FC2ブログ

【2014年桜巡り】 猪苗代町営牧場 ~福島県耶麻郡猪苗代町~

毎年遅めの見頃となる「猪苗代町営牧場」の桜並木に立ち回ってみました。 ピークは越えてしまって、散り始めのソメイヨシノです。

牧場の桜並木
[2014/5/5 牧場の桜並木] <↑ Clickで拡大>

夕刻に近く薄曇り、しかも頭上には雲の塊が鎮座しちゃっていましたので、眼下に望める猪苗代湖は勿論、名峰・磐梯山さえも隠されちゃってました。

薄葉色
[2014/5/5 薄葉色] <↑ Clickで拡大>

桜の丘
[2014/5/5 桜の丘] <↑ Clickで拡大>

その桜並木は、牧場の中を貫くように約1kmほど続きます。 牧場の丘の向こうまで続く桜並木は、ゆっくりと車を走らせて眺めるに向いています。

このあと「昭和の森」へも行ってみましたが、ソメイヨシノは散り際になっていました。 八重桜は健在でしたが、如何せん磐梯山は雲に覆われていて、ちょっと撮る気にはなれませんでした( ̄▽ ̄i)ゝ

白樺林
[2014/5/5 白樺林] <↑ Clickで拡大>

白樺林は新葉で賑やか。 牧場の緑に白い樹皮が美しく映えていました。  ここは以前から気になっていたポイントでしたので、ちゃんと撮れて良かったな(o^-^o)

夕暮れ迫る桜坂

桜坂を撮り下ろせば、猪苗代湖が望めます。 夕映えしていたら、それは素敵な写真になるところでしたが、それは来年のお楽しみ。

近くに別荘があるようで、そこに来ていたと思われる母娘が道路脇で山菜を摘んでいました。 お姿が映り込まないように撮影していたのですが、敢えて入れてみたりもしてました。 丁度別荘へ引き上げようとしていたので、ちょいとお見えを掛けて、後ろ姿を頂いた旨ご理解を得ましたが、

「あらら、なんだべ! 言ってくれたらどけたのにぃ~(^◇^;)」

いやいや、人払いを願い出るようなお偉い人間ではありませんからΣ(゜▽゜;) 娘さんって言っても四十路ですから、まあ素敵なほどに豪快です♪

「お母さん! ほら写真撮る人の邪魔になってっから!」

あらら(;´^д^`)ゞとばかりに場所を空けようとしてくれるお母さんは、自分の親と同世代くらい?

「いやいや、気にしないで普通に楽しんでいて下さい!(>▽<;;」

と近づいて来たご婦人を見たら、あわわΣ(oДolll)ノノ なんと無芸の仕事場のご近所様でしたっ!w( ̄▽ ̄;)w

まさかそんな事があるんですか?

「いつの間に別荘まで買ってたの♪(〃∇〃)」

って聞いたら、義理の息子さんの会社の保養施設だったそうな。 いやぁ~ビックリしたわぁ~♪ 折角なので娘さんとTWO SHOT撮りましょうヾ(^▽^*ってお誘いしたのですが、ボクの腕を信じて頂けなかったのか固辞されてしまいましたヾ(´▽`;)ゝ




猪苗代町営牧場
福島県 耶麻郡猪苗代町綿場


大きな地図で見る
 

食菜酒楽 Fu-Ro-Ya (ふろや) ~福島県郡山市安積町~

先頃の「ふくしまラーメンショー2014」「福島ラーメン組っ! 獅子奮迅隊」を二日間に亘ってアシストしていた食菜酒楽 Fu-Ro-Ya」さんです。

食菜酒楽 Fu-Ro-Ya

やはり同業のメンバー様方との濃密な二日間は、店主・木村さんに少なからぬ刺激があったようで、以前から試作を重ねていた新作を少量ながらもリリースすると言うことになり、早速その首尾を確かめに暖簾を潜ってみました。

「鶏白湯中華そば (780円)」 ※日計最大10食限定

Fu-Ro-Ya 鶏白湯中華そば

なんと、あの出品作を彷彿とさせる鶏白湯でしたぁ~!(>▽<)b 試作を続けている事は聞かされていましたが、こんな仕立てで来るとはねぇ~

Fu-Ro-Ya 鶏白湯中華そば

油膜はやや控え目。 サラッと軽快な食べ心地ですが、旨味はちゃんと伝わって来ます。 ドン!と来るのではなく、口中にジワジワジワァ~っと染み入るような広がり方ですね。 香り立ちも柔らかく、品の良い鶏の香りの中に、ほのかにショウガの香りが重なります。

Fu-Ro-Ya 鶏白湯中華そば

鶏チャーシューがとても秀逸な仕立てでして、ふんわりと柔らかな歯触りで、ジューシーさを感じさせるような旨味が押してきます。 これは塩ダレでマリネしておいて、程良い塩味を肉の隅々まで行き渡らせているそうです。 さすが料理の引き出しが豊富ですねぇ~♪

フライドオニオンが香ばしさのアクセントと、スープが染み入った時のトロッと感を楽しませてくれ、クレソンのほんのりとした苦味が円熟味のある鶏白湯スープをピリッと引き立てています。

Fu-Ro-Ya 鶏白湯中華そば

中細ストレート麺は、黒支那にも使われているものですが、こういった優しい味わいのスープにもマッチする事を確認(>▽<)b スルスルツと口に運べば、サラリと軽快な鶏白湯スープも巧く口に導かれます。 てっきり塩味だとばかり思っていたら、何か塩ダレでは得難いコクと酸味を感じました。 素直に尋ねてみますと、白醤油も用いられていたそうです。 なるほど!そういう手もアリですね(*^▽^*)




食菜酒楽 Fu-Ro-Ya (ふろや)
福島県郡山市安積町荒井字林の越1-7
電話;024-946-2122
営業時間;【昼の部・月~金】11:30~13:30 ※夜の部の準備の為、お休みを頂いたり早仕舞いもあります
      【夜の部】18:00~00:00 (L.O.23:30)
定休日;日曜日
駐車場;店舗前と裏に合計10台 他指定駐車場あり


大きな地図で見る