FC2ブログ

磐梯吾妻レークラインからの朝景

二週間ぶりに写真撮影に出掛けました(*^▽^*) 今回は頼りになる先輩カメラマン・サッチンさんがお誘い下さりました。 前日の天気予報では、晴天は約束されているかのように予告されていたのですが、どうもそのアテは見事にハズレてしまったようです(o´_`o)ハァ・・・

事前にサッチンさんと相談して、幾つかの撮影プランを練っていたのですが、秋元湖畔に到着するまでの間に、それは大きく軌道修正が必要であることは明白に分かっていました。 一応、タッチしただけで、堰の上に登ることなく磐梯吾妻レークラインに移動しました。

新緑は蒼の中
[2014/5/25 新緑は蒼の中] <↑ Clickで拡大>

星空どころでないほど、空は雲で覆われていて、陽の出のドラマも期待出来そうにありません。 まだ夜の蒼さが残るレークラインからの眺望です。

この後一気に白んで来たのですが、撮影ポイントから80mほど先のカーブの辺りに、何か動くモノの気配を感じて凝視していました(`・ω´・ ;)

「四つ足?( ̄ω ̄;)」

そんなに大きな動物ではなさそうですが、どうやら道路を渡って、崖を登るように移動しているっぽいです。 最初は一頭かと思ったのですが、大小取り混ぜて三頭くらい居るみたいです。

これってもしかして・・・Σ(゜▽゜;)

「サッチンさん、サッチンさん! 大変です! もしかしたら熊さん家族が現れちゃったかもヽ(@ω@;)ノ」

小声でサッチンさんに伝えますが、サッチンさんはなかなかその視界の中に、その四つ足動物を捉える事が出来なかったみたいです。

そんなこんなで、頭の中では万一の場合の脱走プランをイメージしつつ、ソレが何であるかを薄暗さの残る景色の中から漉しとろうとしていました。

「あっ、猿だわ(@・艸・;)」

何だお猿さんだったのかぁ~!(>▽<;; でも何頭も居るみたいだし、子猿も混じっているから刺激しないようにしておきましょう。 その距離80mとは言え、お猿さんが全力ダッシュして来たら、とても逃げ切れる気がしません。 元々は山だったところを道路を通すために切り通しちゃったので、お猿さん達は道路を渡るしか無くなったんですよね。

お猿の親子
[2014/5/25 お猿の親子] <↑ Clickで拡大>

お猿さん達、全く動じないと言うか、コッチのことは気にしていなかったみたいです。 こちらから近づいて刺激するのもヤボですので、望遠レンズでその様子を何枚か撮り納めてみました。 帰宅後に確認してみたら、母猿にしがみついている子猿連れが居た事も確認出来ました。

新緑の秋元湖
[2014/5/25 新緑の秋元湖] <↑ Clickで拡大>

そうこうしている内に陽の出時刻が過ぎましたが、ついぞ朝陽の演出は無いままにジワジワと明るさが増してきました。 秋元湖を取り巻く山々は、新緑の芽吹きで若々しい緑になっていました。

もどかしい朝
[2014/5/25 もどかしい朝] <↑ Clickで拡大>

中途半端な朝靄に加えて、太陽を覆い隠してしまう厚い雲。 新緑の輝きを活き活きと見せてくれるような日差しにはついに恵まれませんでした(T△T) まっ、こんな日もあるんですよね。
 

みたか食堂 ~福島県郡山市本町~

10日ほど前から発症したカモガヤ花粉アレルギーで、昨日は朝から目の周りが腫れ上がってしまい、痛がゆいのなんので大変な事になっています(/TДT)/ どうやら日曜日の撮影行脚も少なからず影響していそうです。 撮りたい写真は自然の真っ直中。 天秤に掛けて暫く見合わせるか? それとも躰に合う薬が見つかるのが先か。 そんな悠長な事を言ってられないほどの炎症でして、アイスパックで冷やしてみたりもしています。

お馴染み「みたか食堂」さんへのリピ率は相変わらずの高回転です。 まとめて3回分挙げちゃいますヽ( ̄▽ ̄i)

「チャーハン (700円)」

みたか食堂 チャーハン

ドンと盛られたチャーハンは、程良くパラリとしているので、おたまのカタチが崩れて亀裂ありww

みたか食堂 チャーハン

中華料理専門店のような具材の多彩さはありませんが、何一つ不満などありません(*^▽^*) ナルトのみじん切りが何気に彩りとなっていたりで、ネギの味香が小ザッパリ感を演出しています。

みたか食堂 チャーハン

ラード炒めならではの薫り高さと、ジワリと伝わって来るコク味も見所ですよ。 いつもながら味付けは濃すぎず薄すぎず、見事なバランス。 適度なパラパラ感があるのに、ご飯自体にはしっとりとした食感のあるところも、不思議と食堂らしさと感じ入ってしまいます。

みたか食堂 共添えスープ

ワカメスープは背脂入り?(゚ロ゚屮)屮 今までこんな事は無かったけれど、お察しの通りちょっと豪快なお味でこれまたナカナカでした(>▽<)b




季節メニューとして個人的に昨年鬼リピしていたのがこちらo(*^^*)o

「もりそば (600円)」

みたか食堂 もりそば

今年も華々しくスタートしました♪ 寸分違わぬ去年と同じお味で、今年も間違いなく何度もリクエストしちゃいますね。

みたか食堂 もりそば

製麺所の生そばは、蕎麦専業店さんなどのそれとは異なり、小麦粉率は高めなのですが、ちゃんと蕎麦の香りは伝わって来ちゃうから面白いですね。 玄蕎麦の挽き方やブレンドの妙味ってのもあるのでしょうか? ちょい幅広タイプのそれは、40年前の一般的な白河そばにも通じるものがあります。

そして秀逸至極なのが、この漬けダレですよ!v(≧∇≦)v 宗田節の芳醇でコクのある旨味と、チョイ甘めのカエシが絶妙です。 この蕎麦にちゃんとフィットしていて、底知れぬ美味しさの原動力です(*^▽^*)

「半カレー (350円)」

みたか食堂 半カレー

共に味わう名物カレー♪(〃∇〃) “Sweet,Hot & Spicy”な濃ゆい味わいに、この日も存分に堪能しました。




「冷し中華 (800円)」

みたか食堂 冷し中華

今年二回目のみたか冷や中♪ 具材のモリモリ具合は、ちょいと並外れていますねヾ(^▽^*

みたか食堂 冷し中華

卓上配置のマヨネーズは、マヨラーならずとも嬉しいところ。 冷や中スープに素早く溶けて一体化する溶きカラシに、マヨネーズの濃厚テイストが加わると、非の打ち所のない食堂冷や中へと更にパワーアップします(>▽<)b

みたか食堂 冷し中華

良く洗い締めされたストレート中麺は、ツルッとした舌触りと噛めば軽い弾力を感じさせつつプツッと歯切れます。 しかも具材のみならず麺量もタップリですので、幸せな食事がよりたっぷりと楽しめちゃいます。 あぁぁぁぁぁ、書いている内にまた食べたくなって来ましたぁ~!(>▽<;;




みたか食堂
福島県郡山市本町1丁目18-8
電話;024-922-0746
営業時間;11:00~20:00
定休日;日曜日
駐車場;店舗向かい側に6台分


大きな地図で見る