▽ ̄)ノ 卓上にはラー油や酢も配されていますが、全く出番無しでどんどん食べ進んでしまいます。 しかもお冷やに手が伸びる事も無し! まるでお手本のようなあんかけ焼きそばですヽ(*’-^*)。




中国料理 呂望 岱山亭
福島県郡山市大槻町御前67
電話;024-961-5518
営業時間;【昼の部】11:30~15:00 【夜の部】17:30~21:00
定休日;毎週水曜日(祝祭日は営業)
駐車場;10台以上(共用区画を含む)


大きな地図で見る
 

【御案内】 第13回 写遊四季 写真展

主にリバーサルフィルム・カメラによる写真撮影に特化された写真クラブさんです。 キャリアの長い手練れカメラマンさまが多く所属しておられます。 フィルム写真ならではの空気感が伝わってくる作品の数々を楽しみにしております(o^-^o)

第13回 写遊四季 写真展
             ↑ Clickで拡大 ↑

第13回 写遊四季 写真展
開催期間;2015年2月25日(水)~3月2日(月) 【入場無料】
公開時間;10:00~17:00 ※最終日3月2日(月)は16:00まで
開催会場;「アトリエかしわ」 開成柏屋2F
      福島県郡山市朝日1-13-5 電話;024-922-5533


大きな地図で見る


 

そば処 げん ~福島県郡山市富久山町~

旧国道4号線と言うよりも、旧奥州街道沿いと言った方が地元民にはピンと来る、旧家の多いロードサイド沿いに2年ほど前に開店していた蕎麦屋さん「そば処 げん」さんをようやく訪問致しましたo(*^^*)o

そば処 げん

如何にも旧街道筋らしく間口が狭く、奥行きの長い敷地ですが、ちょっと工夫すれば6台以上の車が駐められます。 お品書きは極めてシンプルですが、極太タイプの手打ちうどんも供されているようです。

「もりそば+ミニかき揚げ丼 (700円+300円)」

そば処 げんもりそば+ミニかき揚げ丼

この組合せを楽しんでおられた先客様が七割です。 それも分かる気がします。 蕎麦は国産そば粉による十割手打ちだそうで、自家製粉か委託製粉かは分かりません。

そば処 げんもりそば+ミニかき揚げ丼

薬味のワサビはおろし本ワサビが傲られています。 若干荒目に摺り下ろされたワサビは、辛味の角が立たず柔らかな甘味も感じられてイイ感じです。

そば処 げんもりそば+ミニかき揚げ丼

きっちりと角の立った蕎麦は、細打ち仕立てとされています。 甘い蕎麦の香りは、この時期に頂けるものとしては、充分に引き出されていると思いました。 冷水締めされた蕎麦は、張りを思わせる歯触りの良さに甘い香りが漂い、なかなかゴキゲンです(#^.^#) 

そば処 げんもりそば+ミニかき揚げ丼

漬けダレは宗田節の甘やかで押しのある旨味と厚削りの芳醇な香り立ちが豊かで、昆布の風味と旨味がよりはっきりと活かされています。 カエシは少し甘味を明瞭にしていて、醤油の酸味もディテールを良くしているように思えます。 濃度はやや高めですが、決してしょっぱいほどではありませんので、蕎麦をドップリと潜らせて手繰っても、バランスを損ねることは無いと思いました。

そば処 げんもりそば+ミニかき揚げ丼

ミニかき揚げ丼は、かき揚げの隣にシメジ茸の天ぷらもチョイ載せされて来ました。 かき揚げには玉ネギと極細スリング切りのニンジン、そんでもって意表を突いてコーンが・・・w( ̄▽ ̄;)w サックリと揚げ立てが白飯に載せられ、上からちょっぴり濃い目の甘じょっぱい丼ツユが掛け回されています。

ご飯の量は茶碗半量程度ですが、かき揚げが意外と標高がありまして、ザックザクのシャリシャリに食べ応えアリですヾ(^▽^* 無粋だけれど丼ツユを“ツユダク”で頂きたくなるくらいに旨かったぁ~♪(〃∇〃)

お店の外見は、“趣味が高じて暖簾を掛けちゃった系”に見えますが、店内はとってもキレイで落ち着く内装ですし、接客も気持ちイイ。 そんでもって何より蕎麦のクォリティーはかなり高いですよ(o^-^o) 蕎麦好きさんは行ってみてみて♪




そば処 げん
福島県郡山市富久山町福原字福原46
電話;070-6950-3018
営業時間;11:00~14:30 ※日曜日のみ夜の部営業あり;18:00~20:30
定休日;木曜日
駐車場;店舗敷地内に6台分ほど


大きな地図で見る
 

中華料理 龍飯 ~福島県郡山市久留米~

以前「中華料理 登龍園」さんのあったテナントに新たに開店したお店「中華料理 龍飯 (りゅうはん)」さんを訪問しました。 経営母体は「麺家 銀二」さんと同じ会社です。 ホールスタッフさんも、目に馴染みの顔ぶれが何人かおられました。

中華料理 龍飯

料理長さんはご近所の繁盛店「天○」さんにおられた方とか。 その後人気ラーメン専業店さんで姿を見たとの話もありますが、しかしてそのお品書きは、ご近所の繁盛店さんと瓜二つww 期待しちゃうよ♪(〃∇〃)

「ハーフマーボ丼の四川担々麺セット (1,050円)」 ※ランチ限定

龍飯 ハーフマーボ丼の四川担々麺セット

うむむ(`・ω´・ ;) 確かに「天○」さんと同じようなビジュアルと組合せですね。 お噂はやっぱり本当のようです。 麺はデフォが塩か醤油のところ、追金で担々麺に変更出来ます。 今回は中辛口にあたる「四川担々麺」を所望してみました。 提供早っ!ノ( ̄0 ̄;)\ ほんの5分も待たされなかったでしょうか? この超速提供もお店の価値の一つですね(#^.^#)

龍飯 ハーフマーボ丼の四川担々麺セット

ラー油や花椒による麻辣マシは派手にはされていなようです。 これくらいの麻辣テイストなら、どなたにでもリーズナブルに楽しんで頂けそうですね。 より明確に麻辣テイストを楽しみたければ、更に50円増しで供される「特製四川担々麺」を所望するも佳しです。

龍飯 ハーフマーボ丼の四川担々麺セット

芝麻醤や白ゴマペーストなどからの甘味もありますので、辛さがストレートに刺激することなく、ふっくらとした白ゴマの滑らかな舌触りと、ベーススープの旨味がジワジワ~っと広がって来ます。

ちょっと甘じょっぱく味付けされた挽肉に、後味をスッキリとリセットさせる白ネギと青菜もバランス良く配されています。 スープの濃度は細麺との兼ね合いからか、少し抑え気味にされていますけど、決して不足のない味わいに整えられていますね(o^-^o)

龍飯 ハーフマーボ丼の四川担々麺セット

麺はストレート細麺が合わせられていて、この麺がかなり秀逸です!w( ̄▽ ̄;)w 完全にラーメン専門店さんのレベルに達していて、小麦粉の香り立ちや伸び難さとコシの強さ、たっぷりとスープを絡めて持ち上げるチカラ共に申し分無しの美味しさでした。

龍飯 ハーフマーボ丼の四川担々麺セット

一方ハーフマーボ丼は、花椒とラー油がバシッと効かされていて、なかなかメリハリがありました(>▽<)b 絹ごし豆腐は滑らかな舌触りで、ちゃんと芯まで温かくなっています。 アグレッシブな麻辣テイストではありませんが、多分世間一般の標準からすると、“大人仕立て”と言えるでしょう。

龍飯 ハーフマーボ丼の四川担々麺セット

こちらも塩味や味目はやや抑え気味に整えられていました。 ご飯と共に頂くに過不足のない加減ですので、グイグイとレンゲが進むこと請け合いですΨ( ̄∇ ̄)Ψ

龍飯 ハーフマーボ丼の四川担々麺セット

組膳スタイルの定食には、杏仁豆腐が添えられてくるのもアノお店の流儀に沿っています。 とても滑らかな杏仁豆腐にスッキリとした後味のシロップも馴染みある味わいでした。




== 閉店しました == アーカイヴとして残しておきます
中華料理 龍飯 (りゅうはん)
福島県郡山市久留米5-199-3
営業時間;【昼の部】11:00~15:00(LO14:30) 【夜の部】17:30~21:00(LO20:30)
定休日;火曜日
駐車場;共用スペースに多数

 

福味 ~福島県郡山市虎丸町~

昼時の大盛況のみならず、夜の部も予約必至の繁盛店「福味」さんに潜入出来ましたO(≧▽≦)O 今回は新作メニューの報を頂いての決め撃ちオーダーですよ♪

「一口サイズのからあげ丼 (600円)」 ※ご厚意でカレールー頂きました( ̄▽ ̄i)ゝ

福味 一口サイズのからあげ丼

そうそう、丼自体が一口サイズな訳じゃありませんからご安心を(〃∇〃) その総量は、まさに“福味クォリティー”でございます。

福味 一口サイズのからあげ丼

で、から揚げ自体が、一個あたりの大きさが一口サイズっていうハナシですが、それがとんでもない落とし穴でして、世間一般のお店の標準サイズを上回るヤツがゴロゴロと盛り積まれている訳ですΣ(゜▽゜;) こんなヤツを一口で頬張ったら、顎関節症が再発しちゃうのは火を見るよりも明らかでした。

福味 一口サイズのからあげ丼

自家製タルタルソースが万年雪のように掛け回されています。 実はこの一杯は、店主・遠藤さんの遊び心で更にカレールーも掛けられているというダブルソース仕様の「無芸エディション」とな?(〇o〇;) カロリー数なんてこの際、気にしない気にしない(^◇^;)

福味 一口サイズのからあげ丼

たまらんのぉ~♪O(≧▽≦)O うまいのぉ~♪o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o 揚げ立てからあげがソースで蒸らされて、衣が良い具合にトロトロになったところが、またたまらんのぉ~♪( *´艸`)

福味 一口サイズのからあげ丼

しっかりと出汁の利かされた味噌汁の助太刀も貰って、何とか完食に持ち込みましたが、この「一口サイズのからあげ丼」は、とんでもない満腹感を楽しませてくれますよ!




福味
福島県郡山市虎丸町5-10
電話;024-923-6677
営業時間;【昼の部】11:00~13:30 【夜の部】17:00~23:30 ※多少アバウトかも
定休日;日曜日


大きな地図で見る
 

中国飯店 なるき ~福島県郡山市富久山町~

通し営業でいつでも美味い老舗中国料理店「中国飯店 なるき」さんは、食事を摂るタイミングの難しい人達の頼れるお店ですヾ(^▽^* 小雪舞う寒々しい夕刻のこと、お目当ては迷わずこの一杯です(>▽<)b

「味噌ラーメン (780円)」

なるき 味噌ラーメン

並々と注がれた味噌スープには、並盛りでも200gという豊かな麺量と共に、煮炒めされた野菜がこれまたタップリと入っています。 白味噌と赤味噌を独自ブレンドして、中国スパイスでアクセントの付けられた味噌は、豚ガラと野菜、乾物などを炊き合わせたスープに良く調和しています。

なるき 味噌ラーメン

具材の中には肉類が入っていないにも関わらず、旨味に物足りなさは無く、野菜の底力と味噌自体の滋味ってものを見事に引き出しています。 メンマは少し甘めに炊かれていて、懐かしさを呼び起こすクラシカルな味わいです。

なるき 味噌ラーメン

自家製ストレート中麺は、最初はちょっと張りのある食感でコシのある噛み応えです。 徐々にスープを吸い込んで来ますと、しなやかな舌触りへと転じつつ、グルテンを味噌スープに移してきます。 こうなってくると、スープ自体にクリーミーな舌触りが感じられるようになり、品の良い味噌テイストの甘味がより一層強調して感じられるようになって来ます。

食べ進めて行く内にどんどん美味しくなってくる。 そんな魔法のような味噌ラーメンなのです♪ 美味しかったぁ~O(≧▽≦)O




中国飯店 なるき
福島県郡山市富久山町久保田愛宕86
電話;024(932)9642
営業時間;11:30~21:30
定休日;月曜日・第1火曜日


大きな地図で見る
 

中華飯店 宏昌 ~福島県郡山市大槻町~

美味しく白飯が食べたくて、色々と脳内イメージを膨らませていたら、この日は麻婆豆腐ってキブンになりました(o^-^o) あちこち美味しく楽しませてくれるお店はありますが、たまたま仕事の立ち回り先にも近かった「中華飯店 宏昌」さんを訪問する事にしましたo(*^^*)o

「麻婆ドンブリ 大盛 (700円+100円)」 (ワカメスープ付き)

宏昌 麻婆ドンブリ 大盛

昼食をすっかり摂りっぱぐれたもので、空腹に任せて“大盛CALL”しちゃいました(o^-^o) 最もリピ率の高い麻婆ドンブリでお初の大盛は・・・

宏昌 麻婆ドンブリ 大盛

リアルにラーメン丼に盛られてきました!(>▽<)b いいぞ、いいぞo(@^◇^@)o 美味しい時間がたんまりと楽しめちゃう訳です。

宏昌 麻婆ドンブリ 大盛

絹ごし豆腐はチュルンと滑らかな舌触り。 麻婆餡は例によって、ちょいと甘味がハッキリとしていて、グイグイと旨味が追い被さって来ます。 そんでもって、ニンニクの軽やかな風味とバッチリと花椒が効かされていて、イイ感じに濃ゆい味わい♪

宏昌 麻婆ドンブリ 大盛

ご飯はちょいと固めの炊きあがりで、淀みなく均一にトロミの付けられ麻婆餡と共に頂くと、程良く口の中でサバケてくれますΨ( ̄∇ ̄)Ψ いつもの期待を決して裏切らない、ハライッパイの幸せを堪能させて貰いました! 惜しむらくは、あまりにも美味しすぎて、他のメニューになかなか手が伸びない事か?( ̄▽ ̄i)ゝ でもこれだけで充分にシアワセ♪




中華飯店 宏昌(こうしょう)
福島県郡山市大槻町北八耕地6-4
電話;024-961-0808
営業時間;【昼の部】11:00~15:00【夜の部】17:00~21:00
定休日;水曜日
駐車場;店舗前に6台分


大きな地図で見る
 

ふくしまラーメンショー2015開催のお知らせ

今年も「ふくしまラーメンショー」が開催されます! 会期はGWの中盤からとなる5月1日から6日の6日間です。 第4回目の開催となる今回は、昨年末に発表された「ミシュラン東京2015」に初めて登場したラーメン店カテゴリーから、「ビブグルマン」に選定されたお店が、何と3店も出店致します!

ふくしまラーメンショー2015タイトル

昨年の売上げ杯数1位だった「金沢麺達兼六会」さん、同じく第2位だった「麺屋いろは」さんは東京ラーメンショー2014で総合1位に返り咲いてのシード出店。 地元「福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊」は、東京ラーメンショー2014で総合第2位の偉業を引っ提げての凱旋出店。

昨年も出店した「らぁ麺やまぐち」さんは、前述のミシュラン東京ガイドで、22軒選出された「ビブグルマン」に堂々のランクイン! 会津若松市出身の、天才ラーメン職人・山口さんの二度目の凱旋出店が決まりました(>▽<)b

更に同じく「ビブグルマン」選定店から「Due Italian」さんと「麦とオリーブ」さんが出店決定! 特に後者はイベント出店は本イベントが初となります。

「大阪まこと屋」さんは、関西を中心に14軒とお台場や台湾(3軒)にまで出店している強力店。 既に九州でのラーメンショー出店や「大阪万博ラーメンEXPO」に2年連続出店など、かなりの手練れとなっています。 九州からは「佐伯ラーメン」がやって来ます! 昨年も福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊と熾烈な首位争いを繰り広げた、人気・実力共に備わる個性派豚骨ラーメンが福島上陸です。

「今治バリラーひろめ隊」は、東京ラーメンショー2014第2幕に出店していた「瀬戸内発 海の香りの今治ラーメン」が供されそうです。 超の付く大御所中の大御所「ちばき屋」さんがコラボではなく、単独出店をすることになりました。 これはちょっとしたニュースとも言えるほどの出来事です。 果たして大御所はどのような作品を楽しませてくれるでしょうかo(@^◇^@)o

ふくしまラーメンショー2015 出店者リスト

続報が入り次第、また御案内させて頂きます。 また詳しい開催要項は、主催者・福島中央テレビさんの特設サイト(URL)で随時案内されております。 

支那そば やまき ~福島県二本松市若宮~

言わずと知れた、名店「支那そば 正月屋」さんの暖簾分け第一号の「支那そば やまき」さんですが、実は今回が初訪問です(>▽<;; 多少言い訳を申し述べれば、中休みに阻まれたり、売り切れ暖簾落ちに阻まれて、訪問機会を逸したままイタズラに時が過ぎてしまったという体たらくです。

支那そば やまき

今回は長男が帰省中と言う事もあり、家内共々三人で訪問夜の部狙いで訪問致しました(o^-^o) 生憎「味噌そば」は完売となっていましたが、お初の訪問ですのでスタンダードを楽しませて頂きましたよ♪

「支那そば (700円)」

やまき 支那そば

その美しい出来映えに、思わず感嘆してしまいましたΣ(゜▽゜;) 麺サバキの美しさと肩ロースチャーシューの艶やかさに目が釘付けになります。 親方のお店たる「正月屋」さんでは見られない、真空低温調理によるサクラ色の肩ロースチャーシューは、ビジュアル的要素のみならず、独自の味わいと食感に於いて、「支那そば やまき」の独自の存在感を漂わせます。

やまき 支那そば

サクラ色の肩ロースチャーシューは、上品なローストポークの芯の部位を思わせる、ネットリとした食感と超絶柔らかなき歯切れの良さ、そしてジューシーと称しても良いほどのしっとりとした肉質が活かされています。

メンマは少々コリコリっとした歯触りが残されており、この丼の中で個性的な食感を現します。 伊達鶏の丸鶏とガラから炊き出された鶏出汁には、ふんわりと穏やかなニボシの香り。

やまき 支那そば

鶏出汁との調和を乱さない頃合いにニボシの旨味が調和していて、少しエッジの効かされた醤油ダレでキュッとディテールが引き締められています。 その醤油のインパクトを和らげているのが、後から柔らかく舌の上に広がるコンブや干し貝柱の甘味と旨味ですね。 これぞ支那そば!ってストーリーが引けています(*^▽^*)

やまき 支那そば

店内の製麺場で作られた自称中太麺は、現在の基準では中麺ほどの麺線です。 この自家製麺の素晴らしさに、この日は心底感服する事となりました(>▽<)b ツルッと滑らかに舌の上を滑りながら、グッと噛めば望外の弾力を伝えてくるコシの強さ! この麺線でこれだれのコシの強さを編み出すとは、こりゃあ名匠の技と言うに相応しいでしょう。

噛むほどに鼻腔に伝わって来る小麦粉の香りも然り。 どこから見ても全く隙のない名品の風格と華のある味わいに感服致しました!O(≧▽≦)O 素晴らしい支那そばを頂けて、とても幸せな夕刻の一時でした。




正月屋分店 支那そば やまき
福島県二本松市若宮1-334-6
電話;0243-23-9588
営業時間;【昼の部】11:00~14:30 【夜の部】17:00~20:00
定休日;水曜日 ※祝日の場合は翌日
駐車場;店舗向かい側に8台分ほど


大きな地図で見る
 

本格とんこつらーめん 花カツミ ~福島県郡山市大槻町~

昼の部の営業のみとなり、なかなか訪問機会が作れなくなってしまった「本格とんこつらーめん 花カツミ」さんですが、この日は特大ラッキーな事に直ぐ裏手の母校に所用があり、まんまと暖簾を潜ることに成功しました♪(〃∇〃)

「とんこつらーめん (680円)」

花カツミ とんこつらーめん

会議中にハライッパイでうたた寝するとイケないから、控え目に並盛りに抑えましたよっと( ̄▽ ̄i)ゝ 麺はユキチカラで作られた低加水ストレート細麺で頂きました。

花カツミ とんこつらーめん

アッと言う間にスープの表面にコラーゲン膜が出来ちゃう。 毎日スープを継ぎ足しながら、徐々に練れた味わいになって来る「仕次製法」の自然派とんこつスープは、週末になるほどにグイグイッと力を増してきます(>▽<)b

花カツミ とんこつらーめん

軽くエッジの立った塩加減を、すんなりと軽くしてくれるのが茹でモヤシ。 そもそも臭みをほとんど感じさせないスープですが、カイワレやネギがラードの後味をキレイに流してくれます。 豚ロースチャーシューは柔らかな肉質で、スープで温められるとホロホロに崩れちゃうのもいつも通りです。

花カツミ とんこつらーめん

シャキッと茹で上げられた麺は、加水率低めで小麦粉の風味をふんわりと漂わせます。 ザクッとした歯触りの良さと、しっかりと口に運び上げられるとんこつスープのハーモニーは、手繰るほどに美味しさを口いっぱいに広げてくれます。 インパクトで圧してくるタイプでは無く、ジワジワと美味しさが膨らんでくる、とても食べ易い自然派とんこつらーめんですΨ( ̄∇ ̄)Ψ




=閉店しました=
2016年8月31日をもって閉店。 売り切れのため31日は開店しませんでしたので、実質8月30日で暖簾を降ろしました。 アーカイブとして残しておきます。
本格とんこつラーメン専門店 花カツミ
福島県郡山市大槻町小金林24-19-1
営業時間;11:30~15:00
定休日;毎週月曜
駐車場;店舗前に2台分+店舗裏に専用・共用6台分


大きな地図で見る
 

みたか食堂 ~福島県郡山市本町~

「週刊みたか食堂」ってくらい通えてしまう、魅力満載、丼モリモリな「みたか食堂」さんです(*^▽^*) メニュー構成は決して多様では無いのですが、飽きることなく通い続けてしまう“魔力”に満ちた“みんなの大衆食堂”です(o^-^o)

「ラーメン+半カレー (600円+350円)」

みたか食堂 ラーメン

暫く封印していたダブル喰いについ手を出してしまいました( ̄▽ ̄i)ゝ ホントにメニュー数は限られているのに、あれもこれも食べたくなっちゃう、イケない食堂ですねぇ~( *´艸`)(←責任丸投げ)

実はラーメンはちょっと久しぶりのご対面。 ラードの香り立ちと鶏ガラ豚ガラの旨味に、炊き合わされている香味野菜の柔らかな甘味が感じられるスープに、淡口醤油ベースの醤油ダレが口当たりマイルドに効かされています。

みたか食堂 ラーメン

モモ肉チャーシューは、筋っぽさもなく、健全な調理と管理がわかるもの。 ちょっと多目に載せられてくる白ネギは、薄目のカットが功を奏して水晒し無しでもマイルドなラーメンの味わいの良さを壊すことなく、瑞々しさと甘味、ほの辛味を膨らませます。

みたか食堂 ラーメン

柔らかメンマはちょい甘めで好きなタイプ♪ 食堂ラーメンに良く見られるワカメは、しっかりと塩出しされていて、磯臭さも抜かれていますので、チュルンとした舌触りの良いところだけが楽しめます。

みたか食堂 ラーメン

角断面の多加水系熟成中太麺は、しなやかな舌触りとソフトタッチながらも適度な弾力を感じさせるもの。 過度にスープを吸いすぎない仕様は、出前にも応じているお店ならではのものかも知れません。 この麺量がまたなかなかのもので、並盛りでも180g~200gくらいありそうなボリューム(`・ω´・ ;) それが飽きることなく食べ切れてしまう味の調律が素晴らしいですね。

みたか食堂 ミニ・カレー

半カレーは、毎回の事ながら「これでハーフかよ!」と驚かされちゃう盛りっぷり(>▽<;; いつも嬉しいハズなのですが、「これ、食べ切れるかな・・・( ̄  ̄;) 」と自らの胃力がいささか心配になりそうです。

みたか食堂 ミニ・カレー

しかしてそのお味は、甘くて辛くて、そんでもってスパイシーの上に、ドロリと粘度の高いカレー・ルーから推す通りの”禁断の濃ゆい味わい”な訳です(〃∇〃) いつまでも食べ続けていたい!と思うほどの美味しさに心奪われ足繁く通う中毒患者は増え続けるばかりです(>▽<)b




みたか食堂
福島県郡山市本町1丁目18-8
電話;024-922-0746
営業時間;11:00~20:00
定休日;日曜日
駐車場;店舗向かい側に6台分


大きな地図で見る
 

手打中華 特札堂 ~福島県郡山市図景~

かなり久しぶりに「手打中華 特札堂」さんを訪問しましたΨ( ̄∇ ̄)Ψ 駐車スペースは比較的広くとられているのですが、それでも巧くデポ出来るチャンスは少な目です。 昼時のピークタイムを外してもなお、ほぼ満車の状態でした。 凄い人気です!( ̄▽ ̄;)

手打中華 特札堂

ウエイティングリストに記名してほんのちょっと経ったところで席がとれたのは幸運でしたね(o^-^o) メニュー構成はシンプルですので、基本の中華そば(680円)を頂きました。

「中華そば (680円)」

特札堂 中華そば

定石通りの中華そばですが、丁寧な盛り付けが見てとれて、大切に一杯と向き合っているなぁ~と伝わって来ます(  ̄▽ ̄)

特札堂 中華そば

鶏ガラに少量の豚ゲンコツを炊き合わせた自然派スープは、サラリと軽快な旨みが口中に広がります。 チー油少な目は特札堂さんの持ち味でしょうか? 鶏出汁風味の演出のために、チー油を積極的に張ってくるスタイルとは一線を画する、本流のトラ系なのかも知れません(*^▽^*)

特札堂 中華そば

チャーシューの燻香はマイルドに思えました。 しかし醤油味の染み入り方や、上質な肉質の確かさ、薄切りながらも弾力を感じさせながら、歯切れも上々な仕立てでしたヽ( ̄▽ ̄)ノ ややシャープな効き方の醤油ダレは、少しばかりの酸味も感じられ、そこにチャーシューのスモーク香が絡んできて、一種独特のとら系テイストが活きています。

特札堂 中華そば

この日の白眉は、自家製麺の素晴らしさに思えました!(>▽<)b 多加水熟成中太麺は、丁寧に手揉みされたうえ、三日間ほど寝かされているはずです。

この熟成の加えられたことで、手打縮れ麺に張りのある食感が秀でて感じられます。 舌の上を叩き踊るような舌触りと、スープを絡めて口に運び上げる力は、素晴らしい個性に思えます。 ボクがお店を後にする頃にも、ひっきりなしにお客様が来店し続けていました。 貫禄の繁盛店さんですねヾ(^▽^*




手打中華 特札堂
福島県郡山市図景2-9-7
電話;024-923-3626
営業時間;11:30~15:00 ※売り切れ次第終了
定休日;月曜日(祝日の場合は翌日)
駐車場;店舗前と横に10台分以上


大きな地図で見る
 

支那そば 墨家 ~福島県郡山市安積町日出山~

今年初の「支那そば 墨家」さん参りです(o^-^o) 実はこの間にも訪問してはみたものの“気まぐれ中休み”に阻まれて、暖簾を潜ることが出来ませんでした。 それがいつからなのか、営業時間から“気まぐれ要素”が消し去れて、完全二部制に移行していました(〇o〇;)


支那そば 墨家

現在は【昼の部】は11:00~16:00 【夜の部】は17:30~20:00と完全に固定され、日曜日は通し営業と言う事です。 グレーゾーンが無くなって良かったのかな?σ( ̄、 ̄=)

「支那そば+ミニとりめし (680円+120円)」 ※ミニとりめしは、平日の昼限定提供です。

墨家 支那そば

漆黒スープの支那そばは、丸鶏、鶏ガラ、豚ゲンコツに、厚削りなどの魚介素材で引かれた自然派ベーススープで仕立てられます。 この日の仕立てはちょっぴりライト。 魚介系素材のインパクトが抑え加減で、動物系素材を軸して、小ざっぱりとヌケの良い味わいでした。

墨家 支那そば

いつもながら秀逸至極のバラロールチャーシューは、甘じょっぱい醤油味のチャーダレが効かされていて、ふっくらと柔らかな歯触りと、舌の上でハラハラと解けていくような赤身の部位の品位の高さに心奪われます。

墨家 支那そば

幅広メンマは筋っぽさを残さず、少しばかりの歯応えとほのかな発酵臭の残り香も味方に付けたような手練れの炊きあがり。 青菜は小松菜でしょうか? ほんのりとエグ味が残されている事で、甘味の膨らんでくる漆黒醤油味にくさびを打ち込んでいます。

墨家 支那そば

やや加水率低めの自家製中細麺は、少々ボソッとした食感がソレっぽさを感じさせるもの。 ハリを感じさせるような弾力こそありませんが、時間の経過と共に漆黒スープをその身に取り込んで来ると、麺自体が旨味の巣窟みたいに楽しめちゃいます!

墨家 ミニとりめし

平日昼のお得な限定サイドメニューの「ミニとりめし」は、鶏胸肉のほぐし身を、ほんのりと醤油味の付けられた白飯に和え合わされています。 味付けは控え目ですが、支那そばの漆黒スープと共に頂きますと、絶妙な美味しさに惚れ惚れさせられますよ(>▽<)b




支那そば 墨家
福島県郡山市安積町日出山2-16
電話;024-907-2072
営業時間;【昼の部】11:00~16:00 【夜の部】17:30~20:00 【日曜日】11:00~20:00
      ※売り切れ次第閉店
定休日;月曜日 ※月曜日が祭日の場合は火曜日
駐車場;店舗敷地内に15台分ほど


より大きな地図で 支那そば 墨家 を表示
 

食菜酒楽 Fu-Ro-Ya (ふろや) ~福島県郡山市安積町~

通常は平日昼の部は13:30までですが、2月は15:00まで延長して営業中の「食菜酒楽 Fu-Ro-Ya」さんの暖簾を潜りました。 最近スープの仕立てを、原点回帰のオーダーを受けてから合わせるトリプルスープに改めたとの事で、事前合わせとの違いにも興味がありました。

でもメニューを拝見してみたら、最も心動かされる「限定」って文字にイチコロでヤラれました( ̄▼ ̄|||) 2月中だけの限定メニューとしてリリースされているコチラに引っ張られちゃいました。

「限定和塩中華そば (780円)」

Fu-Ro-Ya 限定和塩中華そば

黄金色の塩味スープは、油膜は少しだけですので、なかなか盛大に湯気を立ててくれます。 油膜の蓋が薄い分だけ、スープからの香り立ちは大変豊かで、魚系好きの方には心踊るほどの引力が漲っていると思います(o^-^o)

Fu-Ro-Ya 限定和塩中華そば

水菜が添えられているのはFu-Ro-Yaさんでは初見でしょうか?σ( ̄、 ̄=) カツオ節、鯖節、宗田節という日本蕎麦の出汁の花形素材から引かれた出汁に、少量の背脂由来の油分にニボシの風味が仕込まれた油膜が張られています。 これらの素材から引き出される旨味成分は大変豊かなモノではありますが、塩味仕立てが故に少しばかり魚の香りのインパクトが強くなります。 そこを巧く洗い流してくれる白ネギと水菜の効果は、思った以上に効いています。

Fu-Ro-Ya 限定和塩中華そば

豚バラチャーシューのしっとりとした噛み応え、ショリショリとしたメンマのちょい甘味覚、半熟味玉の濃厚な美味しさなど、味の膨らみを押し上げるキャストも良いバランスです。 七味唐辛子がデフォで振られていますが、これまた的を射た組合せですね(>▽<)b

Fu-Ro-Ya 限定和塩中華そば

麺は平断面の多加水系熟成縮れ中太麺。 しっかり芯まで火が通るように茹で上げられ、半透明な感じになって尚、グルテン活性の妙でモチッとした歯触りのある弾力を楽しませてくれます。

塩ダレの押しのある、それでいて角は丸められていて柔らかな甘味が後から広がってくるさまは、なかなか堂々たる貫禄です(o^-^o) 日本蕎麦の手打ち技能も持つ店主・木村さんならではの、和テイストを活かしたラーメンです。





食菜酒楽 Fu-Ro-Ya (ふろや)
福島県郡山市安積町荒井字林の越1-7
電話;024-946-2122
営業時間;【昼の部・月~金】11:30~13:30 ※夜の部の準備の為、お休みを頂いたり早仕舞いもあります
      【夜の部】18:00~00:00 (L.O.23:30)
定休日;日曜日
駐車場;店舗前と裏に合計10台 他指定駐車場あり


大きな地図で見る
 

Koriyama Cityscape OP3

以前から撮影してみたかったポイントを何ヶ所かロケハンしてみました。 土曜日の夜の事でしたが、翌朝の撮影行は、お天気にはとても恵まれそうもなかったので、“撮りたい病”のガス抜きみたいなものです( ̄▽ ̄i)ゝ

Koriyama Cityscape #4
[2015/2/7 Koriyama Cityscape #4]  <↑ Clickで拡大>

予想していたよりもなかなか恵まれたポイント♪ これはちょっと面白かったなぁ~

Koriyama Cityscape #5
[2015/2/7 Koriyama Cityscape #5]  <↑ Clickで拡大>

次に確かめに行ってみたポイントは、想像を大きく下回るダメダメな状態( ̄▼ ̄|||) なかなかこちらの思い通りの絵にはなりません。

Koriyama Cityscape #6
[2015/2/7 Koriyama Cityscape #6]  <↑ Clickで拡大>

高速道路のジャンクション狙いでロケハンしてみましたが、これまた自分の思惑とは掛け離れた現実がそこにありました<(|||´Д`|||)> ジャンクションは思ったよりもずっと広大で、高い位置から捉えられるような撮影ポイントは、とても存在し得ないのが分かりました。

跨橋には基本的に転落防止のフェンスが張り巡らされていますので、レンズフードをフェンスに押しつけるように固定して撮影するか、フェンスを上回る高さまでカメラを掲げて撮るしか無いのねΣ(゜▽゜;) 今回は勿論前者です。 通行台数が少ない時間帯でしたので、「比較明合成」で作りました。
 

御食事処 不二家 ~福島県郡山市堂前~

約3ヶ月ぶりの訪問です(o^-^o) 創業60年を超える老舗食堂の「御食事処 不二家」さんです。 場所柄駐車場の備えが無いとばかり思っていたのですが、実はお店の直ぐ近くに2台分の駐車スペースが確保されている事を、今回初めて知りました。 これで駐車場の心配無しに再訪出来ます♪

御食事処 不二家

そう言えば未だに営業時間を正確に知らないままですが、夜の部は17時から暖簾が掛かるようです。 えぇ、この日の夜の部一番乗りですとも♪(〃∇〃)

「支那そば (550円)」

不二家 支那そば

由緒正しい昭和の支那そばの味わいを、お手頃なお足で楽しませてくれます。 香物が添えられてくるあたりも、伝統暖簾の心意気でしょう。

不二家 支那そば

肩ロースチャーシューは、見ての通りロゼ色の火入れw( ̄▽ ̄;)w 実は大震災発生の前辺りから、徐々に仕立てを変えて来ています。 こんなモダンなチャーシューへと進化したのもやはりその時期以降からです。 現在はアンバーカラーになっているスープは、以前は漆黒系と呼ぶに相応しい色合いでした。 ちょっとエッジの立った醤油味の印象がありましたが、現在はふわりと穏やかな口当たりな印象です。

不二家 支那そば

鶏ガラと豚ガラをメインに、野菜や昆布などの乾物をあしらったベーススープかと思われます。 醤油ダレは濃口醤油と淡口醤油をブレンドしているようで、塩味は甘味と共にジワァ~っと口中に広がってくるような印象です。

不二家 支那そば

現在は多加水系中細麺が組み合わされていますが、この滑らかな舌触りとスープの絡み具合は、優しいタッチのスープに良くマッチしていると思います(o^-^o) 震災前の光沢のあるカンスイ多目の麺は、製麺所が廃業した事で現在のものに変わったそうです。 あのカンスイの強い麺のままなら、現在の味わいの仕立てに変わる事無かったかも知れませんね。

時の流れにそのまま抗しているのではなく、より一層多くのお客様に支持される味わいへと、微妙に舵取りをしているからこそ、その人気は変わり無く続いているのかも知れません。




御食事処 不二家
福島県郡山市堂前町14-1
電話;024-922-1150


大きな地図で見る
 

【御案内】 第8回 フォト練図写真展

毎回ボクの知らなかった撮影地や、着目さえしていなかったポイントを教えて下さる厚海知子さんのグループ「フォト練図」さんの写真展の御案内です。 今年も厚海さんにお目に掛かり、作品の数々を拝見させて頂くのが楽しみです(o^-^o)

第8回 フォト練図写真展
        ↑ Clickで拡大 ↑

第8回 フォト練図写真展
会期;2015年2月12日(木)~2月15日(日)
公開時間;10:00~17:00 ※最終日は16:00まで
会場;アトリエかしわ (柏屋開成店2F) 【入場無料】
     福島県郡山市朝日1-13-5
     電話;024-922-5533
駐車場;会場敷地内にあり




大きな地図で見る


 

太陽食堂 ~福島県須賀川市南上町~

かなり前から訪問のチャンスを伺っていた、須賀川市の「太陽食堂」さんを初詣致しましたo(*^^*)o お仲間Bloggerさん達の記事を拝読する度に、行きたいキモチが膨らんでいたのですが、これがなかなか思うに任せず・・・

太陽食堂

お店の向かい側に月極駐車場が確保してありますので、お昼時などのピークタイムでなければ、多分デポに困る事は無いかと思います。 そう「太陽食堂」さんは通し営業ですので、定休日さえ忘れなければ、いつでも暖簾が掛かっています(o^-^o)

昭和の雰囲気漂うお店は、お品書きさえも昭和で立ち止まっているかの如くで、極めて良心的と言う他ありません! あれこれとどれもこれも食べたい衝動に駆られはしますが、まずは食堂メニューのKing of Kingsたるコチラを所望致しました(>▽<)b

「煮込みかつ丼 (730円)」 ※通常770円のところ、土・日感謝サービスデー価格

太陽食堂 煮込みかつ丼

小洒落た黒ドンブリに盛られた煮込みかつ丼は、男気を鼓舞するようなハミ丼ではありませんが、小盆に載せられて供される器にもヤレた風情はなくて女性でも引くことは無いでしょう(o^-^o) って事でオープン・ザ・蓋ぁ~♪o(@^◇^@)o

太陽食堂 煮込みかつ丼

あらっ♪ キレイじゃないですかっ!(〃∇〃) 蓋の形に沿うようなドーム状のアタマは、溶き卵はしっかり煮固めタイプです。  丼の直径にピタリと合わせられたトンカツの配遅も、美しい盛りつけの基本を踏んでます。

太陽食堂 煮込みかつ丼

豚ロース肉は多分150g程度かと思われますが、しっかりと筋切りもされていて、肉質自体も上々ですし、その厚みも歯切れの良さと食べ応えの満足度を巧く両立しています。 良く切り口を見て見れば、表と裏で衣の厚みが異なっています(〇o〇;) どう見ても意図的に行われている衣付けですね。 細かいところに様々な工夫が凝らされているみたいです。

味付けはやや甘味が勝ったもので、丼ツユには出汁の旨味も効かされています。 その色合いから推して頂けると思いますが、その味目は決して濃すぎないものです。 ごはんには丼ツユが適度に染みていますが、しょっぱい感じは全く無くて白飯がウマウマになっている感じですよ( *´艸`)

とても730円で頂けるかつ丼とは思えない充実度です。 家内が頂いた白みそラーメンも、やはり味付けの濃度はやや控え目でしたが、野菜などの具材からの旨味を上手に引き出しながら、それでいて最後には物足りなさも感じさせないという秀逸な味付けでした。 味付けのセンスの良さが光ります。

「餃子 (6個・250円)」

太陽食堂 餃子

こちらもまた、そのお足からは想像出来ない美味しさ! 焼き上がった皮はほんのり半透明で、挽肉が多目のバランスにされている餡は、食感のゴワゴワ感も無く適度にニンニクが効かされていて美味(>▽<)b

「杏仁豆腐 (100円)」

太陽食堂 杏仁豆腐

これは是非召し上がってみて頂きたい! 三代目が修業先で腕を磨いてきた片鱗が伺える、かなり本格的な杏仁豆腐です。 杏仁豆腐自体の凝縮された旨味が口いっぱいに広がります。 それ相応の店構えのところで器を変えてクコの実でも飾ったなら、350円は頂けるクオリティーですよO(≧▽≦)O

とにかく頂くものの全てが素晴らしかった! こういう食堂に巡り会えたのは、本当に嬉しかったですね。 これだけの食堂ですから、地元の皆様からも永らく愛されているのは想像に難くありません。

太陽食堂

実は現在の店舗は、明日[2015/02/11]を以てその歴史に幕を降ろすことになってます。 47年間愛されてきたお店の佇まいは、一度ピリオドを打つ事になります。 通り沿いの景色もまた一つ変わる事となりますが、3月上旬には新店舗への移転新装開店となりますので、そこからまた新しい歴史を書き加え続ける事になりましょう(o^-^o)

太陽食堂

新店舗はお店の後です。 このように暖簾が繋がる事が決まったのは、とても喜ばしい事です。 メニューがそのまま継承されるのか、新しい三代目の息吹がどこかに加わってくるのか、ちょっと目が離せないところですね。 新店舗への再訪が今から楽しみでなりません(>▽<)b




太陽食堂
福島県須賀川市南上町33-1
電話;0248-75-2920
営業時間;11:00~19:00
定休日;水曜日
駐車場;店舗向かいの指定駐車場に10台分ほど


大きな地図で見る
 

麺屋 信成 ~福島県郡山市富田町~

最近なかなか訪問出来ずにいる「麺屋 信成」さんに昼下がり訪問出来ました!(>▽<)b あんね、もう14時になろうかってのに、店内はお客様で賑わってるのよw( ̄▽ ̄;)w これじゃあ暖簾落ちが早まるのも無理はないですね。

この日はスーパー助っ人・職人工藤君が居たので、回すわ回すわww 海野夫妻との深い信頼の絆が伝わって来て、その姿を眺めているだけでもボクはとっても幸せなキブンでいられます(〃∇〃)

あっ、でも眺めているだけでは腹は満たされませんので、ちゃんと中毒燃料を補給しなきゃです♪ ってか、店内に漂う美味しそうな香りが、いつものソレとはちょっと異なっている事が気になってましたo( ̄ー ̄;)ゞ それが実は気のせいでは無かった事を後に知ることとなるのですが・・・

「黒しょうゆらーめん (800円)」

麺屋 信成 黒醤油らーめん

漆黒スープから伝わって来る香りが、いつにも増して豊かな動物系のニュアンスがありました。 丼を覆い尽くすようなモモ肉チャーシューと肩ロースチャーシューは、これまたおったまげの仕立て上がりですΣ(oДolll)ノノ

麺屋 信成 黒醤油らーめん

うっすらとロゼ色の肩ロースチャーシューは、ふんわりと柔らかな食感で、薄切りながらもジューシーさを舌先に感じさせる秀逸さ! これ、本日のアタリだったそうです♪( *´艸`)

麺屋 信成 黒醤油らーめん

水菜と刻み白ネギがこんもりと盛られて、お約束の粗挽き黒コショウが甘やかな濃厚醤油風味に渇を入れます。 大振りメンマはしっかりと炊かれて柔らかく、スープよりもちょいと甘めなところが良いバランスです。

豚ゲンコツと鶏ガラの清湯スープに、濃厚な風味溢れる醤油ダレの合わせられた漆黒スープは、ほんのりとビターさがあっ、ちょいと甘味も忍ばされています。 塩味はいつにも増して効き味はそのままに、円熟味のある円やかさ。

麺屋 信成 黒醤油らーめん

低加水タイプのストレート細麺は、ザクザクとしたリズミカルな歯切れの食感と、確かな小麦粉の香りをフワリと漂わせます。 漆黒スープをたっぷりと持ち上げてくれるので、麺とスープの合わせ技が一際効きますねO(≧▽≦)O

適度に麺のグルテン分と、チャーシューからの肉汁がスープに混じってくる頃には、このスープの本領が益々持って輝きを増してきます! 今日は何時にも増して、油膜からの香り立ちの良さやスープに合わさった時の極味の立ち加減が傑出して感じられましたが、どうやらこれはボクの気のせいでは無かった模様ですw( ̄▽ ̄;)w

ちょいとしつこく誘導してみたら、新しい一手が打ち込まれている事が分かりました。 また手間暇が増えちゃいましたねぇ~( ̄▼ ̄|||) でも頂くボクらにとっては大歓迎です! 店内に漂っていた今までとはちょっと違った香りは、この一手にも関係がありそうです。 満足度と中毒性が、更に高まってしまいましたなぁ~(>▽<;;




麺屋 信成 (しんせい)
福島県郡山市富田町坦ノ腰-72-2
電話;024-951-2876
営業時間;11:30~最長20:00
     ※売り切れ次第閉店
定休日;水曜日
駐車場;店舗前に10台程度


より大きな地図で 麺屋 信成 を表示
 

中国料理 大龍飯店 ~福島県郡山市富田町~

ちょっと久しぶりの訪問ですが、ここ「中国料理 大龍飯店」さんは、通し営業の不定休というお店です。 水曜日は定休日のお店が多く、ランチ・ジプシーになりかかったボクを救ってくれました( ̄▽ ̄i)ゝ

中国料理 大龍飯店

ご夫婦二人で営んでいるお店ですが、相変わらずお元気そうで何よりです(o^-^o) 今日も夕方近くの一時、マッタリ営業中でしたが温かい笑顔で迎えて貰えました。

「エビうま煮丼 (750円)」

大龍飯店 エビうま煮丼

「エビ焼きそばじゃないのね?」と女将さんに念押しされましたΣ(゜▽゜;) あれ、ボクの度々頂いているメニューが記憶の片隅に残っているんですかね? さすが自営食堂とは言え接客のプロですね♪

そう、今回は未食だったこの「エビうま煮丼」がターゲットなんです。 ってか、実はこのエビチリっぽい餡掛けの丼仕様がある事に気付いたのが最近なのね♪(〃∇〃) 白飯にこのスッパ辛い餡が食欲をソソることは想像に難くないでしょ( *´艸`)

大龍飯店 エビうま煮丼

一緒に添えられる醤油味のスープは、鶏ガラ出汁の味わいがちゃんと伝わって来ますね(o^-^o) このベーススープの味でラーメンも誂えるんですね。 そのうち機会を見つけて頂きましょう。

大龍飯店 エビうま煮丼

白飯に全掛けされた「エビうま煮餡」の傍らにちぎりレタスが添えられるのは、「エビ焼きそば」と同じスタイルです。 エビチリ風ではありますが、甘味はグッと抑えられていて、生姜がスパイシーに効かされスッパ辛さの冴えた餡です。

大龍飯店 エビうま煮丼

エビは例によってちょっと大きめのがゴロゴロと(〃∇〃) 一度衣揚げにされてから、うま煮餡と合わせられています。 あまりお子様向きではありませんが、ちょっと印象的で気に入ってしまったらもうズブズブでしょう!(>▽<)b モリモリ加減なかなかのものですので、ハライッパイの幸せを満喫出来るハズです。




大龍飯店
福島県郡山市富田町字大徳南9-22
電話;024-952-2240
営業時間;11:00~21:00
定休日;不定休
駐車場;店舗前に6台分


大きな地図で見る
 

チャイニーズレストラン みかど ~福島県郡山市方八町~

この日は火曜日でしたので、「チャイニーズレストラン みかど」さんの日替わりサービス・メニューは「五目そば」と「カツ丼」でした。 数日前からチラチラと「五目そば」のイメージが浮かんでおりましたので、このサービス・デーに乗じて訪問して参りました♪(〃∇〃)

「五目そば (590円)」 ※通常756円のところ日替わりサービス価格

みかど 五目そば

絹さやの緑も映える、具だくさんの醤油味餡掛けに食欲もそそられますO(≧▽≦)O 白菜、人参、タケノコの水煮、キクラゲ、豚肉がバランス良く配されていて、エビとウズラの卵が添えられています。

みかど 五目そば

オイスターソースで旨味付けされた餡は、具材から引き出された旨味と共に、程良く甘味と醤油味が効かされていて、どう食べても美味しい味付け(>▽<)b 多加水タイプの中華麺は醤油味の仕立てのラーメンスープが張られていて、その上に掛け回される五目餡と違和感無くマッチします。

みかど 五目そば

麺が口に運んでくれる醤油味のラーメンスープに、五目餡の旨味がさらに絡んで、口いっぱいの口福が楽しめちゃいますよΨ( ̄∇ ̄)Ψ 今日も美味しゅうございました!




チャイニーズレストラン みかど
福島県郡山市方八町2-19-10
電話;024-944-8338
営業時間;11:00~21:00
     ※お得なランチタイム;11:00~15:00
定休日;木曜日
駐車場;30台


大きな地図で見る
 

パーラー&軽食 ひまわり ~福島県郡山市富久山町~

今年初のパーラー&軽食 ひまわり」さん詣でです(o^-^o) 混雑を避けるために訪問時間を考えて行ったのですが、同じ事を考える人ばかりみたいで、終始客足が途切れることはありませんでしたね。

ひまわり

昨年の店内改装で、すっかり明るくきれいになった店内は、もはや全席禁煙となりましたから、安心して過ごす事が出来ます。 頑なに手作りメニューを守り続けていますので、訪問時間によっては長大な待ち時間になるのはご愛敬です(*^-^)

「スパバーグ 250g (880円)」

ひまわり スパバーグ250g

やはり一番人気のスパバーグを頂きます!o(@^◇^@)o 久しぶりに対面してみると、ハンバーグのふっくら加減はちょっと群を抜く存在感ですね(〇o〇;)

ひまわり 味噌汁

共添えされる味噌汁は、出汁がしっかり効いていて“添え物”の域を大きく上回っています(>▽<)b

ひまわり サラダ

オリジナルドレッシングのサラダは、なかなかのボリュームですので、先に頂いてしまうのがいつもの戦法です(^◇^;)

ひまわり スパバーグ250g

ふっくらとしたハンバーグは、無用に脂身が仕込まれたりしていませんが、赤身肉さえもが軟らかな食感に仕立て上げられています。 軽快デミグラスソースは白飯とバッチリ合いますが、ボクはとても完食する事は出来ませんので、例によってセットの白飯は遠慮致しております。

ひまわり スパバーグ250g

モッチモチの弾力溢れる赤スパは、芯が見えないナイデンテ♪ 超絶弾力楽しみながら、濃すぎない良く炒められたケチャップ味を堪能すれば、しみじみと昭和の洋食テイストを満喫出来ますよ(〃∇〃)

ひまわり カスタードプリン

最後に供されるマスターお手製の“お駄賃プリン”の秀逸さは、食後の別腹のお楽しみ( *´艸`) クラシカルなカスタードプリンは、バニラの甘い風味と、ちょっとビターなカラメルソースが最高です!

余裕で完食したつもりでしたが、食後暫くしてから襲ってきた満腹感で、この日の夕食は超小食というオチでした(>▽<;;




パーラー&軽食 ひまわり
福島県郡山市富久山町久保田字三御堂67-1
電話;024-923-9278
営業時間;12:00~21:00(LO 20:30)
定休日;日曜日
駐車場;店舗前に2台
    ※空いていれば使える駐車スペースがあります。 ご店主様にお問い合せを。


大きな地図で見る
 

とんこつらーめん 一 (HAJIME) 郡山本店 ~福島県郡山市安積町~

郡山市の通称・長沼街道沿い安積町荒井地内の「とんこつらーめん 一 (HAJIME)」さんに今年最初の訪問をして来ましたヽ( ̄▽ ̄)ノ 現在は基本は通し営業をされていますが、どうしても仕込みに集中しなければならない場合や、店主の所用でやむを得ない場合は、一時中休みをとる事もあるそうです。

とんこつらーめん 一(HAjiME)

実はその「中休み」やスープ完売の「暖簾落ち」に何度か遭ってしまい、少々インターバルが出来てしまいました( ̄▽ ̄i)ゝ この日は遅めの昼食を摂りに家内と連れ立って参りましたが、問題無く入店する事が出来ましたo(*^^*)o 先客さまも何組もおられましたが、在店中にお客様の足は途切れることなく、さすがの人気店と再認識させられます。

「HAJIMEらーめん (702円)」 (半熟味玉をご馳走になっちゃいました(〃∇〃))

とんこつらーめん 一(HAjiME) HAjiMEらーめん

当地・郡山で、細切りキクラゲ、茹でモヤシに万能ネギ、そして背脂という、とんこつらーめんのスタイルを根付かせたパイオニア的ならーめんです(o^-^o) 今以て均整の取れたその美しさに翳りはありません。

とんこつらーめん 一(HAjiME) HAjiMEらーめん

若干アンバーカラーな背脂の振られたスープは、塩と淡口醤油で調えられたタレの淡い色合いが映されています。 シャクシャクと瑞々しい茹でモヤシと、コリコリとした歯触りの細切りキクラゲは、共に噛んだ時の食感の変化を多様に楽しませてくれます。

とんこつらーめん 一(HAjiME) HAjiMEらーめん

豚バラ肉チャーシューは薄切りにされていて、アッと言う間にスープの熱を受け取って箸でそのまま持ち上がらないほどの柔らかさになります。 特に脂質は溶けるってくらいのものでして、醤油ダレの香味アクセントを振りまいてくれます。

とんこつらーめん 一(HAjiME) HAjiMEらーめん

低加水タイプのストレート細麺は、茹で加減の指定も思いのままですヾ(^▽^* ボクは特に指定をしないで、店主・本田さんの佳しとする茹で上げを頂いています。 決して固いのではなく、ザックリとした歯触りながらも、ちゃんと麺の芯まで火の入っていて、麺のグルテンが活性しているのが伝わって来ます。

ほのかに小麦粉の香りが伝わって来ますが、粉っぽい味わいと言うことはありません。 張りのある食感は、スープを麺に染み入らせ易いと言われる低加水麺ながら、最後まで一定の硬質感を保ち続けるのは素晴らしいです。

臭みを残さないとんこつスープは、結構サラッとしています。 軽く乳化しているのか円やかな旨味にはクリーミーさが感じられます。 ツブツブ背脂はちょっと甘いニュアンスを伝えて来ますが、特に諄さは感じさせることもなく、後味も良い余韻が後を引く位に調律されていますね(>▽<)b

「ちょい辛とんこつ雑炊 (157円)」

とんこつらーめん 一(HAjiME) ちょい辛とこんつ雑炊

この美味しく滋味をたっぷりと感じさせるとんこつスープを余すところ無く楽しみ尽くすには、「とんこつ雑炊」がお薦めですΨ( ̄∇ ̄)Ψ もうすっかりコレにハマっていまして、麺を手繰っている時から、〆の雑炊を思い浮かべている始末です(^◇^;)

とんこつらーめん 一(HAjiME) ちょい辛とこんつ雑炊

白飯に刻み海苔、刻みキムチに万能ネギがあしらわれています。 これを残りスープにドボンと入れて混ぜ混ぜしたなら準備完了! 麺から染み出たグルテンと白飯のデンプン質がとんこつスープに加わる事で、より一層クリーミーな食感に♪ そこにキムチの辛味と酸味、ほの甘さが追い打ちを掛けますので、至極悦楽的な雑炊へと昇華しますよ。 これ、ホントにお薦めします!

「ギョーザ・5個 (281円)」

とんこつらーめん 一(HAjiME) ギョーザ

家内が一緒だったので初めて餃子も頂いてみました(*^-^) お手頃なお足ですが、手頃なサイズで箸が進みやすいですね。 ニンニクは辛味こそ前面に押し出されませんが、その風味は出しゃばることなく程良く効かされていて、餃子餡にスパイシーな風味を与えています。 並べて盛られてましたが、皮が癒着してなかったのは良いですね(*^▽^*) 皮がくっついて破れてしまう事は、あながち少なくないんですよね。 ビールのアテにも最高でしょうけど、まだ昼酒出来るほど人間が出来ていない自分が残念です(>▽<;;




とんこつらーめん 一(HAJIME) 郡山本店 (HP)
福島県郡山市安積町荒井字北田24-2
電話;024(945)8545
営業時間;11:00~20:30
     ※スープが売り切れ次第閉店
定休日;毎週水曜日
駐車場;店舗敷地内に10台分程度


大きな地図で見る
 

麺屋 豪快 ~福島県郡山市安積町日出山~

折良く昼時からまりに、丁度「麺屋 豪快」さんの近くに仕事向きがありましたので、この期を逃さず暖簾を潜りましたo(*^^*)o 昼の部は15時までなのですが、ピークタイムを越えた後でも客足が途絶える事がない堂々の人気店さんです。

「本日のランチ・醤油ラーメン&ミニメンチカツ丼 (680円)」
※ランチタイム(11:00~14:00)の時間内限定提供メニュー

麺屋 豪快 醤油ラーメン

嬉しい事にグランドメニューと全く同じ、一人前の醤油ラーメンが供されますヽ( ̄▽ ̄)ノ ミニメンチカツ丼はご飯茶碗のサイズですが、ご飯はちゃんと盛り込まれていて、千切りキャベツを挟んで揚げ立てメンチカツがドンと載せられて来ますw( ̄▽ ̄;)w これ、両方を合わせますと、なかなかの盛りっぷりになりますよ。

麺屋 豪快 ミニ・メンチカツ丼

醤油ラーメンは見るからにスタンダードの定石を踏んだスタイルです。 でも「麺屋 豪快」さんのそれは、見た目で凡庸と思い込んではイケません! チー油からの鶏の香り立ちの華やかさと、完熟スープならではの極味を思わせる複雑な旨味に驚かされます。

麺屋 豪快 醤油ラーメン

豚バラ肉チャーシューは、ちょいと薄切りですが、良く染み渡った醤油味と脂身の美味しさが印象的です。 多分豚ゲンコツと鶏ガラ、香味野菜や乾物などで引かれたベーススープと思われますが、不自然な旨味や甘味は無くてほぼ自然派に近い仕立てです。

麺屋 豪快 醤油ラーメン

麺は自家製の多加水系縮れ麺。 しっかりとグルテンが活性するまで茹でられていて、滑らかな舌触りながら噛めばふんわりと押し返すような弾力もあります。 縮れに絡むように持ち上げられるスープは、円やかなで角の立たない醤油味ですが、今まで無かった厚削りカツオ節のような魚介のヒントに気付きました。

後にご店主様に伺ったら、魚醤のブレンドしてみたとの事。 まだ納得はしておられないようですが、ご店主様が気にしているようなネガティブな要素はボクには感じられませんでした。 それを上回る複雑で厚みを増した旨味や極味の方で凌駕していると思います(o^-^o) 弛まなく進化の足を止めない姿勢はご立派と言う他ありませんね(*^▽^*) まだまだ美味しくなり続けるラーメンです。




麺屋 豪快
福島県郡山市安積町日出山2-77-1
TEL;024-943-3323
営業時間;【昼の部】11:00~15:00【夜の部】17:00~22:00(LO=21:30)
定休日;木曜日
駐車場;店舗前に10台分


大きな地図で見る
 

中華飯店 はやま ~福島県郡山市麓山~

郡山市文化通り沿い、福島中央テレビさん近くの老舗中華食堂「中華飯店 はやま」さんを久しぶりに訪問しました。 お店の風情はまさに“昭和の中華食堂”そのもので、かなりイイ具合に年季が入っています(*^▽^*)

中華飯店はやま

このハードルを越える強いハートをお持ちならば、そこにあるのは人情厚いご夫妻の歓待ですヾ(^▽^* いつもながら笑顔で歓迎して下さり、ストーブを寄せてくれたり四方山話で飽くこと無き心休まる一時に癒されました。

「あんかけ焼そば (630円)」

中華飯店はやま あんかけ焼そば

わわわw( ̄▽ ̄;)w なんだこのモリモリ加減ww

中華飯店はやま あんかけ焼そば

醤油餡がお皿から溢れ落ちてますよ? なんか、いつもよりも更に輪を掛けて盛られている気がしますが・・・( ̄  ̄;) うーん もう出てきた時からヘラヘラ笑っちゃうほどの楽しい食事の始まりです♪

中華飯店はやま あんかけ焼そば

具材は今時の本格中華料理店ような贅を感じさせるものはありませんが、このお足で頂けるあんかけ焼そばですから異を唱えるお客様は居ないでしょう。 豚肉、白菜、キャベツ、人参、椎茸、モヤシに小振りながらもエビまで振る舞われていますもん(〃∇〃)

麺は中華麺を茹でてから焼き付けが行われており、蒸し麺のような明瞭な食感こそありませんが、適度に香ばしさも感じられたりしますし、何よりもしなやかな麺にはこの醤油味の餡が見事に絡んでくれます( *´艸`)

中華飯店はやま あんかけ焼そば

炒め野菜からのナチュラルな甘味と優しい旨味を、ベーススープと共に炒め合わせられていて、あまり旨味調味料のチカラを感じさせません。 醤油味はその旨味と甘味を台無しにしない程度に効かされていて、どちらかと言えば醤油味としてはやや薄味仕立てです。

それでも決して物足りなさを感じさせないのは、トロミの掛けられた餡が口中にしっかりと運ばれるからでしょう。 ラー油や酢が卓上に配置されていますが、それらの力を借りなくても飽きることなく最後まで楽しみ切れるあんかけ焼そばですヽ( ̄▽ ̄)ノ




中華飯店 はやま
福島県郡山市麓山2-8-4
電話;024-932-3083
営業時間;11:00~19:00
定休日;日曜・祝日
駐車場;店舗前に2台分ほど


大きな地図で見る
 

そば処 勇屋 ~福島県郡山市喜久田町~

地元では老舗の蕎麦屋さん「そば処 勇屋」さんを初めて訪問しました(o^-^o) 以前は駅前で暖簾を掛けておられましたが、いきなりロードサイドへの移転を決断されました。

昭和時代には当地で駅前の蕎麦屋さんと言えば、「やぶ玉」「勇屋」「丸新」が御三家でした。 ちょびっと離れれば「辰巳屋」さんがあったり、後には地元の横綱級の名店「隆仙坊」さんが加わりました。 中国料理店がそうであったように、それぞれのご家庭には馴染みのご贔屓店ってのがあったのではないかと思います。 そういった“当家の過去の歴史”もあってか、「勇屋」さんにお伺いする事無く時が流れておりました( ̄▽ ̄i)ゝ

そば処 勇屋

いつも黒塗りセダンや高額な外車が駐まっているのが目立っていたので、“昭和の食堂”の暖簾を潜るよりも心理的ハードルが高かったのですが、実際に訪問してみたらかなりボクの中で思い違いをしていた事に気付きました。 お客様の年齢層が高めで、口の肥えた客達が行き着く蕎麦屋さんだってことを・・・ リピーターさんが多く、グループ訪問のお客様方の話し声も穏やかに感じられました。 これは成熟したお客様方に愛されているって流れかと思われ(^◇^;)

美味しい蕎麦屋さんで良くある、出汁の香りと蕎麦の茹で湯の甘い香りが混じった空気は、それとなくリラックスさせてくれるもので、お一人様向きの窓向かいのぶっつけカウンター席で温かい蕎麦茶を頂いていると、全く緊張感なんて感じることもありません。

「煮込みカツ定食 (800円)」 ※月~金の11:00~15:00だけの限定提供

勇屋 煮込みカツ定食

「お昼のセット」と言う事で、お蕎麦と煮込みカツ、小鉢、香物、ごはんが組膳になっているお得なメニューを頂きました(o^-^o) お蕎麦は温かいかけ蕎麦か、冷たい冷やかけ蕎麦から選べますが、今回は冷やかけ蕎麦を所望しました。

勇屋 煮込みカツ定食

驚きました(〇o〇;) なんてキレイな蕎麦でしょう!

細打ち仕立ての二八蕎麦は、芯白の部位が使われているようで、色白で透明感さえ見取れるほどです。

シンプルな冷やかけ蕎麦ですので、薬味は最初から載せられて来ますが、極薄切りの晒しネギ、ちょい載せワサビが何とも粋に感じます(>▽<)b 更科粉の繊細な香り立ちなら、ネギの辛味や強い香りは合わないでしょう。 シャリシャリとしたかすかな歯触りを感じさせる程度に抑えられているのは嬉しいところです。

勇屋 煮込みカツ定食

細打ちだけどちゃんと角の立った蕎麦は、ザクッとするような硬質の歯応えがあり、噛み込んだ時に儚い弾力も感じさせます。 蕎麦の甘い香りはそんなに強くありませんが、喉に落ちる時に鼻腔への戻り香にそれを感じる事が出来ます。

勇屋 煮込みカツ定食

細打ち蕎麦のシャキッとした仕立てに、たっぷりと口に運び込まれる蕎麦つゆもまたとても良く調和しています( *´艸`) やや辛口に感じられますが、飲める位の塩梅にされています。 カツオ節、宗田節、サバ節と昆布で引かれた出汁は、かけ蕎麦用の濃度に誂えられているのだと思いますが、とても分かり易い味になっています。

そのうえちょっと嬉しい事に、セットメニューなれども蕎麦も蕎麦つゆも、共にキッチリと一人前の分量が振る舞われていて、量的な充実度の高さも光ります。 こりゃあ望外の美味しさでしたO(≧▽≦)O こんなシャープな二八蕎麦が自分の直ぐご近所にあったなんて、まさに“灯台もと暗し”でした(>▽<;;

勇屋 煮込みカツ定食

後回しになっちゃいましたが、蕎麦屋の丼物にハズレなし!って定石通り、煮込みカツもなかなかのお味ヽ( ̄▽ ̄)ノ こちらも蕎麦つゆ同様に、甘ダレしないシャープな味わいですが、濃度調整でしょっぱいと言う手前で寸止めされています。

多分50g程度のロース肉だと思いますが、お茶碗一杯のごはんを美味しく頂くには充分なボリュームです。 小鉢のゼンマイなどの山菜の炊き合わせなどは、さすがに蕎麦屋さんらしい一品だったりて、ランチ向きのお得なセットとは言え、この満足度の高さには驚かされました。

勇屋 煮込みカツ定食 小鉢

現在は中休み無しの通し営業とされているそうです。 ランチタイムのお得なセットは15時までの提供ですが、そのタイムゾーンを逃しても「もりそば (570円)」「カレー南蛮そば (820円)」など、魅力的なお足で楽しめるお品書きがありますよ♪(゚▽^*)ノ⌒☆




そば処 勇屋
福島県郡山市喜久田町四十坦6-4
電話;024-922-1450
営業時間;11:00~20:00 ※ランチメニューは11:00~15:00
定休日;火曜日
駐車場;店舗敷地内に12台


大きな地図で見る