FC2ブログ

とり・てつ焼き 甚六 ~福島県郡山市駅前~

「ボージョレ・ヌーヴォの樽を飲み倒す会」を楽しんだ後は、ボクらのグループは三派に別れてすんなりと二次会に流れました。 ご同輩男子グループで伺ったのはとり・てつ焼き 甚六」さんですヽ( ̄▽ ̄)ノ

お足は全く記録していません( ̄▽ ̄i)ゝ 撮影もほんの一部だけですが、お店の雰囲気が少しでも伝わればいいです。 これは「シーフード・サラダ」だったと思います。 醤油味の仕込まれたドレッシングで頂きます。

甚六 シーフードサラダ

甚六さんの名物料理の一つが「てつ焼き」です。 主にホルモン系素材と野菜を、自家調整の甘っ辛いニンニク味噌ダレで焼き上げています。 タネ類は色々ありますが、店主・松本さんにお任せ盛りにして頂きました。

甚六 鉄焼き 三種盛り

いわき方面からのメンバーさんも何人かご一緒していましたので、「つぼだいの塩焼き」は外せませんヽ( ̄▽ ̄)ノ

甚六 つぼだい塩焼き

飲み物はそれこそ十人十色Ψ( ̄∇ ̄)Ψ ビール、本格焼酎、ワイン、清酒と入り乱れて楽しみました。 「てつ焼き」にうどんを入れて、件の甘っ辛いニンニク味噌焼きにすると、恐ろしく旨いのですが、是非とも〆に訪問したいと思っていたお店がありましたので、グッとこらえてお店を後にしました(>▽<;;




こちらのお店は、既に老舗の域になりましょうか? ご主人様が一人で切り盛りされていて、しかも多くは常連のお客様方ばかりですので、店名は伏せておきます。 不思議なことに全く示し合わせていなかったのに、ここでラーメン店主軍団と再集合ノ( ̄0 ̄;)\ いつの間にかお店はボクらだけで満席になっちゃっていました(^◇^;)

カレー南蛮そば

この「カレー南蛮そば」がすごい!(〇o〇;) 鶏肉とネギだけが具材です。 店主さんの手際の良さはカウンター越しでも良く分かります。

カレー南蛮そば

生蕎麦を茹で上げる間に、手際よくカレー汁を作り上げてしまうのですが、トロミは片栗粉では無く小麦粉つなぎです。 ちょっと乳白色っぽいのはそのためですが、小麦粉ならではの粒状感を残した舌触りが、かえってクリーミーさを感じさせます。

スパイシーさや辛味はやや抑え目ですが、出汁の美味しさに加えて鶏肉からの旨味も見事に引き出されていて、絶妙に美味しいんだなぁ~♪ なるほどこれはお噂に違わぬ素晴らしい〆蕎麦でした! ボクら大満足で帰路に就きましたよO(≧▽≦)O