ご飯や すず ~福島県郡山市富田町~

うねめ通り沿い、国道4号線バイパス交差点角の、郡山第2法務総合庁舎向かいのコインランドリ隣に開店した「ご飯や すず」さんを訪問しました(*^▽^*)

ご飯や すず

コインランドリーさんは間口が広く交差点角って事で、割と覚え易いのですが、すずさんは右隣の別棟になっていて間口も狭い為か、実は開店されていた事に気付いたのはごく最近でした( ̄▽ ̄i)ゝ まあ、タイムリーな事に、気付いて直ぐのタイミングで、Blog仲間の「ラーメン屋へLet's go 福島編」(URL)のAuthor・のんびりっちさんが、訪問記事を挙げられました(゚ロ゚屮)屮

「おっ♪なかなか良さ気ぢゃないですかっo(*^^*)o」

って事で、後追い潜入しちゃいましたよヾ(^▽^*

「酢豚定食 (700円)」

ご飯や すず 酢豚定食

ななはくえんで、このクォリティー!w( ̄▽ ̄;)w

社員食堂とかじゃ無いですよ(^◇^;) 物価上昇がジリジリと効いてきている折、こりゃあありがたいですねぇ~(>▽<)b ここには写っていませんが、食後にちょっとしたフルーツとアイスコーヒーまで供されました。

ご飯や すず 酢豚定食

香物とか小鉢なんかも添えられまして、その手作り感がなんとも気持ち良かったりしました。 お世辞にも決して広いお店ではありませんし、カウンター越しに見えているオープンキッチンは、調理機器が業務用バーナーとかではなく、電磁調理器だったり、フライヤーが卓上用っぽかったりと、一抹の不安が過ぎったのは事実です(`・ω´・ ;) でも、若干調理時間を要しながらも、そんな不安を見事に払拭する出来映えにプチ感動(〃∇〃)

ご飯や すず 酢豚定食

中華鍋でガッコンガッコンとやらなくても、ちゃんと酢豚は作れますΨ( ̄∇ ̄)Ψ 色鮮やかピーマン、パプリカは、程良い火入れ加減で瑞々しさも残っています。

ご飯や すず 酢豚定食

フルーティーな甘酢ケチャップ餡は、下味を付けて片栗粉の衣揚げにされた豚肉にタップリと絡んで白飯がウマウマですv(≧∇≦)v タケノコの水煮、油通しされて甘味の活きたニンジンと玉ネギ、ゴロッと大きめのシイタケとか、全くスキのない仕立てでした。

多分ご夫婦で営んでおられるのだと思いますが、無理にメニューを増やさずに、お得感と丁寧な応対を心掛けているようです。 ボクが訪問した時も、先客様方や降着のお客様も、皆リピーターさん達だったようです。 定番メニューの他に、日によっては限定提供のメニューも供される事があるみたいです。 ここにも“食堂の良心”の感じられるお店が出来ました(o^-^o)




= 閉店しました = アーカイブとして残しておきます
ご飯や すず
福島県郡山市富田町字下小次郎木24-1
営業時間;【昼の部】11:00~14:00 【夜の部】17:00~21:00
定休日;日曜日
駐車場;店舗前に数台分あり


より大きな地図で ご飯や すず を表示
 

猪苗代ハーブ園 ~福島県耶麻郡猪苗代町~

「ホテルリステル猪苗代」さんの付随施設で、誰でも利用可能な「猪苗代ハーブ園」さんで、一足早くひまわり畑の花が咲き始めました。 たまたま近くで食事を摂った足で立ち回ったら、ラベンダー畑はほぼ見頃を終えていて、入れ替わるようにひまわり畑が見頃になっていました(o^-^o)

夏模様
[2014/7/21 夏模様] <↑ Clickで拡大>

折しも児童生徒は夏休みに入った直後と言う事もあってか、子供連れの家族が多く見受けられました。 それにしても日差しが強いΣ(゜▽゜;) ジリジリと肌が焼かれるような日差しに負けて、今回は園内入場での撮影は止めておきました。

ひまわり娘s
[2014/7/21 ひまわり娘s] <↑ Clickで拡大>

それにしても日射しがモリモリだぁ~Σ(゜▽゜;) ちゃんとC-PLフィルターを付ければ良いものを、手ブレ補正任せに手撮りという手抜き加減( ̄▽ ̄i)ゝ シンボリックな巨大木彫は、ここのトレードマークです。

みんな咲け!
[2014/7/21 みんな咲け!] <↑ Clickで拡大>

本当の見頃はこれからでしょうね。 一面黄色のひまわりに覆い尽くされるのは後何日後でしょうか。 このひまわり畑の中には迷路が仕込まれていて、時折子供達の姿がピョコンと見えたりしてなかなか楽しいです(*^▽^*)

遠き湖水
[2014/7/21 遠き湖水] <↑ Clickで拡大>

川桁の集落を越えて向こう側には、猪苗代湖が望めます。 暑いひまわり畑と、涼しげな猪苗代湖。 どちらもここならではの風景です(o^-^o)
 

郡山大勝軒 ~福島県郡山市富田町~

ちょっと間が空きましたが「郡山大勝軒」に前副店長が再び立つ事になったと聞きつけて、顔出しがてらに訪問して参りました。

郡山大勝軒

うん、確かに居たww 約3年間立ち続けた古巣に戻ってきた訳ですので、カウンター越しにも違和感無く溶け込んでますね(*^▽^*) 店主・阿部君も相変わらずここに立っています。 前回から2ヶ月近くのインターバルで、どのように変わったのかちょっと楽しみです。

「つけ麺 並盛 (750円)」 ※半熟味玉をご馳走になっちゃいましたΨ( ̄∇ ̄)Ψ

郡山大勝軒 つけ麺並盛り

漬けダレから感じられる香りは、前店長・工藤君勤務の時よりも、魚介系の鮮烈な香りが抑え気味されていました。 豚ゲンコツや鶏ガラ、モミジなどの動物系素材のウエイトが大きくなっていますかね?

郡山大勝軒 つけ麺並盛り

それでも旨味のボリュームは充分に感じられますし、臭みなどは良く消してあります。 これはこれで充分に魅力的と言うか、魚介系の好み次第ではこちらを好ましく歓迎するお客様もおられそうです。

郡山大勝軒 つけ麺並盛り

漬けダレの変化よりも大きな歓迎すべきポイントは、麺の食感が良くなった事ですヾ(^▽^* 見るからに麺のツヤも良くなりましたし、ちょっと気になっていた喉に詰まるような違和感が、まるでウソのように消え失せていました(>▽<)b いや、良かったわぁ~♪

郡山大勝軒 つけ麺並盛り

漬けダレを潜らせないでそのまま食べると、まだ若干滑らかさが足りませんが、漬けダレに通して少し温まっただけで、ツルッと滑らかな喉越しへと変化します。 噛み込んだ時の弾力や歯切れの食感は文句無し。 もう少しでかなり良いところまで回復出来そうな気がしました(o^-^o) また再訪する楽しみが膨らんできました♪




郡山大勝軒
福島県郡山市富田町乙路後18-1
電話:024-935-4262
営業時間:11:00~21:00(スープが無くなるまで)
定休日:毎週水曜日
駐車場:店舗前に4 台分 店舗横の指定駐車場に12台分くらい


大きな地図で見る
 

【御案内】 第6回 フォト二水会 写真展

今週半ばから開催される写真展のお知らせです。 10名の会員さんを擁する「フォト二水会」さんの写真展は、今年で6回目となりました。 会場は今年も「開成柏屋」さんの二階ギャラリー「アトリエかしわ」となります。

今年はどのようなテーマで魅せて頂けるのか楽しみにしております(o^-^o) 知りたいことなど何でも気さくに、そして丁寧に分かり易く御案内して下さる会員さまがお揃いです。 どうぞリラックスしてお出掛けになってみて下さい(o^-^o)

第6回 フォト二水会写真展

        ↑ Clickで拡大 ↑

第6回 フォト二水会 写真展
開催期間;2014年7月31日(木)~8月3日(日)
公開時間;10:00~17:00 ※8月3日(日)は16:00まで
開催会場;「アトリエかしわ」 開成柏屋2F
      福島県郡山市朝日1-13-5 電話;024-922-5533


大きな地図で見る


 

食菜酒楽 Fu-Ro-Ya (ふろや) ~福島県郡山市安積町~

昨日ようやく東北にも梅雨明け宣言が出されましたヽ(´▽`)/ 同じ暑さの中に身を置くとしても、梅雨と言われりゃ鬱陶しく、夏と言われりゃ諦めが付くってもんです(^◇^;)

食菜酒楽 Fu-Ro-Ya

写真からお察し頂けるかと思いますが、この日はギラリと日差しの強い第一級の夏日でした。 巧い具合にお昼時に「食菜酒楽 Fu-Ro-Ya」さんの方に立ち回りましたので、未食になったままだったマヨ系の冷たい麺を頂きました♪( *´艸`)

「冷やしマヨ支那 (850円)」

Fu-Ro-Ya 冷やしマヨ支那

期待通りの全面マヨビームで覆い尽くされた大迫力Σ(゜▽゜;) しかし実際に頂いてみると、決してマヨネーズに全て支配されている訳では無く、メリハリの効いた濃ゆい冷や中スープがしっかりと味を支えていますヽ( ̄▽ ̄)ノ

Fu-Ro-Ya 冷やしマヨ支那

甘酢と醤油味、芳醇なゴマ油の風味とほんのり生姜。 驚くほど正統派の組み立てなのに、ひと味濃い目の味にしてある事と、マヨネーズのコッテリ味と合わさった時の禁断の高カロリーテイストが五感を鷲掴みにして離しませんw( ̄▽ ̄;)w

Fu-Ro-Ya 冷やしマヨ支那

豊富な載せモノの中にはじっくりと味の染みこんで黄身がゼリー状一歩手前の半熟味玉があり、そこにマヨネーズがブレンドされちゃうと、もうお手上げの美味しさが口中に広がります(>▽<)b

今回はキクラゲも加わっていましたが、これまたコリコリッとした歯触りの良さがとても良くマッチしていましたし、チャーシューもドン載せながら脂質凝固は気になりませんでした。

Fu-Ro-Ya 冷やしマヨ支那

冷水で洗い締めされた中細麺は、望外の弾力と強靱な歯応えでちょっとビックリ(⌒▽⌒;) 良い麺を使っていますね(*^▽^*) 大変美味しく頂きました♪

※6月にリリースされていた「日替わり冷やし」は、店主の仕事量に限界があり、「トマト冷やし麺」のみが選抜されてこの夏の限定メニューに組み入れられました。




食菜酒楽 Fu-Ro-Ya (ふろや)
福島県郡山市安積町荒井字林の越1-7
電話;024-946-2122
営業時間;【昼の部・月~金】11:30~13:30 ※夜の部の準備の為、お休みを頂いたり早仕舞いもあります
      【夜の部】18:00~00:00 (L.O.23:30)
定休日;日曜日
駐車場;店舗前と裏に合計10台 他指定駐車場あり


大きな地図で見る
 

睡蓮の池

蓮畑の一角に睡蓮が植栽されていました。 睡蓮もまた、ちゃんと撮影した事が無かったので、撮影を楽しんで参りましたヽ(´▽`)/

魅せられて
[2014/7/20 魅せられて] <↑ Clickで拡大>

ここでもミツバチやハナアブ、そしてイトトンボが沢山飛んでいました。 特にイトトンボはその名の通りとても細いトンボですので、じっと注視していないと見失ってしまうこと度々です(^◇^;) 歳と共に動体視力も衰えるばかりですね(o´_`o)

葉影の玉座
[2014/7/20 葉影の玉座] <↑ Clickで拡大>

時折振ってくる小雨のお陰で、かえって面白い写真を撮り納められました(*^▽^*)

姿写し
[2014/7/20 姿写し] <↑ Clickで拡大>

巧い具合にカエルでも来てくれないかと妄想致しましたが、さすがにそれは叶えられませんでした( ̄▽ ̄i)ゝ

転生
 

麺屋 信成 ~福島県郡山市富田町~

約1ヶ月ぶりの登場となってしまいましたが、こちらも無芸の鬼リピ先「麺屋 信成」さんですヽ(´▽`)/

麺屋 信成

さすがに人気店の貫禄で、以前にも増して暖簾落ちの時間が早くなっています(T△T) そんな訳で、なかなかありつくことが出来なくなってしまい、もはや黒醤油の禁断症状で指先が震える始末(`・ω´・ ;)(←ウソww)

「黒しょうゆらーめん (800円)」

信成 黒しょうゆらーめん

ブワッと香る濃厚な醤油の香りに、心の琴線を掻きむしられる感動(>▽<)b もうその香りからも楽しい食事は始まっています。

信成 黒しょうゆらーめん

水菜、削ぎ切りのネギ、大振りなメンマ、そして丼を覆い尽くすチャーシューに加えて、挽き立ての粗挽き黒コショウが堂々たる迫力ですよ。

信成 黒しょうゆらーめん

漆黒スープには油膜がしっかりと組み付いていて、ここからも期待度を押し上げるようにステキな香りが届きます。 勿論言うまでもなく漆黒スープは塩辛さなどは無く、それどころか柔らかな甘味がミックスされた味わいです。 豚ゲンコツと鶏ガラで引いた出汁に合わせられ、濃厚な旨味が広がるのに、後味にしつこさはなく、心地佳い余韻だけが印象的です。

信成 黒しょうゆらーめん

やや加水率低めの中細ストレート麺は、プツプツッとしたリズミカルな歯切れの良さを楽しませつつ、フワツと小麦の風味も纏って来ます。 徐々に漆黒スープの色合いが移ってきますと、舌触りの滑らかさも感じられるようになり、麺自体に染みこんで来た漆黒スープの美味しさで、ますます手が付けられない美味しさへと加速度を高めますヽ( ̄▽ ̄)ノ

漆黒スープにほのかなビターさが感じられ、それがまたスープの味わいに決定的な個性を感じさせるところです。 味わいの厚みもこうした小さな味重ねの中から育てられているのかも知れません(o^-^o)




麺屋 信成 (しんせい)
福島県郡山市富田町坦ノ腰-72-2
電話;024-951-2876
営業時間;11:30~最長20:00
     ※売り切れ次第閉店
定休日;水曜日
駐車場;店舗前に10台程度


より大きな地図で 麺屋 信成 を表示
 

麺家 銀二 ~福島県郡山市堤~

開店以来、好調にファンを増やし続けている、郡山市堤の「麺家 銀二」さんです(o^-^o) 土日は通し営業の体制が整い、ますます訪問し易くなりました。

麺家 銀二

シンプルなメニュー構成のお陰で、間もなくフルコンプとなります。 勿体を付けるかのように、敢えてのこしておいたコチラを今回は楽しませて頂きました♪( *´艸`)

「つけめん (780円)」 ※また半熟味玉をゴチになっちゃいました( ̄▽ ̄i)ゝ

銀二 つけめん

おやっ?(゚ロ゚屮)屮 いきなり節系の香りが花開きますね♪ とても分かり易いサバ節の香りですね(o^-^o) ラードの油膜はしっかりと張られていますので、湯気さえも封じ込められています。

銀二 つけめん

短冊状に切り揃えられたチャーシューは、開業当時とは隔世の美味しさ♪(〃∇〃) シャクッとした歯触りのメンマも程良いほどけます。 刻みネギが沢山投じられていますが、スープで温められるとちょっと甘いニュアンスも出てきたりして、味わいの幅をグイッと広げてくれます。

銀二 つけめん

今回は「ひやもり」でお願いしました。 艶のあるストレート太麺は、噛んだ時の歯応えにテンションを感じさせながらプッツンと歯切れます。 多分これくらいハッキリとした存在感を主張する仕立て上がりの方が、ウケは良いのでしょうね。

個人的な好みとしては、もう少ししなやかでユルさのある、そして小麦の風味を直に感じさせてくれるような仕立てなら歓喜しそうですヽ( ̄▽ ̄)ノ 多分、麺が良すぎるのでしょうσ( ̄、 ̄=) 「あつもり」なら印象も又違ってくると思います。 洗い締めの時に締まりすぎて、それがテンションとして食感に現れるのかも知れません。

銀二 つけめん

豚ゲンコツをメインに鶏ガラ&丸鶏を合わせた清湯スープで仕立てられた漬けダレは、前述の通り明瞭なサバ節テイストが効かされています。 醤油ダレは口アタリは円やかですが、しっかりと醤油味を感じさせてきます。 明瞭な甘味が加えられていて、酸味はやや抑え気味にされています。

これはどうやら、「卓上配置の酢、ラー油、七味唐辛子などを使って、好みの味に仕立てて下さいな」というメッセージに思えました。 多分デフォのままでは少し締まりのない感じで、味わいの輪郭もソフトだと思います。 こんな風に敢えて隙を作っておいて、食べ手の味の好みにお任せする漬けダレってのもなかなか面白いですね(>▽<)b

ご興味が湧いたなら、無芸の口車に乗って頂き、卓上調味料による味変の楽しみを味わってみて下さいv( ̄∇ ̄)ニヤッ きっと好きになると思います♪




== 閉店しました == アーカイヴとして残しておきます
麺家 銀二
福島県郡山市堤2-233-1 堤一番館 1F
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:00~22:00 【土日祝】11:00~22:00
定休日;火曜日
駐車場;店舗前に6台分+指定駐車場に4台分


より大きな地図で 麺家 銀二 を表示
 

蓮の里

ここはお友達から教えて頂いた蓮畑です。 もともと水田だったところに蓮と睡蓮が植栽されています。 その規模は水田四枚分にあたり、かなり大がかりなものとなっています。

蓮畑
[2014/7/20 蓮畑] <↑ Clickで拡大>

時折小雨が降ったかと思うと、一閃の日差しが射し込んだりと、とても変化に富んだ撮影背景でしたΣ(゜▽゜;) 蓮畑のスレスレを飛び交うツバメやミツバチ、ハナアブ、足許でピョコピョコと跳ねるカエルなど、これまた野趣味もなかなかです(o^-^o)

雨後の蓮
[2014/7/20 雨後の蓮] <↑ Clickで拡大>

蓮畑の規模が大きいだけに、これから咲くであろう蕾も沢山ありました。 ハナアブは花がしっかりと開いたものを認識して寄ってくるみたいです。

ひとひら、ひとひら
[2014/7/20 ひとひら、ひとひら] <↑ Clickで拡大>

ここでも一時間以上撮影していましたが、写真撮影にやってきた方には出会いませんでした。 と言うよりも、来訪客は誰も居ませんでした(^◇^;) ボクもその存在さえ知りませんでしたから、きっとごく近くの方々や蓮畑に沿った道筋を通る方々くらいにしか知られていないのかも知れません。

開華
[2014/7/20 開華] <↑ Clickで拡大>

ちょっとロケーション的に添え景を得るのが難しいところですが、ボリュームのある蓮の花畑の魅力にいささかも翳りもありません(*^▽^*)
 

チャイニーズレストラン みかど ~福島県郡山市方八町~

昨日の郡山市は31℃まで気温が上がり、立派な真夏日となっていましたが、白河市や福島市では35℃越えだったとかノ( ̄0 ̄;)\ これは話に聞くだけでもキツいですねぇ~ そんでもって、未だに梅雨明け宣言もされないとかヽ( ̄▽ ̄i) ウダウダしているうちに、梅雨明け宣言出来なくなっちゃったりして・・・( ̄ω ̄;)

郡山市方八町地内の東部幹線沿いにある「チャイニーズレストラン みかど」にまた行っちゃいました♪(〃∇〃) 通し営業のありがたさをシミジミと噛み締めながら、昼と夕方の狭間に訪問です。

「冷し中華 大盛 (856円)」

みかど 冷し中華

ガラス皿で供される冷や中は、具材の果てまでキリリと冷やされていましたヽ( ̄▽ ̄)ノ 彩りも鮮やかで目にも食欲をそそられますね♪

みかど 冷し中華

キリッと酸味が効かされた冷や中スープは、懐かしの昭和テイスト(*^^*) 生姜の風味がハッキリと感じられますが、違和感無くマッチしていました。 またマヨネーズも無しの直球勝負ですね!

みかど 冷し中華

ハムとチューシューの両建て盛りですが、チャーシューは脂身の無い部位があしらわれていて、しかも繊維を断ち切る方向で短冊切りにされていますので、軽く歯が当たるだけでハラリと千切れますよ。 そんな細やかな芸も仕込まれている中、シイタケの甘煮が一寸珍しいですねぇ~(⌒▽⌒;)

みかど 冷し中華

しなやかな麺は舌触りも良く、タップリの麺量でスープもしっかりと持ち上げてくれて満足満足♪( 〃▽〃) 更に冷や中の上級グレードには「五目冷し中華」ってのがありますが、ランチの冷や中に悠々と1,200円超えともなると、なかなか決心が付かないなぁ~(`・ω´・ ;)




チャイニーズレストラン みかど
福島県郡山市方八町2-19-10
電話;024-944-8338
営業時間;11:00~21:00
     ※お得なランチタイム;11:00~15:00
定休日;木曜日
駐車場;30台


 

そば処 茶園 ~福島県白河市池下~

白河市の「南湖公園」近くの「そば処 茶園」さんを初訪問しました(*^^*) お仲間Blogger様が足しげく通っているお店でしたので、まず満足は約束されたようなものでしたが、本当に良かったわぁ~♪

そば処 茶園

メニューはなかなか豊富に揃っていまして、うどんもあったりします。 “蕎麦屋のうどんにハズレ無し”とは良く言われる話ですが、多分ここでもそのジンクスは通りそうな予感がしました(*^-^) よくある事ですが、お店に入った瞬間に鼻腔に届く香りで、美味しさの期待度は大体伝わってくるんですよねo(*^^*)o 店内禁煙になっているところも大いに好感が持てます。

「松セット (1,101円)」 (そば・うどん(並盛り)、ミニ丼、サラダ)

茶園 松セット

人気のセットメニューから「松セット」を所望しました。 色々な組合せに応えてくれるお得なセットメニューですが、ざるそばとミニカツ丼の組み合わせを選んでみましたo(*^^*)o

茶園 松セット

多分、二八の手打ちそばは、甘い蕎麦の香りを楽しませてくれるし、ツルッと舌触りも申し分無く、程好い歯触りも楽しませてくれました。

茶園 松セット

漬けダレは宗田節の風味と旨味が程良く引き出されており、カエシは少し押しのある醤油の味わいもみられますが、濃度自体が巧妙に抑えられていますので、ややソフトタッチな蕎麦ともバランスが良く楽しめました♪( 〃▽〃)

茶園 セット・サラダ

サラダは丼物との間を取り持ってくれます。 サイズこそ小さくはありますが、特にお昼時のランチとして頂くお客様が多いでしょうから、歓迎される事間違い無しです。

茶園 松セット

カツ丼は嬉しいツユダク仕立て(〃∇〃) 過ぎない程度に染み入った丼ツユが絶妙で、これまた程良く甘じょっぱさが効いていています。 ミニ丼を自称する割りには、結構しっかりとご飯も盛られていて、ロースカツの肉質は期待を軽く上回る立派なものでした(*^▽^*)

店内はそこそこ広く、50席あまりの席数があります。 ホール係さんの印象も良く、メニュー構成の豊富さからは想像出来ない、丁寧な調理姿勢などに加えて、期待を裏切らないボリュームと美味しさで、お腹も心も満たされましたヽ( ̄▽ ̄)ノ




そば処 茶園
福島県白河市池下142-3
電話;0248-27-7100
営業時間;【昼の部】11:00~14:30(土日祝は15:00まで) 【夜の部】17:00~20:00
定休日;不定休
駐車場;敷地内に25台


大きな地図で見る
 

仕舞いの紫陽花

昨日は暦の上では大暑。 本当の夏本番の暑さはまだまだこれからですが、“一番暑い時期がスタートしたよ宣言”みたいなものでしょうか(o^-^o) 地元では総産土神社の夏の大祭が行われましたし、夏休みに入った小学生が学校のプールを楽しみに往来している姿を見ると、早く梅雨が明けないものかと思います(*^▽^*)

里の朝
[2014/7/20 里の朝] <↑ Clickで拡大>

先に蓮の花の写真を撮りに行った折、ちょいとイイところをお友達に聞き出していましたので、アテを付けて探し回りましたが、どうにも巧く辿り着けませんでした(^◇^;) でもその後に立ち回った先で、別な写真仲間に出会う事が出来て、その場所をカーナビにプロットして貰いまして、無事行き着くことが出来ました♪

忘れ花
[2014/7/20 忘れ花] <↑ Clickで拡大>

彷徨っていた時に有名な桜の樹の近くで見つけた紫陽花の花。 あまり直射日光に曝されていなかったせいか、まだまだ良いコンディションで咲き誇っていました。

雷神の使い
[2014/7/20 雷神の使い] <↑ Clickで拡大>

子供と言っても幼少の頃の記憶なのですが、このド派手な大きな蜘蛛を殺したりすると、雷に見舞われるぞと曾祖母に言い聞かされていたのを思い出しました。 明治生まれの曾祖母でしたので、どのように聞き受けてひ孫のボクに語っていたのかは到底想像もつきません( ̄▽ ̄i)ゝ

この時撮影したのはコガネグモと呼ばれる種類らしいです。 もしかすると雷蜘蛛なんて呼ばれていた蜘蛛もいますので、そこから脳内で膨らませたハナシだったのかも知れません。 今となっては面白可笑しい話ですヾ(^▽^*
 

日本一食堂 ~福島県郡山市麓山~

その名も誇らしき「日本一食堂」ヽ(´▽`)/ あまりにもインパクトがありすぎて、かえって暖簾を潜りにくいお店になっちゃってたのですが、実はその昔は和菓子店だったそうです。 なるほど♪ 昔の和菓子店さんなら屋号にしそうな名前ですね(o^-^o) その後専業の大衆食堂へと転身して、既に30年余り経っているみたいです。

日本一食堂

メニューは麺類を軸にして定食や丼物、それらを総合したお得なセットメニューも用意されていて、気軽に付き合える普段使いの食堂の趣です。 確か道路拡張に際して小移動するのを機に、住居兼店舗の建て替えがされていますので、まだどこかしら新しさも漂う店内は清潔感もバッチリです(*^▽^*)

「マーボー丼セット (850円)」

日本一食堂 マーボー丼セット

手堅く食堂の王道「カツ丼」に行くのも良かったのですが、ちょいとラーメンも気になりましたもので、大衆食堂では少し珍しい「マーボー丼」とのセットメニューを所望してみましたo(*^^*)o

日本一食堂 マーボー丼

麻辣レスながら、チュルンと滑らかな絹ごし豆腐の舌触りの活きた麻婆豆腐です。 私達昭和世代が家庭で普段に慣れ親しむキッカケとなった“あの麻婆豆腐”をどことなく彷彿とさせる味わいは、誰が食べてもすんなりと口に馴染みそうです( *´艸`)

日本一食堂 マーボー丼

ごはんも結構盛り込まれていますので、気が付けば程良くお腹も膨れます。 本格中国料理のソレとは一線を画しますが、こんな優しく白飯を包み込むような麻婆豆腐も大いにアリだと思いますヾ(^▽^*

日本一食堂 半ラーメン

ラーメンは鶏ガラと豚ガラで出汁を引いているようです。 ニゴリ系スープにややシャープな存在感のハッキリとした醤油ダレは、まさに定石通りの食堂ラーメンですね(o^-^o) 小降りながらもチャーシューは柔らかく、しかも醤油ダレが芯まで染み入っていてウマウマだったのはちょっとした驚きw( ̄▽ ̄;)w このチャーシューを刻んでチャーハンを作ったら、余計なモノ無しで存分に美味しく仕上がりそうです。

日本一食堂 半ラーメン

中細縮れ麺が合わせられていて、それは特記するほどの個性を感じさせることはありませんでしたが、ツルッとしなやかな舌触りは、やはり食堂ラーメンならではの流儀かな。 ラーメンフリークを虜にするような強烈な存在感はありませんが、普段使いのラーメンってこういうので正しいのかも知れません( ̄▽ ̄i)ゝ 良い意味で緊張感の抜けたユルい感じって言いますか、店内の空気感を含めてとてもリラックスして食事を楽しめるお店でした。




日本一食堂
福島県郡山市麓山1-12-4
電話;024-932-5441
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:00~20:00
定休日;月曜日
駐車場;7台分あり


大きな地図で見る
 

たいへいラーメン ~福島県郡山市富田町~

とっても久しぶりですが、国道49号線とインター線交差点側の「たいへいラーメン」さんを訪問致しました(o^-^o) 永らく繁盛店であり続けているお店は、今も変わらぬ人気ぶりのようです。

麺料理と定食類が楽しめるお店ですが、他店とは違った個性あるメニューがあります。 前回同様にそれを頂くつもり満々での再訪でしたo(*^^*)o

「五目焼きラーメン (800円)」

たいへいラーメン 五目焼きラーメン

6年前より20円しか価格が上げられていませんでした(〇o〇;) こりゃあ家族経営ならではの底力ってものでしょうかね? 店内には麺場などは見受けられませんが、麺も餃子の皮も自家製と言うことです。

たいへいラーメン 五目焼きラーメン

見ての通り醤油味仕立ての五目餡がたっぷりと掛け回されています。 タケノコの水煮、キャベツ、ニンジン、シイタケ、ピーマン、マッシュルームの水煮、エビ、ギンナン、豚ロース肉といった豊富な具材でボリューム満点ですよヾ(^▽^*

たいへいラーメン 五目焼きラーメン

麺は蒸し上げしないでダイナミックに焼き入れされるってのが特徴です。 ですから「焼きそば」ではなくて「焼きラーメン」なのでしょうね。 程良くきつね色に焼き上げられた麺は、焦げ臭は無くてカリカリってほどの歯触りでもありません。 麺は恐ろしく熱々になっていますので少し気をつけましょうヽ( ̄▽ ̄i)

たいへいラーメン 五目焼きラーメン

味付けの印象は6年前とは随分異なりました。 ってか、前回がイレギュラーだったのかも知れません( ̄ω ̄;) かなりしょっぱかったイメージから180°転換して、かなり薄味の仕立てになっていて面食らいましたw( ̄▽ ̄;)w 卓上配置の調味料でイジる事も出来ましたが、ここは店主様の意志を尊重して最後までそのまま頂きました。

麺は見ての通り平断面タイプのやや太麺です。 柔らかな食感に終始してましたが、それも開業当時からのスタイルと思えば趣深いものがありますねヽ( ̄▽ ̄)ノ 夜の部の訪問だったこともあってか、野菜炒め定食目当てのお客様が多かったようですが、これまたモリモリでお皿からこぼれ落ちそうな迫力でしたよ。




たいへいラーメン
福島県郡山市富田町字愛宕前77-7
電話;024-951-7076
定休日;毎週木曜日
営業時間;平日…【昼の部】11:30~15:00 【夜の部】18:00~22:00 (LO 21:30)
       土・日…11:30~22:00 (LO 21:30)
駐車場;店舗前と裏にあり


 

【御案内】 2014年 日本風景写真協会 福島支部写真展

県内でもトップレベルの風景写真カメラマンさんが集まる「日本風景写真協会 福島支部写真展」が明日より開催されます。

写真クラブの主宰、写真教室のインストラクター、写真コンペティションの審査員など、各方面で重要なポストに就いておられる手練れのカメラマン様方ばかりですので、ボクのようなビギナーのサンデーカメラマンには何もかにもが勉強になります(o^-^o)

日本風景写真協会 福島支部写真展
        ↑ Clickで拡大 ↑

もちろん、写真撮影を趣味としている訳ではない方々にとっても、その美しい写真を見るだけで目を楽しませるられる事請け合いです。 今まで知らなかった素晴らしい景観の地を知る事も、現地へと出掛けて見る楽しみを、より一層刺激してくれると思います。

カメラの事が分からなくたっていいんですヽ(´▽`)/ 心の琴線に触れるような写真に出会えたなら、躊躇無く出展会員さんに声を掛けて下さい。 道具のハナシではなくて、その撮影現場の楽しい逸話や、時としてビックリするような苦労話を、とても楽しく聞かせてくれるはずです。 尚、展示会場内は撮影禁止となっておりますので、ご理解とご協力をお願いします。

日本風景写真協会福島支部 写真展
開催期間;2014年7月24日(木)~27日(日) 【入場無料】
公開時間;9:00~16:30 ※最終日は16:00まで
開催会場;本宮市白沢ふれあい文化ホール
      福島県本宮市白岩字堤崎500 電話;0243-44-3185


大きな地図で見る


 

ファームパークいわえ ~福島県田村郡三春町~

サンデーカメラマン・無芸。 なかなか写真撮影に出掛けられない日々でございます(´。・ω・。`) 日曜日は近場ではありますが、三春町の蓮畑に早朝撮影を掛けて参りました。 と言うのも、蓮の花は朝に咲いては昼には閉じ、三日間の開花期が終われば花を散らすという特別な花なんですね。 ただその開花期は次々と蕾が出てくるそうで、見頃は意外と長く楽しめると聞き及んでおりました。

実は私、蓮の花の撮影と向き合うのは今回が事実上初めてのこと。 蓮畑と呼ばれるような群生しているところにさえ出会った事はありませんでした。 そんな中、カメラマンの先輩方が撮影地として出向いている場所を教えて下さりましたので、後追い撮影をしてみる事に致しました(o^-^o)

朝に咲く
[2014/7/20 朝に咲く] <↑ Clickで拡大>

最初に訪れたのは「ファームパークいわえ」という多分民間の農場です。 こちらには蓮の他に紫陽花や花菖蒲などありますが、基本的に無料開放されているありがたい農場です。 農業に従事しているプロの方々がたずさわっているだけに、花々の管理も際立って行き届いているようです。

糸トンボ
[2014/7/20 糸トンボ] <↑ Clickで拡大>

4:30に起き出して撮影支度を整え出掛けました。 朝陽も射さない曇天でしたが、蓮の花のシックな色合いを捉えるには好都合に思えました。 気温は19℃と半袖では肌寒く感じそうでしたので、虫除けも兼ねて長Tで出掛ける事にしました。

小さなお客様
[2014/7/20 小さなお客様] <↑ Clickで拡大>

場所を少し勘違いして違うところで少し往生しましたが、直ぐにリカバリー出来ました。 カーナビとスマホのお陰です(o^-^o) 蓮畑には水が張ってあり、カエルたちの大合唱中。 コチラの都合でカエルとのコラボ写真を望んではいましたが、ことごとく逃げ失せられますΣ(゜▽゜;)

ひとしづく
[2014/7/20 ひとしづく] <↑ Clickで拡大>

畑の畦を歩いていると、そこここからカエルが水中にダイブして、ポチャン、チャッポンと水音と波紋を立てます。 そう、逃げられる前に捉える事は極めて難しいんですね(>▽<;; そんな事、今まで考えたこともありませんでした。

蓮の花園
[2014/7/20 蓮の花園] <↑ Clickで拡大>

時折小雨が降ったりしましたが、ずぶ濡れになるほどの降り方でもありません。 都合良く蓮の花びらに水玉を作ってくれれば幸運なのですが、もう一歩届かず・・・( ̄  ̄;)

ハチミツ集配係
[2014/7/20 ハチミツ集配係] <↑ Clickで拡大>

ハナアブやミツバチがブンブンと羽音を立てて飛び回る音と、カエルの鳴き声が賑やかな朝の蓮畑でした(>▽<)b

蓮見頃
[2014/7/20 蓮見頃] <↑ Clickで拡大>

ここではマクロレンズの出番となるほど近いところで咲く花も無く、70-200mm F2.8と70-300mm F4-5.6の独断場でした。 被写界深度の把握の難しさや被写体の風ブレへの対応など、色々と勉強になりました(o^-^o)




ファームパークいわえ
福島県田村郡三春町大字上舞木板子内


大きな地図で見る
 

きっちんほっと・yr ~福島県耶麻郡猪苗代町~

以前から訪問機会を伺っていたお店「きっちんほっと・yr」さんを初訪問して参りました(o^-^o) 事前に耳に入ってた情報では、洋食畑で活躍しておられた店主様と言う事で、何故に川桁にお店を構えられたのかとか、どうしてラーメンを始めようと思ったのかとか、とても気になっていたところでした。

お店はJR磐越西線・川桁駅へ通じる町のメインストリートにありますが、お世辞にも目立つ場所とは言えません(^◇^;) 地元の方以外にはなかなかピンと来ないと思いますが、直ぐ近くにはモーグルスキーの聖地「リステル・スキーファンタジア」「猪苗代ハーブガーデン」を擁するリゾートホテル「ホテルリステル猪苗代」があり、桜の名所として愛される「観音寺川の桜並木」「白津の桜」があるエリアです。

きっちんほっと・yr

営業時間が今ひとつ分からず、昼の中休みに当たっては自滅してしまうので、出掛けに電話で確認したところ、やはり14:00~17:00は中休みをとられるようです。 でも、閉店しないで待っていて下さるというありがたいご厚意を頂きましたので、素直に謝意を伝えてお店へと向かいましたo(*^^*)o

川桁駅を目指して進んで行けばお店は直ぐに目に付きます。 お店の前から駅方向に三軒隣りに5台分の指定駐車場が用意されていますので、そちらに車をデポします。 店主様に温かく迎えて頂きありがたき限りです(〃∇〃) ってか、一歩お店に足を踏み込んだとたんに、鼻腔を直撃したのは美味しさが約束されているかの如きソースの香りじゃないですかっ!ヽ(´▽`)/

メニューのバリエーションはそんなに多様ではありませんが、そのソースの香りに背中をド突かれるかの如くに所望したのはコチラです♪

「カツレツ (800円)」 (味噌汁、小鉢、ミニデザート付き)

yr カツレツ

ソースカツ丼スタイルで登場ヾ(^▽^* このカツレツがとんでもないシロモである事を、これから思い知らされるのですが、ソレと雰囲気を伺わせるものは、そっと添えられた一葉のセルフィーユだけです。

yr カツレツ

箸を入れてみてビックリ驚いた(〇o〇;)

お肉がホロホロに崩れてしまって、カット毎に箸で持ち上げられないんですよ(`・ω´・ ;) これは一体どうなっているのかと思ったら、柔らかく煮られているようです(゚ロ゚屮)屮 お尋ねしたらナント豚肩ロース肉を一本丸ごとデミグラスソースで煮ちゃっているんですって!ノ( ̄0 ̄;)\ そんなカツレツ聞いた事無いよ!

yr カツレツ

しかもカツレツは油で揚げないで、焼きカツ仕立てにされているので、油っこさなどは皆無ときたものですΣ(゜▽゜;) たっぷりと掛け回されているソースは、期待通りにデミグラスソースにメリハリのある甘じょっぱさや酸味で整えられたもの。 これが全く違和感無く頂けてしまいます。

ご飯の間には定石通りに千切りキャベツが布かれています。 ソースと白飯を見事な繋いでいましたね♪ 味噌汁は妙に白っぽいと思ったら、牛乳がブレンドされているそうです。 小さなサイの目切りのジャガイモが入っていて、味噌汁なのにどこかスープっぽい仕立てになっている辺りにも洋食畑出身の遊び心が散りばめられています(>▽<)b

yr ぶりのエスカベッシュ・マリネ仕立て

この日小鉢として供されていたのは、ブリのエスカベッシュ、マリネ仕立てでしたΨ( ̄∇ ̄)Ψ もうサプライズの連打でボクは完全にKOされちゃいましたよO(≧▽≦)O

yr アイスクリーム ラズベリーソース

しかもミニサイズのデザートまで付いて来ちゃう(⌒▽⌒;) この取り合わせを郡山のカフェで出しちゃったら、こんなお足で納まる訳もありません。 あわよくばラーメンも頂きたいと思っていたのですが、カツレツのボリュームが想像以上でしたので、次回の訪問に楽しみを残しておく事にしました。

「オムライス (800円)」 (サラダ、味噌汁付き)

yr オムライス

こちらは家内が頂いたオムライスヽ( ̄▽ ̄)ノ ケチャップライスが程良く味が回っているのに、ベタベタしていないのは炒め技能の成せる技でしょうか?  バター風味もしっかりと効かされていて、こちらもまたデミグラスソースの美味しさを受け止められるだけの仕立て上がりとなっていました(o^-^o)

いや、参りました(>▽<;; こんなお店があったとは・・・ ご店主様はやはりホテムの洋食部出身のようですし、我が地元・郡山市で仕事に就いておられたようです。 また機会を作って再訪しなきゃないません((o(*^^*)o))わくわく




きっちんほっと・yr
福島県耶麻郡猪苗代町大字川桁字新屋敷3463−1
電話;0242-66-2655
営業時間;【昼の部】11:00~14:00 【夜の部】17:00~20:00
         ※事前連絡で柔軟に対応して貰えそうです
定休日;木曜日
駐車場;指定駐車場5台


大きな地図で見る
 

カレーキング ~福島県郡山市駅前~

郡山市駅前の「ヨドバシカメラ」さん向かい側に開店したカレーショップ「カレーキング」さんを訪問してみました。 決して広く無い店内ですが、テーブル席とカウンター席を取り合わせると、15席ほどありそうです。

カレーキング

電話予約も出来るし、テイクアウトも勿論OKと言う事で、駅前のオフィス勤務の方々には、ちょいと頼りになるお店かも知れません。 どこぞのFCなのかと思ったのですが、どうもそれっぽい情報に当たりませんでしたので、もしかすると独立自営のお店かも知れません。

「チキンカツカレー L (900円)」

カレーキング チキンカツカレーL

おっと銀皿だぁ~♪(〃∇〃)

しかも千切りキャベツも共添えされているあたりは、金沢カレーを彷彿とさせるモノがありますねo(*^^*)o

カレーキング チキンカツカレーL

見ての通りチキンカツはカレールーを流した上に積み載せ仕立てです。 勿論揚げ立て熱々で供されますが、サクサクっとした衣の食感が好きな方には大歓迎されそうですヾ(^▽^* 卓上配置の調味料には、中濃ソースと辛味オイルなどが配されていますので、お好み次第で楽しめそうです。

カレーキング チキンカツカレーL

チキンカツのサイズは、精々100g程度ですので手に余る事はなかろうと思いますし、カレーライスの載せモノとしてはリーズナブルなサイズだと思います。 カレールーは、さほど甘さは無くて、スパイシーさも抑え気味に誂えてあり、万人向けのほんのり辛口タイプです。

ちなみにカレーのサイズはS,M,Lの三通り。 ライスの量で250g,300g,400gのステップになっています。 プレーンな基本のカレーに、好みでトッピングを組み上げて行けます。 オープン記念で配付されているトッピング無料券を利して、次回はお得に頂けそうです( *´艸`)




== 閉店しました == アーカイブとして残しておきます
カレーキング
福島県郡山市駅前1-7-9
営業時間;11:00~22:00
定休日;無休


大きな地図で見る
 

食事処 松しま ~福島県郡山市朝日~

郡山市の市役所近くにある老舗食堂「食事処 松しま」さんを訪問しました。 以前一度訪問した事があったのですが、過去ログを紐解いてみたら4年ぶりでした。

食事処 松しま

メニューを見ていきますと、その多様さに驚かされます。 まさに”家族全員のリクエストが叶えられる食堂”といった趣です(o^-^o) 一通りメニューに目を通した後に選んだのはこちら。

「中華もりとミニカレーライスセット (750円)」

松しま 中華もりとミニカレーライスセット

思ったよりもモリモリで笑い出しそうになりましたヽ(´▽`)/ さすがは市役所職員さんの御用達ww

松しま 中華もりとミニカレーライスセット

「中華もり」「松しま」さんのオリジナルメニュー。 自家製の中細ストレートの多加水熟成麺を冷水で洗い〆して、自家製ラー油と蕎麦用と共通っぽいつけダレの合わされたタレで頂きます。

松しま 中華もりとミニカレーライスセット

お好みの加減でって事でしょう。 蕎麦猪口には香味油と刻みネギだけが入っています。

松しま 中華もりとミニカレーライスセット

これが実は侮れない美味しさに驚いた!w( ̄▽ ̄;)w 適度な弾力のある麺は、とても滑らかな舌触り。 思いの外辛味が効いていて、手繰る手元のピッチも上がりますヽ( ̄▽ ̄)ノ

松しま 中華もりとミニカレーライスセット

少量ながらもサラダと香物が共添えされるのも嬉しいところ。 ちょっとした箸休めになってくれますよ。

松しま 中華もりとミニカレーライスセット

カレーライスは、トロミのある滑らかなカレールーに、野菜類は溶け込んでいるようです。 スパイシーさやホットさは控え目ですが、塩味の軸がしっかりしていて、きっとブレることなく愛され続けたてをあろう風格が感じられますΨ( ̄∇ ̄)Ψ まだまだこれからも頑張り続けて欲しいお店ですね♪




食事処 松しま
福島県郡山市朝日1-28-10
電話;024-922-3540
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:00~21:00
定休日;日曜日
駐車場;店舗前に5台分


大きな地図で見る
 

北方らーめん ~福島県郡山市並木~

郡山市並木の「北方らーめん」さんを初訪問しました。 まあボク自身も信じられないのですが、ナゼか今まで「北方らーめん」さんとは、なかなかご縁が結べませんでした( ̄▽ ̄i)ゝ

何度も訪問してたのですが、折悪く定休日に当たってしまったり、駐車場が満車で寄り付けなかったり、営業時間との折り合いがつかなかったりと、まるで何かに邪魔され続けていたかの如くに、暖簾を潜ることが出来ませんでした。 そんな今までの不運を払拭するかのように、今日はスパッと入店出来ちゃいました♪(〃∇〃) お初の所望品は「北方肉そば」ですo(*^^*)o

「北方肉そば (800円)」

北方らーめん 北方肉そば

丼一面背脂の海ですねぇ~w( ̄▽ ̄;)w もちろんこれは予習済みでしたが、豚バラチャーシューが背脂の下にお隠れになっちゃってます。 このバラ肉チャーシューがとっても美味しい!(>▽<)b 醤油味がしっかりと染み入っていて、頃合いの厚みに抑えられているお陰もあって、トロッと溶けてしまうようなステキな食感です。

北方らーめん 北方肉そば

スープは淡口醤油仕立てなのか、やや淡目の色合いですが、ベーススープと背脂の甘味と相まって、ちゃんと効いていても塩味の角は立たない感じです。 多分、豚ガラと鶏ガラ、香味野菜で引かれているものと思われますが、ニボシなどの魚介系素材は使われていないように思われました。

北方らーめん 北方肉そば

オイリーな背脂を巧いこと纏めているのが刻みネギです。 喜多方では辛味と香気の強いネギがあしらわれるのが常ですが、北方さんでは一度辛味抜きの下処理を行っているようです。 個人的にはありがたい一手間です(o^-^o)

北方らーめん 北方肉そば

麺はお約束通りの多加水系縮れ中太麺! 驚かせるような圧倒的存在感こそありませんが、隙のない茹で加減のお陰で、ツルリとしなやかな舌触りの中にも、縮れ麺ならではの多様な変化のある歯触りの良さがあります。

喜多方ラーメンにその範を求めながらも、独自の進化を遂げてきた北方ラーメンの魅力を存分に楽しませて頂きました(>▽<)b




北方らーめん
福島県郡山市並木3-6-14 鈴木ビル1F
電話;024-923-9608
営業時間;【昼の部】11:30~15:00 【夜の部】17:00~21:00
定休日;火曜日、第3月曜日
駐車場;店舗敷地内に10台分


大きな地図で見る
 

麺や うから家から ~福島県福島市松川町~

久しぶりに福島市松川町の「麺や うから家から」さんを訪問出来ましたo(*^^*)o この日はちょいと法要で時間を取られ、結果的に昼食がメチャ遅くなってしまったのですが、東北自動車道で松川スマートICまで一気にパスして、夜の部の初っぱなに暖簾が潜れましたv(≧∇≦)v 昼で売り切れ暖簾落ちになっていなくて良かった良かった♪

麺や うから家から

今回は季節メニューの「冷やしらーめん」を楽しませて頂きましたΨ( ̄∇ ̄)Ψ 塩・醤油・味噌と三種類の味わいから選べるってのも、ちょっと凄いよなぁ~(^◇^;) 総花したいキモチは山々ですが、今回は醤油味を所望してみました。

「醤油冷やしらーめん 中盛 (830円)」 ※味玉をご馳走になっちゃいました(>▽<;;

うから家から 醤油冷やしらーめん 中盛

鰹節・サバ節・ニボシから引き出された上品な味香が効いており、醤油ダレの風味がとても豊かに感じられましたが、塩味のアタリは円やかでした。 多分、丸鶏から引き出された出汁が活かされているハズですが、固化してしまう脂質を濾されているせいか、鶏っぽい香味はほとんど感じられません。 芳醇な魚介風味の良さをグイッと引き出している感じです。

うから家から 醤油冷やしらーめん 中盛

丼を覆う油分は、太白胡麻油が用いられているそうです。 一般的な胡麻油とは異なり、ゴマ風味はとても控えめです。 下手するとそれとは気付かない位穏やかな香り立ちです。

細割きタイプのメンマは、コリコリッとした歯触りです。 とても前衛的な冷やしらーめんの中に、一寸クラシカルな仕立てが仕込まれており遊び心を思わせます。

うから家から 醤油冷やしらーめん 中盛

低温調理のモモ肉チャーシューは、桃色の美しい彩色合いで、弾力のある噛み心地。 冷たいスープの上では、流石にジューシーさを発揮する事は出来ませんが、噛む程に肉の旨味が口中に満たされます。 サクッと盛られた刻み野菜は、涼味を盛り立てますね(  ̄▽ ̄)

うから家から 醤油冷やしらーめん 中盛

自家製の平断面多加水太麺は、手揉みで複雑な縮れが掛けられており、秀逸な存在感を放っています。 太白胡麻油の油膜コート効果も加わり、その舌触りのツルツル感は比類無し! しっかりと茹で上げられた麺は、ソフトな食感の中にも明確な弾力があり、気持ち良くニュルンとした口当たりが楽しめます。

スープには氷が浮かべられていますが、口が凍えるような冷え加減ではありません。 胃袋が冷えきらない、でも涼味はちゃんと伝わってくる。 ちょっと憎らしいほどの勘所を、鮮やかに押さえられた気がしますf(^_^;

とにかく見事の一言に尽きますね(^。^;) 車を走らせてでも足を運ぶ価値のある、見事な冷やしらーめんでした!




麺や うから家から
福島県福島市松川町関谷字坂下71
TEL;024-529-6768
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:30~20:00
     ※100食売りきりで閉店
店休日;火曜日
駐車場;店舗敷地内に10台分


より大きな地図で 麺や うから家から を表示
 

みたか食堂 ~福島県郡山市本町~

みんなの大衆食堂「みたか食堂」さんです(>▽<)b この日は丁度昼時に、マスターが出前配達中の姿を発見しまして、その時点で“みたかスイッチ”が入っておりました( *´艸`)

「冷し中華 大盛 (800円+100円)」

みたか食堂 冷し中華 大盛

えっへっへ(〃'∇'〃)ゝ 空腹に任せて“大盛CALL”しちゃいました♪ もちろんそのモリモリ加減は言う事無し! あぁ、幸せな昼食タイムが満喫出来ますよ(*´∇`*)

みたか食堂 冷し中華 大盛

冷や中スープも惜しげもなくタップリと張られていますが、メリハリのあるやや濃い目の味わいながら、躊躇無く飲んでしまえる絶妙な味付けです。 幾分甘めですので、お好み次第でテーブル配置の酢を注すのもアリでしょう。

みたか食堂 冷し中華 大盛

コリコリッと歯触りの楽しめる中華クラゲは結構好きです( ̄∇ ̄*)ゞ 錦糸卵はキレイな焼き上がりで、美しい華を添える見栄えの良さ。 紅ショウガのしょっぱ辛さはちょいと甘めの冷や中をピリッと引き締めています。

みたか食堂 冷し中華 大盛

例によってマヨネーズは卓上配置されていますので、お好み次第で存分に楽しめますv( ̄∇ ̄)ニヤッ これはポイント高いですよ♪ マヨネーズの濃厚テイストと酸味が加わる事で、絶対に美味しさアップの保証付きです。

みたか食堂 冷し中華 大盛

良く洗い締めされた麺は、適度な歯応えと共にプッツンと歯切れますし、何よりも舌触りの滑らかさと冷や中スープの含みの良さがステキです! 流石にみたか食堂の大盛だけあって、止めどもなく麺が現れますが、手繰るほどにその美味しさを堪能出来ますよΨ( ̄∇ ̄)Ψ




みたか食堂
福島県郡山市本町1丁目18-8
電話;024-922-0746
営業時間;11:00~20:00
定休日;日曜日
駐車場;店舗向かい側に6台分


大きな地図で見る
 

キッチン杉の子 ~福島県郡山市桑野~

郡山市桑野の「キッチン杉の子」さんを訪問しました。 この日はちゃんとランチタイムに入店出来ましたので、ランチメニューから楽しませて頂けました♪

本日のおひるごはん ハンバーグ (980円)」 (ごはん、汁もの、小鉢、サラダ、黒豆茶付き)

キッチン杉の子 ハンバーグ(トマトバジルソース)

ハンバーグ(トマトバジルソース)は、注文を受けてからパティに整形されます。 ふっくらと焼き上げたところで、トマトソースと共に更に火入れされます。

キッチン杉の子 ハンバーグ(トマトバジルソース)

ピュレ状に詰めたトマトソースにザク切りトマトと玉ねぎを加えて、濃厚さとフルーティーなフレッシュさのみならず、多様な歯触りも引き出しています(*^^*)

バジルソースは後掛けのセパレート。 青臭さやエゴ味を巧く封じ込めていて、甘酸っぱいトマトソースに爽やかなアクセントを添えています。

キッチン杉の子 ハンバーグ(トマトバジルソース)

ハンバーグは赤身肉の美味しさを引き出していて、パサつくような食感はありません。 正統派の洋食を彷彿とさせる、肉料理と納得させてくれるクオリティでした。 さすが、杉中さん!( 〃▽〃)

キッチン杉の子 セットサラダ

極細切りのニンジンに種々の香味サラダが盛られたところに、ピーナッツ風味のドレッシングが合わせられていました。 これは杉中さんのオリジナルなのかな? 他ではちょっと出会った事のない秀逸な味わいでした♪

キッチン杉の子 冬瓜とズッキーニの焚き物

小鉢には冬瓜とズッキーニの焚き物。 このズッキーニが繊維状に崩れていて、それが舌の上にチュルンとした食感を感じさせます(〇o〇;) これは初体験でした。 野菜も仕立て方一つで、多様な表情を楽しませてくれるものですねΨ( ̄∇ ̄)Ψ

茄子のお味噌汁もアク味が無くて驚きます。 随分と皮の薄い茄子のように思えましたが、それも調理技能で仕立てられたからでしょうか? とらかく何を頂いても、必ず一手間のサプライズが仕込まれています(o^-^o)




キッチン 杉の子
福島県郡山市桑野3-11-16 岡部ビル1F
電話;024-925-2886
営業時間;【昼の部】11:30~14:00【夜の部】17:30~22:00
定休日;火曜日 ※祝日は営業
駐車場;店舗前に2台分


より大きな地図で キッチン 杉の子 を表示
 

紅焔酒家 光華 ~福島県郡山市朝日~

紅焔酒家 光華」店主・三本木さんの発信するFB情報で、夏の期間限定メニューがアナウンスされていましたので、巧いこと時間を見つけて暖簾を潜りましたΨ( ̄∇ ̄)Ψ

紅焔酒家 光華

既に夏季リリースされていた「醤油味冷し麺」に加えて、今回追加リリースされたのは、麻辣ファンも身を乗り出しそうなコチラ♪

「冷し担々麺 (880円)」

光華 冷し担々麺

あら、イイじゃないですか♪(〃∇〃) 野菜がタップリと盛られていて、まるでサラダ仕立てのようです。

光華 冷し担々麺

こんなに標高が高くてイイんスかね?w( ̄▽ ̄;)w また上手に積み上げちゃうものです。 白髪ネギの下には、味漬け挽肉が控えていますが、そこに仕込まれている自家製辛口ラー油がちょっと曲者で要注意(`・ω´・ ;)

光華 冷し担々麺

白ゴマペーストをたっぷりと振る舞われた坦々スープは、かなり濃厚な胡麻テイスト。 程良くあしらわれた甘酢の効果もあって、甘味と旨味、そして味わいを適度に締める酸味が濃ゆい味わいで楽しめます。 またモリモリ野菜はシャクシャクとした歯触りで、坦々スープの濃度のお陰でまるでドレッシングのようにしっかりと絡んで来ます。

光華 冷し担々麺

キリッと冷水〆されたストレート中麺は、コリッとするような歯触りと、噛めば押し返して来るような弾力もあり、一寸驚かされるクォリティーですヽ( ̄▽ ̄)ノ

最初の印象はとてもリーズナブルな甘味と辛味に思えていたのですが、挽肉に振りかけられた自家製辛口ラー油に到達したとたんに状況は一変!(〇o〇;) 油断していた事もあって、不覚にもゲホゲホと咽せってしまったのはお恥ずかしいところ(>▽<;;

かなり効きまくる辛味ですが、トータルで見たら決して超絶麻辣と言う訳ではありません(o^-^o) どなたにも充分に楽しんで頂ける落とし所に納められています。 卓上配置の辛味調味料で好みの増強を図る事も出来ますが、ここは個人的な期待として“シビ辛仕様”の追加投入を願っておりますv( ̄∇ ̄)ニヤッ そのパワーを受け止めるだけのポテンシャルは間違いなくありますよ♪




紅焔酒家 光華 (こうえんしゅか こうか)
福島県郡山市朝日1-20-30ロンパイスビル1F
営業時間;【昼の部】11:30~14:30 【夜の部】18:00~22:00
定休日;日曜日
駐車場;ビルの共用スペースに3台分、ビルの北側に共用スペース2台分


大きな地図で見る
 

喜龍 ~福島県郡山市田村町金屋~

国道49号線沿い郡山市田村町地内の「らーめん 喜龍」さんに久々二度目の訪問ですΨ( ̄∇ ̄)Ψ 日大工学部への接続道路交差点近くにあり、時間帯によっては渋滞箇所になるような交通の要所にあり、永らくこの地で営業職サラリーマンさんや、近隣に住まう学生さん達の胃袋を幸せにし続けているお店です(o^-^o)

通し営業で暖簾が掛かり続けているってのも嬉しいポイントですが、なかなか阿武隈川の橋を渡る機会が無くて、かなり訪問に間が空いちゃいました。 そのメニューの豊富さは瞠目するほどで、しかもセットメニューや定食類も豊富です。 壁に掛けられたメニューの他に、卓上配置のメニューもありますが、カウンターの上方に貼り出されているメニューがその全てを網羅しているかも知れません。

「かつ丼 (790円)」

喜龍 かつ丼

散々メニューとにらめっこした挙げ句に、食堂系のお店としてはテッパンであろうコチラを所望しました♪(〃∇〃) とんかつを揚げるところから一点仕上げねo(*^^*)o 音で耳に届くところからジリジリと料理に期待が高まっていくってのが、オープンキッチンの醍醐味ですね(>▽<)b そういうの大好きです。

喜龍 かつ丼

うむむ♪ やはり卵はしっかり煮固め系ね。 たっぷりの玉ネギがステキな色合いになっています。 そのボリュームこそ“ハミ丼”には及びませんが、食後に前屈みになる事も無い程良い盛り加減でした。

喜龍 かつ丼

豚ロース肉は120gくらいでしょうか? 人を驚かすような厚みはありませんが、衣を突き抜けてお肉まで丼タレが届く頃合いですね(^^) そんでもって白眉と言えるのはその味付けの妙! 昭和生まれのボク達が大~好きな、甘じょっぱくて程良く濃ゆい味わい( *´艸`) こりゃあンマい!

喜龍 かつ丼

共添えされるお味噌汁も、出汁の効き加減が良くて、心もち塩分控え目で丼モノのお供にヒタヒタと良く合いました。 こちらのご店主様夫妻も、朗らかで気さくな方々のようでして、アウェイ感を感じる事は無かろうと思います。 出来る事なら店内禁煙になってくれたら、もっと美味しく楽しめるのですが、地域性があるので英断は困難かも知れません(^◇^;) 冷や中も三種類の味わいが楽しめるようですし、少しずつ切り崩してみたいお店です。




喜龍
福島県郡山市田村町金屋新家34-1 ‎
電話;024-943-1899
営業時間;11:00~22:00
定休日;火曜日
駐車場;店舗前に3台分ほど


大きな地図で見る
 

美鮮食酒房 おか路 ~福島県郡山市富田町~

随分前から訪問機会を伺っていた美鮮食酒房 おか路」をようやく初訪問出来ました♪ヽ( ̄▽ ̄)ノ ちょっと分かり難い住宅地の中を通る道沿いにありますが、こちらもまたリピーターさんやご近所様方から永らく愛され続けているお店です。

美鮮食酒房 おか路

ご夫婦で営まれているお店は、店内の調度品も沢山あって、のほほんとお家の中に居るみたいに寛げます(o^-^o) 初めて訪問したボクなんかにも、さり気なく話しかけて下さったり、とても気さくなご夫妻に思えました。 ご主人様は洋食のコックコートを召されていましたいましたし、メニューの中にもソッチ系のラインナップが見て取れますので、洋食畑のご出身かも知れません。

日替わりメニューから定番まで、なかなか多彩な取り揃えの中には「赤スパ」なんぞも入っていて、激しく心を揺さぶられます(>▽<;; また夜の部のみの提供として、ビーフシチュー、タンシチューがありましたが、さすがに夜の部の時間帯とは言え、ボクにとっては毎度遅い昼ご飯ですので、今回はガマンしてしまいました( ̄▽ ̄i)ゝ まあ、今考えれば「何で?」と自分自身にツッコミたくなりますww

「ミックスフライ定食 (650円)」 (ごはん、味噌汁、小鉢、香物付き)

おか路 ミックスフライ定食

由緒正しいニホンのミックスフライ定食ですねΨ( ̄∇ ̄)Ψ アジフライ、イカフライ(2個)、カキフライ(2個)の三種類に、千切りキャベツの他、レタスにキュウリ、櫛切りトマトが添えられています。 更にはタルタルソースと櫛切りレモンも加わりまして、全くスキのない組合せです。

おか路 ミックスフライ定食

このアジフライも下処理から内製のようでして、ふっくらとした身の美味しさは普段青魚を進んで食べないボクにでも分かる美味しさでした(>▽<)b タルタルソースも自家製で、重くなり過ぎない絶妙の仕立て♪ 更にはドレッシングも自家製と、本当に隅々まで手作りってのが伝わって来るのが嬉しいですね!

味噌汁の出汁もまた、多分出汁パックとかで引いたものと思われ、味わいに旨味の広がりが感じられます。 いや、参りました( ̄▽ ̄i)ゝ ここまでしっかりと手を掛けて作り上げる、そのマインドに惚れ惚れとしてしまいます♪ ウワサはやはり本当でした( *´艸`)




美鮮食酒房 おか路
福島県郡山市富田町字町畑19-3
電話;024-952-8109
営業時間;【昼の部】11:00~14:00 【夜の部】17:00~22:00
定休日;月曜日
駐車場;店舗敷地内に4台分


大きな地図で見る
 

うどん屋大将 ~福島県郡山市安積町日出山~

郡山市東部幹線沿い安積町日出山地内の「アミューズパーク」1Fにある「うどん屋大将」さんです。 同じ建物内には「つけ麺 翔」さんもあり、道路向かいには「麺屋 豪快」さんも軒を連ねる“味とボリュームの激戦区”の真っ直中です。

うどん屋大将

比較的新しいお店かと記憶していますが、興味はありながらもなかなか今まで暖簾を潜れずにおりました( ̄▽ ̄i)ゝ 夜の部は居酒屋カラーが圧倒するようになるようですが、定番メニューは昼の部と変わらずに提供されています。  それにしても酒肴のバリエーションは豊富でしかもお手頃です! 言わば“近所に一軒欲しい店”ですねヾ(^▽^*

看板メニューは言うまでもなくうどんですが、サイドメニューとの組み合わせセットが大変豊富です。 勿論、ストイックにうどんと戯れるのも佳しですが、魅惑のバリエーションに負けましたf(^_^;

「ソースカツ丼セット (930円)」 (うどん・小鉢・香物付き)

うどん屋大将 ソースカツ丼セット

あれこれ食べたい希望を叶えてくれる組膳ですねΨ( ̄∇ ̄)Ψ なるほどこれはランチのリピーターさんが沢山付きそうですね。 しかも駐車場はアミューズパークの屋根付き駐車場にデポ出来ますし、ロードサイドながらデポした車が東部幹線の通行車両からは丸見えになりません。 ご営業筋の方々には好都合ですね♪

うどん屋大将 ソースカツ丼セット

水菜トッピングが某ラーメン屋さんを想起させるソースカツ丼!ヽ(´▽`)/ 千切りキャベツがタップリと布かれていて、レタスやトマトなども盛り込まれているサラダ共盛り型?w( ̄▽ ̄;)w

トンカツは、およそ80gくらいでしょうか? ロース肉ですが、多分業務用のアレでしょう。 ソースは迷うことなく、国内最大手メーカーのトンカツソースが隠しだてもなくドンと出てきて、

「足りなかったらお使いください♪(o^-^o)」

と笑顔と共に供されます(;・∀・) ちょっとビックリしたけど、直ぐに馴染んだww ソースカツ丼のボリュームとしては、拙筆のBlogに登場して頂いているカツ丼達を基準に考えれば、ほぼハーフサイズってところです。 よって、平均的な成人でしたら難無く完食に持ち込めるはずです。

うどん屋大将 ソースカツ丼セット

セットのうどんは、温かいかけうどんと、冷たいざるうどんから選択出来ます。 うどんは委託製麺らしいですが、流石にこちらはオーダーを受けてから茹で始まります。 艶のあるうどんは讃岐タイプ。 ちゃんと弾力のある歯応えでしなやかさも併せ持ちます。

うどん屋大将 ソースカツ丼セット

つけダレは讃岐タイプに非ず、サバ節や鰹節メインっぽく感じられました。 薬味に刻みネギとワサビってところも、つけダレのスタイルに沿っているところでしょうか? 麺量的にはこちらも控え目ですので、副菜などと合わせますと、程良くお腹も膨れますよ。

うどん屋大将 ソースカツ丼セット 副菜

この日の小鉢は、味が染み染みの煮玉子と玉こんにゃく。 夜の居酒屋営業を思わせるものですが、一杯頂けないのがちょっと申し訳無い( ̄▽ ̄i)ゝ ってか勿体なく感じました。 実際のところ、次々に来店するお客様の数に一寸驚き、しかも全てのお客様が仲良しリピーターさん達のようです。

初めての訪問でしたが、ご店主さまと共にホールを仕切っているのは奥方なのか、とても愛想よく好印象の接客姿勢は、ファンになってしまいそうですヽ( ̄▽ ̄)ノ

お店の魅力条件は、職人芸的な価値を主張する食べ物ばかりではなく、接客技術の妙も同等の価値である事を思い知らされました。 実は結構気に入って来ました(#^.^#)




うどん屋大将
福島県郡山市安積町日出山2-80 アミューズパーク1F
電話;024-943-5577
営業時間;【昼の部】11:00~14:30 【夜の部】17:00~21:30
定休日;火曜日
駐車場;アミューズパーク内駐車場利用


大きな地図で見る
 

らぁめん食堂 どんどこ ~福島県須賀川市塚田~

遅れ馳せながら今春開店された須賀川市の「らぁめん食堂 どんどこ」さんを初訪問しました。 いや、聞いていた通り、本当に駅前にあるんですねw( ̄▽ ̄;)w 通りかかれば直ぐに分かりますね。

お店の東側に2台分の駐車スペースが用意されているそうですが、駅のコインパーキングを利用しても、その旨を申し出れば100円Chach Backしてくれるそうです。 もっとも30分以内の利用なら無料ですし、19時以降は無料開放されているみたいです。

らぁめん食堂どんどこ

ラーメンのメニュー・ラインナップは大きく三系統に分けられていました。 黒醤油・コク味噌・煮干系があり、それぞれにトッピングのバリエーションが広げられています。

今回はお初の訪問ですし、やはりこのKey Wordを見たからには、迷うことなく所望しましたのはコチラですヾ(^▽^*

「黒醤油ラーメン (650円)」

どんどこ 黒醤油ラーメン

こりゃあ驚いたw( ̄▽ ̄;)w スタンダードのラーメンですが、載せモノがたっぷりですよ♪ 半サイズながら味玉も添えられているんですね。 これは見た目にも彩りに華を添えますね。

どんどこ 黒醤油ラーメン

白髪ネギとカイワレダイコン、みじん切りの白ネギが目を引きます。 漆黒スープの表層の油膜には、少し背脂も見えた気がします。 スープの熱で温められて溶けちゃったのか、それともボクの気のせいかは判然としません。

どんどこ 黒醤油ラーメン

程良き厚みのあるバラロールチャーシューは、温められるとホロホロに崩れる柔らかさ。 適度にスープに溶け込んだ脂身が、漆黒スープにコクを与えます。 豚ゲンコツと鶏ガラ、野菜や乾物などで引いたと思われるベーススープに、漆黒醤油ダレが合わせられています。

どんどこ 黒醤油ラーメン

麺は多加水系熟成麺で、軽くウェーブが掛けられており、程よい歯触りも伝えて来ます。 大変印象的な甘さが広がり、塩味も角を丸められていて、柔かな印象です。 卓上配置の七味唐辛子と白胡椒で味をキリッと引き締めれば、ディテールも明瞭になってきます。

駅前という立地にあって、程良く手頃なお足で頂けるラーメンがあるのは、駅利用客にとっては嬉しいところでしょう。 煮干系もまた個性的との情報がありますので、巧く機会を作って再訪しなければo(*^^*)o




== 閉店しました == アーカイヴとして残しておきます
らぁめん食堂 どんどこ
福島県須賀川市塚田16
営業時間;【昼の部】11:30~14:00 【夜の部】17:00~20:30(LO)
定休日;月曜・第3火曜
駐車場;駅前駐車場利用で100円Chach Back


より大きな地図で らぁめん食堂 どんどこ を表示
 

古寺山白山寺の紫陽花 その2

7月としては超大型の台風8号が、沖縄県を直撃し、ご縁ある方が帰途に就けずに足止めされていました(^◇^;) 今日は航空便も回復して無事帰還の途に就かれたようです。

そういえば何年か前に、家族旅行で沖縄に出掛けられた先輩も、見事に台風にブチ当たって足止めを食いました。 こちらからもキャッチ出来た限りの情報を送り続けていた記憶がありますが、情報から遠ざけられる時の不安感ってのは、ちょっと言葉には言い表せませんね。

夏待ち花
[2014/7/6 夏待ち花] <↑ Clickで拡大>

先立って訪問した、須賀川市のあじさい寺「古寺山白山寺」で撮影した写真がお蔵入りにならないように、ちょい出し致します。

ティンカーベル
[2014/7/6 ティンカーベル] <↑ Clickで拡大>

まるでバレリーナのチュチュのような咲く、ガクアジサイの可憐な花。

ふんわり
[2014/7/6 ふんわり] <↑ Clickで拡大>

じっくりと向き合って撮れば良いのですが、我ながら持久力が足りません(>▽<;; そんなに暑くなかった日なのに、集中していると汗が吹き出してきます。
 

支那そば でんでん ~福島県郡山市富久山町久保田~

仕事場から近いところにあり、間違いない美味しさを楽しませてくれる「支那そば でんでん」さんですが、夜の部狙いで訪問する度に暖簾落ちしていました。 で、ようやくその謎が解けました。 平日は夜の部営業を見合わせていたんですね(゚ロ゚屮)屮

「もうねぇ、躰が辛くて長丁場は無理になってきたんですよ」

と困ったように微笑む店主様ですが、ボクらにとってはこれからも出来るだけ永く、その美味しい支那そばを楽しませて貰いたいですから、仕事量をコントロールしながら生活を楽しみ続けて頂きたいと願うところです。

支那そば でんでん

それでも土・日・祭日はは20時までの通し営業で頑張り続けられるそうです(o^-^o) しかも相変わらずお足は維持したままですよ。 こりゃあやっぱり応援しなくちゃね♪(*^▽^*)

「支那そば 大盛 (650円+100円)」

でんでん 支那そば

ドッカァ~ン!と丼を覆い尽くす如きカタロースチャーシューはいつも通りのインパクト♪(〃∇〃)

「あっ、ちょっと贅沢してる・・・( *´艸`)」

って思わせてくれるのも、丼一杯に込められたお店の心意気でしょうか(o^-^o)

でんでん 支那そば

ラードの油膜が厚めに張られていて、丸鶏、鶏ガラを主軸にした出汁の旨味がより一層強調されています。 香味野菜やコンブなども仕込まれているのか、円やかな甘味を纏った旨味も感じられます。

でんでん 支那そば

プツプツッとリズミカルな歯触りを伝えてくる中麺は、ちょっと加水率低めでしょうか。 それでいて舌触りは滑らかさも整っています。 醤油ダレは以前よりも益々ダイナミックな効き方になっている気がします。 やや濃い目に効かされた醤油ダレは、醤油好きには願ってもない充実度ですよ(>▽<)b




支那そば でんでん
福島県郡山市富久山町久保田字大久保68-1 エルム郡山 1F
営業時間;11:00~21:00 ※売り切れ次第閉店
営業日;土・日・祝日
駐車場;店舗敷地内と北側に合計9台分