FC2ブログ

B-1グランプリ in 郡山

本日・明日の二日間に亘って開催されている「B-1グランプリ in 郡山」です。 多分、これから先に再び当地で「B-1グランプリ」が開催される事は無いでしょう(^◇^;) また隣接県で開催される事があっても、訪問出来るか分かりません。 こんな絶好のチャンスを逃す訳には参りませんし、市中の交通麻痺が予想されていましたので、日中は配達業務は無理と踏みまして、日中は仕事場を臨休にさせて頂き、自分達も客として参加して参りました。

市役所前道路

開始時刻頃の市役所前の道路。 市役所前から内環状線交差点角までが、時間通行止めの措置が行われました。 我が目を疑う光景とはこのことで、普段交通量の多いこの道筋に、テーブルが配遅されていますw( ̄▽ ̄;)w 実際に自分もここを利用させて頂きましたが、これまたきっとこの先に二度と無い経験に思えましたヨ。

さて、今回は59団体が出店と言う事で、とてもじゃないですが、その全てを食べ尽くす自信はありません! 幾つかのエリア分けがされていましたので、出店エリアを周回しながら興味ある出店社さんから落手して行く事にします。

なまはげ君

開成山公園の正門から入場するとすぐに、秋田名物・なまはげさんが来場者をお出迎えΣ(゜▽゜;) そう、B-1グランプリは、“B級グルメで町おこし”という設立主旨がありますので、単純に美味しさの支持を競うだけではなく、様々なパフォーマンもお客様基準の判断で投票される事になります。

あとから数えてみたら、14アイテムの出品作を食べて来ておりましたので、手っ取り早くご紹介しておきます。 先ずはいきなり出くわしたなまはげさんの応援アイテムから頂きました(*^▽^*)

「男鹿しょっつる焼きそば」
B1グランプリ 男鹿しょっつる焼きそば

いきなりヒット!(  ̄▽ ̄) しょっつるの旨味溢れるタレと、エビ、イカなどのシーフードが抜群にマッチしてます(^^)d

「四日市トンテキ」

B1グランプリ 四日市トンテキ

ウスターソースを甘くチューンしたソースと千切りキャベツでビールが飲みたくなります。

B1グランプリ 郡山陸上競技場会場

陸上競技場会場は最も熱いステージだったようで、11時前にはかなりの人出となっていました。 多分取材目的だと思いますが、報道のヘリコプターが頭上を飛び、各地からやって来た腕章を付けたプレスの姿が見られました。 ここからお仲間FB & Blog著者の友人と合流しまして、共同戦線を張ることにしますヾ(^▽^*

「十和田バラ焼き」

B1グランプリ 十和田バラ焼き

柔らか牛肉と玉ネギだけのシンプルな組合せ。 隙のない美味しさ! ご飯が下に敷いてあったのね! これはウマウマ♪

「松坂鶏焼肉」

B1グランプリ  松坂鶏焼肉

味噌焼きにされた香ばしい鶏肉が旨い!(>▽<)b ちぎりキャベツがまた良く合う(*^^*) 記憶に残るお味でしたΨ( ̄∇ ̄)Ψ 人気も高く常に20分待ちくらいになっていました。

「浜松餃子」

B1グランプリ 浜松餃子

今まで食べていた「浜松餃子」って何だったの?ってくらいの美味しさ!( ; ゜Д゜) ニンニクがほんのり香って、ジューシーなくらいの餡。 こちらも終日長蛇の列で、20分待ちは常態化していました。

B1グランプリ 補助競技会場

こちらは補助競技会場です。 お昼時が近くなってきて、客入りもますます増えて来ていました。 こちらはちょっと個性的な出店社さんが目立ちました。

「名張牛汁」

B1グランプリ 名張牛汁

耳慣れない地名でしたが、こちらは三重県の“伊賀の里”なのだそうです。 何とおにぎり入りの牛スープ! ご当地色が見事に楽しめます(^^)d

「亀山みそ焼きうどん」

B1グランプリ 亀山みそ焼きうどん

ニンニク風味の効かされた濃厚な赤味噌が素晴らしい! 濃ゆい味わいはビール党は勿論、本格焼酎にもバッチリ合いそうですΨ( ̄∇ ̄)Ψ

「津山ホルモンうどん」

B1グランプリ 津山ホルモンうどん

柔らか牛ホルモンに、味噌と醤油ブレンドの味付け。 あまり濃すぎない味付けが素材の美味しさを活かしています。 柚子七味が相性抜群! これは美味しいと好評価を集めました(o^-^o)

続いて「福島ラーメンショー」の開催地にもなっている「開成山自由広場」です。 こちらには多数の出店社が集まっていました。 ただ飲食スペースとして音楽堂があてられてはいましたが、強い日射しをモロ受ける事や、販売ブースから離れすぎていて、巧く活用されていなかったかな( ̄ω ̄;)

「加古川かつめし」

B1グランプリ 加古川かつめし

茹でキャベツが添えられたカツライスに、ちょっと甘めのデミグラスソースがかけ回されています。 加古川のソウルフードですΨ( ̄∇ ̄)Ψ

「かほく冷たい肉そば」

B1グランプリ かほく冷たい肉そば

イベント会場で出しちゃいけないレベルの美味しい蕎麦! 昆布と鶏出汁でしょうか? ちょっと甘めのタレも美味しいΨ( ̄∇ ̄)Ψ こんな美味しいのを頂いちゃうと、現地に行って食べたくなっちゃいます♪(〃∇〃) 素晴らしい!

「西伊豆しおかつおうどん」

B1グランプリ 西伊豆しおかつおうどん

汁なしまぜうどん?σ( ̄、 ̄=) たっぷりと盛られた鰹節が独自のアイデンティティー。 鰹節大好きな方には感涙モノ。

そして市役所駐車場に構えられたゴールドグランプリ受賞団体が並ぶレジェンド・エリア!(>▽<)b こちらはスタート前から長蛇の列を作っていました。 2時近くになって大分行列がサバけたところでこの日最後の実食です。

「甲府鳥もつ煮」

B1グランプリ 甲府鳥もつ煮

コリコリッとした歯触りが楽しい。 照りのある甘じょっぱいタレが良くあっています。 終始長蛇の列を作り続けた、超人気ブースでした。

「ひるぜん焼きそば」

B1グランプリ ひるぜん焼きそば

みそ仕立ての焼きそばとして、B-1グランプリで開花したビッグネーム。 ニンニク風味のある味噌ダレは、味が濃くなり過ぎないようにコントロールされています。 別添えされる山椒の粉を振れば、ピリッとした辛味と、スパイシーな風味でより一層美味しくなります。

「浪江焼きそば」

B1グランプリ 浪江焼きそば

言わずと知れた昨年の第8回B-1グランプリの覇者! 極太麺に豚肉とモヤシだけで炒め合わせられ、コクのあるソースに麺に表面から加わったトロミが追い討ちを掛けます。

自分達もそうでしたが、先ずは胃袋で膨らむ炭水化物系出展品は避けておいて、程良く胃が満たされてきた頃合いで、フィニッシュに向けて麺類などに向かいます。 この傾向は強く出ていますので、会場内の行列度合も時間帯で変わって来ると思います。 明日は開催二日目。 好天が予想されますので、どうか皆様も存分にお楽しみ下さいヽ( ̄▽ ̄)ノ
 

【2014年錦秋巡り】 磐梯吾妻スカイライン #1

この日はご縁を頂いている先輩カメラマンさんからお声がけを頂き、県外から手練れのカメラマンさん達が集まる撮影会に同行させて頂きました。 参加メンバーさん達は、前日からの撮影行で北塩原の常宿に一泊しての二日目スケジュールです。

メインステージは磐梯吾妻スカイラインと言う事で、7時にお宿を出立して5台の車列でぐいぐいと高度を上げて行きます。 と・・・眼下に雲海が広がっていますよ(〇o〇;) これは撮りたい! 車列は5台だから、安易に車を駐める訳にもいかず、懸命に安全なスペースを探し当てて、何とかデポに成功しましたヽ( ̄▽ ̄)ノ

雲の上から
[2014/10/12 雲の上から] <↑ Clickで拡大>

夜明け前から北塩原に居たので気付かなかったのですが、会津盆地だけではなく福島盆地から二本松辺りまで雲海に覆われていたようです。

雲上の紺碧
[2014/10/12 雲上の紺碧] <↑ Clickで拡大>

撮影ポイントは「双竜の辻」よりもちょっと上なんですが、ここは見晴らしの良さは以前から知ってました。 なかなか車を駐める決断が出来ない事が多かったのですが、今回ばかりは躊躇無しでしたね(o^-^o)

雲の果てまで
[2014/10/12 雲の果てまで] <↑ Clickで拡大>

この雲海はいったいどこまで続いていたのでしょう? 遠く碧い山並みは何という山なのかさえ分かりません。 朝陽の色を映していたなら、どれだけドラマティックだった事でしょう。

双竜の残月
[2014/10/12 双竜の残月] <↑ Clickで拡大>

ボクらにとってはホームグラウンドで慣れ親しんだ風景ですが、県外から訪問して下さったメンバー様方には、当然ながらとても新鮮な風景ですので、かなり熱の入った撮影セッションとなりました。

名峰の山並み
[2014/10/12 名峰の山並み] <↑ Clickで拡大>

磐梯山の背後に遠く碧い山並みが見はるかせます。 こりゃあ絶景だなぁ~(〃∇〃)

見守り続ける樹
[2014/10/12 見守り続ける樹] <↑ Clickで拡大>

ひとしきり撮影を楽しんだ後、浄土平を越えて高湯側へと撮影ポイントを変えます。