FC2ブログ

麺家 銀二 ~福島県郡山市堤~

本日開店した「麺家 銀二」さんです。 直ぐ近くにあった人気店「麺家はなまる」さんが移転すると共に、新しいパートナーを得て強烈な戦力増強を果たしました(^◇^;)

なんと「郡山大勝軒」で永らく店長を務めていた工藤さんが加わっちゃったんですね♪ 廣川さんが積み上げてきた端正な中華そばの味わいに、ベクトルの異なる味筋を培ってきた工藤さんがタッグを組む訳ですから、期待が膨らむのは至極当然の事です。

麺家 銀二

二系統のベーススープで味わいに幅を持たせています。 工藤さんがチャレンジしたのは、古巣とは全く異なる鶏白湯でした(〇o〇;) しかも乳化するほど炊いたタイプです。 これは益々以て興味が深まるというものですね♪(〃∇〃) 今回手始めに頂いたのはコチラ。

「濃厚塩つけ麺 (880円)」 ※味玉ごちそうになったった(〃∇〃)ゞ

銀二 濃厚塩つけ麺

鶏白湯ベースで塩味仕立てのつけ麺です。 麺は並盛りで茹で前200g。 一般的にはリーズナブルな麺量と言って良いでしょう。 漬けダレには分厚い油膜が張っていて、若干ゼラチン膜も張ってます。 豊かな鶏の香りが漂いますが、ネガティヴな鶏臭さではありません(*^▽^*)

銀二 濃厚塩つけ麺

麺は多加水系のやや中太麺。 手揉みされているのか、優しいウェーブが掛かっています。 噛めばパツッとした歯触りながら、決して滑らかな舌触りを損なう事はありません。 軽く乳化するほど凝縮したスープですが、決して諄さを感じさせる事はありませんし、チー油も素敵な香りと滑らかさを後押しするようなオイリーさはありますが、これまた後味に切れの悪さなどを感じさせることはありません。

塩仕立てですが、フワッと甘味も広がりますし、キュッと締まりのある軽いエッジも効かされています。 ほんの少しですが一味唐辛子もさり気ない味のアクセントになっています。 バラ肉チャーシューはゴロッとブロック切りにされていて、大きさ自体は口に余るほどではありませんが、味付けの良さは流石です。

まだ開店したてで、着実な手直しが入り続けると思いますので、暫くはその進化過程を楽しみに付き合わせて頂こうと思います♪



== 閉店しました == アーカイヴとして残しておきます
麺家 銀二
福島県郡山市堤2-233-1 堤一番館 1F
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:00~22:00 【土日祝】11:00~22:00
定休日;火曜日
駐車場;店舗前に6台分+指定駐車場に4台分


より大きな地図で 麺家 銀二 を表示
 

みたか食堂 ~福島県郡山市本町~

GWのラーメンショー明けの事、散々ラーメンを作り続けていた某店主さまから昼過ぎに写真付きのメッセージが届きました。

「これからみたか食堂でラーメン食べるんだ♪(〃∇〃)」

散々作ったから、何の気負いもなく食べる方に回ったみたいですヽ( ̄▽ ̄i) 結局、明けても暮れてもラーメン生活ですねww しかも行き先が「みたか食堂」さんってところがイイ!

みたか食堂

まあ、そんな写真付きのメッセージを頂いてしまったら、こちらも“みたかスイッチ”が入っちゃった訳ですよ。 そうそう、GW明けと言う事は、夏メニューがスタートしているハズですo(*^^*)o 聞いてみたらやっぱり始まってました(>▽<)b

「冷し中華 (800円)」

みたか食堂 冷し中華

今年もきっと、一番食べる冷や中は、ここみたか食堂さんになるでしょう。 並盛りでもちょっと多目のボリュームもいつも通り。

みたか食堂 冷し中華

キレイな錦糸卵、かにかま、千切りきゅうり、中華クラゲ、モモ肉チャーシュー、紅ショウガが惜しげもなく盛り込まれています。

みたか食堂 冷し中華

マヨネーズは卓上配置となっていて、お好み次第で楽しめます(〃∇〃) 勿論辛子は練りカラシですね。 スープに溶け易くて勝手が良いです。 ちょっと甘さのハッキリとした冷や中スープに、マヨネーズの酸味と脂質は、絶妙に合いすぎ♪

みたか食堂 冷し中華

ツルッと滑らかな舌触りの麺は、しっかりと冷水で洗い締めされていて、軽い弾力を伝えながらプッツンと歯切れます。 たっぷりと張られた冷や中スープと共に頂けば、とても幸せな満足感に浸れますよO(≧▽≦)O




みたか食堂
福島県郡山市本町1丁目18-8
電話;024-922-0746
営業時間;11:00~20:00
定休日;日曜日
駐車場;店舗向かい側に6台分


大きな地図で見る