FC2ブログ

支那そば 正月屋 ~福島県郡山市桑野~

夜の部の初っぱな狙いで暖簾を潜りました。 押しも押されぬ郡山の名店「支那そば 正月屋」さんです。

支那そば 正月屋

狙いは最初からピンポイントでこちら♪(〃∇〃)

「塩そば (700円)」

正月屋 塩そば

見目麗しきそのお姿(〃∇〃) フワリと鼻腔をくすぐるように漂うニボシとフライドオニオンの香ばしい香りに、アッと言う間に飲み込まれそうです。

正月屋 塩そば

澄んだ清湯スープは伊達鶏をメインに豚ゲンコツや昆布、煮干しなどから引き出されています。 スープの表面を覆う油膜は主にネギ油。 強烈な香りはありませんが、注意深く探してみれば、きっとそれと分かるはずです。

正月屋 塩そば

ザクザクと刻まれたネギの風味が動物系素材の濃厚な味わいを後味サッパリに洗い流します。 フライドオニオンは、トースティーな香りと少しばかりのビターさで、他には無い個性を創造しますが、徐々にスープを吸い込んでくるとトロリとした舌触りと甘味が出てきます。

肩ロースチャーシューはそれ自体の美味しさに加えて、やや淡麗な塩ダレ仕立てのスープに動物系素材ならではの極味を後押しします。 メンマは一週間近くを要する手間暇が掛けられており、トロリとするほど繊維状に解ける仕上げです。

正月屋 塩そば

自家製細麺はご覧の通り半透明の茹で上がり!(>▽<)b とても滑らかに舌の上を滑るような口当たり。 それでいて麺が伸びている訳ではありません。 低加水タイプの細麺のシャキッとした歯触りやリズミカルさとは真逆なのですが、これもまたイイんだなぁ~(〃∇〃)

角の取れた円やかな塩味の中に、昆布などの甘味が心地佳く回っているあたりの味わいの組み立ては、もう白眉と言う他ありません。 口中が優しさに包まれる、そんな塩ラ~に、いつも魂を抜かれます(>▽<;;




支那そば 正月屋 (FACEBOOK)
福島県郡山市桑野2-7-15
電話;024-935-6363
定休日;水曜日
営業時間;【昼の部】11:00~15:30【夜の部】17:00~20:45 (L.O.20:30)
     【日・祝】11:00~20:30
駐車場;店舗敷地内に14台