FC2ブログ

パーラー&軽食 ひまわり ~福島県郡山市富久山町~

ピンクの電話が全く違和感無く、店内の景色に溶け込んでいるパーラー&軽食 ひまわり」さんです(o^-^o)

ピンクの電話

消費税増税後はどうなったかなぁ~と思いつつ訪問してみましたが、驚いたことに価格は維持したままでした(〇o〇;) 手描きのメニューの作り替えも手間が掛かるでしょうけど、何よりも「値上げ出来ないよ( ̄▽ ̄i)」とちょっと困ったような笑顔で話すマスターの表情が全てを物語っていますね。

「スパバーグ 250g (880円)」

ひまわり スパバーグ250g

例によってセルフコントロールで、皿盛りライスは辞退させて頂きます( ̄▽ ̄i)ゝ

ひまわり セット・サラダ

見た目よりもしっかりと詰め込まれている千切りキャベツは、なるべく早めに頂くのが安全です。 これが後に残すと、ジワジワと効いて来ちゃいますから。

ひまわり スパバーグ250g

この日もお店は大賑わいだったようで、一時閉店して仕込み直しをされていたそうです。 お陰で作りたての作りたてを頂きまして、見ての通りハンバーグはパッツンと弾けそうななほどの焼き上がり具合♪ えぇ、勿論ふっくらとした柔らかさの中にも、噛むほどに旨味が広がるいつもの美味しさでしたv(≧∇≦)v

ひまわり スパバーグ250g

伝家の宝刀・ナイデンテ!O(≧▽≦)O ひたすらモチッとした食感の極太スパに、濃すぎない、それでいて飽きの来ない絶妙のケチャップ味が万遍なく行き渡っています。 旨いねぇ~ これぞ昭和のナポリタンだわ!

ひまわり セット・プリン

最後を締めくくるお駄賃プリンo(*^^*)o マスターの手作りカスタードプリンは、まさに手練れの技。 濃厚なプリンにホロリとビターさのあるカラメルソースが絶妙です♪(〃∇〃)




パーラー&軽食 ひまわり
福島県郡山市富久山町久保田字三御堂67-1
電話;024-923-9278
営業時間;12:00~21:00(LO 20:30)
定休日;日曜日
駐車場;店舗前に2台
    ※空いていれば使える駐車スペースがあります。 ご店主様にお問い合せを。


大きな地図で見る
 

【2014年桜巡り】 夏井川千本桜 ~福島県田村郡小野町~

なかなか今年の桜巡りが完走しませんが、もう少しです(^◇^;) 良かったらサラッお付き合い下さい。 この日は先輩カメラマン・サッチンさんとご一緒させて頂きました。 ちょうど小野町の名勝「夏井川千本桜」が見頃を迎えていましたので、ここからスタートしました。

待ち焦がれた春
[2014/4/27 待ち焦がれた春] <↑ Clickで拡大>

その名の通り夏井川の両岸5kmに亘り、1,000本のソメイヨシノが植樹されている壮大な桜並木です。 桜の樹齢は40年位になり始めており、樹勢と言い幹や枝の張りと言い、見事なものとなっています。

陽春の桜道
[2014/4/27 陽春の桜道] <↑ Clickで拡大> (ソフトフィルター使用)

以前も訪問した事はありましたが、開花期が若干遅めで見頃に当たらなかったり、満開期には観桜客の渋滞で気が削がれたりで、ちゃんと向き合ったのは今回が初めてです。

夏井川千本桜
[2014/4/27 夏井川千本桜] <↑ Clickで拡大>

晴天過ぎて全くの青天井になってしまいましたが、コンクリートで固められていない堤は、とても自然な感じで良いですね。

桜日和
[2014/4/27 桜日和] <↑ Clickで拡大>

ボクらは7時位に現場入りしていたので、難無く車をデポ出来ましたが、9時前には駐車場は満車になっちゃったらしいです。 徐々に観桜客が増えて来て、晩春の日差しはポカポカと暖かく包み込んでくれます(o^-^o)

およげコイノボリ
[2014/4/27 およげコイノボリ] <↑ Clickで拡大>

川を渡して掛けられるコイノボリは名物らしいです。 その直ぐ脇には橋が架かっていて、子供連れの家族を楽しませています。

桜遊歩道
[2014/4/27 桜遊歩道] <↑ Clickで拡大>

川面にも桜の花の色が映り込んでいましたが、流石に川の流れは止められません( ̄▽ ̄i)ゝ 堤上には多少の出店もあったようです。 最初は駄賃のつもりで立ち寄ったのですが、事実上初訪問に満開の桜が当たりましたので、ついついマジ撮りし過ぎました。

着いたよぉ~
[2014/4/27 着いたよぉ~] <↑ Clickで拡大>

最寄りの鉄道駅はJR磐越東線・夏井駅です。 普段はそんなに乗降客もいない一日6往復の駅ですが、千本桜が咲く頃にはちょっとした賑わいも見せるようです。

さくら列車
[2014/4/27 さくら列車] <↑ Clickで拡大>

車体に映る桜のピンク色がもっと引き出せたらなぁ~という、ちょっと残念ショット(;´^д^`)ゞ 思いの外楽しく過ごさせて頂きました♪




夏井川千本桜
福島県田村郡小野町夏井松木内


大きな地図で見る
 

中華料理 登龍園 ~福島県郡山市久留米~

国道4号線バイパス沿いの「オリエントパークあさか」にある「中華料理 登龍園」さんを初訪問しました。 まあ自分で言うのも何ですが、訪問遅すぎですね( ̄▽ ̄i)ゝ 

中華料理 登龍園

こちらは土日祝日は通し営業だったんですね(* ̄∇ ̄*) よしよし♪ これで休日の“ランチジプシー”にならないで済むカードが一枚増えたぞ( *´艸`)

お初の訪問なので、色々と目移りしてしまうのですが、前々から「いいなぁ~♪(〃∇〃)」と思っていた、色々楽しめるセットメニューを所望してみました。

「よりどり定食 (1,242円)」

登龍園 よりどり定食

言わばプリフィックスの定食です。 詳しくは割愛しますが、14種類の料理から2点セレクト出来ます。 今回は最も人気が高そうな「エビチリ」「回鍋肉」を選んでみましたo(*^^*)o

登龍園 よりどり定食

サラダ、スープ、デザートに杏仁豆腐ってのは分かるけど、小鉢はジャパニーズなひじきの煮物だったり、香物は隣国が世界に誇る食文化の象徴だったり、中華料理とはかように食には国境は無いようです(*^▽^*)

登龍園 よりどり定食 エビチリ

チリソースの名に恥じない香辛料の味香と、甘スッパ辛いケチャップ餡は、一味濃ゆい味にしてあり、完全に“白飯上等”の仕立てです。

登龍園 よりどり定食 回鍋肉

回鍋肉もやはりしっかりと濃ゆい味わい。 メリハリの効かされた甘じょっぱいソースは、キャベツと豚バラを包み込むように絡みます。

登龍園 よりどり定食

文句無しに旨いっす!(>▽<)b これでドンブリ飯がホトケ盛りにされていたなら感涙モノだったかなww いやいや、これで充分に満腹出来ましたよ。

夕方になったら、次々とファミリー層のお客様が来店。 どうやら一見様とは思えませんので、ご贔屓筋のリピーター様方でしょうね。 大皿に盛り込まれた「五目焼きそば」も大変な人気と聞いています。 そのうち頂いてみたいものです(o^-^o)




=閉店しました= ※アーカイブとして残しておきます
中華料理 登龍園 
福島県郡山市久留米5-199-3
電話;024-946-7701
営業時間;【昼の部】11:30~15:00(LO14:30) 【夜の部】17:00~21:30(LO21:00)
     【土日祝日】11:30~21:30(LO21:00)
定休日;木曜日
駐車場;共用スペースに多数


大きな地図で見る
 

食菜酒楽 Fu-Ro-Ya (ふろや) ~福島県郡山市安積町~

度々訪問している食菜酒楽 Fu-Ro-Ya」さんの柱商品・黒支那にリニューアルの手が入ったと言う事で、早速訪問して参りました(*^▽^*)

「ニュー黒支那 (730円)」

Fu-Ro-Ya ニュー黒支那

まさかの“カタカナ冠”の付けられたネーミングですが、この一杯こそ新しい可能性を模索する新作です。

Fu-Ro-Ya ニュー黒支那

例によってスープの表面を覆い尽くす節粉は、アツアツのスープで香りと甘味も感じさせるほどの旨味も引き立ちます。 黒支那はシリーズ化されており、スタンダードの「元祖黒支那」、醤油ダレと魚介系素材に更なる贅を尽くした「極上黒支那」、そして「ニュー黒支那」三部作に加えて“香辛系”の流れに乗せた「赤い黒支那」というバリエーションを持っています。

Fu-Ro-Ya ニュー黒支那

新作「ニュー黒支那」は、スタンダードをベースに極上黒支那にも用いられた技巧を落とし込んでいるようです。 例えば節粉。 極上の為に誂えたマイクログラインド仕上げの節粉がブレンドされていたり、ニボシ油に改良を加えて、旨味を引き出しながらも青魚っぽさが全面に出ないようにチューニングされていました。

載せモノには揚げ玉はお約束として、チャーシューは肩ロースとバラの二種類。 これはこの先どちらか一方だけに絞られるかも知れないとの事でしたが、割とサラリとした豚ゲンコツと鶏ガラの清湯スープに、動物性の旨味を程良く漂わせる効果は大きく思えます。

Fu-Ro-Ya ニュー黒支那

麺は熟成多加水系細麺で頂いたのですが、ちょっと変わった気がして聞いてみました。 すると茹で時間を長めにして、しっかりと茹で上げるようにしてみたそうです。 茹で時間が長くなると、麺が柔らかくなるって思うのは誰しも同じなのですが、配膳後の麺の食感の変化は、意外にもしっかり茹で上げた方が伸び難かったりするそうです。w( ̄▽ ̄;)w これは面白いですねぇ~♪ 麺の一番美味しいところを再検討してみるのも、地味かも知れないけれど、効果は期待出来るんですね。

このGWに開催されていた「ふくしまラーメンショー2014」に地元から出店していた「福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊」に、「Fu-Ro-Ya」店主・木村さん「とんこつらーめんHAjiME」店主・本田さんが共にお手伝い入店していました(o^-^o) そこで培われた新しい人脈やアイディアは、きっとお仕事の中でも活かされてくると思います。 ますます楽しみになって来ました♪(〃∇〃)




食菜酒楽 Fu-Ro-Ya (ふろや)
福島県郡山市安積町荒井字林の越1-7
電話;024-946-2122
営業時間;【昼の部・月~金】11:30~13:30 ※夜の部の準備の為、お休みを頂いたり早仕舞いもあります
      【夜の部】18:00~00:00 (L.O.23:30)
定休日;日曜日
駐車場;店舗前と裏に合計10台 他指定駐車場あり


大きな地図で見る
 

【2014年桜巡り】 中島の地蔵桜 ~福島県二本松市~

今年も「中島の地蔵桜」に行けました(o^-^o) サンデー・カメラマンが故に、開花期の一番良いところをピンポイントで訪問出来る機会は限られますが、今年はバッチリ当たりましたo(*^^*)o

中島の地蔵桜
[2014/4/20 中島の地蔵桜] <↑ Clickで拡大>

この桜も地元の皆様方の尽力で、すっかり有名になりましたが、環境整備は今も余念無く続けられています。 電信柱一本の果てまで考えて移設したり、新しいビューポイントを作り出したり、桜の添景になれるような植物を植えてみたり、その努力は確実に素晴らしいロケーションへと現れています。

春爛漫
[2014/4/20 春爛漫] <↑ Clickで拡大>

今では観桜客は個人レベルに止まらず、観光コースとしてツアーの立ち寄り先にもなりました。 カメラマンが多数だった頃がまるでウソのようでさえありますヽ( ̄▽ ̄i) この日は少し山々に薄雲が掛かっていて、期待していた安達太良の山並みを写し撮る事は出来ませんでした。 なかなかハードルが高いですねぇ~

田鏡
[2014/4/20 田鏡] <↑ Clickで拡大>

開花期にはライトアップも行われており、美しいロケーションの為にと水田に水が張られています。 残念ながら時間の関係でそこまで止まっている事は出来ませんでした。

満開!地蔵桜
[2014/4/20 満開!地蔵桜] <↑ Clickで拡大>

そうこうしている内に、本当に観光バスがやって来ました。 ツアー客の皆さんからも感嘆の声が漏れ伝わってきます(*^-^) 相変わらず一般の出店もなく、保存会さんが幾ばくかの食べ物を供しているだけです。 お茶は無料で振る舞って下さります。 お祭り騒ぎにしないように、粛々とこの桜を愛でる人を迎え続ける姿勢は素晴らしいと思います。




中島の地蔵桜
福島県二本松市針道中島


より大きな地図で 中島の地蔵桜 を表示
 

お食事処 伽羅 ~福島県田村郡小野町~

先頃、先輩カメラマンのサッチンさんと写真撮影に出掛けた折に、メチャ遅い朝食に立ち寄ったお店です。 時計は既に正午を廻っていたのに、不思議とそんなに空腹感も無かったんですね。 たまたまお店の前を通りかかったら、かなりの繁盛ぶりでしたので、サッチンさんの好奇心に火が点きました(^◇^;)

お食事処 伽羅

実はお店の前を一度通り越したのですが、Uターンしてまで訪問してみました。 満車状態の駐車場でしたが、運良くお店を後にするお客様が居て、車をデポする事も出来ました。 店舗の続きで奥には住居も構えていますが、店舗自体が外見で踏んだよりもなかなかの大箱で、しかも住居の一部と思われる居間(?)がVIP席として開放されていましたΣ(゜▽゜;) 何となく行き付けのお店と風情が似ていますww

メニューはなかなか豊富ですし、家族経営らしいのですが、高校生くらいのホールスタッフも居たりして、なかなかの戦力ですよ(o^-^o) メニューを見てもイメージ出来なかったものを尋ねても、しっかりとした説明も出来ていて好感度は高かったです。 主に中華麺系メニューと丼物が主役のようですので、ちょい斜め上狙いでコチラを所望しました♪( *´艸`)

「冷し中華 胡麻ダレ (800円)」

伽羅 冷し中華 胡麻ダレ

今シーズン初の冷や中を、初訪問のお店で頂きます(〃∇〃) 思い切りツユダクで、マヨ盛りも標準です。 錦糸卵では無くてゆで卵が豪快にイン! 角氷も浮かべられていて、一歩早い夏の風情を思わせます。

伽羅 冷し中華 胡麻ダレ

和辛子もちゃんと練りカラシが添えられていて、ダイナミックな盛り付けの中にも、揺るがない冷や中ワールドがあります。 胡麻感はそこはかとなく効かされており、クリーミーさを感じさせるタイプではありません。 香ばしいゴマの香りとソフトな口当たりです。 甘酢と醤油味はちゃんと濃度のある濃さに整えられており、胡麻の脂質が角を柔らかく整えている感じです。

伽羅 冷し中華 胡麻ダレ

麺は多加水中華麺で、やや細目になるでしょうか? キレイに洗い締めされていて、滑らかな舌触りと程良い弾力があって、冷や中にマッチしていました。 最初からマヨ盛りされていますので、練りカラシなどと共に、冷や中スープに溶きながら頂きますと、より一層味の膨らみが増してウマウマ♪

美味しく飲めてしまう絶妙な濃度と、ちょっと望外のボリューム感溢れる麺量で、とても満足致しました。 暖かいラーメンもなかなかのボリュームで、鶏出汁と思われる香りが豊かでした。 サイドメニューの中に気になるモノがありましたので、こちらも頂いてみました。

「自家製角煮 (150円)」

伽羅 自家製角煮

漢方薬で知られる羅漢果入りの仕立てなのだそうです。 そもそも羅漢果の味香を知りませんので、ソレと気付くアクセントはありませんでしたが、普通に美味しく頂けましたし、1個とメニュー書きされていたのに3個入ってた( ̄∇ ̄*)ゞ それって1個相当と言う解釈で良かったのでしょうか? お得ですヾ(^▽^*

事前サーベイ無しの初訪問でしたが、地元の方々が普段使いされているお店なのでしょうね。 ちゃんとスープも炊かれていますし、味の組み立ても上々です。 立派な繁盛店さんに出会えました(*^▽^*) これで分煙もしくは禁煙の英断をされたなら、お子様連れの方々にも安心です。




お食事処 伽羅
福島県田村郡小野町小野新町美売56-13
電話;0247-72-2606
営業時間;【昼の部】11:00~14:00 【夜の部】17:00~19:30(OS) 【日曜・祝祭日】11:00~19:30(OS)
定休日;水曜日(祝祭日を除く)
駐車場;敷地内に12台分ほど


大きな地図で見る

 

【2014年桜巡り】 長沢のサクラ ~福島県二本松市太田字長沢~

3年ぶりの訪問した「長沢のサクラ」です。 まあ、相変わらず分かり難い場所にある桜ですが、個人宅の畑の中の一本桜ですので、主様があまり騒がれることを望まれていないかも知れません(^◇^;)

長沢のサクラ
[2014/4/20 長沢のサクラ] <↑ Clickで拡大>

この桜にやって来たのはこれが三度目ですが、初めて満開のタイミングに巡り会いました(>▽<)b 光の回り加減と言い、空の雲と言い、こんなに恵まれたのは初めてです。 実はこの日は桜の樹の袂で、主様のご一族が花見の宴をなさっておりました。 御挨拶させて頂き、立ち入り撮影のお許しを頂きます。

長沢のサクラ
[2014/4/20 長沢のサクラ] <↑ Clickで拡大>

お身内の方々だけで和やかに楽しまれているところを申し訳無かったのですが、とても暖かく迎えて頂き、お茶までご馳走になってしまいました( ̄▽ ̄i)ゝ 以前、この桜を探し求めて、この界隈を彷徨っていた時にも、地元の方々はとても親切に応対して頂きました。 そこはかとなく、日本人の親切心やお持て成しの心遣いってものがジワジワと伝わって参ります。

400回目の満開
[2014/4/20 400回目の満開] <↑ Clickで拡大>

推定樹齢400年の古桜は、以前の訪問ではやや樹勢に翳りを感じたのですが、この日の咲きっぷりを見たら安心しました。 とても大切に育てられていますね(*^▽^*)

肥盛りのサクラ
[2014/4/20 肥盛りのサクラ] <↑ Clickで拡大>

この桜が咲く頃になったら、畑に肥料を盛る時期なのだそうです。 永年の生活の中で確かめられてきた、暮らしの歳時記はこの桜と共にあります。




長沢のサクラ
福島県二本松市太田字長沢224


より大きな地図で 長沢のサクラ を表示
 

ふくしまラーメンショー2014 東大X徳島ラーメン人生

本日から無芸の仕事場は営業開始となりますので、朝駆け一杯のピンポン・ダッシュで「ふくしまラーメンショー2014」の会場へと行って参りました( ̄▽ ̄i)ゝ ちょっと一昨日前の天気予報とは異なり、たまにポツポツと雨が落ちてくるような朝の天気にも関わらず、スタートから僅か10分ほどで会場内には来場者が押し寄せていました。

ふくしまラーメンショー2014 東大X徳島ラーメン人生

こちら「東大X徳島ラーメン人生」さんは、昨年の「ふくしまラーメンショー2013」で、総合売上げ第2位となり、今年はシード出店となりました(o^-^o) 来場しているお客様方もその辺は重々ご承知のようで、とても楽しみにしていたリピーターさんも多いみたいです。

ふくしまラーメンショー2014 東大X徳島ラーメン人生 徳島ラーメン

昨年同様、トンコツと鶏ガラをガンガン焚きにしてとった髄の旨味の広がるスープに、旨味の強いちょい甘口の醤油ダレ、それから甘じょっぱく味付けされた豚バラ肉のトッピングが、より一層濃厚な押し味で迫ってきます。

ふくしまラーメンショー2014 東大X徳島ラーメン人生 徳島ラーメン

柔らかく、そして甘じょっぱい味付けのメンマ、葉ネギの醸し出す後味のキレ、抗し難い魅力に溢れるスープは、極めて中毒性の高い味わいです。

ふくしまラーメンショー2014 東大X徳島ラーメン人生 徳島ラーメン

標準で添えられてくる生卵黄。 これがスープの熱が入って、少しトコミが出てきたところで麺に絡めて頂きますと、スキヤキ風の爆発的な美味しさが口中に広がりますO(≧▽≦)O こりゃあたまらん♪

ふくしまラーメンショー2014 東大X徳島ラーメン人生 徳島ラーメン

本来なら中太麺が合わせられるはずですが、沢山のお客様にスピーディーに配膳する為か、ストレート中麺が選ばれているのでしょうか? でも決してバランスを崩すことなく、豊満な旨味溢れる濃厚スープを受け止めていました。 例によってこの甘じょっぱく、トロミのあるスープを頂くと「白飯食いたい」と思ってしまいます(^◇^;)
 

ふくしまラーメンショー2014 真武咲弥X飛燕

第一回の開催となった2年前にも出店してくれた「真武咲弥(しんぶさきや)さんと、札幌の鶏白湯「飛燕」さんのコラボ出店です。 このコラボもまた、昨年の「東京ラーメンショー2013」からのコンビです。

ふくしまラーメンショー2014 真武咲弥X飛燕

出展作もまた「東京ラーメンショー2013」の時と同じ「炙り味噌らーめん」です。 最近は「真武咲弥」の関東圏への新店展開が活発に行われており、ちょっと変わった屋号と言う事も合ってか、その名に聞き覚えのあるが増えているのかも知れません。

真武咲弥X飛燕

昨日もスタートから直ぐにプースには行列が出来上がっていました。 ただ唯一困った事は、札幌タイプの強靱な歯応えのある太麺を使用しますので、茹で時間の関係上、少々待ち時間が掛かると言う事です。 シビレを切らせて行列から離脱してしまうお客様も少なくありませんが、待たされた果報はこの通り(〃∇〃)

ふくしまラーメンショー2014 真武咲弥X飛燕 炙り味噌らーめん

ニンニクのスパイシーさの中にも炙り味噌スープの芳醇な味香。 甘味、塩味、辛味、そして豊かな旨味が火入れされたことで一気に渾然一体となっています。 ベーススープが鶏白湯と言う事で、諄さの無い後味の品の良い余韻も見所です。

ふくしまラーメンショー2014 真武咲弥X飛燕 炙り味噌らーめん

生姜のキリリとした味香にみじん切りの玉ネギのシャクシャクとした瑞々しさと甘味。 印象的な太さのメンマは、ちょいと歯応えはありますが、芯まで程良い甘じょっぱい味が染み入っています。 チャーシューの他に挽肉も添えられるなど、隙のない積み上げられた構成は、出展巧者らしさを感じさせます。

ふくしまラーメンショー2014 真武咲弥X飛燕 炙り味噌らーめん

茹で時間が掛かる事で、客捌きの不利を承知の上で、拘り続ける多加水縮れ太麺は、箸で持ち上げようにも好き勝手に跳ね回る強靱なコシの強さが見事です! ちょっとゴリッとするほどの歯応えに驚かれる方が居てもおかしくありませんが、これが正調札幌流と言う事で楽しんで貰えたら良いですね(o^-^o)

ビリッとスパイシーさのある濃厚味噌味ですが、さり気なくサンマ節やカタクチイワシの粉末なども加えられているようで、とにかく味重ねの妙と向き合う楽しみがあります。
 

ふくしまラーメンショー2014 わぽ会

昨日は「わぽ会」さんのを頂いてみました。 何とも風変わりな名前なのですが、まあこれは略称ですね。 正式な名称は「日本のラーメンを替える若手っぽい会」なんです( ̄▽ ̄i)ゝ

ふくしまラーメンショー2014 わぽ会

実は風変わりな名前ながら、そこに名を連ねる若手店主達ときたら、一騎当千の名うてのお店ばかり。 「東京ラーメンショー2013」では「新東京背脂ブラック」を繰り出して来ました。 今回彼らが「ふくしまラーメンショー2014」に持ってきたのは、全く異なるコンセプトでした。

ふくしまラーメンショー2014 わぽ会 しお煮干し肉そば

「しお煮干し肉そば」って事で、最近お江戸で流行の濃厚ニボシ系かと思ったのですが、これが華麗に裏切られました(^◇^;) 煮干しの香り立ちは、あくまでも由緒正しい中華そばの範疇に納められており、さりとて退屈なものには成り下がらない誂え方でした。

ふくしまラーメンショー2014 わぽ会 しお煮干し肉そば

そのキーになっていたのは、やはりベーススープに仕込まれている動物性(鶏でしょうか?)の出汁と、多目に盛り込まれているチャーシューから引き出されているお肉の旨味成分でしょう。 これは巧い具合にバランスで食べさせるツボを見事に押さえていました。

ふくしまラーメンショー2014 わぽ会 しお煮干し肉そば

是非とも追加トッピングに加えることをお薦めしたいのが「生七味(100円)」です(*^▽^*) たったこれっぽち?と思われるかも知れませんが、その辛味の効き具合と言い、辛子の風味と言い、この塩味仕立てのラーメンには見事にハマります。

プレーンなお味を楽しみながら食べ進めておいて、頃合いの味変ツールとして溶いてみて下さい。 驚くほどにこのスープが変貌します。 スパイシーな風味と共に辛くなるだけでは無く、昆布由来の甘いニュアンスが一段とディテールが明確になり、メリハリのある味わいへと変貌しますw( ̄▽ ̄;)w

ふくしまラーメンショー2014 わぽ会 しお煮干し肉そば

ザックザクの歯触りも心地佳い低加水タイプのストレート細麺は、なかなか伸びる事無く、その食感を存分に楽しませてくれました。 派手さこそありませんが、玄人好みする確かな塩中華は「煮干し」の文言に恐れる事無く、是非とも召し上がって頂きたい今大会屈指の傑作に思えました(o^-^o)
 

【2014年桜巡り】 大和田稲荷神社の子授け桜 ~福島県郡山市中田町~

二年前に偶然出会って以来、好天の下で満開時に再訪を誓っていた「大和田稲荷神社の子授け桜」です(o^-^o) 昨年は訪問間機会を逸してしまいましたが、今年はほぼ満開のタイミングで自らの願いを果たしました。

大和田稲荷神社の子授け桜
[2014/4/20 大和田稲荷神社の子授け桜] <↑ Clickで拡大>

やはり間違いなく名桜の風格が溢れています(>▽<)b 枝振りの広さ、樹高、そして周囲のロケーションも少し手が入れば、一気に名所になり得るポテンシャルです。

信仰の桜
[2014/4/20 信仰の桜] <↑ Clickで拡大>

残念ながらこの桜の推定樹齢はハッキリしません。 間違いないのはエドヒガンである事くらいなのですが、幹の太さからして250年くらいにはなっていると予想しています。

陽春の光の中
[2014/4/20 陽春の光の中] <↑ Clickで拡大>

気まぐれな雲のイタズラで、澄み渡る青空どころか、陽の光さえ遮られっぱなしでしたが、辛抱強く待ち続けて何枚か撮りました(o^-^o) ボクの他には中判使いの先客カメラマンさんだけ。 そういえば二年前も全く同じだったっけ( ̄ω ̄;)




大和田稲荷神社の子授け桜 「正一位稲荷大神」
福島県郡山市中田町木目沢道内(きのめざわどうない)


より大きな地図で 大和田稲荷神社の子授け桜 を表示
 

ふくしまラーメンショー2014 拉通

こちらはかなり個性的なご当地ラーメンです。 千葉県の漁港・竹岡漁港で独自の進化を遂げてきた、通称「房総竹岡式」ラーメンです。 「ふくしまラーメンショー」での注目度も高く、一日中行列の絶えない人気ぶりでした(o^-^o)

ふくしまラーメンショー2014 拉通

乾燥麺にチャーシューの煮汁溶きスープという、ご家庭仕立てにも通じそうな成り立ちですが、そこはプロの手が入ったことで、新しい味わいの鼻薬が仕込まれています。

ふくしまラーメンショー2014 拉通 房総竹岡式

こういった漆黒系のラーメンには、地元民のDNAが騒ぎます( ̄▽ ̄i)ゝ しかもバラ肉チャーシューの煮汁という、とっても分かり易い香りの良さにも、抗し難い魔力が潜んでいますね。

ふくしまラーメンショー2014 拉通 房総竹岡式

意図的にやや荒っぽく切り出されたバラ肉チャーシューが、たっぷりと振る舞われていて、玉ネギのみじん切りが添えられているのも目を引きます。 バラ肉チャーシューのお陰で、煮汁にはしっかりと油膜も張っていて、これがまたニュルンとした舌触りや香味のアクセントになっているようです。

ふくしまラーメンショー2014 拉通 房総竹岡式

麺は乾麺と言いましたが、古典的なインスタントラーメンのそれを彷彿とさせるような感じです。 しっかりとウェーブが掛かっていて、麺の中に小さな気泡が残るのか、独特なフワッとした食感が郷愁を誘います(〃∇〃) 漆黒スープはさほど塩辛さはありませんし、人を驚かせるような怒濤の旨味の鬼押しもありません。 ひたすらにシンプルに、でも角の立たないマイルドな口当たりです。

それを豪快に切り出されたバラ肉チャーシューの底力で、納得の美味しさに押し上げている感じでした(*^▽^*) 鮮度命で忙しい仕事に湧く漁師町から生まれた、必要が生み出した名品と言えそうですヾ(^▽^*
 

ふくしまラーメンショー2014 金沢麺達兼六会

こちらは昨年の「東京ラーメンショー2013」で、帝王「麺家いろは」さんから、連続1位の王座を奪取した新王者「金沢麺達兼六会」さんです(o^-^o)

昨年は幸運なことに、「福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊」の奮戦ぶりを見届けたい一心で「東京ラーメンショー2013」を訪問して、その規模の大きさと共に、出店社のつばぜり合いを肌で感じて参りました。

その中で自分も頂いてみて強く印象に残る美味しさだったのが、この「金沢麺達兼六会」さんです。 まさか1位になっていたと知ったのは、年明け後の事でしたけど・・・(^◇^;)

ふくしまラーメンショー2014 金沢麺達兼六会

今回も伝家の宝刀「濃厚味噌炎炙肉盛そば」を披露してくれました(>▽<)b これは嬉しかったなぁ~ あの時の感動を再び地元・郡山で楽しめるなんてねぇ~♪

たっぷりと載せられた豚バラ肉は、地元大野醤油で香り風味良く炒め炙られています。 もうそれだけでもゴーシャスな雰囲気を醸し出しています。

ふくしまラーメンショー2014 金沢麺達兼六会

茹でモヤシや刻みネギも添えられていて、なかなかのボリュームですね。 加えてラードの油膜が分厚く張られていて、麺とスープは熱々で供されます。 伝統の天然醸造杉樽仕込み味噌は、香り高く甘味があります。 ラードと合わさりますと、更にその印象は際立ってきて、抗し難い魅力を放ちます。

ふくしまラーメンショー2014 金沢麺達兼六会

太麺仕様の熟成多加水麺は弾力のある歯触りで、噛むほどに甘味が口中に広がって来ます。 濃厚でオイリー、風味豊かにして甘味のある味噌スープと共に、とても食べ応えがあり、一杯の充実度が極めて高いものとなっています。 当地でもその味わいは大いに受け入れられたようで、常に行列の絶えないブースの筆頭となっていました。
 

ふくしまラーメンショー2014 らぁ麺やまぐち

開催3日目の夜、本日も会場へと足を運んで参りましたヾ(^▽^* なにせ本日も無芸の仕事場は夕方まで営業しておりましたので、SNSに次々と挙げられてくる会場の熱気は、とても耐え難いほどの魅惑に満ちておりましたよ。

夕刻には強風と共に雨が降り出しまして、これまた例年の「ふくしまラーメンショー」らしいスパイスの利いた空模様でした( ̄▽ ̄i)ゝ まあお陰ですんなりと駐車場に滑り込むことが出来ましたわv( ̄∇ ̄)

今日の一軒目は「らぁ麺やまぐち」さん! ご店主様は会津若松市出身であり、福島県へのイベント出店はこれが初めてと言う事で、故郷に錦を飾る凱旋出店とも言えます(o^-^o)

ふくしまラーメンショー2014 らぁ麺やまぐち ネオクラシック醤油ラーメン

今回披露されたのは「ネオクラシカル醤油らーめん」と銘打たれた作品。 なんて端正なビジュアルでしょう! 美しいお姿は、まさに典型的な日本の醤油ラーメン。 それでいて、バチッと効かされた油膜や、その存在感に心奪われる素晴らしい食感の麺は、昔日の醤油ラーメンではなくて、最先端のスタイルが見事に組み込まれていますO(≧▽≦)O

ふくしまラーメンショー2014 らぁ麺やまぐち ネオクラシック醤油ラーメン

薄手だけれども、しっかりとした美味しさに満ちたカタロースチャーシューや、極薄カットされている白ネギ、そして今ではすっかり違和感無く溶け込むようになったカイワレダイコンなど、そのどれもが品の良さを感じさせます。

ふくしまラーメンショー2014 らぁ麺やまぐち ネオクラシック醤油ラーメン

メンマだって中太タイプの存在感のあるものなれど、その柔らかな炊き具合もクラシカルでありながら、素直な薄口の味付けなどは現代風です。

ふくしまラーメンショー2014 らぁ麺やまぐち ネオクラシック醤油ラーメン

比内鶏などを原料とする鶏出汁メインのスープには、ショウガの味香が仕込まれています。 品の良い旨味にジワッと甘味を纏った醤油ダレの滋味溢れる美味しさ。 麺は驚愕のシロモノでして、ストレート細麺なのに、なかなか伸びないんですw( ̄▽ ̄;)w

プツプツッとした歯切れの食感と、ふんわりと鼻腔に届く小麦の風味。 まさかと言っては何ですが、まんまお店で出してくるレベルの麺で勝負を掛けて来た感アリですね(>▽<)b 多分、多くのお客様方が気付かれていたと思います。 出来れば会期内に再食したい美味しさでした。
 

【2014年桜巡り】 龍ヶ岳のサクラ ~福島県郡山市中田町~

三春町の七草木エリアから、郡山市中田町エリアへ移動するには、大渋滞覚悟で「三春滝桜」への道筋を辿る事になります。 ちょっと七草木で撮影熱が入り過ぎちゃって、移動開始が8時くらいになったのが痛かった(≧Д≦ノ)ノ もう県道は3kmの渋滞。 さてどうしたものかとカーナビのMAPを拡大表示して裏道を探しました。

どうやら渋滞路の500mほど先に滝桜をパスして後から回り込めるルートがあるようです。 コレに決めて、ほんの少しばかり渋滞の中に身を置きました。 ようやく離脱して裏道を進んで行ったら、随分前に桜の開拓で彷徨い歩いていたエリアへと繋がっていました(*^▽^*)

まあ、そんなこんなで、中田町の木目沢に滑り込みます。 もうそこまで来ると、精々「紅枝垂れ地蔵桜」周辺くらいにしか観桜客は居ません。 今回是非とも立ち回りたかった「龍ヶ岳公園」の古桜群へとやって来ましたo(*^^*)o

望み見る三春の里山
[2014/4/20 望み見る三春の里山] <↑ Clickで拡大>

推定樹齢200年を越えるエドヒガン、シダレザクラなどの古木が13本も群生する公園です。 郡山市の指定天然記念物になったのは平成18年と比較的最近の事です。 公園としての整備は、まだまだ途上といった感じですが、公園としての価値は、この古桜達の保存育成に掛かっているかも知れません。

ここで撮影された先輩カメラマンの作品を見て以来、毎年のように訪問してはいたのですが、微妙に異なる開花期に阻まれて、今年は4年越しの撮影にようやく漕ぎ着けました( ̄▽ ̄i)ゝ ボクは気付かなかったのですが、ここから三春滝桜も見えるのだそうですノ( ̄0 ̄;)\ ちょっと空気が霞んでいたのと、満開まではあと三日ほどの咲き具合だったのが残念でした。

古桜の杜
[2014/4/20 古桜の杜] <↑ Clickで拡大>

公園の麓には農地が広がっており、割石の集落があります。 孤高の一本桜ではなくて、永らく地元の方々と共に時を過ごしてきた桜達です。

里人と共に
[2014/4/20 里人と共に] <↑ Clickで拡大>

公園内にはいくらか遊具も設置されていますので、ご近所の子供達の遊び場になっているかも知れません。 ただ利用者用の駐車場は精々4台くらいしかありませんし、お手洗いや水の便もなさそうでした。 取り付け道路は道幅が狭く見通しも良くありませんので、周囲への配慮は怠らないように心掛けたいところです。




龍ヶ岳のサクラ
福島県郡山市中田町木目沢字割石451


より大きな地図で 龍ヶ岳公園 を表示
 

ふくしまラーメンショー2014 無鉄砲

京都発祥の超濃厚豚骨ラーメンで知られる「無鉄砲」さんが出店しています。 その濃厚さと来たら、既成概念がひっくり返るくらいスゴイって事で、頂く前からとても楽しみにしていた出店社さんの一つです(o^-^o)

ふくしまラーメンショー2014 無鉄砲

実際の処、初日のスタートダッシュからかなりの人気だったそうで、お仲間からも次々とその印象が述べられていました。 自分も体験させて頂こうとその列に加わります。 徐々にブースに近づくにつれて、強烈な豚骨香が漂って来ましたよ(^◇^;)

ふくしまラーメンショー2014 無鉄砲 豚骨ラーメン

とても丁寧に、中鍋を火に掛けてスープを張っていました。 油膜ってレベルを超えた分厚い層に驚きますが、本当の驚きは更にその後に体験する事となりますΣ(゜▽゜;)

ふくしまラーメンショー2014 無鉄砲 豚骨ラーメン

無料トッピングは、当初4種類とされていたハズですが、想定外に無くなってしまったのか、ボクが頂いた時には紅ショウガと白ゴマしかありませんでした。 別料金でも良いから、辛子高菜は欲しかったなぁ~ だってスゴイスープなんですもん(`・ω´・ ;)

ふくしまラーメンショー2014 無鉄砲 豚骨ラーメン

マー油と九条葱はマスト・アイテムである事が直ぐに分かりました。 ウワサに聞いていた通り、水と豚骨だけを強力な火力で炊きながら、ガンガンかき混ぜ続けたと言う超濃厚豚骨スープは、もはやスープの域を通り越して、完全にソースの超粘性モノになっていました∑ヾ( ̄0 ̄; )ノ

これにはそんじょそこらの豚骨好きってファンでも、一様に固唾を呑むレベルですよヽ( ̄▽ ̄i) ここまで詰める事が出来るのも素晴らしいですが、

「イベントでも決して手を抜かず、お店と同じく仕込むだけ」

と、深夜まで寸胴の豚骨と向き合い続けた成果が、食べ手の驚きの声となり、それは一生忘れることの出来ない鮮烈な体験として記憶に刻まれる事になりましょう。

ふくしまラーメンショー2014 無鉄砲 豚骨ラーメン

麺は熟成多加水系中細麺?( ̄ω ̄;) ニュルンとした口当たりは、豚骨コートが加わっているので、尚のこと印象的です。 決して芯のあるタイプでは無く、柔らか目と言われる食感にあたると思います。 そして何よりも信じ難いドロドロ豚骨スープ! ほとんど阿鼻叫喚ってくらいのド豚骨がここにありました!

ザラザラ感が残らないくらいまで、執拗に砕き炊かれた豚骨。 その髄の旨味が更に凝縮されていて、もう乳化だなんだってレベルを超越してました(^◇^;) あまりにも超絶濃度ですので、醤油ダレがスープに混ざりきらない? あまりお行儀の良い食べ方では無いかも知れませんが、まぜそばの要領で、丼の底まで箸を差し入れて、万遍なくスープと醤油ダレが融和するようにしてあげると、均質な美味しさを楽しめます。

唇はコラーゲン接着されるが如く。 焦がしニンニクの深みあるアクセントに、グイッと力強くマー油が効かされています。 豚バラチャーシューは薄切り小型カットのものが配されていますが、これもまたドロドロ豚骨スープに合っていました(*^▽^*) いや、鮮烈な体験をさせて頂きました!
 

ふくしまラーメンショー2014 福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊

5月1日に開幕した「ふくしまラーメンショー2014」の開催二日目にして、ようやく訪問する事が出来ましたO(≧▽≦)O 出遅れましたけど、今年も全店フルコンプを目指したいところです。

地元からの出店社は、既に何度もご紹介の通り「福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊」です。 主に中通りの新進気鋭ラーメン店主達によるコラボ出店となります。

福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊

二日目の17時頃に会場入りしたのですが、この日は平日ですのでこの時間帯は最も穴場で長い並び時間を要さないはずでした。 確かに開場から一時的に客足が引いたようにも見えましたが、人気店の前にはやはり順番待ちの行列はあります。

その中に「福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊」にも行列が出来ているのを見たら、本当に嬉しかったですね♪ 地元からの出店だと、お客様から選ばれ難いという弱点があるのですが、見事にジンクスをひっくり返しているではありませんか!(>▽<)b 胸熱

福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊

今更ご紹介するまでもありませんが、メンバー店さんは「若武者(二本松市)」「うから家から(福島市)」「たなつものSHOKUDO(福島市)」「井戸端よしお(南相馬市)」「麺屋 信成(郡山市)」(敬称略)の五店です。 今回は残念ながら「うから家から」さんが出店の都合がつきませんでしたが、メンバー店の底力は今更言うまでもないでしょう。

更に地元から頼りになる助っ人も(>▽<)b 前・郡山大勝軒店長の工藤さん、「Fu-Ro-Ya」の店主・木村さん、「とんこつらーめんHAjiME」の店主・本田さんという、郡山市内でもエースクラスの連中がノ( ̄0 ̄;)\ 一つのイベントで、こんな奇跡のコラボが興せるなんて、まるで夢のようですO(≧▽≦)O 先々の期待も膨らむところですが、今はこの6日間の夢舞台を暖かく見守り続けるとしましょう。

さて、言うまでもなく「ふくしまラーメンショー2014」最初の一杯は、何と言われようと地元贔屓でこの一杯から♪

「福島鶏白湯 川俣シャモ鶏団子トッピング (700円+300円)」※基本料金は全店共通のチケット制です。

福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊 福島鶏白湯

メンバー店でそれぞれに出されている鶏白湯とは異なり、この「ふくしまラーメンショー2014」でしか食べられない、特別誂えの鶏白湯です。

福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊 福島鶏白湯

豚バラチャーシューなんて、こんなに厚切りで♪(〃∇〃) しっとりとした旨味と、脂身からにじみ出てくる旨味が端正な鶏白湯スープに華を添えていますね。

福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊 川俣シャモ鶏団子トッピング

別料金のトッピングとなりますが、是非とも頂いておきたかったのが「川俣シャモ鶏団子」ですヾ(^▽^* ふっくらプリプリの食感。 噛むほどに鶏の旨味が迸るように溢れてきます。 甘じょっぱいタレが絡められていて、これだけで充分にお酒のアテとして楽しめるシロモノです♪

福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊 福島鶏白湯

載せモノはデフォでも全く不足なしです。 幅広メンマは軽い歯触りが残されていて、フライドオニオンはサラリとしているけれど、ギュギュッと緻密な旨味のある鶏白湯スープに複雑な風味と、ちょっとふやけるとトロリとした舌触りを楽しませてくれます。

福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊 福島鶏白湯

このイベントのために用意された、スペシャルスペックの低加水ストレート麺は、適度にスープを吸い込んでも伸びたような感じを与えません。 ちょっと粘性のある鶏白湯スープをタプタプと口に運んでくれる麺ですね(o^-^o) 二種類のネギの効果も加わり、充実した旨味を堪能しても、後味のスッキリ感が一際光る仕立てでした。

ふくしまラーメンショー2014

ボクは18時過ぎには会場を後にして仕事に戻りましたが、19時頃から夕食摂りがてらのお客様で、再び会場は大盛り上がりだったそうです。 明日は再び夕方から参戦致します! 楽しみ♪楽しみ♪(〃▽〃)
 

【2014年桜巡り】 西ノ内枝垂桜 ~福島県田村郡三春町~

ここもまた「七草木桜」の近くです。 以前から通りがかりに気になっていたのですが、今回初めて立ち寄ってみました(o^-^o)

って言うか、本当のことを言えば、立ち寄るかどうかを迷っている内に行き過ぎてしまったのを、引き返して立ち回ったんです( ̄▽ ̄i)ゝ この辺の桜は、名も無きような桜でさえ、樹齢200年を越えるものが目白押しですので、まだその域にも達して無さそうなこの桜を、少々見くびっていたのでしょうね。

西ノ内枝垂桜
[2014/4/20 西ノ内枝垂桜] <↑ Clickで拡大>

通りがかりの車中から観ていたのと、近くで撮影するのでは大違いでして、周囲のロケーションなどを入れてみましたら、これがまたナカナカおつな桜でした(〃∇〃)

壮麗
[2014/4/20 壮麗] <↑ Clickで拡大>

農地の中の一本桜は「西ノ内枝垂桜」と名付けられていました。 農地の一角には3台分ほどの駐車スペースも設けられています。

春盛り
[2014/4/20 春盛り] <↑ Clickで拡大>

周囲には多少民家もありますが、長閑な田園風景の一部として溶け込んでいます。 枝垂れ桜の前庭には、まだ植樹されたばかりの若木の桜がありました。 いつかそれも育ってきたなら、また滋味深い景色になるかも知れませんね(o^-^o)




西ノ内枝垂桜
福島県田村郡三春町平沢東地内


より大きな地図で 西ノ内枝垂桜 を表示

 

チャイニーズレストラン みかど ~福島県郡山市方八町~

通し営業がとてもありがたい、東部幹線沿い方八町地内の老舗「チャイニーズレストラン みかど」さんにまた行ってしまった( ̄▽ ̄i)ゝ と言うのも、片っ端からたべてみたいメニューが目白押しなんですよ♪

今回は中国料理店なら、絶対に押さえておきたい定番メニューから、とってもお得な平日限定の「日替わりサービス」を利用させて頂きました。

「麻婆飯 (590円)」 ※通常756円のところ日替わりサービス価格

みかど 麻婆丼

もうね、これはビックリ価格と言うしか無いでしょ!(>▽<;; 家族経営とは言え、そのホスピタリティーには感謝の一言しかありません。

みかど 麻婆丼

所謂“麻辣テイスト”こそありませんが、由緒正しい昭和の中華食堂の風格そのものです。 しかもご飯の盛りの良さも相まって、食べ応えも充分ですよ。

みかど 麻婆丼

プルンプルンの豆腐は、火が入りすぎないばかりか、一度湯通しで芯まで温められているのではないかと思います。 豆板醤やショウガを炒め合わせ、風味良く仕立てられている麻婆ソースは、ちょっぴり甘味も感じられて、挽肉からの旨味も豊富です(>▽<)b

みかど 麻婆丼

いくらでも食べられそうなマイルドな口当たりですが、白飯をグイグイと食べさせる底力は、HOT & Spicyな麻辣麻婆豆腐に引けを取ることはありません(o^-^o) それに躰にも優しいですしね♪(〃∇〃)

みかど 麻婆丼

いつも感心させられるのが、共添えの汁物です。 今回はタマゴスープでしたが、この絶妙な溶き卵の散らし具合と言い、手練れの技がしっかりと活きているのが分かろうものですね。




チャイニーズレストラン みかど
福島県郡山市方八町2-19-10
電話;024-944-8338
営業時間;11:00~21:00
     ※お得なランチタイム;11:00~15:00
定休日;木曜日
駐車場;30台